FC2ブログ

【ひとりごと:終焉~とことん0[ゼロ]を通る②】

 30, 2010 03:53
2010/10/30(土)雨



27日の支払日タイムリミットの日が通り過ぎ、翌日は、
またさらに深く、恐れと向き合った。
そのことによって、また少し腑に落ちた。

言葉での表現は相変わらず難しいけど、より見えてきて、
分かってきた。

また、解放したよ。


□ 頭では判っているのに

28日は、起きたらすぐに恐れがあった。

電話がなるたびに、心配していることが起きるのではないか
と恐れが出てきた。
中心がズレるくらいならと、電源を切った。

家賃の支払いが出来ないことが、結果的に、自分に残っている
ものを見せてくれることになった。
いつものことながら、そうやって気づいては解放している。
さて、四面楚歌のような状況で、どう超えるのか。

不動産やさんにも、大家さんにも、いつまでに支払うという約束も
日にちも言えない、支払えるあてもない。理由もいえない。

途中、着信のチェックするのでさえ、情けないけどドキドキした。
自分は、神でもあるのに、そもそも、なぜ、こんなことで恐れな
きゃならないんだ? おかしな話だとも思った。
何のためにやってるのかも、ある程度知っていながら、なぜ、
恐れることなどあるだろうか? 大きな視点から幾度となく
見てみた。

頭では判ってることなのに、自分の中にあるもの、不安から
創り出すもの、自ら創造して抜け出すのに苦労する。

「いつもなら、支払期日までに入金がないと電話が来る」
「こう言われたら、どうしよう」
「また、迷惑をかけて、、、、」などなど、、、、。
※こうなら~こうなる(信念体系)

「このままじゃ、ヤバイ、、、」(汗)と感じた。


でも、、、自分の心配とは裏腹に

不思議なんだけど今日の今まで、娘から意外は、まだ着信が一度
もないんだ。

呆れているのか、忙しいのか、理由はなににせよ、まだ、待ってく
れているようだ。(魂レベルでは、分かってくれてる?)

であれば、有意義にこの期間を過ごそう~。だよね。(笑)

今、、、こうやって恐れていたものが、実際には、まだ来てない
のだから。自分次第なんだよね。引寄せるものも。

で、自分の創造(先のことへの)に恐れを膨らましていたら、
本当にキリがないのに、自分でコントロールが出来ないという
もどかしさ、そして恐れは、本当にエネルギー吸い取られるから
とても体力が消耗しちゃうんだよね。そんな自分を感じてた。

もう、これ以上は、吸い取られるのを許してはダメだ!!

久しぶりに、クリスタルを手に持って気合入れた。(笑)
「この恐れを、とことん見るよっ!!」

そりゃ、昔のほうがずっと大変だったよ。自分もまだ重かったし、
なので、抜け出すまでにもっと時間もかかり、不安や恐れの中にいる
時間が半端なく、長かったからね。
その時からみると、ずっと楽なんだけど、普段は恐れから離れて
いることが殆どだから。尚更、たまにこんな状態になると、、、
短時間でもキツく感じるのかも知れない。(たとえ、1時間や2時間であっても)

だから、フォーカスの切り替えとか、普段から意識的にいないと、
しまいにリアルさに飲み込まれて、混乱を招くことになりかねない。


今の私、、、。これがまた、”ドラマ”に入っているのか?と聞かれれば、
自分の状況を客観視は出来ているし、”ドラマ”に入ってるとは言えない。

じゃ、”幻想の中”だと知っていて、何故、”恐れ”がリアルに襲うの?
となると、それは”信念体系”が残っているから。
と、今だったら答えるのかな?

でも、これが”幻想”で、”自分が創っている”って”本当の意味”で
分かってたら、恐れなんかでないはずなんだよ。

だから、「なんで~???」って、ズンズンと掘り下げていたよ。

そのおかげで、

まだ残ってるかも知れないけど、ずいぶんと腑に落ちたので、
今は、楽になった。

もう、剣もつかって不要なものを手当たり次第に切ったし。(笑)
「来るなら、来いっ!」も何度も言ったし。

そんなことしてたら、”恐れ”のほうも逃げ出した。ぷっ。

自分の中に残っているものを、じっくり向き合い、よくよく
一つずつ、拾ってってみると、見えてくるんだよね。


「恐れが残ってる」→委ねきれていない。

「不安になる」→自己信頼の欠落。


結局、どうしたって、これを認めざる得なくなる。


「完全に委ねることが出来ていない、、、」

「完全に自分を信じきれていないからだ、、、」


「頭では判っているのに、なんで出来ないんだろう~~~!!」

【完全】ではないのだ~っ!と思い知らされた。

確かに、、、

「実際には、まだ【完全に】自己を信じきれていない」としても、、、、

自己(ハート)を信じながら。後戻りできない程、進んではきた。
それは、ある程度の自己信頼なしには出来ないことだ。
いや、100%に近いほど。

でも、悲しいかな、「恐れ」や「不安」がある以上、どうしても
【完全】とはいえないのだ。

自分に残っているもの、見えるものは否定できない。

【完全に自分を信頼できる】【完全に委ねる】の中には、
もう、【恐れ】や【不安】などは、完全に無いはずなんだから、、、。

アセンションのプロセスには、早かれ遅かれ、いつかは、その【完全に】
というポイントを通過するだろうと思う。

そのためには、まず自分信じて行動しなきゃ、始まりもしないけど。

で、完全に自己を信頼出来るようになるまで、お試しがあったり、
解放しながら、また階段を登っていく。拡張していく。

そして、【完全な自己信頼】を得るっ!というポイントがやってくる!
それが、ソース(源)【明渡す】こと、【完全に委ねる】ということ。

そんなことが、なんとなく腑に落ちてきて、とてもスッキリした。


もしかしたら「恐れ」の中には、

肉体のあるときだったのか、宇宙/銀河であったことなのか、、
とにかく、とっても古いものもあるのかも知れない。
まぁ、それだけじゃないだろうけどね。

「こうなれば、~(こう)なる。」という信念体系も出てくるしね。
普段なら、あまりフォーカスしていないのに、こんな時には出てくる
んだね。


だから、ミカエルにも応援たのんで、自分の剣を使って、バサバサと不要
になったものを断ち切った。
(現時点で、見えてるもの、見えないもの全部)

たぶん、段階、段階において何度も切っていくもんなんだね。(汗)
一度、切ったからって全てが無くなるものじゃないんだって、本当に実感
したよ。

自分の中を観るときに、

「あ~、今、こう感じているんだな。まだ、自分の中にあるんだな」

と観るよね。一旦、受け入れる。でも手放すといっても、ナカナカ
離れてくれないときがある。

で、「じゃ、これがあるってことは、、、まだ、この状態にはなっていない
ってこと。じゃ、出来てないってことは、信念体系が残ってるから!?」

って感じでね、それが、最後の部分は、大抵、

「恐れが残ってるから」か「信念体系が残ってるから」に行き着くんだけど。

昨日(29日)はね、、、深く掘り下げてた、”ある瞬間”に、

「もしかして、、そういうことなのか?」

「そうか、そういうことだったんだ。」という瞬間があった。

それが、意識のシフトと言えば、そうなのかも知れないけど、

その時に、、、

「あっ、目の前に見えている(リアルな現実)ことではない!」

「そこを見るのではなくって、、」

「そこに何があるのか、、、」

「自分の見るところは、、、ただ、”信頼”と”無垢”」

「自分の”あり方”がどうなのか?の選択にすぎない。」

「そこだけに、自分を置けばいい。見ていればいい。」

「そういうこと?」「それだけが、必要なのか、、、。」

「ソース(源)は、そこ(愛)しか見ていないんだ、、、、。」


こうやって、ただ書いてしまうと伝わらないかも知れない。

自分にしか分からないと思うけど、この気づきの瞬間に、
腑に落ちた状態になった。 「ただ知った」。

それは、頭で知ったというわけじゃなくね。


じゃ、そのポイントまで行くには?

そりゃ、玉ねぎの皮をはぐように、一枚一枚。
そして、日々、一歩一歩の積み重ね。山登りのようなもの。

でね、そうやって続けていくうちに、五次元に入り、五次元に定着し、

で、ハイアーセルフやソースにも繋がっていくよね。

これまでも何度も味わってきたけど、最終的には「自分は無力だ」って
ことに気づくし、実感する。
※”選択”は自分にあるけどね。
 まだ持ってるのか、手放すか、とか、右か左か。などなど。

「最後の部分を開放するのって、自分で出来ることじゃない。」※取り去ること
ってことも、思い知るんだよ。

結局、自分がどうこうできるものじゃない。
(自分で出来ると思うこと自体が、傲慢でエゴ。)
最終的には、大いなる存在が、
「よく、そこに気づいたな。ならば、、、」と言って、取り去ってくれる。
溶かしてくれる。って感じ。(分かりやすく言えば、、、)

でも人間って、無意識でも自分でやろうとしてしまうみたい。
そうやって自我がやってきたからなんだろうね。良い悪いじゃなく、
必要だったからなんだろう。

だから、つい自分の思うとおりに事が進まないとイライラしたり、
不安や恐れが出てきたり。
もう、こんなのが出てくる時点で、委ね切れてない証拠だもんね。

そこを何度も思い知って、自我を落として、さらに落として、ようやく、
その境地にたどり着くんだということが分かってきたよ。

でも、そこに行き着かないと、真の自己(ゴットセルフ)に
明渡すことが出来ないんだよね。自我→完全に真我へ移行することに、、、。

これがね、ある時期には頭では判るようになるんだ。でも、腑に落ちる
までが、長かった、、、っていうか、無くなった!と思っても、また
さらに出てきちゃうんだから、参るよね。
それも、いよいよという極限にならないと、出てこないから、自分で、
わからないで過ごしている時間もあるし。

だから、結局は、0[ゼロ]の地点まで行かないと、見えないし、
解放できないってことなのかも知れない。

でも、自分に超えられることしか起こらないし、大丈夫。^^
きっと、案ずるより生むが易し。(ホントに)
どの段階だって、ちゃんと超えられるようになってたし。


その極限も、人それぞれなんだろうね。
私もいよいよ、って感じ。

恐れは、今は無くなったけど、まだ、どこからか出てくるのかな?
明日(30日)は、台風が横切るのかな?

浄化の日になりそうだね。今月の〆にはいいのかも。(笑)


皆、全て(自分にも、全体にも)において最善の選択が出来ますように、、、。

感謝。

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?