FC2ブログ

【参考メッセージ~男性(性)、女性(性)の役割について】

 22, 2010 23:14
2010/9/22(水)晴れ


サイズ変更ウィザード-4


しばらく、ご無沙汰してました。

あれから、いい感じに、ずっと”空”のような状態で
何事にも、囚われず、余計な期待もなく、特別テンションが高い
わけでもなかったけど、ハートにしっかりと定まってました。

最近の夢で、よく赤ちゃんがいる夢を立て続けに見てる。
”再誕生”とか”生まれ変わる””新しい始まり”って感じかな?
ちょっとワクワクです。

そんな中でもGちゃんと電話で話したり、netサーフィンしたり、
旅行体験ブログなどを読んだりと、楽しむところは楽しんでました。

で、そこで、「これはっ!いいかも!」と感じるようなメッセージ
などにも遭遇したりしていて転載させてもらいたいな~とは思うの
だけど、どうもブログを開いたり、書いたりする気分には全くなれ
なかったので、自然に任せることにして、無理に書こうとはしなか
った。

今日は、その一部になるかもしれないけど、ちょうどタイミングが
”来た!”と感じたので、まとめてみようかと思った。

*  *  *

すでに完了している人はいいのだけど、

今は、まさに、男性(性)、女性(性)の資質、役割について
見直すとき(ウェーブ)が来てるような感じがする。

今、きっと手放す準備が出来ている人には、いろんな事が浮き
彫りになっているかも知れない。

その中で、パートナーとのことも少なくないのかも知れない。
家族の関係で、夫婦、親子などから、恋人のことなどまで。

でも、今は、その”関係”を見直すときに来ているのだろうと思う。
別れる別れないは、また別の話として。(汗)

そこには、本来の男性の役割、女性の役割について、しっかり
と立て直す時期に来ているからとも言える。

それは、内面的に言えば、自らの女性性、男性性の部分をしっか
りと見直し、統合させていく時期にも入っているということを
示しているのかも知れない。

下記のサイトを知ったのは、数ヶ月前。

この☆たまむすび ~悦月さんサイトは、全部読ませて頂いたわけ
ではないけど、とても、感性豊かで、分かりやすい表現で書
いてくれている。
毎月のメッセージも的を得ている感じがする。
悦月さんの独自の視点で、書かれているので、こういう見方、捉え方
もあるな~と新鮮に感じたりする。共感もでき、なかなか面白い。

その中から、最近、ハートで、”これはいいかも~!”と感じた
ものを参考になればと思い、紹介させて頂くことにした。

 □ 女性の役割、男性の役割について 

☆たまむすび ~悦月さんサイトから
【女性たちよ、今こそ目覚めよ。】

女性たちよ、今こそ目覚めよ。
そなたらの体内奥深くに沈む太古の霊(たま)を目覚めさせよ。

そなたらが自らの肉体と心を解放し、宇宙に身を捧げるのなら、
宇宙はそれに答えようぞ。

そなたら、身体は地球である。
地球はもはや眠っていない。
自らの心を開き始めておるぞ。
その心は宇宙に広がっていくぞ。

地球という女性原理が、宇宙という男性原理と融合していくぞ。
本来の姿に戻っていくぞ。

女たちよ、すでに目覚めた女たちよ。
導けよ、他の女たちを。
分かち合えよ、そなたらの男たちと。

そなたらが男より優れているなどと決して思うでないぞ。
そうなればまたもとの今までの世界ぞ。

そなたらは呼びかけなければならぬ。
傷つき、憂えた魂らに。

楽園は開かれた。
入りたい者は誰でも入れるが、留まるか否かはおのれ次第。

女性の本質は慈愛だぞ。
忘れるでない。
競争するでない。
男にも女にも、欲望につけ込んで増大させるエネルギーが忍び込む機会を狙っている。

気をつけよ、惑わされるでないぞ。

女は花となれ、土となれ、太陽となれ、木となれ、夜となれ。
女が天とつながる時、地上に花開く。

歓喜を呼び込むのは女だ。
至福をもたらすのも女だ。

しかし男がおらねばそれはできぬ。
慈しめよ、男たちを。
過去のことは水に流してやり直せ。

新しい時代が来るぞよ。準備せよ。
無垢の心でもって取りかかれ。

心が開いていれば、天地はつながる。
お前たちの肉体にその情報は埋め込まれている。
それを解放せよ。時は来た。

「赤玉」を解放せよ。



「和音~Ha」2009.9.1


【男性たちよ。】

男たちよ。

女を敬えよ。
女を敬えない男は、これからの時代についていけなくなるぞ。
そなたらのプライドを一度捨てよ。
そうしたら楽になるものを。

劣等感を隠すために、このような世界を作り上げたのは誰だ?
もう機能しないことはわかっておろう。
人間の道、自然の道をはずれつつあるぞ。

なぜかわかるか?
そなたらの行動が「愛」でなく、「恐れ」に基づいていたからだ。

女たちが、自分たちにない何かを持っているということ、
とてつもなく大きい力を有しているということ、
それを崇拝するかわりに、そなたらは自分のコンプレックスを投影させた。

「女は劣っている」と。
「性の営み」を卑しいものとし、女は男を惑わす邪悪なものであると。

そなたらは恐れたのだ。
女たちの本来の力が働きだすのを。

なぜならそれは自分(男)らにはコントロール不可能であり、
自分らが持っていないものだからだ。

だが、この世には、男と女がある。

女も、男なくしてはその力が出せんのだ。
両方が愛し合い、協力することで、
初めてその力は発揮できるようにできているのだ。

なぜならこの世は、愛を学ぶためにできているからだ。
偽りの愛を演じていては、偽りの喜びしか得られぬぞ。

そなたらが女に潜む力を認め、サポートすることで、それは初めて花開く。
そなたらが直接的にそれを得ることができなくとも、
そなたらの力により、それが可能になるのだ。

「対の法則」を学ばねばならん。

これからは、この法則が働きだす。
今までのやり方は通用しなくなる。
それを通そうとすると、物事はうまくいかなくなるだろう。

女たちはどんどんと本来のパワーを取り戻していくぞ。
それに反するのでなく、それと共にある男が本当に欲しいものを手に入れるぞ。

捨てよ、プライドを、恐れを、劣等感を。
代わりに、愛を持て、感謝を持て、自信を持て。



「和音~Ha」 2010.9.1

------------------------------------

そして、今日アップされていたメッセージ。


☆ Happy Spiritual Message より
9/22【女神ディアナからのメッセージ】

あなたの内にある欠けた部分をどうぞ認めてあげて下さい。

あなたの心の欠けは外側に投影され、
他者への嫌悪や怒りとなってあらわれることでしょう。

あなたはどのような人に嫌悪感を感じますか。

まさしくそれこそがあなたの内にある欠けた部分なのです。

人々が抑圧している感情の多くが女性性に関係しているものです。

女性性は長い歴史の中で悪しきものとされ、
男性性優位の社会を生み出しました。

男尊女卑の社会はその典型的な例です。

人々は教育の中で論理の重要性を教えられてきました。

これは男性性の側面で優れているとされてきました。

女性性の側面である直感などは、人類の歴史の中で抑圧されてしまったのです。

直感は論理よりも劣るもので、
あいまいで根拠のないものと判断されてきたのです。

人々はデータや計画性にもとづき仕事をし、
生活することの重要性を教えこまれてきました。

ですが、計画を立てず「すべてを神に委ねる」
という行為は女性性のエネルギーなのです。

今新しい時代を迎えようとする中で、
抑圧された女性性が解放されつつあります。

しばしば喫煙には女性性の抑圧が表れています。

サラリーマンたちは男性的な能力を求められる中で、
自らの女性性を表現する場を失ってしまったのです。

そしてそれは喫煙だけでなく飲酒にもあらわれています。

どうぞ「男性はこうあるべきだ」という概念を手放し、
男性の中にもある女性性を肯定して下さい。

女性はしばしば、弱いと感じる男性を裁くことがありますが、
それこそが女性の投影のあらわれなのです。

その女性の中にある女性性が認められないとき、
男性の中に見える女性性を認めることができないのです。

長い歴史の中で、男性性の強いと思われる女性が増えたのは、
女性の中にある女性性の抑圧なのです。

男性、女性ともに、それぞれの中にある
男性性、女性性を統合させる時期にきています。

どうぞパートナーシップを大切にして下さい。
あなたの中にある男性性、女性性を統合させ、
パートナーを大切にすれば、お互いのエネルギー循環が生まれ
ものごとがうまくいきやすくなることでしょう。

パートナーがいない人は、自らの欠けた部分を
異性に投影していないかを観察してみて下さい。

まずは自分の中にある男性性、女性性を統合させることが大切なのです。


以前には、こんなメッセージもあったね。
→10/6/10【転載】マグダラのマリアからのメッセージ
(女性にのみ向けられたメッセージ)


*  *  *

これからの男女の関係性、意識というのは、変化するのは間違い
ない。いや、変化していかなければ、男女がそれぞれの役割を自
覚し、互いに協力し、尊重し敬えなければ、”調和”に繋がらない
ってことか、、、。

じゃ、どうするの?

まずは、”汝自身を知れ”ってことだよね。←いつもと同じ(笑)

そして、自ら変化していくしかない。
そんな、口で言えるほど、これまでの習慣や、信念体系などを
手放すということは容易なことではないのは分かっている。
でも、まずは判断なしで自分の感情や概念などを受け入れて、
手放すことを選択して、ひとつ一つを行動で示していくしかない。
そして、それぞれに、内側で男性性、女性性の統合、バランスを
よりとることを全体の流れは、示してくるだろうと思う。

やるか、やらないか、、、。
今のエネルギーだよ。
そんなこと言ってる間に、やらされてるか。(笑)

現在、夫婦だったり、パートナーがいる場合には、どちらか
だけでは、成立しない、、、?
いや、一概には言えないか、影響しあうものだから。
でも、時間はかかることかも知れない。
片方だけが、努力したとしても、本来の男女の役割に戻す
には、双方の自覚と努力する姿勢が必要だよね。
それには、まずはお互いに逃げないで、向き合い、自らにも
逃げずに向き合うことから始まるかもしれない。

悦月さんもブログで書かれていたけど、今はお互いに吐き出す
ときかも、、、、と。
すっきり吐き出したら、仲直りか、さよならか。次の段階に入る
って。(笑)

どうせやるなら、実りのあるほうで、、、どうぞ。心置きなく。(笑)

女性性と男性性のバランスをとるやり方も、さまざまな
ようだけど、へ~、こんなやり方もあるんだねってところで、
参考にしてみるのもいいかもしれない。

☆たまむすび ~悦月さんサイトから
→男性性と女性性のバランスをとる(前半)
→男性性と女性性のバランスをとる(後半)

ついでに”自我”の話も分かりやすく面白かった。
→自我の本当の存在理由
→自我と創造性の関係

*  *  *
 
【パートナーシップのこと】&【転載】罪悪感と面目のなさ  へ

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?