FC2ブログ

【ひとりごと:母のこと&地球外生命体について】 

 21, 2010 06:01
2010/10/21(木)曇り時々雨



まだ、おかげまさで、生きてますよ。
肉体もまだ、あります。(笑)

また、しばらくお休みしてたけど、、、とくにインパクト
がある出来事もなかったので、日々、淡々と過ごしてたと
いう感じだった。
→10/10/13【10-10-10の期間~激しい浄化&ガブリエルのメッセージ】
↑、この時に、10-10-10の期間の激しい”痛み””発熱”など
から、その後、数日間は、
→10/10/14【転載】10 10 10について~クツミ&ガイアのメッセージ
このときに書いたように”めまい”がひどく残ってはいたけど、
その翌日には、”めまい”も落ち着いてきていた。

で、少し、ほっとしていたところに、母からの三通目の
手紙が届いた。


□ 母からの三通目の手紙

私はその時に、ある”気づき”を経た。言葉での表現は、とても
難しいけれど、私は、母の言葉に対して、前回に送った手紙
は、自分が恥ずかしく感じるものであり、傲慢さがあったことに
気づいた。以前、その手紙を書いたときは、自分は”愛から”書
いたと信じていたし、そのときは自分に全くの疑いもなかった。
10-10-10の期間を挟んで、何が起きたのか、影響しているのかも
よく分からないけど、、、、

自分の中で、”相手(他者)を尊重する”ということ。
本来の”思いやり”というのが、【変化】したと感じた。

母の今回の手紙には、余生もそう長くはないことを日々感じ
ながら、意識におきながら、「ありのまま」の自分を受け入れ
毎日、毎日、いつ召されてもいいように、暮らしていること、
ただ、そのように過ごしていきたいだけだというような事が
書かれていた。
たしかに、その前の手紙では感情的な部分も入り、過去のこと
を思い出して自分を責めてるようなことを書いてしまったよう
だけど、実は、もうそうではない。ということだった。

私は、そのことをそのまま受け止めてしまい、前回の手紙では
、できれば自分をあまり責めてほしくはないという意味を含めて
書いたけれど、少々、誤解してしていた部分もあったようだ。

母の手紙の最後には、前回の手紙で、私に説教されたような気分
になったと書かれていた。

その”言葉”で、私のハートが反応し、「ハッ」とした。
理屈でもなく、とにかくその反応は正直だった。

私の伝えたことは、全くおこがましい事であり、傲慢だったと、
ただ、知ったからだ。

”知った”のならば、そのことについては謝る必要があると思って、
このことについてすぐに手紙を書いて送った。

今回、母からお金を借りたことをどうこうで、傲慢ということでは
なく、母が自分をひどく責め続けていると思って書いた手紙について、
謝ったのである。

母は、長年の信仰を、きっと今後もこのまま守り続けるだろう。
でも、先日の手紙の母の日々の過ごし方は、母の言葉にも
あったけど、80歳近くになってきた自分がいて、ここまで
来た道があったからこそ、、の”今”だということも書かれて
いる。それはどういうことだろうか、、、。

「深い言葉だな、、、。」と感じた。

その母に対して、私が何を言えるというのだろうか。
と心から思ったのだった。
私は、その母に対して、なにがわかるだろうか、、。


母の、今の生き方、今、望んでる生き方は、もう、とても
「シンプル」のなっていた。
それこそ、いつ召されても、悔いものこさず、その日その日
で、一日のことを自ら受け止め日々清算し感謝して、「今」を生きて
る母に、私はなにも望むことも、なにもなかった。

結果的には、自分の足りない部分も知ったことになったかも
知れないけど、こうして手紙のやり取りなしでは理解できなかった
部分かもな~と思った。
たとえ親子であっても、過去から、何かを引きずり、お互いに
成長してきたとしても、思い込みから、ちゃんと向き合えなかったり、
誤解したままの場合も多いのかもしれないな~ということも感じたよ。
私は、母のことも尊敬していると思ってたけれど、やはり、人生を
長く過ごし、その中で得てきたものは、敬意に値することであり、
そんなことを含め感じたことで、自分の書いたことが恥ずかしくなった
のだと思う。ほんと、おこがましい事だった。

で、同時に”相手を尊重する”ってことも、とても深いものがあるし、
意識って、どこまでも、その段階によって、見えているものが違う
のだと、改めて感じたときだった。
以前に”尊重している”と思っていても、ある日突然、それは
真の”尊重している”ことではなかった。ってことに気づく。

その深さに驚くよ。@@ホント。

それは、”愛”でも”思いやり”でも、”あるがまま”も、全て
においてそうなのだと思う。

謝りの手紙を送ってから、それについては何のコメントも返って
きてないけど、いきなり普通っぽいメールは来るので、あとは、
借りたお金を返すことが出来た暁には、母とのことは、穏やかに
、ゆっくりと理解し合える期間が続くのかもしれない。

母のことは、どう書いていいか、ほんと分からなかった。
上記内容は、ほんと私にしか分からないかもです。スマン。

*  *  *

実は、今日、急にブログを書く気になったのは、母のこと
からではなく、実は、こっちのほうでした。


□ いよいよ明かされた

【B L E S S E D  B L I S S】のサイトで20日にアップ
されていたメッセージを読んで、スッキリしたからでした。
(下に抜粋あり)

それは、、、セント・ジャーメインのメッセージの中で、

「とうとう、ジャーちゃん、ハッキリ言っちゃったよー。」

って感じなの。

それはね、、私自身も感じていたことであり、このように
ハッキリ(名前まで)と表現するのをためらっていたからで、、、
なので、良かった~というのと驚き@@だったんだ。

で、どんなメッセージだったかというと。↓

「アセンションのための物理的変化」
アセンデッド・マスター:セイント・ジャーメインからのメッセージ
【抜粋】
※下記の内容に関することを知らない方はスルーしてください。


アセンデッド・マスター方は、
アセンションの志願者が、自身のアセンションを実現させるための、
精神的・肉体的に力を尽くす、本気で取り組んで努力する義務を、
省くことができるなどとは、誰にも言っていません。

ET(地球外生命体)達によって、人にされている、
物理的変化に言及する、すべてのチャネリングが、
アセンデッド・マスターの意識から来ているというわけではないのです。
ET達は、団結力がある情愛深い存在グループだというわけでは全然ありません。

彼らのメッセージの多くには、ガイア(地球)の人々に関する否定的態度と、
恩着せがましい意見が、並べられています。
すべてが、人間の核マシンに関して懸念(心配)しているのです。

シェルダン・ナイドル氏(Sheldan Nidle)のチャネリングは、
キリスト意識からではありません。
シェルダン・ナイドル氏のコンタクト先(接触先)の多くが、
人間に死を望んでいる否定的な態度のアンドロイドです。

シェルダン・ナイドル氏のメッセージは、優しく見えますが、
人間が知っている必要がある、『愛すること』のほとんどを無視しています。
(メッセージ配信される資料を識別するための、
 独自のメンタル能力について、明確でいるかのように)

どんなETも、アセンション目的のための人体の変化を、
巧みに(上手に)指導したりはしていないのです。
人間たちは、自分達で、自身を変えなければならないのです!

すべての種類のキャラクターは、
アンドロイド意識のメッセージを、人間に伝え届けるゲームを作ってしまいました。

サ・ルー・サは、そんな彼らのうちの1人です。
DNAの変化は、全く起こっていませんし、
どんな特別なギフト(贈り物)も、起動(活性化)していません。

人間が、それぞれに行う、
アセンションのための、人間自身のインナー・ワーク(自分の内側と向き合う作業)の
必要性が解除されることなど全く無いことも、伝え届けていません。

シェルダン・ナイドル氏は、
それらのアンドロイドが誰であるかが、全く分かっていません。
キリスト意識は、これらのメッセージのいずれも、送っていないのです。

チャネルは、(当然の事として)
伝えられる資料を受け取るにふさわしい有効な配達人として、
誰がそうか、そして、誰が違うかが、わからなければなりません。

NESARA全体のナンセンス(ばかげていること)は去らなければなりません、という、
私の次のコメントは、人々を怒らせ失望させるでしょう。
私は決して、NESARAに関したもののすべてに、
この矛盾に関するメッセージを伝えるというわけではありませんでした。
ライトワーカー・グループ達は、このプログラムからお金を得るために、
候補のリストで指定されたことなど、今まで全くありません。
彼らの土地から追い出された農民は、補償されることになっていました。

コントローラー達は、
私(セイント・ジャーメイン)の同僚と、
私自身(セイント・ジャーメイン)の多くの名前を使用して、
この通貨収縮の妄想を導きました。

ニューエイジの導管(チャネル)たちは、この種の多くの嘘つきたちの、
管理されたデモンストレーションのために使われ、
そして、彼らの支配をひっくり返す人間の能力をダメにするために利用されています。

どうぞ、妨げられることなく、
コントローラー達と、彼らのゲームについて、
正確な詳細を伝えさせてください。

行われる何ものも、あなた自身の『I AM Presence(我、臨在なり)』が
あなたをアセンションへと達成させる能力を、破壊できません。

では、アセンドするために必要な態度を見てみましょう:

* より多くの富・利得に対する、意地きたない強欲へ、
   人間の欲求を腐敗させているドラマに関する、より多くの意識。
* あなたが自分のために望んでいる愛を与えてください。
* 「効果がある」ので、提供されるハート・エネルギーを与えてください。
* 気づきを与えてください。
* 無邪気な好奇心を与えてください。
* あなたが成長するための一部であるグループに、
   許容できる、より多くの援助をしてください。
* あなたの人生の不調和と向き合ってください。
* 世界の人間のコントロールの適正さを超えた、恐怖からの狼狽で、
   あなたの心を妨げさせないでください。
* あなたに求めれたすべての愛と光を練習してください。
* 表明の目標たちを取り消してください、
   そして、I AM THAT I AMへのあなたの呼びかけを変えてください。
* 神のご意志が完了しているだけであるように頼んでください。



【B L E S S E D  B L I S S】のサイトの管理者であるCOKOさんも
この事についてコメントを書かれていましたけどね。
分かる方には分かることだけど、ナカナカ難しい部分でも
あるので、本当に、各個人において、見極めることが必要です。

以前から、私は、”地球外生命体””ET”と呼ばれる存在のメッセージ
には、怪しいものも中にはあるというような事を、控えめながらも書いて
来た。↓
→10/1/25完了~その後【制限のない意識】
→10/10/6【転載】観音からのメッセージ など、、、。

かつては、私も、6、7年前かな~?
このサ・ルーサのメッセージを読んでいた時期がある。ときに楽しく、
希望をもったこともあった。半信半疑でもね。

でも最初は、数年前にクリムゾンに出合って、シャウドでトバイアスや
アダマスが伝えていた内容などから、私は、このような内容から遠ざけた。
(シャウドでは、どこのグループとか、ハッキリと伝えてはいない)

ちなみに、シャウドでは当時、このように伝えていた。

体現シリーズ シャウド6:
「魂の自由」
クリムゾン・サークル 2005年1月8日
【抜粋】
予言をする人はたくさんいます。そして彼らは人間達の注意と魅惑を惹き
付けます。
そして彼らは起こる物事や殺される一定の人々、そしてある大きな - 何と言うか 
- 地球上の劇的な大変動について語ります。

そして彼らはUFOがやって来ることについて語っていますが、彼らはこれについて
もう50年以上も語っているのです。
彼らは大規模な着陸について語っています。「おお、それはこの年になるでしょう」 
そしてそれは彼らのサービスを売り、その紙を売っているのです。


体現シリーズ シャウド4:
「エネルギーの動かし手(エネルギー・ムーバー)」
クリムゾン・サークル 2004年11月6日
【抜粋】
私達は以前、異星人、UFOについてお話ししました。そして本当に彼らはそこに
います。本当に彼らは - 何と言うか - 他の次元的領域からのそのようなエ
ンティティ達がいるのです。

彼らは物質的な存在ではありません。彼らはあなた方がいるように物質の中には存在
していません。でも、彼らはそこにいるのです。彼らはあなた方の過去からの側面か、
あなた方の家族からの一族なのです。そして、彼らもまた、もし地球のエネルギーに
近寄り過ぎたら、同様に引き込まれてしまうだろうということを知っているのです。
異星人にとって、かつてそうした経験がないときに、受肉を通り抜け始めることは地
獄なのです・・・非常に非常に困難なのです。


上記のシャウドを読んだとき、すぐに、シェルダン・ナイドル氏の
サ・ルーサなどのメッセージを紹介していた日本のサイトが浮かんだ。

で、今年に入って、【B L E S S E D  B L I S S】のサイトを知った時に
久しぶりに、シェルダン・ナイドル氏のメッセージが転載されていて
目にする機会があった。

数年ぶりに目にしたメッセージは、相変わらず、ファーストコンタクト
を語り、数年前とそんなに変化は感じられなかった。

「まだ、同じようなことを言い続けてる~@@。 しかも50年以上の前から?」

やっぱ。シャウドで言ってた通りだぞ~。

”ハート”は開かない。

でもいろんなサイトやブログを覗いてみると、ここのメッセージを載せ
ていたり、純粋に信じている人も多いな~と感じていた。

それは、それで自由意思もあるしね。それぞれに惹かれる時期
も場所(サイト)も違うだろうし、、、判断もないし。自由だし。

なので、私からの表現は、あくまでも注意を促す程度にとどめていた。
だって、私にだって、まだまだ”宇宙”のことは、沢山分からないこと
だらけだし。
もしかしたら、種族の違いや、魂のファミリーによっても、惹き付けられる
メッセージやサイトだって違うってことも有り得ると思ったら、そこまで大
胆に、公には、表現できなかったな。
そりゃ、自分のことであれば出来るけど。(笑)

「怪しい、、、」でも、どこが、、、ってハッキリ分からない。
だから、久しぶりにメッセージを読んだときは、しつこく何度も、何度も
エネルギーを感じ尽くしたよ。(笑)

でもね、ジャーちゃんがハッキリ伝えてくれたことで、自分の感じて
いることに、お陰さまで、より自信がついた。(笑)

やっぱ、これからは、こういうことも含め、自分で感じた部分
はためらわずに、表現していこう。と感じるキッカケになった。
(表現したことを、人が信じる信じないは関係なく)

今後は、色んな部分が剥がされ、より真実がみえてくるだろうね。
本当に、チャネラーさんの意識によっても違うし、見極めはあくま
でも自分自身になるので、より慎重に注意を払いたい部分でもある。
自分も含めね。

「何かが違う、、、?」と感じるときは、一旦保留にでもして、
妄信を避けて、よくよく、感じ取ってみることをお勧めします。^^;

*  *  *


【ひとりごと:女神エポナからのメッセージ&今の状況】へ


スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?