FC2ブログ

【三度目の全財産失う[延長戦]~感謝、電気が復旧】

 04, 2010 23:03
2010/8/4(水)晴れ



ようやく、待ちに待った電気が使えるようになりました。
久しぶりのパソコンからのブログです。

と、言うのも、札幌にいる元同僚&スピ仲間からの援助の
おかげです。

本当に、言葉の出ない”感謝”でした。
ひとつ一つの”ありがたさ”が身に染みてます。

*  *  *

昨夜は、かなり暑く寝苦しかった。
前日もだけど、夜中に何度か起きるけど、朝方からすでに
暑く、目覚めるという状態だった。

前夜は、穏やかに過ごしていたというのに、
今朝になると、不安が出てきた。

それは、前日の大家さんに伝えた内容が、本当に良かった
のかどうか不安になった。
私は、このマンションを追い出されるのを恐れているのか?
確かに、この事情を全て正直に話したところで、理解も出来
なければ、ただただクレイジー扱いされるだろう。
定職もなければ、滞納して生活もままならなければ、大家さん
も考えてしまうだろう。

でも、前日の期日までに支払えなかったことが、トラウマに
なり、また、期間限定で、約束したことが、とても不安になっ
てきてしまった。

「また、その時になっても支払えなかったら、どうしよう。」

でも、一方で、ずっーとソース(源)より動かされている状態
で、完全性や、完璧性、なんども奇跡を体験したことを考える
と、前日の、不動産やに行く前に、理由が、あれしか思いつかず
とにかく、ハートに感じて信じて動いた自分を、ここに来て

「疑うの?」と、自分に聞いた。

「いや、違う。あれでいいんだ。」

ふっと、「マインドが不安にさせているんだ。」と気づいた。

ダウジングすると、「Yes」と出る。
背中がフワッと温かくなった。(天使たちの存在を感じる)

「そうだよね、、、」と泣けそうになった。

これは、何度かチャネリングの時に、

「それは、マインドがそう思わせているんだ。」とか、何度か
存在に言われていたことがあったため、すぐに思い出し、切り替える
ことができた。

「そうだ、マインドが不安にさせているだけだ。危ない危ない。」

「全てが、あれで良かったんだ。大丈夫!」

深呼吸し、少々”中心”がズレかけた状態を戻した。

次に、ふっと思い出したことがあった。

それは、今年の2月頃だったかな?ミカエルのメッセージとか、
ガイアの事を考えていて、私は祈ったことがあった。

それは、こう言うことだった。

「私は、これまで、あまり環境のこととか、エコのことに真剣に
意識を向けられませんでした。でも、これからは真剣に意識を向ける
時期が来ます。世界のこと、環境のこと、共存、調和に向けて、もっと
自分が理解できるように、危機感を持てるように、自分に分からせて
ください。そして日本にいることに感謝できるようにして下さい。」
(ちょっとは考えていても、身近に実感できない。)

と言うような内容だったと思う。

そうだった。私は、天に頼んだことを思い出した。
このような形で体験が来るとは思いもよらなかったけれど、

「やっぱり、私が計画したことなんだ!!」

「私が計画したことなら、絶対に、超えられる。大丈夫だよね!」

そう考えると、思わず笑みがでた。

「そ~だ、そ~だ!自分が言ったんだった~~!!」

そうは言っても、今日も猛暑。
部屋も暑く、汗がダラダラ、、、。

でもどこかに行く宛てもなく、なんとなく、何もする気も起こ
らなかった。
いやでも、「在る」だけの状態、そのままだった。

いや、このまま、この部屋にいたら、いつまたマインドの餌に
なるかわからないな~とようやくシャワーして、着替えた。

そして、出かける前に洗濯をしようと手洗いしてたら、こうやって
洗えること、身体を清潔に保てることも、ホント感謝だな~。
としみじみ感じた。

階下の自動ドアへ行き、ポストをふっと見ると、なにやら入ってる。

瞬間にして、「あっ、○○さんからだ。」と気づいた。

梱包から、内容が「食品」になっていた。

なんだか、胸がつぶれそうなくらいで涙がでた。

で、今日は、なんだか空腹感がいつもよりあって、買ってあった
非常食のレトルト「玄米がゆ」も食べたというのに、何だか
物足りず、足りなくなるのを気にしながら、せんべい食べたり
キャンディーを口に入れてごまかしていた。

さっそく、それを持ってマックまで行った。

中を開けると、心のこもった物が入っていた。
そして手紙と一緒に1万円が入っている。
ビックリして、手紙を読むと、このお金は、今度あったときの
ヒーリングセッション分のお金です。と書かれていた。

この深い思いやりと愛に大泣きしそうになったので、早々とお店
を出た。

私は、これまでプロセスで助けて頂いた方へのご恩は忘れません。
家族、友人、仲間たち、、、本当に感謝しています。
そして、メールやコメントなどで励まされるときもそうです。

お礼が遅くなりましたけど、非公開でエールやコメントを頂いた方
にも感謝いたします。ありがとうございます。

彼女は、私が東京へきたばかりの時、最初の全財産を失ったとき
にも、絶妙なタイミングで、こうして1万円を送ってくれたのです。
その時の手紙も封筒もちゃんと、取ってあります。

気持ちだけでも、嬉しいものです。

私も、これまでの人生で、人を助けるということは、自分も精一杯
で出来ないことも沢山ありました。

なので、スピリチュアルに目覚め、数年前、プロセスが本格的に
動き始めたころに、まず自分が豊かになり、自分が幸せにならな
ければ、何も出来ない。と痛感し、そうなれるように祈ったのが
大きな節目だったときかも知れません。
(昔、ブログに書いたと思うけど)

でも、本当に、ここまで痛感し、身に染みて言葉に表せることが
出来ないような、気持ちというのは、やはりこの”体験”があった
からだと思う。

今後、お役目を果たすにあたって、このように愛を受け取り、
それを多くの者とお互いに助け合い、分かち合っていこうっと、
改めて心にグッと刻んだ。

その後、なんか

「やることがいっぱいありますよ。ゆっくりしてられませんよ。」

というような声?(感覚)に押されるように、動き出しました。

一旦、家に戻り、まずは電気、、、、。
あれ、まず1ヵ月分の支払いでも、復旧できるものなの?
確認のため、電話をすると、私は6月分と7月分の振込み
用紙を手に持って話しているので、電気会社の人も、1ヵ月
分の支払いでも大丈夫です。支払った後に再度電話ください。
電気が使えるようになりますから。という言葉をそのまま信じ。
じゃー、ガス代も、1ヵ月分だけでも支払っておけば、あさって
下の娘が来たときにも安心と思い、すぐにコンビニへ向かった。

復旧には、1時間程度時間がかかるということだったので、
また商店街へ戻った。
支払いの後、電話をしたときには、名前も言って確認してもらう
と、「今払って頂いたのは、実際には5月の利用分なので、翌月の
分と8月の日割り日数分、そしてお客様は、一旦7月で契約が
切れてますので、こちらを全て支払って頂かなければ、復旧でき
ません。」と言うじゃないの、、、。

それじゃー、さっき電話したときに、その事を言ってくれれば、
別の支払い(ガス代)をせずに、支払うことが出来て、今日は、
電気が使えたのに、、、、。
どうしても、何とか出来ませんか?といつになく、強く出た。(笑)
(一度、電気が使えると思ったら、今日もあの暑さで寝ることを
考えただけでも、我慢できないと思った。)

再度、確認してくれたあとに、日割り分は支払いの免除してくれた
けど、二ヶ月分というのは変わらなかった。
「そこをなんとか、、、」と言うと、次は男の方に代わり、でも
内容は変わらなかった。

もう、それを支払うと、またギリギリだった。けど、どうにか
支払うことは出来る。

で、やっぱ、電気は譲れない~~~。
と自分でも、そこまで思うか、って程だった。(笑)

でも、その男性によると、8月6日になると、三か月分の支払い
でなければ、復旧できないということだった。
なので、支払って、再度電話くださるのであれば、明日までに
ということだった。
この後、すぐに支払えば、絶対に今日、復旧するんですよね。と
念を押してから、電話を切った。

「ほ~、危なかったな~。ギリギリだ~。」

なんせ、これまで確かに貧乏生活は長かったけれど、ここまで
自転車操業的に、かろうじて生きてきたからな~。
切られる体験は初めてなんで、知らなかったよ。(汗)

ちなみにガスも一旦切られると、供給再開には連絡しなければ
ならないみたい。

こんな状態で、家を出たり入ったりと大忙しだ。

家に戻り、まずはエアコンを点けて、まず手洗いできなかった
洗濯物を洗濯し、
あの暑さの中で、冷蔵庫にしみついた異臭に立ち向かうことが
出来ずにいたけど、冷蔵庫の中を洗剤で拭き、洗えるものは
洗ったけど、匂いは消えず、しばらく全開にして、少し消えて
きたというところだ。数日かかるかも知れない。

その間に、残ってたお米をとぎ、炊飯ジャーのスイッチを
入れた。

インターホンも電話も使えるようになったし、”ゆうパック”
の荷物も、保管期限切れだったけど、明日の配達を手配する
ことも出来た。

キャッシュカードの再発行手続きの用紙送付依頼は、ネット
でしたけれど、本人確認書類が2種類必要なため、今は保険証
がないし、免許証だけでは、受け取りは無理のようだ。保留。
(他のものだと、区役所で手数料かかるので)

こんな具合に、一気にバタバタと片付けたよ!!

おかげさまで、夕方には、電気が使えた。

*  *  *

やはり、このサバイバル体験で、感じたこと得たことの
大きさを本当に改めて実感した。

焚きたてのご飯。たまごかけご飯(笑)。
ちょー美味しかった。

こんなに感謝して食べたの初めてかも知れない。

この期間に読んだ本(旅行記)で、日本がいかに恵まれて
いるのかを実感し、この自分の置かれている状況と照らし合わせ
ても、まだ、私のほうが恵まれていて。
それが、より体験を通したことで、ダイレクトに感じた。

大地(土地)、火、水、風のありがたさ。

本当に、冷たいお水が飲めるのが、どれだけ幸せなことか。
(マックでは、しまいには氷入りの水を二杯お願いしてた)

この電気が使えるありがたさ。

これからは、もっと大切に使おう。
本当に、多くのものや事柄に感謝を向けられる自分に変わって
きていることに、自分でも驚く。

全てに、実感をもって感謝できる。
そして、色々な立場、状況で、今も尚、苦しい状況に立たされて
いる方の気持ちも少しは理解が出来そうです。

ほんと、ありがとう。(自分にも)

いつまでも、忘れないようにしよう。心がけようと思う。

取り合えず、”暑さ”からは、脱出できた。ということだけど、
まだ、気をゆるめられない状態ではあるので、まだ慎み深く
生活します。
でも、なんとなく”終盤”の兆しのようで、嬉しいです。

しかし、自分で頼んだことではあるものの、まさか、この
ような体験で、思い知るとは思わなかったな。
相変わらず、痛い思いしないと分からない、わたしです。(笑)

今夜は、快眠できそうだ。

*  *  *

転載したいメッセージや、写真のアップなど、徐々にやっていきますね。
メッセージは、溜まったよね。
今日は、これだけ転載させてもらうことにした。

【転載】マスターたちからのメッセージ へ

スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?