スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【三度目の全財産失う[延長戦]~空っぽになるということ】

 22, 2010 21:18
2010/8/22(日)晴れ




あれから、しばしの”休息”って感じが続いている。

昨日の午前中は、まだ浄化の症状もあったけど、
時間とともに回復していった。

最近では、睡眠のパターンが変化している。
昨夜も、まったく夜中には、眠くならないので、無理に
寝ようとはせず、映画など観ながら朝まで起きていた。

mixiのほうでは翻訳のアップされてないけど、昨日は、
ローレンの最新のメッセージを下記のところで見つけて、
「クスっ」っと笑わずにいられなかった。
やっぱり、大変だったのね、、、。

ローレンのプロセスの進み方と、私はほぼ同じように進んで
いることは、今年の初めのころに気づいていた。

mixiでアップされないときは、無料翻訳を使って読んでた
ので、なんとな~く起こってることは感じとることは出来た
のだけど、あくまでも、「何となく、、、」

でも、本当にこの最後の期間、このメッセージは今月の16日
のだから、その前の数週間、数日は自暴自棄な気持ちが続いている
と話ている。ローレンの身の上に何が起こっているかまでは書いて
いないので分からないけれど、今回のメッセージは特に共感したし、
自分に起こっていたことが、腑に落ちた。ありがたい。

全文転載してよいのかわからないので、【抜粋】させてもらった。
と、言っても、けっこうな文の量になったか、、、。(汗)

全文は、こちらで ↓
☆ B L E S S E D  B L I S S より
「期待を無くする:最終的に手放すお荷物」message from Lauren C. Gorgo
August 16, 2010

【抜粋】
私たちは必至に、人生の新しいポータルにアクセスしようとして、
ドアを爪でひっかいてこじ開けようと、隙間を探しているわよね。

私たちが経験してる、この抵抗に係わらず、
ちゃんとドアは、ある、という事で、
そこを通過する方法も、ある、ということよね。

でも、それは、今までのように手で開ける事は出来なくって、
それは、ハートでしか開ける事が出来ないの。

この「活発な死期」を通過するには、思考的・感情的な抵抗を手放す事が必要で、
現在の不快な状態をも、完全に完璧に受け入れるってことで、
はじめて向こう側に行く事が出来るのよ。

~中略
「向こう側へ行きたい」という思いを失うってことじゃないんだけど、
それは、洗練されて改装され、磨かれて…、
完全に、人間的な執着から解放されている必要があるの。

☆深く掘り下げること
アークチュリアンたちはこのように言ってるわ。

『あなたたちは「無空間の空間」に導かれた時があり、
 そこでは、より容易に手放す事が出来たんですが、

 最後の瞬間に差し掛かった今、
 どうしても先に進みたい!という焦りの中で、
 あなたは、前のような安定した状態を保てなくなっています。』 

~中略
実は、このフラストレーションにも、神聖な意図が隠されていてね、
この、理不尽に思える勢力は、新しい人生への機動力かのように働くのよ。

だから、疲れてぼろぼろって状態を通り越しているけど、
平穏への道はいつもあって、そこにいくには、
未曾有の考え方のシフト、手放し、受け入れることが、
必要だということなの。

だから、たとえ、
疲れきってボロボロ~なんてのを遥かに上回る疲労状態だとしても、
私たちは、まだ平穏への道が常にあるのを思い出すように訴えられてるわ。

でも、このスペースにアクセスすることは、
バランスをとって…シフトを必要とするわよね...
...手放して...降伏して受け入れること...、
そして、他に類のないほどの割合を手放していくのよ。

☆「期待」を手放すこと
私は、最近、この手放しのプロセスは、
私たちが、桁違いに愛が溢れる向こう側に着くために、
まず最初に、すべての感情的な愛着やお荷物を、手放さなきゃならない、
っていう点では、肉体の死と、すごく同じなのよ、とお伝えしたわよね。

執着し続けるのは、私たちの自然な行動よね…、
でも結局、執着し続ける願望は、
ちょうどすべての結末と同様に、いずれ弱くなり始めて、
そして「次は何?」っていう不確実さに直面するままにされるわ。

今私たちは、人間的執着の最も深い部分の層に取り組んでて、
それは、どうしても諦められない部分と希望という、
長年のお友だちを含むわ…期待ってやつね。

より高い見解からみれば、
「期待」っていうのは、姿を変えて変装した「抵抗」でしかないわ。

それは、疑い、不確実性による不快感、今への不満、
完全な存在に降伏して受け入れる事ができない状態を、
キャンディコーティングした(飴で甘く固めた)ようなものなの。

私たちが、とても完全な元の姿に戻ろうとしているから、
私たちは、何にでもしがみつく強さと能力を失っていて...
そして、「期待」が最後に残ってるのね。

1998年のフォレストホイッテカーの展望に反して...望みはここで浮かないわ。

実際、私たちが持ちこたえようとするなら、それは私たちを沈めるわ。

それで、あなたがもう、この旅の結果を信じるために
エネルギーを奮い起こすことができなくなったりしても、
びっくりしたり、混乱しないでね...

そもそも、「期待」って、あまりに密度が濃くて重いがゆえに、
私たちは文字通り、あちらには「期待」なんて持っていけないからよ。

基本的に「期待」って「何かが足りない」っていう気持ちからの派生物よね...
不完全だっていう気持の結果だから、それは単に、
完全性の高周波数の中では、存在できないのよ。

私たちが行く先では、「期待」は、今を完全に受け入れ、
何も変わる必要が無いことを「知っていること」と平和に変わるわ。

これは「降伏して手放すこと」の究極の状態で、
ここを通過するには、必要な事なの。

何かを期待したり、こうなって欲しい、と願うことの代わりに、
私たちは、反対のアプローチを取らなきゃならないのよね…

私たちは、この「向こう側に行けるのか」っていう、
不確定で不快な状態を、
完全に心から降伏して、受け入れなきゃならないの。

すべての幻想、妄想、希望、夢、期待、など…
私たちが、ここまで来るために燃料にしていたものや、
目の前の「ニンジン」にしていたもの…

このドアを通過するために、
これらは全部、切り離さなければならないわ。
そしてこのドアには、終わりと始まりが、同時に存在するの。

もし、疑いの気持ちが出てきてしまったら、
「希望」を持ってる人じゃなくって、
「信念」を持つ人が、
新しい太陽と共に上昇するんだ、って覚えておいてね。

私たちは、自分の銀河の遺伝子のブループリント(青写真)に刻まれた、
神聖な設計図に描かれた望みを達成する事ができないのではなくって、
狭くなって、通りにくくなり続ける通過点を通過するためには、
必要だ、と思っていたものも手放し、
元々の自分に、より近づく必要があるんだってことを心に留めておいてね。

本来の私たちは、
「必要なものは既に全て持っている」という感じを、全細胞で感じているわね。

今私たちは、正式に、人間として最も深い層で存在する沈殿物で
最も腐敗された層に差し掛かってる最中なの。


私たちの神聖な光が、ひどく掘られた人物の至る所を満たすことができるように、
私たちは、完全に空っぽになりつつあり、
その神聖な光が、隅々まで行き届くような状態になっているのよ。


この深い手放しの過程は、目まぐるしい経験で、
私たちの創り損ないと限界に直面する不愉快な挑戦でもあるわ。

まだ何か手放すものが残っているのか…と思った瞬間に、
「手放す事」に執着している事に気が付いたり、
手放すことへの欲求不満にまだしがみついたりしてる、
という実感に直面するわ!

☆肉体的な症状
全てが痛い

☆飛び込む
私たちの銀河的で、地球的達成の実績成果の物理的な証拠は
どたん場に来ていて、身体的に現れつつあり、
ノアの大洪水のように押し開けて、
私たちの空っぽな人生の中に溢れだす準備ができています。

そして、私たちは、
もうその真実を信じることができない、と感じるかもしれないけれど、
「それすらも手放すのよっ!」と
目に見えないアークチュリアンは言っているわ…

~中略
もう、何も失うものはないわ。
当然よね、あちらには、文字通り、
何も握って持っていけないんだもの。

残っている唯一のものは、内なる静かな安定した声や、
私たちが直面している、すべての抵抗と欲求不満にもかかわらず、
私たちを後押ししてきた声への、信頼のみよね。

この糸を手放したら、どんなに楽かしら、と、
考えるのは分かり易いけど、実際やってみるとなると…
最後の最後に残った糸という、期待…唯一信じていたものから、
手を放すことは、難しいものよね。

結局、したいと思うか否かに関係なく、
どっちにしてもしなくちゃならないんだけどね。

このプロセスは、
素敵じゃないかもしれないし、楽しくもないかもしれないけれど…、
どうにか、なんとかして、私たちはそのすごいドアを通り抜けているわ!

☆ 鍵
この拡大プロセスは、とても自然にやむを得えない感じで、
私たちは、私たちの過去より、大きくなり、
私たちを過去から切り離すことをともなって、
それによって私たちは、今の状態に飽きてきて、
新しいレベルに移行することを待つようになるわ。

そして、少し私に似ている方だったら、
私みたいに、この過程に完全に飽きてきて、
アセンションって言葉も聞きたくないくらいになっている方や、
もう1日も待ちたくない~と考えている方もいるでしょうね。

それはひとえに、私たちが、
この世界でやるべき事をやり尽くして、
次の大地に移りつつあるからよ。

新しい世界の庭では、新しい体験が待っていて、
必要な栄養素が全て揃っているその大地では、
私たちの新しい意図は、簡単に根付くのよ。

8月中旬から9月前半まで続く、この急拡大させるのエネルギーが、
私たちを古い人生から推し進めて、新しい枠組みによって、
私たちは、機能し始めるわ。

あなたが、働きかけようがかけまいが、
あなたは、突然何かが終わったり、
それが、急に何か新しいものの始まりと
置きかえられたりしてると、わかるかもしれないわ。

全ては、なるようになるわ。

この数週間(8月中旬から9月前半)に、
私たちが断続的に、新しい領域にアクセスしていると聞いているの。


人間の姿(性質)を取る肉体化の始まりのステージの間に低い次元を試している、
生まれたての魂のように、
試しに、ちょっと向こうの世界に行ってみたり、行かなかったり。

でも、行く度にある日、それを反対側に突き抜けるようになるかもしれないわ。
そして、次に私たちは、入るのを禁止されるかもしれないわね…

でも、行く度に抵抗なく創造する能力を芯から理解できるようになって、
完全にそうあるべきなんだと気付いたりするわ。

だから、苦しみを感じる時は、
苦しみは、今の状態に抵抗しているからだ、っていう事を思い出してね。

今私たちが通過しようとしているドアの鍵の、
ロック解除の暗号はこれ1つしかないの。

『降伏(抵抗を止める)→受け容れる→受け容れる→手放す』

その都度、あなたは、手を伸ばして、
不快を歓迎できるようになるために
この不確定さを迎え入れる能力を伸ばして…

見つけます…

カチャ、カチャっ!! (解錠、オープンっっ☆)
...your in!
  To free falling...

Lauren



「疲れきってボロボロ、、、」って笑える~。(笑)


深いところまで、来てるな~と感じていたけどね。
これが、”最後の層"の部分だったのか。

今回の過程は、完全に”空っぽになること”か。

「期待」について、、。
これは、決して日々前面に出てくるわけじゃないんだけどさ。
この期間、それなりに、うまくバランスも取ってきたとは自分
でも思うけど。

普段は、感じなくても、お金が底につくときや、支払い期限
がせまるごとに、このやっかいな「期待」が持ち上がってくる。
不要な部分だということは分かっているので、そのたびに、
ナカナカ、この部分がクリアしないことに自分にイラだったり
したときもあったね。

この「期待」が出てくるのには私も参った。
口で言えば簡単だけど、これを手放すのは、とても難しい。
頭で判っていても、いつ消えてくれるのかなんて分からない。
だただた、その都度、受け入れて、手放す。の繰り返し。

これまでだって不要なものを手放す過程では同じなんだけど、最後
の最後の部分っていうのは、確かに深く、あるもんだね。

ふふ。(笑)
だから、ローレンの言ってることが、とてもよく分かる。

よく手放していくことを”玉ねぎの皮”という表現を使うけど、
この「期待」にも、何段階も、”層”があったと思う。

「期待」=「抵抗」か、、、、。
本当にその通りだな。
キャンディーコーティングしたもの。ってウマイ表現だな。(笑)

でも、先週あたりだっけ?
身体のひどい痛みも消えてくれたし、とても心身共に”軽く”
なったので、おかげさまで、本当に”空っぽ”に近くなってきたんじゃ
ないかと、昨日、今日と感じている。

ローレンは、この過程に”飽きてきた”という表現を使ったけど、
私には、”うんざり”のほうだ、近かったかも、、、。(笑)

まだ、完全に通り過ぎたわけじゃないけど、気分的には、

「やれやれ」とひと息ついた状態だ。

そうそう、この同じサイトで、そのあとに、セント・ジャーメイン
のメッセージがアップされていた。

「マスターであることとチャネリング」~セント・ジャーメイン

そのメッセージの中でも、

「マスターとは、意識の空っぽな容器」という表現をしていた。

本当にそうなんだろうね。そういうことだよね。
このメッセージには、チャネリングを行うことについて、自分の
もの(信念体系や概念など)を通さないよう話していたと思うし、
自分というフィルターに気づいている必要があるってことを書いて
いたのかな? 忘れたけど。 ※自分で確認してみてくださいね。

*  *  *

今は、軽い状態で、とくに「期待」も出てこないし、
何もない状態に近い。
自分的に気持ちいい状態なのかも。

ただただ「在るだけ」という状態で過ごしていくわ。

スポンサーサイト

COMMENT - 7

yoham(ヨハム)  2010, 08. 24 [Tue] 22:30

Re: タイトルなし

いいえ、正直に話してくれてありがとう。^^

多分、他に読んでる方も、それぞれの意識の中で、
そして、ご自身の真実の中で色々感じている方も
いらっしゃると思うんです。だから、全く気にしない
でくださいね。判断もなにも無いですからね。

もしかすると、apollonさん以外の方で、コメントを
読んで、また違った意味で何か感じる方もいるのかも
知れないですよね。^^

でも、色々感じてる自分をちゃんと分かるapollonさん
がいるので、大丈夫かと思いますけど、もしブログを読
んで苦しいと感じる時などは、読む必要があるのか、そ
れとも何か気づくことなのかなど、内側の声を聴いてから
読まれることをお勧めします。


また、気軽に何かあれば聞いてくださいね。^0^

Edit | Reply | 

apollon  2010, 08. 24 [Tue] 19:45

出すぎたことを質問してしまい、すみませんでした。
本当にごめんなさい。


yohamさんのブログが開設されてまもなくから
愛読してました。
時には勇気をもらい、時には自分自身の歩みの確認になったりと、いつも楽しみにしていました。
コメントをやり取りするようになってからは、励まされたりと
いつもありがたかったし、嬉しかったです^^

ただ最近何故か、ブログを読むと私のハートがギュッと閉じるんです。何かが違うと感じるんです。
でもこれは、私自身のことですよね。

温かいご返答ありがとうございました。

Edit | Reply | 

yoham(ヨハム)  2010, 08. 24 [Tue] 15:46

Re: タイトルなし

便乗させてもらいました。^^;

返答ですけど、他の方でも同じような疑問を持っていら
っしゃるかも知れないと思い、apollonさんは、ご存知と
は思いましたが書かせてもらいました。ゴメン。

そうですね、返済は、何もひとつの方法だけではありま
せんよね。
仕事に対してハートが開くまで返済できないというのは、
ひとつの枠に過ぎません。
可能性は、他にも存在していると思います。

で、お金を借して頂いた方には、もちろん、私のプロセスを
理解して頂いた上で、快く承知して頂いているので、いつまでに
返済すると言う取り決めはありません。

なので、私が返済できる段階に入ったら返済させて
いただくということになっています。
皆さん、理解してくださっていると信じています。

今、自分の中で感じていることがあります。
それは、ブログの中でも例えばという話で書いてきましたが、
そう遠くはない時期に、自分の創造が顕現するときが来ると
感じています。
返済できるのは、その時かもしれません。
それは、一度に返済できるかも知れないし、返済の出来る範囲
から、、、かも知れません。
それは、”ある人”の助けを得るという意味があるかも知れません。

”いつ”、”どのような状態”でということは、私にも
分からないことなので、断言することは出来ません。

でも、どうして、
apollonさんは、仕事のことや、返済のことを聞いてみよ
うと思ったのかな? 
何か、気になっていたのかな?
(無理に答えなくていいからね。)

答えになっているかは、分からないけれど、でも私が
答えられるのは、ここまでかな?
この先のことは、自分でも未知の世界なので、あくまでも
推測の範囲になってしまうし、話すことが出来ないですよね。

ありがとう。

Edit | Reply | 

apollon  2010, 08. 24 [Tue] 14:41

質問に答えていただきありがとうございます。


yohamさんが仕事をするという選択をしていないことは
わかっていました。
もちろん、これがyohamさんのプロセスであるということも。

では、yohamさんが仕事に対してハートが開き
ワクワクするまで、新しいエネルギーの中で収入が得られるまで
お金を貸してくれた方には、返せないということですか?

Edit | Reply | 

yoham(ヨハム)  2010, 08. 24 [Tue] 11:08

追伸

では、何故、それが必要なんでしょうか?

これまでの人類の歴史は、深い部分にインプラントされて
コントロールされている部分があります。

簡単に言えば、それを外さなければ、”幻想”であるという
ことが分かりません。

これまで”真実”とされていたことを、今度は、逆のパターン
を進んでいくことで、進化していくのだと思います。

例えば、これまでの概念では”安定”ということを重視されて
きました。
先々の”安定”ですよね。
私も、過去では”安定”なしでは、”不安”でした。

そこには、深い部分に”恐れ”があります。(何層にも)
この”恐れ”こそインプラントされたものであり、”不足”
を生み出します。

私たちは、そのために、玉ねぎの皮をむくような”手放し”
”解放する”(二元性、不要な信念体系、概念、感情など)
というプロセスを行っています。

ある段階に入る(準備が整う)と、”未確実””不確定”を
進まなければならない段階に入ります。

そこには、未来のための”安定”などは望めなくなります。

そこにあるものは、”自己信頼そのもの”であり、
目の前に現れてくるものを、受け入れ、行動、努力していく
段階に入ります。そのように、魂の帰還、ホームへと、旅を
続けていくことになります。

これまでの歴史の反対を辿っていくのが、アセンションの道
なんではないかと私は感じています。
(インプラントから抜け出し、本来の姿へ戻るという意味で)

なので、それを行っていくには段階があり、自分の”中心”
を知り、”ハートを開く”ということがとても、プロセスの
助けになります。
もし、この感覚に留まれなければ、とても旅は困難になり、
”混乱”を招くだろうと思います。

でも、一度、”ハートが開かれ”、その感覚、ハイヤーセルフ
や、真の自己と統合していけば、ハッキリと受け取ることが
出来るようになり、道に迷うことはなくなります。
そして容易に、”中庸”にいられるようになります。

なので、今の私の状態というのは、完全に”自我”を手放して
いく状態にあり、完全に”真我”になるための道を通過している
ところです。その為に”空っぽ”になります。

もう、”私”というものが無くなっていく状態に入ります。
(便利上、「私」という言葉を今後も使うかも知れませんけどね)

きっと、ご存知だとは思いましたけれど、一応、書かせて
頂きましたー。

注:プロセスは、それぞれの魂の課題、設定してきた内容などに
  よって違います。
  

Edit | Reply | 

yoham(ヨハム)  2010, 08. 24 [Tue] 10:32

おはようございます。

apollonさん、お久しぶりです。

質問にお答えしますね。^^

でも、先に、

私は”理解してもらおう”として答えるわけではないと
いうことを知っていてくださいね。

これまで、ブログに書いてきたつもりですが、

簡単にいうと、”ハート”が仕事を見つけるという
ほうに、開かないからです。

”ハート”が、仕事を見つけるというほうに開き、
ワクワクするのであれば、働いていると思います。

”ハート”は、ソース(源)と繋がってます。
ハートは、真の自己でもあります。
私が、最も必要としていることは、全て私の顕在意識、
マインドでは分からない部分でも知っています。
私の”青写真”を持っています。

なので、私は自己を信頼し、従います。
それは時々、自分を驚かせますけど、自分には、自分の
起こしている(事柄)の意味を、後であっても知ることが
出来ます。もしくは”知っている”という感覚で理解できます。

すでにご存知と思いますが、
そもそも、仕事を辞めた理由は、信念体系、概念を手放す
意図がありました。

幾度となく、自我などを手放す過程で、よりハートと深く
繋がることが出来ました。

と、同時に、この過程では、自分を誤魔化すということは、
出来なくなって行きます。
体裁とか、どう見られるか、などは気にならなくなります。
自分はどうしたいのか。だけになるんですね。

でも、”ハート”がそれをちゃんと示してくれるように
なります。
それが”最も最善な方法”であることが分かります。

話が長くなりましたけど、私の場合は、今、このように
仕事をせずに、”人間は、収入を得なければ生きていけない”
”働かざるもの食うべからず”という信念体系を超えて、
真の自己が、導いてくれるところへ向かっています。

人間は、本来、自分の好きな(得意)なワクワクすること
を行い、それをお互いに(多くの者と)分かち合うことに
よって、エネルギーの交換をしながら生きていくのだと思
います。

これまでの古い概念は、いずれ捨てていかなければならない
のではないでしょうか?

今後、私は、クリエーターとして、
自分のアイディア、インスピレーションによって
古いエネルギーの”働く”という概念を超えて、喜びの中で、
”新しいエネルギー”のなかで過ごし、収入を得るということも
自分で、”創造”していくと思います。
そして”具現化”します。

こんな感じです。

質問、ありがとう。^o^

Edit | Reply | 

apollon  2010, 08. 24 [Tue] 09:55

ご無沙汰してました。

質問があります。


何故働かないのですか?

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。