FC2ブログ

【転載】ユニティの誕生、そして、私たち皆の中でシフトしているもの

 05, 2010 21:37
☆本日↓2010/8/5(木)の始めはこちらから。
【お産後扱い助っ人日記 :メモ⑤】
【転載】大天使ミカエルからのメッセージ 2010年8月 から


下記のメッセージは、8月3日にアップされていたものです。


[mixi]Arrived Energy On Earthより
Aluna Joy Yaxk'in
2010年7月


「ユニティの誕生、そして、私たち皆の中でシフトしているもの」

(このメッセージは、カウアイで受け取られました。)

スターエルダーズが予測したとおり、夏至,(日/月)食,壮大な惑星配列,そしてマヤンカレ
ンダーの加速度的なエネルギーによって始まった大規模な統合の期間に私たちはいます。倍々の
スピードでサイクルは速まり厳しくなっています。大勢の人たちが疲れきっていると感じていま
す。私たちには、行動を控えてもっと眠る必要があります。私たちの多くには、様々な形での健
康に対する不安はほとんどありませんが、はっきりとした理由もなしに感情的になっていると感
じています。

私たちの身体は高められた光の波動~その津波並みの波から来るエネルギーパルスを同化させる
ために非常なプレッシャーを受けています。ユニヴァースは、スローダウンしてアップデートさ
れた働き方に耳を傾けることを私たちに求めています。スターエルダーズによると、そして私が
マヤンカレンダーから読みとったものによると、この統合は8月末まで続くことになっています。

その後については、9/1~9/10の間に手短かにお話しするつもりです。私たちはまだ何がシフトし
ているのかを理解できていないため、その後に何が起きるかについては推測しかできないからで
す。私たちはまだ新しいテリトリーを統合させているところです。私たちは新しい未来のパイオ
ニアだからです。

ラファエル(アルーナのお友達)と私は、カール・コールマンによってインスパイアされたコンシ
ャス・コンバージェンス(7/18,19)のためにカウアイに行きました。私たちはちょっとしたステ
キな浜辺での休暇を楽しむことを望んでいました。えぇ、私は有名なレムリアン・パラダイスに行
くことで、やって来ている津波のようなエネルギーを逃れようとしていました。私にとってのここ
での目的は、とても必要とされていた休みを取り、新しいホームベースとなる可能性のあるところ
を調べることでした。けれども島は何か他のことを目論んでいたようです。私たちが島にいるのは
1週間だけだということを島の聖霊は知っていて、彼らはそのように私たちと一緒にいることを望
んでいたのだと私は思います。そう、私たちには浜辺でリラックスすることなんてできなかったの
です。

私たちが浜辺に泳ぎに行ったり、日向ぼっこをしにいけば、そのたびに雨が降ってきました。それ
なのに車に戻るとすぐに雨は止みました。それが笑いを誘うまで、このようなことは何度も何度も
起きました。私は「島は私が欲しいものを私に与えてくれていない」と個人的にとらえ始めていま
した。けれども最後には、私はまさに私が必要としていたものをゲットしました!しぶしぶながら
も一旦、降伏すれば、私たちは地元のコミュニティとつながって、このような荒れ狂う時間に生き
る方法を理解することになったからです。私たちは友人たちといる時に流れをみつけ、たくさんの
新しい友人をつくることになりました。

私たちが見たところでは、カウアイのコミュニティの人々は、コミュニティを支えあうという素晴
らしいコミットメントと共にハートから生きています。そしてこのコミットメントによって、その
瞬間に生きることに対する大きな信頼が生まれているのです。カウアイのコミュニティは世界的・
集合的な恐れの意識に同意したりはしません。この経験は、疑心暗鬼で妄想的な本土のものからす
れば素晴らしい変化でした。これはたぶん、カウアイのエネルギーが太平洋(平和の海)の真ん中
にあるレムリアのエネルギーそのまんまだからでしょう。恐れを知らない生活,信頼,そして支え
あい…これを私はカウアイのコミュニティから集合意識への最高の贈り物だと感じました。

けれども家に戻ったら、私たちはくたくたに疲れていて、3日間眠りこけました。もちろん、私たち
は眠っている間に統合をしていました。たとえ時間を浪費していると私たちが思っていたとしても…。
やがて私は、このパワフルな時間の開始である世界的なシフトに出会い始めました。たった今惑星
を取り囲んでいるのは、とても不安定で予測のできないエネルギーです。私たちはスタックしている
と、そして同時にすべてが押し付けられていると感じています。これは、ユニヴァースが私たちに新
しい何かを告げようとしているからです。けれども私たちには今のところまだそれを聞く方法を知り
ません。それは慣れたテリトリーのものではないからです。そのためそれが私たちを少しイライラさ
せているわけです。私たちはもうこれ以上頭の中にいることはできません。私たちはハートから生き
なければなりません。私たちには、自分たちの世界との新しい関わり方をみつける必要があります。
なぜならこの世界のリアリティの原則はまさに私たちの目の前で変わりつつあるからです。

私は、様々な方法でこのエネルギーが、まるで私たちがスピリチュアルな保育園に戻っているかのよ
うに感じさせていることに気付き始めました。私たちの多くが、セルフがまさに危機に瀕していると
感じています。場合によっては、私たちはもはや自分自身の部分であることもできません。このよう
なことが起きているのは、新しい世界ではもはや必要としない自分自身の時代遅れの面を手放すとい
うプロセスに私たちはいるからだと、私は確信しています。たった今、私たちは新しい世界をクリエ
イトしています。もし自分のリアリティの違った様相を好めば、それが私たちと共に新しい世界へ来
ることになるでしょう。私たちが望まなければそうはなりません。つまり、危機的な強制的な感情は、
水ぶくれ(ブリスター)ではなく、私たちが私たちの幸福(ブリス)を明らかにする新しい世界を形作
るのを助けているわけです。シフトの最終段階になった時には、次の世界へ向けての私たちの進化に
とって喜びに溢れたものにはならないものをすべて手放すことも簡単なことになるでしょう。けれど
もたった今の私たちはまだ、究極の降伏を学んでいるところなのです。

このプロセスのせいで、私たちはとてつもなく頭でっかちになってスタックしてしまっていて、何が
行なうに正しいことなのかを決めようとしています。奇妙なことにうまくいっているにもかかわらず
、生活に関してスムースにいくことも平和的にいくことも何ひとつないように私たちは感じてしまっ
ています。どうやら私たちには違う機会から決断することができないようです。参加・関与すること
が自分にとって重要であったことだとしても、それに関してはっきりしない態度をしている自分、あ
るいは、それをすることを気にかけてもいない自分に気付くこともあります。

私たちは何かをすることを望んでいるのに、そうしません。どこかにいくことを望んでいるのに、そ
うしません。動きたいのに、そうしません。私たちはこの世で自分が欲しいもの・自分に必要なものを
すべて持っているとい
うことを私たちの多くが知っているにもかかわらず、まだ満たされているとは感じていません。私たち
はこんなふうに感じているのではないでしょうか。それは、私たちのスピリットが、まさに私たちの前
に出現しつつあるパラダイスに既に気付いているからです。私たちは、満たされていないと感じさせる
ものすべてを手放す準備をしているのです。そうしてそれらを手放したら、私たちは新しい世界に再誕
生することができます。

この新しいユニティの法則は、リソース(資源)を抱え込まずにシェアすること、そして、他者と争
うのではなくコミュニティを支えあうことに関してのものでもあります。私たちには、自分の私生活
を越えて考慮することが求められています。「私たちが分かち合い支えあう意識でいる限り、ユニヴ
ァースには地球上の皆のための無制限の豊かさがある」ということを私たちが理解した時に、ユニテ
ィはやってきます。言い換えれば、私たちが自分のためにすることであっても他の皆に影響を及ぼす
ことになるので、私たちは自分の個人的なニーズを越えて、世界的なコミュニティ全体のことを考えな
ければならないということです。聖霊たちは私たちが必要とするものを供給してくれます。けれどもそ
れは必ずしも私たちが欲しいものではありません。必要性は聖霊たちから明らかにされますが、欲しい
ものはエゴから生じたものだからです。もし私たちが、安心感(またの名を未来への恐れ)や、何か馴
染みのあるもの(またの名を機械的なマインド)や、何か自分個人のためのもの(またの名をエゴ)を
探していれば、これ以上機能しなくなるでしょう。私たちは、自分の隣人や国を含めた惑星全体へと、
私たちの意図を広めなければならない時間にいるのです。

私たちがユニティを達成した時、それは、私たちの肩書きや衣装,精神的指導者の支持者といったもの
を剥ぎ取ります。そこにはどんなスピリチュアルなヒエラルキーも一切必要ありません。誰もが神聖で
す。神聖な者とは孤独な台座に鎮座して孤立しているような少数派のことではないのです。ユニティは
究極のファミリーサークルです。ユニティとは私たち皆が心のないクローンのように同じになることで
はありません。ユニティとは、集合の全体観的な絵全体を私たち皆がその多様性でもって明らかにする
ことから生まれるものなのです。その約束の地に至るために今、私たちにできることは、ハートの経路
に従っていくことです。そして、パズルの中の自分というピースを表現している時にだけ、私たちは一
緒に絵の全体がわかり始めることになるということを知っておいてください。

私たちはまた、光の中で働いているフリをして他の人たちのエネルギーを奪ってきた人たちや、敬う気
持ちのないアジェンダに対して、痛いほど気付くようになってもいます。「裸の王様」のお話を覚えて
いますか?新しいエネルギーはもはやニセの預言者や羊の皮をかぶったニューエイジの略奪者たちを容
赦しません。彼らはその正体を私たちの目の前に現しています。(誰がニセの預言者/師なのかを見定
める方法については次の記事を読んでください。http://www.kachina.net/~alunajoy/2008april.html

集合意識においての新しいシフトは、私たちが自分の肩越しに大災害を眺めるのをやめて、「人類の集
合意識には新しく完全に目覚めた世界を顕現することができるし、それをすることになる」と実感しな
がら楽しみにしている時に、明らかになることでしょう。

私たちは、今この瞬間に生きているその一方で、完全性・整合性,誠実さ・誠意,謙虚さ,罪を犯さな
いこと,そして自己責任から生きていくことになります。私たちは、私たちに影響を及ぼしている“自
分の選り出された・痛みの伴う過去の変遷や制限する記憶”から解放されることになるでしょう。この
過去からの解放が、私たちを切り離す境界や鎧を私たちが外すのを助けることになるでしょう。そうし
て私たちはユニファイされることになります。その時、誰もが地球上そして宇宙の平等な市民としてま
とまることになります。

お互いの肩書きや、スピリチュアルなステータス,ポジション、誰か他の人(たち)にとっての権威で
あるかどうかといったことで区別することなしに同等の存在として私たちが一緒にまとまり、この目覚
めにおいて同程度の重要な役割が皆誰もにあるということを理解したうえでの敬意でもってお互いに関
わりあうことができる日が来るのを私は楽しみにしています。

いくつかのポジションは他のよりも華やかに思えたり名声のあるものに見えたりするかもしれませんが、
それこそ、消えつつある世界の古い認識・見方です。このことを理解していようとしていなかろうと、
誰もが目覚めを助けるための自分の役割を務めています。私たちは皆、同じボートの中にいます。もし
あなたが自分専用のヨットでクルージングしていると思っているのなら、あなたのエゴは思い違いをし
ています。

つまり、こういうことです。この瞬間、私が確実に知っている唯一のことは、もし私たちが、自分のハ
ートに耳を傾けて、闘わずに流れに乗っていけば、新しい世界は私たちが夢見たとおりに現れることに
なるということです。私たち皆が、人類の目覚めというプランのメンバーです。私たちが一緒にそのプ
ランに取り組めば、私たちにはそれを実現することができます。


(http://lightworkers.org/channeling/111896/birthing-unity-and-what-it-has-shifted-within-us-all)


-Jueuxさん訳

*  *  *


【転載】8月のアカシックレコード へ

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?