FC2ブログ

【転載】憐れむこと(Compassion)と気の毒に思うこと(Pity)~ウリエルのメッセージ 

 08, 2010 13:44
☆本日↓2010/8/8(日)の始めはこちらから。
【転載】ヒラリオンの週報 2010年8月1-7日


下記のメッセージは、7月30日にアップされていたものです。


[mixi]Arrived Energy On Earthより
Jennifer Hoffman

「憐れむこと(Compassion)と気の毒に思うこと(Pity)」~ウリエルのメッセージ

あなたが他の人と関係している時の感情移入(エンパシー)の反応には、憐れみと、気の毒に
思うことの2つのタイプがあります。片方はエンパワーするものであり、もう片方はエンパワ
ーを奪うものです。片方は制限にフォーカスするものであり、もう片方は拡大のエネルギーを
持つものです。片方は助けになるものですが、もう片方はそうではありません。片方は、あな
た自身と他の人との両方のエンパワーを損ないます。その際には、あなたが既に終えたかもし
れないカルマのサイクルを再び開けてしまう危険性もあります。

あなたは一瞬のうちに、憐れむのか、気の毒に思うのかの選択をします。そうしてあなたは、
他の人のドラマの一部になるか、あるいは脇に退いて、あなたがその人たちに広げる光からそ
の人たちが自分のキャンドルに火を灯すままにさせます。

このふたつの反応のうち、あまり助けとならないのが、気の毒に思うことです。なぜなら、気の
毒に思うことを通してあなたは、誰かの救いのなさ,力のなさ,混乱,疑い,信頼不足に同意す
ることになるからです。あなたは自分自身の傷からその人たちとつながり、自分の痛みを思い出
します。気の毒に思うことであなたは、その人たちの痛みに同意し、「その苦しみをしているの
はあなたひとりではない」ということをその人たちに教えるには自分の傷を曝け出すことが最善
の解決策だと感じます。

自分が無力な場にいる時、その人たちは時折、救い出されることを望みます。あなたには、その
人たちの救助者の役割を演じるつもりがありますか?


憐れみはさらに多くの努力を必要とします。なぜなら憐れみでもってあなたは、「他の人のため
に何かをしなくてはいけない」というニーズをリリースすることになるからです。憐れみは、そ
の人の最高の光,最高の振動,最大の可能性でその人を見ること以外には、あなたに何かをする
ことを求めません。たとえその人たちの傷が、あなたにあなた自身の傷を思い出させるとしても
、あなたには、ご自分の痛みを思い出すのでなく、癒されたあなたのセンターから反応すること
ができます。あなたには、他の人たちにとってパワフルな手本となることができます。けれども
あなたには、彼らのためにパワフルでいることはできません。

気の毒に思われたがっている人たちは、自分の苦しみの確証を求めているのです。彼らはあなた
からの憐れみに対して怒りで反応するかもしれません。なぜならあなたは彼らに「パワフルでい
ることも選択であるように、苦しむこともまた選択である」ということを思い出させているから
です。

あなたには、あなたがかつて彼らのように苦しんでいたことを思い出す必要がありますか?あな
たはご自分の強さを見つけたことに感謝していますか?他の人たちも同じように自分の強さを見
つけることができるということを他の人たちに示すことがあなたにできますか?

変容の時間、他の人たちに「どんな傷でも癒すことのできる力があなたにはある。あなたは自分
の内側に自分の輝く光を見つけることができる。」ということを思い出させるために、憐れみを
用いるようにしてください。気の毒に思う必要はありません。

彼らが自分という者を思い出したとき、そして彼らが自分の内側にあるパワフルな内なる光から
自分自身を救い出すことができるとき、彼らは自分の苦しみを終わらせる方法を見つけるでしょ
う。


http://lightworkers.org/channeling/111712/uriels-message-compassion-and-pity


-Jueux さん訳

*  *  *

本当に、この「憐れむ」ことと、「気の毒」に思うことの違いって、
深く考えたことがなかったけれど、深いんだな。って思った。

例えば、私のブログを読み、時に自分に重ね合わせ、色々な感情が
持ち上がる場合もあるようだ。(人によって違う)

その時に、自分は何故、そのように感じるのか、何が、自分の中の
反応を引き出すのか、を自分自身で深く見つめられるとき、気づき
を得たときに、それがキッカケとなり手放す/癒すことが出来る場合
もあると思う。

と、同時に、このメッセージの内容のとおり「憐れみ」か「気の毒」
かによっても違いが出てくるし、私自身も、必要なときは「憐れみ」を
持ちつつ、自分が、お手本となれるよう努力をしたいと思う。

そんなことも感じて、転載させてもらった。
私は、決して「気の毒」に思ってもらおうとは思ってませんよ。(笑)
時には、ここまで書いちゃって「どうよ。」って思うこともある
けど、他の人がどう思うか、というより自分がどうしたいか。です。
あくまでも、生の体験の記録が多いに自分自身の役に立っており、
今後も、貴重な記録として残っていくと思う。(何度か書いてるけど)

自分も含めて、何かを読んだりすることによって、共感したり、
感情などが出てくるのは自然なことだと思う。

このブログに限らず、日々いろんな事を感じながら私たちは過ごして
いるけれど、本当に、自分のハートで感じることを尊重し、大切にし
てほしいなって思います。
(全ての自由意思は、尊重していますが)

これまでに仲間からも何かと助けて頂きました。どんな形であれ。
この神聖な魂たちは、私にとっても【お手本】となってくれて
います。
基本は双方にとって喜び/最善ということが無ければ受け取り
ませんし、魂の上での同意があることはもちろん、何か縁が深いと
感じる(ハートでの許可/開く)ことによって、受け取ってます。
本当に、無償の愛を感じて、受け取らせて頂いています。

この魂たちは、「憐れみ」の中から、ハートに従い、自分の感じた
ことを勇気をもって行動/言葉に移してくれていたのだと感じています。

援助頂いた全ての方が”余裕”があってということではありません。
先日の援助してくれた仲間は、私と同じ母子家庭であり、現在
は、バイトで仕事をつなぎ、その契約も今月で切れる状態です。
でも、以前に書いたことがあるけれど、彼女は直感で行動し、
ハートと、行動を共に出来る魂、強い魂だと感じています。
☆彼女の大胆な愛の行動(笑)→09/9/8【愛の選択】について
でも、この行動の後は、予定よりも早く借金も返済でき、導き
を感じてとっているようです。

そんな魂たちを尊敬し、自分も見習いながら「そう在りたい」です。
(ご存知のとおり、もうハートに背くことなど出来ないけれど。笑)

感謝。

*  *  *

【三度目の全財産失う[延長戦]~8-8 成長すること】  へ




スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?