FC2ブログ

【転載】自分が変わることによって周りが変わる~レンデュース

 23, 2010 14:49
2010/9/23(木)ときどき雨(強)&雷[秋分の日]


ブーケ1



今日の紹介させて頂くメッセージを初めて読んだときに、
なんか、とても深いものを感じました。染みこむ様な、、
って表現したらいいのかな~。 

このメッセージをアップしてくれたCOKOさんに感謝した
いと思います。

COKOさん曰く、、、レンデュース、、、
ヴァイワマス(VYWAMUS)のエネルギーを管理している大元
=サナト・クラマのモナドということのようです。
メッセージ自体は、1998年のもののようだけど、今読んでも
全くそんな感じがしないです。

よければ、ゆっくりと日本の皆さんに向けられたメッセージ
を味わい、感じ、自分のものにしてみてください。


私自身も、謙虚に受け止め、精進していきたいと思います。


「B L E S S E D  B L I S S」の9/11のメッセージから転載
させて頂きます。



自分が変わることによって周りが変わる:
   レンデュース(LENDUCE)からのメッセージ


私はこれまで、
日本の人々には、現れたことがなかったエネルギーです。
今日、初めてご挨拶をします。

これまでは、
ヴァイワマス(VYWAMUS)のエネルギーが、紹介されておりました。

私は、そのエネルギーを管理している大元であり、
これからの日本の流れや宇宙における地球人の働き、
そして、これが、神々によってどのように創られてきたのかを、
すべて管理している存在です。

大いなる光の仲間たちは、私の現れであり、
また、大いなる存在たち、ミカエルの仲間たちは、私たちのとても良い仲間です。

今、少しずつ、皆さん方に、神における計画を現す時期に入ってきました。

レンデュース(LENDUCE)という名前で、私は知られており、
そしてまた、大いなる光の存在としても知られておりました。

しかしその真実は、この大いなる宇宙の現れの中の一つを担っており、
これからの地球の流れを、すべて管理している存在でもあります。

少しずつ皆さん方にこれから接することになるかもしれません。
ただ、今は、まだそんなに強い繋がりがつくられていないので、
必ずしも深いメッセージを与えることはできません。

これも、皆さん方が強い繋がりをつくっていただければ、
少しずつ、より深いメッセージが与えられるようになってくるでしょう。


☆ 地球には、神が隠した多くの神秘がある 

さて、少し、私たちの方からお話をいたします。

宇宙の計画について、少しずつ皆さん方に、秘密が明かされてきて、
中には、かなり理解している人もいるようです。
今、ここで、新ためて私たちの方から、整理をしておきたいと思います。

これまでに何度か伝えられたように、今、地球はとても大切な時期にきており、
これは、宇宙においても、今、非常に注目をあびている段階にあります。

地球がこれからどうなるのか。
地球がうまく変化するのか、それとも失敗に終わるか。
この重要な境目にあり、
宇宙のすべての存在たちが、この地球を注意深く見守っております。

地球が、うまく新しい波動に切り替わることができると、
その影響は、とても大きなものになり、次々とほかの領域に影響を与え、
ほかの惑星やほかの星々たちが、
新しい波動に、次々と切り替わることができる状態となっていきます。

そしてそれは、宇宙全体に拡大していき、
宇宙全体が、新しい波動に変わっていきます。

そしてそれは、この宇宙自身の新たなる創造であり、
また、これまでの進化とは、まったく進化方向へ向かう、
とても大切な流れでもあります。

今、この大切な時期に地球に生まれてきている、皆さん方一人ひとりは、
とても重要な役割を持ってやってきました。

そして、一人ひとりは、
魂とともにこの地球で生命を得て活動し、魂の波動を地球に流そうとしております。

この地球は、素晴らしい人間たちの力によって、新しい地球に変わり、
そして、いろんな生命たちが喜びを分かち合い、
まるで、神の楽園のような星に変わっていきます。

こういう素晴らしい惑星になるということは、今までかなり秘密にされておりました。
いろんな妨害があり、常に自分のものにしようとする存在たちの手によって、
計画が進まない状況が、何度も起こってしまいました。

そのために、肝腎なことは常に分からないようにし、
ただ単に、何気なく地球に集まってくるように、神はインスピレーションを与え、
そのインスピレーションを受けた者たちが、地球に集まってきました。

でも、それによって、どういう地球になるのか。
地球がどういう惑星なのかは、誰も知らないまま地球に集まってきました。

そして今、あらためて、真実が皆さん方に与えられようとしている。
この地球は、神々たちの手によって計画され、
そして神々たち自身をも成長させるための、とても大切な星となっています。

ただの星ではなく、神々たちの思いが、至る所に入っており、
そしてそれは、神々たちにしか分からない秘密によって覆いつくされています。

ほかの惑星から来た存在たちには、
地球のことが、必ずしもすべて理解できないようになっております。

地球のことを理解するためには、自らが地球人となり、
地球人として生まれ、地球人として体験し、地球人として喜びを分かち合った者、
こういうものが、地球について理解でき、地球の神秘を探ることができ、
地球の秘密を、手にすることができるようになっております。

しかし、それに気づいた者たちは、ホンのわずかであり、
ほとんどは、地球にそれだけの神秘があるということは、考えてもいませんでした。

今、皆さん方は、
地球人として生まれ、地球人として体験を重ね、地球の神秘を手にしつつあります。

地球人として体験を重ね、生活をしたものは、
地球における不思議なエネルギーを自由に使うことができるようになります。

これは、ほかの惑星の人間には、絶対にできないことであり、
地球人として生まれた者しか、手にすることはできません。

しかし、こういう地球にも、いろんな問題をまだ含んでおり、
このまま順調に地球が変わっていくのか、
それともうまくいかずに、人類が自ら封印してしまうのか、
それはまだ明らかにはなっておりません。(1998年10月時点)

この地球の計画がうまく進むためには、
地球人が本当に愛に目覚め、
お互いを許し合い、認め合い、分かち合うという思いが、どうしても必要なのです。

相手を否定したり、無視したり、差別するエネルギーを持っていると、
地球人として活動することが、できなくなってしまいます。

地球の神秘を手にし、神として目覚め、神が地球を歩くようになるためには、
一人ひとりが、本当に愛し合い、分かち合い、
地球に生まれてきた喜びを、感じる必要があるのです。

これからの時代の流れで、地球人類はどういう選択をするのか。

地球上では、争いがまだまだ続き、
人種差別もまだまだ続き、宗教による支配もまだ続くでしょう。

ただ、それに束縛されている人間、支配されている人間は、
少しずつ少しずつ、減っていく可能性があります。

それに関与する人間が、少しずつ減っていき、
皆さん方のように、もうどこにも束縛されることなく、
自分たちで、自分のペースで生きていく、という、
どの影響も受けない人々は確実に増えてくるでしょう。

そしてそういう人々が、徐々に増えていき、
いずれは、大きな社会を造るぐらいの勢力になってくると、
この地球は、急速に変わっていくのかもしれません。

ただ、そこにくるまでに、強い支配のエネルギー、束縛するエネルギーがあり、
そこから抜け出るために、とても強い意思や行動力が必要となり、
それに打ち克った者だけが、そこから出てくることになります。
心弱き者、行動力なき者は、支配されたままで終わっていくのかもしれません。

私たちは、この地球を、本当に完成させたいと願い、
少しでも神の願いが決定するように、いろんな仕組みを創っておきました。

今のところ、そのほとんどは、
まだ皆さん方にも見つかっておらず、分からないままになっております。

したがって、私たちからすれば、
そういう私たちが隠しておいた秘密を、
皆さん方がどれだけ見つけ出し、それを証し、そして、自分のものにしていくか。
それが、とても大きな鍵を握っております。

そして、その秘密を使うことによって、
今まで出来なかったと思われたことが、急速に出来るようになる。
不可能と思われたことが、瞬間的に可能になる。
今まで諦めていたことが、実現可能になる。
そういったことが、次々と証されてくるでしょう。

この地球の至るところに、そういう秘密が隠されており、
そして、そういう秘密を一人ひとりが見つけ出し、解き明かしていくと、
人類同士の争いや食料不安や、戦争による奪い合いや殺し合い、
そういったものの無意味さが、少しずつ証されてきます。

そして、この何千年もの間、ごまかされていた一般の地球人、
こういう人々が、真実を手にすることにより、
今まで、自分たちをだましていた本当の敵は、何であったのか。
自分たちを、めくらにさせていたものは何であったのかが、
より確実に分かってくるでしょう。

皆さん方を不幸にさせようとしたり、貧しくさせようとしたのは、誰であったのか。
その真理が、少しずつ証されてきます。

そのためにも、神々たちが秘密の内に隠しておいた、いろんな秘密を、
皆さん方が、自分の手で解き明かし、
そして、それを使って急速に、地球を豊かで、素晴らしい社会に変えていく。
そういう働きを、是非とも担っていっていただきたいと思います。


☆ 地球人類が、地球を愛することによって、地球が変わる 

この地球が、いずれは、宇宙における神の楽園となり、
地球に来ることが、どれだけ素晴らしい体験であり、
夢にまで見た願いであるということが、より強く分かってくるものと思われます。

宇宙の多くの存在たちは、それゆえに地球に注目し、何としてでも、
地球が新たなる波動に変われるように、いろんな努力を続けております。

ただ、それを直接、演じるのは、
地球人類一人ひとりであり、皆さん方にすべてがかかっております。

一人ひとりが、地球を愛する気持ち、隣人を愛する気持ち、これが一番大事であり、
そうすることによって、地球は、新しい波動に変わっていきます。

大いなる仲間たちも、周りで仕組みをつくることはできても、
直接、地球を変えることはできません。

直接、地球を変えることができるのは、地球人類だけであり、
地球人類の一人ひとりが行なうことでしか、地球を変えることはできないのです。

皆さん方が一人ひとり、いろんな不安を抱え、
何も分からない、どうしたらよいのか分からない、
魂についてでさえも分からない、と感じているでしょう。

そういう考え方自体が、今までごまかされてきた考え方であり、
そういう考えを持つこと自体が、まったく意味のないことです。
分かる必要はありません。

ただ人を愛したいから愛する。
ただ地球が好きだから地球を愛する。
これが原点であり、これがすべてです。
それ以外に、理由や意味は何一つありません。

ただ地球を大切に思う。
地球に生かされているゆえ、地球を愛する。
隣の人と同じ人間として経験をしているゆえ、お互いに愛し合う。
これがすべてであり、これ以上の理由は、何一つありません。

この根本的なこと、一番基本的なところから、まだまだ人間は始めなければならず、
そして、この学びが何千年も続いております。

でも、もう地球は、新しい波動に変わる寸前にきており、
これ以上待つことはできなくなってきております。

それゆえ、一人ひとりの目覚めが、大急ぎで必要とされており、
これ以上、待ってはいられない状態にあります。

皆さん方も、もうあえて、疑問や理由にこだわらず、
ただ地球を愛し、ただ人間を愛する。
その原点、本質的なところに戻って、
豊かで喜びに溢れた社会を造っていただけるように、望んでおります。


☆ 先走りしないように 

さて、今までいろんな話があり、
中には驚いたり、混乱している人がいるかもしれません。
私たちも、そろそろ時期に合わせて、いろんなことを伝える状況に入ってきました。

日本人は、あまり緊迫感がなく、自分勝手に活動している人と、
非常に先走って、おかしな方向に進んでいる者とはっきりと別れてしまい、
とても危ない状況に入っております。

先走りして間違っている者に、行き先が違う、と伝えたところで、
もう何も聞こうとしない状況にあります。

また動こうとしない者に、動けといっても、
面倒臭い、分からない、自分はこれがこれが良い、この能力しか持っていない、
という屁理屈ばかりを述べ、まったく動こうとしません。

日本は、こういう状況になっており、
正しい方向へ正しく行動できる人は、極めて少ない状態になっております。

したがって、ほんのわずかでも、
神の御心に沿った方向に動ける人間がいるということは、ほんのわずかな希望であり、
そして、こういう人々が着実に増えていくために、これからどうしたらよいのか、
それを、お互いに考えていきたいと願っております。

一人ひとり、いろんな思いや考え方があるでしょう。
私たちもそれを否定はしません。

ただそれが、地球のこれからの流れに沿ったものであるのかどうか。
本当にそういう観点で、いろいろ考えていただき、
一人ひとりの進むべき方向性を、考えていっていただきたいと思います。


☆ 政治家の意識レベルは国民のレベルに合っている 

私たちは、今の皆さん方の話をいろいろと調べておりました。
日本の地において、一人ひとりが、周りを気にしながら行動するようになり、
自分の本心を表現することができなくなっている。
本当の自分を見せることができなくなっている。

本当の自分を見せると心配、否定されたらどうしよう、
ほかの人と違っていたらどうしよう。そういう思いによって、
自分をなるべく見せないようにし、他人と同じところだけを見せる。
社会で通用するところだけを、見せる。
自分独自のものは、隠しておく。
そういう生き方が、いつの間にか、定着してしまいました。

こうなってしまったのは、誰の責任か。
親でもない、先生でもない、宗教でもない。にもかかわらず、
多くの日本人が、そういう生き方をするように身に着けてしまった。
これには、日本独自の、とても特別な事情があります。

皆さん方が、まだ生まれる前の時代であり、日本に関与してきた存在たちが、
日本人の役割を理解し、その日本人の本当の働きを変更させ、
自分たちの都合の良いように変えようとした存在がいました。

その存在は、巧妙に日本を操り、分からないようにして、
自分の都合の良いように変えていきました。

明治に入ったころから、その働きが強くなり、
一人ひとりの生き方に、関与し始めてきました。

一見、西洋の文明を取り入れ、それまでの日本とは違う価値観で、
世界に向けて意識を広めていこうとする思いを持たせつつも、
実際には、日本人の心を強く握りしめ、
何かに縋っているように、何かにしがみついているように、操っていきました。

天皇が日本の中心であり、天皇を尊敬し、神は天皇を創り、
天皇は、日本人の一番の大切なものであるという教えを、説いていきました。

日本人は、海外に意識を向けながらも、天皇を尊重することにより、
自分たちは、日本人として大切に生きる、という気持ちを身に着けてきました。

そして神道が少しずつ広がり、
天皇を中心とした考え方を、定着させるように変わっていきました。

そして軍が登場し、軍は天皇を利用することにより、日本人を操り始めました。
天皇ために、自分の命を犠牲にしても良い。天皇のために自分を捧げても良い。
そういう教えを一生懸命説き、
一人ひとりの価値が、ほとんどないように教え込んできました。

このころから、日本人の自主性が少しずつ薄れていき、
いろんな戦争を経験するごとに、そのエネルギーがさらに強くなり、
日本人は、天皇のために働くただの奴隷とされてしまい、
戦争を経験するたびに、日本人は、ただ言うなりになる国民にされてしまったのです。

もう気がついたときには、日本人は、
ほとんど全員が、ただ言われるままに働き、
言われるままに動くことしかできないエネルギーに変わってしまいました。

太平洋戦争を終え、連合軍の管理によって日本が生まれ変わろうとするとき、
天上界においても、いろんな仕組みがつくられました。

この日本を、どのようにして本来の光に戻していくか。
一人ひとりの目覚め、本来の光、自主性、こういったことを考えながら、
天皇という立場を、どのように位置付けていくか。

当時、連合軍のいろんな管理にあっても、
日本人は、天皇を捨てることはできませんでした。
天皇のために戦った。天皇のためにさらに戦い続ける。天皇がすべてを守ってくれた。
これは完全に定着しており、すべての国民は、天皇を神と崇め、
天皇とともに、日本を大事に生きてきました。

そして、連合軍の指揮のもとで、
政治が変わり、経済が変わり、社会にも影響を与えていきました。
少しずつ、天皇への忠誠心が薄れつつも、
その時代を生きてきた人にとっては、忘れることができず、
天皇を神と崇め、天皇のために自らを捧げるという気持ちを失うことはありませんでした。

今、若い人たちが勝手に行動し、
人の迷惑も顧みず、自由に動いているのは、
ある意味では、そういう経験をまったくしていない影響でもあります。
誰かのために生きる。そういう教えが、まったく彼らには与えられておりません。

少し前の人間は、天皇のために、日本のために生きるという洗脳がされていたために、
自らの命を捧げる、という思いを持って生きてきました。

今の若い人たちは、誰かのために生きるという意識はありません。
自分の為に生きるか、そういう意識もありません。
自分とは、何であるのか、何が自分なのかが教えられていないために、
自分の為に生きる、ということすらも、彼らには分かりません。
ただ、楽しいことをする。ただ面白いことをする。
これが今の若い人の生き方になっております。

さて、今、そういう若い人々が次々と成長し、大人になり、
これが日本の大半を占めるようになったとき、
日本は、どのような状況になっていくのか。
日本のために頑張ろうとする者、
おそらく、そういう人間は、ほとんどいなくなってくるでしょう。
日本という国を守ろう。日本の文化を守ろう。
そういう者すらも、あまりいないかもしれません。

いざとなれば、日本からすべて逃げて、海外で暮らす。
日本の税金が高くなれば、海外に引っ越す。
日本で職がなければ、アメリカに行く。そんな人が現れてくるかもしれません。
もう日本という国は、彼らには魅力のない国になっているのかもしれません。

では、日本という国、日本人が造り上げた大切なもの、
和、いたわり、思いやる気持ち、一緒に分かち合う喜び、これはどこへ行くのか。
詰まるところ、それを理解している皆さん方一人ひとりが、
永遠に心に残し、行動に移し、その良さを具現化することでしか、
現すことはできないのかもしれません。

そして、日本という国や日本人に限らずに、その素晴らしさを、
ほかの国々でも、ほかの民族や人種の前でも、具現化していく。
どのような民族であろうとも、和を保つ。どのような国に行っても、和を保つ。
常に真面目で、誠実な行動をとっていく。それが、日本人の証となるのかもしれません。

日本という国が、今、大きな変化を迎えようとしています。
今までの価値観で、一生懸命働き、日本を導いてきた者、
彼らが、主導権を、次の者へ渡そうとしております。

これからバトンを渡された次の者たちは、どのようにして日本を引っ張っていくのか。
目標をなくし、具体的な考えが出来ない日本人を、どのように引っ張っていくのか。

政治を担当する者は、国民の鏡でもあります。
国民の意識に応じて、政治家の意識も変わっていきます。

今、政治家だけが悪いように、いろいろと問題視されておりますが、
実際には国民も同じレベルです。

こういう(精神世界の)学びをしている者でも、
本音を言えば、すぐに超能力を手に入れたい、
すぐに神に召されたい、早くアセンションしたい、早く宇宙人と出会いたい、
そういう意識の人が、とても多くいます。

結局、政治家が、
たくさんお金をほしい、早く有名になりたい、立派な家を手にしたい、
と思っているのと、同じ波動なのです。

もし政治家に、正しさを求めるのであれば、
自分たち自身が、心を正しくすることであり、
すぐに天使になろう、とか、
すぐにアセンションしたい、という思いを、無くすことから始まります。
政治家だけが、そのような波動を持っているのではないのです。

会社にしても、官庁にしても、同じであり、
問題視された人間だけの状況ではありません。

結局は、国民に応じた波動の持ち主であり、同じ波動で問題が起こっております。

彼らを変えたければ、自分たちから変わっていくことです。
また、日本は、それによってしか変わることはできません。

政治家を変えようとするのではなく、自分たちから変わろうとする気持ち。
自分たちが変わることによって、日本が変わるという気持ち。
これを、はっきり理解するようにしていただきたいと思います。


今日は、かなり特殊で難しい話だったかもしれません。
でも今日は、皆さん方の波動に一番合ったテーマであり、
おそらくいずれかは、
自分たちには、とてもよい内容であったと感じる時期が来るでしょう。

一人ひとり、自分が変わることによって日本が変わる、という意識を、
もっと強く持つようにしておいてください。
私たちはここまでにいたします。ありがとうございました。

(1998/10/19)


Quoted from:
セントラル・サン



このメッセージで初めて日本人が、どのようにコントロール
されてきたのか、と言うことも少し分かりました。
本来の日本人の国民性を取り戻すには、やはり一人ひとりが
変わっていくこと、それを具現化していくこと、それを世界
へと繋げていくってことで、、、、

「誰かがやってくれるだろう。」は、もうナシね!(笑)
みな、一人ひとりが、とても大切で、必要だから、、、、。

それぞれが、もっともっとシンプルになって、

「日本という国、日本人が造り上げた大切なもの、
和、いたわり、思いやる気持ち、一緒に分かち合う喜び、」

を他の国々とも調和(和)をもちながら、たくさん喜びを
分かち合いたいですね^0^

それに向けて、一歩一歩進んで行こう~!


スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?