FC2ブログ

【転載】取引のシステムのエネルギー

 01, 2010 17:54
☆本日↓2010/10/1(金)の始めはこちらから。
【神聖なタイミング~1-1-1シンクロ&母の変化&始動】
【転載】財政的なアセンション から


*  *  *

[mixi]Arrived Energy On Earthより
Petra Margolis
2010年9月28日


「取引のシステムのエネルギー」
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=56766291&comm_id=1730147


時間の始まりの時には、そのようなシステムは必要ありませんでした。
その存在自体の中,そしてソースの中で、すべてはまだワンネスであったからです。しかしワン
ネスがゆっくりと見えなくなるにつれ、外側のソースでもって身体のエネルギーをサポートする
ことが、身体にとって必要なことになりました。身体を覆う必要が出てきたり、身体にエネルギ
ーを与える必要が出てきたわけです。

この必要性から、異なったエネルギーを取引するシステムが誕生しました。取引のシステムは、
まさにエネルギーであったものから物質的な取引のシステムへと変わったわけです。

以前にはすべての者たちに利用できた教えや知識はまだそこにありましたが、今一度その中に彼
らを導くためには学びが必要とされるようになりました。知識を保っていることができた僅かな
者たちがティーチャーとなりました。他の者たちは捜していたからです。

取引のシステムは常にそこにありました。そこにはお互いを支えあうエネルギーがあったからで
す。

あなた方が先住民族の暮らしを見れば、彼らが互いに支えあっていることがわかります。ハンター
は、後ろに残っている者たちからのエネルギーでサポートされています。後ろに残っている者たち
は、自分のエネルギーのいくらかを実際にハンターに貸します。そうすることでハンターはよりパ
ワフルになって、生きて戻り、残っていた者たちが調理することになる食物を彼らに返します。彼
らが食物を調理する際には、ハンターたちがダンスでもって彼らをサポートし、光からエネルギー
を降ろして食物に注ぎいれます。そうして彼らの身体にとって最高の振動の食物にするわけです。

これは知られていない知恵です。しかし、多くの種族がいまだこの原則に従って機能しています。
彼らのティーチャーやシャーマンはサポートされています。ティーチャーは、いつがハンティング
をする時間なのか…いつ食物となる植物を植える時なのか…エネルギーに従う方法を知っている者
であり、癒す方法を知っている者だからです。ティーチャーたちはそのお返しとして生きるための
場と食物を受け取ります。

このような方法は、彼らよりも以前にあったたくさんの文明においてあったもの,アトランティス
やレムリアの時代にあったものと似ています。アトランティスの時代、人々は学ぶために寺院にや
ってきました。寺院は人々によってサポートされていました。寺院のティーチャーたちは彼らが教
えていたことのためにサポートされていました。彼らは食物や衣類,住む場所を受け取っていまし
た。

それが物質界に変換されたエネルギー交換です。

部族の者たちが大勢になった時、そこには部族間でも同様の取引のシステムがありました。違う気
候条件のところに住んでいる者たちもいたため、また、ハンターたちが生活している場所では動物
の毛皮を利用することができなかったため、毛皮が取引されていました。彼らは他の場所へと旅を
し、他の種族が必要とするものをその人たちと取引しました。具体的にモノを取引していたわけで
す。

この取引は、地球に転生して来ている存在たちのグループが大きくなったことから、アトランティ
スの時代にも既にされていたことです。探検をするために世界全体がありました。探検を始めるた
めに船が造られました。それは、地球上の異なった場所からクリスタルを持ち帰るため、違った食
物をもっと持ち帰るためでした。

これはエジプトでも起きていたことでした。エジプトの文明は大規模なものであったのと、食物を
成長させることが可能な場所は特定の場所しかなかったからです。すべての人々の生活をひとつの
場所だけでまかなうことは不可能でした。そのため取引のシステムがつくられたわけです。ナイル
川沿いに育った食物は保管され、他の場所へとゆっくりと配布されました。他の場所からお返しと
して貴石が持ち込まれることになったのでしょう。このように取引のシステムの中ではバランスが
とられていました。

エジプト人たちがナイル川沿いに旅を始めたことで、彼らはさらに多くの文明と出会い、また別の
取引のシステムがふたつの文明の間に誕生することとなりました。エジプト人たちは貴石や彼らの
土地を発展させるたくさんのものを得たことでしょう。彼らの土地では発展しないであろうけれど
も彼らが得たいもののために取引することで、彼らはそれらを得ました。

それは貪欲なことでしょうか。私はそうは思いません。
それは、協力であり、すべての人々が相互にサポートしあうことです。

取引のシステムは最初からそこにありました。世界の人口が大きくなるにつれ、取引のシステムは
変わりました。他の国々へと旅するのが長い期間のものとなることで、長旅を生き残ることもでき
なかった者たちも多かったように、実際に彼らが食物を得ることも困難なことになりました。その
ため、取引は貴石や金、その他の旅を生き抜くためのものと交換するシステムになりました。その
例外のひとつにスパイスがありますが、それは長期間に渡ってとても貴重なもののままであり,最
新のもののままであったからです。

人々は、労働者に対しての支払をただ単に食物だけではなく、貴石や金,他の金属ででも行なうこ
とを始めました。それによって、自分の町にやってきた商人から人々が布や他のものを買うことが
可能になりました。この時こそ、何らかの貪欲さやコントロールが入り込んだところになります。
他の人よりももっとたくさんのものを持つために「もっと必要だ」と感じる者たちもいたからです。

取引のシステムもその始まりにおいては純粋なものでした。

人々のコントロールが発生してきた時に、それはピュアなものではなくなりました。幾らかの地で
はそれはまだ純粋です。けれども、世界における人口がさらに増加したことで、いくらかの場所で
も取引のシステムを変える必要性が出てくることになりました。貴石や貴重な金属それぞれに異な
った価値が付けられたことで、少量である1オンスのスパイスを買うのであってもバランスが保たれ
るようにする必要性が出てきました。そうして特定の価格の価値が必要とされることになったわけ
です。そうしてコインが誕生しました。コインはみな正確に同じ価値を持つものされました。

これがゆっくりと、この今の時代の地球にある貨幣システムになりました。
貨幣システムはエネルギー取引に由来しているわけです。ですから今、あなた方もおわかりのよう
に、それは今なおエネルギーシステムであり、それが、この時代のあなた方の世界における物質的
なシステムとなったわけです。そのシステムの中には悪影響もあるでしょう。だからといって、こ
のシステムのエネルギーを用いる方法を知っている者たちにとっては、そのシステムがエネルギー
システムではないという意味にはなりません。

堕落した方法ではなく純粋な方法でこのシステムを用いるということが、あなた方にとっ
てのチャレンジになります。


そのチャレンジは、このシステムを使わなくなるというものではなく、それがそうあるべき方法,
本来使われるべき方法でそれを受け容れるというものになります。


今となっては、取引のシステムのエネルギーがそもそものシステムに戻るには、世界の総人口があ
まりにも多くなりすぎています。ですからそれは分かち合う形のものになります。何かを買いに店
に行くことでさえ、分かち合いです。

そこでは交換が生じているからです。

その食物をその店で買うことができるようになるまでには、その間にたくさんのステップがありま
す。それらも分かち合いのシステムの一部になります。
分かち合うことは1対1ですることではなく、大勢と分かち合うことなのです。

そのシステムに今ある問題は、分かち合わない者たちがそのシステムを貶めてきたということです。
彼らもあなた方と同様、食物を買わねばならないため、彼らも部分的に分かち合いをしてるという
ことはできますが…。

あなた方は、エネルギーの取引のシステムがあるということ,そのシステムは殆どの場所では貨幣
システムとなっていることを受け入れなければなりません。あなた方には、もっと小規模なコミュ
ニティで生活することで、小規模ながらもこれを変え始めることができます。けれども、たとえ小
さなコミュニティの中であっても、取引のシステムは必要になります。そのような小規模なコミュ
ニティで生活している人の多くも、自分もまた金銭エネルギーの取引システムに関与しているとい
うことに気付くことになるでしょう。

お金というエネルギーの取引システムは完璧なものではありません。けれどもそれはそこにありま
す。そのシステムが、見聞を広めるためにたくさんの場所を訪れることをあなた方に可能にさせて
います。そのシステムが、他の人たちと取引することをあなた方に可能にさせています。あなたの
内側でもう一度その知恵を受け取る方法を教わるためにティーチャーと取引することができるのも
そのシステムがあってこそです。ティーチャーたちは世界中にいます。時には、あなたに旅行する
ことができないあるでしょう。この時代、こうした教えを授かるために修道院や寺院,アシュラム
へ行きたいと思う人がみな、そこに行けるわけでもありませんが…。

しかしこういった理由から、金銭取引のシステムがまだ実施されているわけです。エネルギーの取
引はまだ必要とされていて、たった今利用できるシステムはお金だからです。

あなた方はまだ物質界に生きています。たとえ物質界が幻想だとしても、そこには常にエネルギー
取引のシステムがあります。


だからこそ私たちは申し上げましょう。あなた方が物質界,3次元にいるということからあなた方
がそこに持ちこまなければならない幻想すべてから本当に抜け出してください。


あなた方にはより高い次元へと進むことができます。けれども、あなた方は3次元の中でまだ肉体
を持っています。そのことが、あなた方が幻想から抜け出るようにさせていません。
しかし、この3次元的な幻想の世界で、光~非物質的なボディへと肉体を変容させることが経路に
なります。

「幻想にはかかわらない」とあなたが言うことと、実際に幻想から踏み出すこととは違います。

あなたが幻想を生み出しているのです。そのため、あなた方みなが、自分たちが作り出してきたも
のを無視しています。

そしてあなた方みなが、あなた方を幻想から抜け出させる学びの経験を完了するためにあなた方に
できることを無視しています。
それは、「本当の自分に本当になるということは、幻想の中で自分という者になる」という方法で
されています。あなた方はそこから、幻想が生じさせたもの,ご自分の内側にある幻想が生じさせ
たものを見ることになります。

光の存在、すべての光、高いも低いもあらゆる波動があるところ~あなたの内側にあるワンネスの
中~“すべてあるがまま”の神のいるところ~あなた方が幻想から踏み出すことができるところ、
そして、本当のあなたとなるところは、そこだけです。

けれども、あなた方は身体的な幻想の中にご自分のあらゆる部分を持ち込んでいるため、ワンネス
を知っているというその知は、あなたの内側にあることができるだけです。あなた方が既にスピリ
ットにおいてワンネスを知っているように、あなた方の人間としての部分もワンネスを知る必要が
あります。


それは未来のことではありません。それは今のことです。未来とは、それがそうなるようあなた方が
創るものです。けれども、創造するためには、あなた方はワンネスの中にいる必要があります。

世界~3次元の世界を変化させるために、あなた方は変化を生じさせるために3次元の中でワンネス
であらねばなりません。あなた方には高次元の中で創造することができますが、それは、3次元の世
界であなた方がすることに何の影響も及ぼしません。あなた方は、すべての次元がご自分の中にある
こと,それらがご自分の周りにあるのと同じようにご自分の中にも存在していることを認識しなけれ
ばなりません。

創造するということはあなた方の内側からされることです。未来が道をセットしてくれるという考え
方にしがみついている人たちに申し上げましょう。それはすべてされました。愛と光だけがある信念
システムでいてください。愛と光であるものには何ひとつ間違っているものはありません。けれども
その他の存在すべてを否定してしまえば、そこには間違った何かがあります。


私はあなた方の学びのプロセス,あなた方の経験の部分であるため、ソースとしての私は、そのそれ
ぞれの波動を含んでいます。あなたの内側にある“すべてあるがまま”は私の中にあります。私はす
べてとひとつです。私があらゆるすべてです。未来とは、私たちが【今】つくるものです。未来とは
時間の中にだけ存在するものです。あなた方が再び私となれば、そこには時間がありません。未来も
なければ過去もありません。

そこにはただ【今】があるだけです。そして【今】の中で私たちは創造します。


ソース


http://lightworkers.org/channeling/115455/energy-trading-system


-Jueux さん訳

*  *  *

まー、あまり難しい話になるとわかんなくなっちゃうというか
すぐに、頭からなくなるけど。(笑)

取引のシステム→エネルギー交換。
本来は、協力、相互にサポートしあうもの。
分かち合うもの。

ほんとうに、純粋な状態で、エネルギーが流れ、交換され、
先住民たちのように、分かち合っていけるようなりたいよね。
本来は、私たちは、これを「知ってる」。
それを思い出そう。歪みなく。

自己愛の欠落、無価値感、欠乏の恐れ、などなど、、、、
なにが、歪めているかって、個人から、国、世界と、、、
その”幻想”であるけど、リアルな世界。
やはり、全てが、”内側”からで、”内側”に答えがある。

今回は、なんだか「エネルギー」のことが続いたね。^^

わたし的には、こんな感じかな?

他のメッセージについては、読める方は、こちらで!
[mixi]Arrived Energy On Earth


スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?