FC2ブログ

【転載】Allowing (許す<認める<~のままにさせる)

 01, 2010 23:59
☆本日↓2010/7/1(木)の始めはこちらから。
【転載】夏至の日の朝焼け
【転載】7月のアカシックレコード から
【転載】あなたは無限です。宇宙(コスモス)の知恵にアクセスなさい から

*  *  *

[mixi]Arrived Energy On Earthより
The Ascending Cosmic Pulse - July, 2010

Shala Mata
2010年6月29日


「Allowing (許す<認める<~のままにさせる)」


私が7月の『コズミック・パルス』を書いている今、月食は最大限のフォースを流れ出させています。
7月に入る際に簡潔な概括が必要とされています。6/26の満月/月食と連結した6/21の夏至は、7月・
8月に渡ってのステージで私たちが統合することになる“再構築”の光の激しい波を引き起こしまし
た。7/11の満月のエネルギーは非常に稀なグランドクロスの配列によってさらに拡大され、私たちの
ライトボディのアクティベーションを強烈にし続けるでしょう。

私にとって、この2週間のエネルギーは身体的に挑戦的なものでした。何度も頭痛や吐き気がして休
むことを余儀なくされました。3次元と5次元という2つの世界の間を歩いているというはっきりした
感覚は、疑いなく完全に機能するモードになっています。ですから7月には、安らかな統合,再構築
が非常に必要とされるようになるでしょう。静かに穏やかにしていることを望み、思考が意識から浮
かんでくるままにさせることも、このタイミングでは必要とされることになります。時間がそのため
に流れることを“許す<認める<~のままにさせる”ことは私たちにとって避けられないことです。

より高い振動の光の連続した流入は7月の始まりへの土台とも言えることです。6月の『コズミック・
パルス』でお話したように、私たちは今、フルモードで“ライトボディの拡大”をしています。6月
・7月のエネルギーは、私たちの“セイクリッドハート”というポータルを介してライトボディを拡
大するコードを放射し続けることに重点が置かれています。振動しているクリスタル質の光は、リレ
ーションシップすべての構造内にある私たちの観点を変えているところです。…と言うと何だかオイ
シイ言葉に聞こえますが、「私たちにはあらゆるもの・あらゆる人と関係している」ということを何
度も何度も何度も繰り返しておきます。すべてはエネルギーです。そして私たちは、リレーションシ
ップというインターフェースを介して合体した“巨大な・回転する(紡ぐ)・エネルギーマトリクス
”です。

私たちの大勢が、「私たちの意識的なリアリティで、私たちの記憶力のすべてのものが弱まり消えて
いっている」というに気付いています。私たちはいくらかのことを覚えていることができますが、そ
れ以外の場合は、“抵抗することなしに私たちがマージするよう現在の“今”のリアリティを幾分編
集されたバージョンにさせるような奇妙なコンビネーション“で思考が一斉に流れているように思え
ます。これは時間”について…そして集合としての私たちが“私たちのリアリティ”としてモデル化
している“変わり続ける動力”のについてのお話しです。私たちはここ数回の記事で、時間は軸のあ
る線状のものではなく、巨大な循環性を持ち・スピンしている無限の可能性ヴォルテクスであるとい
うことをお話してきました。

何もかも素早く感じ、同時に遅いとも感じています。私たちが自分の注意を寄せるものや私たちが考
える思考が、エネルギーの形や構造としてこの3次元の実存の中で顕現することになります。私たちの
リアリティについて私たちが持っている信念が、私たちが経験することの見通し(眺望)となるわけ
です。私たちがいる3次元の世界にある両極性の方程式は常に、等式の両側が表現されることを許しま
す。もし私たちが何かよいことを祈るのなら、その何かと同様に悪いものとも無意識の関係を持って
いるということを私たちは認めなければなりません。これは頭の中に入れるのにも苦労する量子物理
学の難問ですが、基本的にあらゆるすべては光のパターンそして情報を発生させる振動です。私たち
が何かに反体していれば、私たちはその正反対でもいなければならないということになります。そし
て、私たちが何かに賛成ならば、私たちは私たちが反対していることの正反対にいることになるわけ
です。私たちのハートはこの複雑なコミュニケーションを完全に理解しています。そして私たちが自
分のセイクリッドハートというポータルを通して自分の経験を明瞭に表現する時、すぐに私たちは、
“することに反対であっても反対のことをすることを許している”のを感じます。

許しの技法については、Esther Hicks and Abrahamによる説明が完全にそれを言い表しています。

私たちは許しの技法を実践(練習)しています。そしてそれは、実際的な考え方の考えではなく、あ
りのままにそれを語る考えでもなく、ベストだと感じる考えに至るということを意味します。ありの
ままに言うことは、それがありのままであるところにあなたを拘留するだけです。「ちぇっ。私はあ
りのままに言うつもりなのに。私はありのままに語るつもりなの。だってみんな、私にありのままに
話して欲しがっているんだもん。」~あなたがありのままに語ることがお好きなら、どうぞありのま
まにお話しください。けれどもありのままに語ることがお好きでないのなら、ありのままに話さずに、
あなたが「そうであったらいいな」と望んでいるように語ってください。「そうであったらいいな」
とあなたが望んでいるようにそれを話せば…十分に長い間そうすれば…「そうであったらいいな」と
あなたが望んでいることのようにそれをあなたは感じるようになります。そしてそれを「そうであっ
たらいいな」とあなたが望んでいることのように感じたら、それは「そうであったらいいな」とあな
たが望んでいるもののようになります。--- Abraham dailyquote@abraham-hicks.com より

“許し”を理解することが、大規模な大変動,変化,混沌のエネルギーを持つ~来るべき数週(7/8月)
の私たちを大いに助けることになるでしょう。私がメキシコ湾での原油流出に注意を集中させる時、
私の最愛のクジラ/イルカたちはすぐに「私たちはホログラムの中で生きている」ということを指摘
して、そのことを私に思い出させてくれます。私たちの身体的な身体は、細胞,原子,電子,陽子と
して収められている光から成り立っています。私たちの注意あるいは観察のフォーカスが“問題”に
向けられていれば、そうすることで私たちは他のすべての無限の可能性・ポテンシャルを排除してし
まっていることになります。

私たちの思考と、私たちが観察しているものの間に量子スペースがあります。量子物理学では、「単
なる何かの観察が、私たちが見たい(観察したい)と思っているものと一致したものの顕現を引き起
こす」と言われています。これは、「私たちのセイクリッドハートのポータルの中にあるものから(
それをもとに・そのままに)動くということ」と深くつながっており、その理由を示してるのではな
いでしょうか。私たちのハートは「何が真実であるか…何が真実でないか…」その違いを知っていま
す。ハートは分析したりジャッジしたりしません。ただ感じて、そうして、真実が私たちのモデルと
なることを“許し”ます。

私たちの内なる不変性は、私たちの感情や”感じ“方にスライドします。許す(<認める<~のまま
にさせる)こととは、無限の可能性やポテンシャルのパワーを「自分が何を望んでいるか」のフィー
リングとして利用することです。私たちの感じ方自体が、永遠の友として私たちが持っている最も誠
実なコミュニケーションの仕方であり、魔法のインジケーターでもあるわけです。

7月は、ハートから許す(<認める<~のままにさせる)という能力に固守するためにおびただしい機
会を提供します。それは、内側には心地よくぬくぬくしている有望な見込みがあるといった雰囲気で、
ウキウキした感じとして感じられるものになりえます。この楽しげなフィーリングこそ、私たちが機能
することを選ぶことができる場の中でも最もパワフルな場です。当然ながら私たちは身体的な影響も経
験することになります。それも、私たちの身体が新しいバランスの釣り合いを見つけるために必要なこ
とです。また、これも“許すこと”の一部であり、新しいライトボディのテンプレートのアクティベー
ションの一部であるということを知っていることで、それが、私たちの脳を方程式からある程度抜け出
させることにもなります。

私は先ほど、満月/月食の光のある間に本稿を書いていると言いました。今日から7/11の新月/日食の間、
私たちひとりひとりのハートの中で「変化が集合意識の中で起きている」という途方もないフィーリン
グが鳴り響くことでしょう。それを6月よりもずっと厳しいエネルギーの衝撃波のように感じるかもし
れませんが、そのエネルギーが、ここ数週間に前面に出されてきていたものを実際に変化・変容させてい
るのです。乗り切るコツは、本当の私(たち)の光をモデル化すること…そして、示されるものが何で
あれそれが変化・変容されるままにすること…です。

こうしたチャレンジングな期間には、ハートを通して感じること,ハートのままにさせることが最も重
要なことになります。時には、フィーリングや思考のアリーナで「それを私たちがつくるまでは、それ
を真似る」ということもしなければなりません。展開しているドラマに巻き込まれてしまうことは簡単
です。けれども、いい感じがすることを考えること…そして、あなたの今その瞬間が明瞭に表現される
ままにすること…もまた簡単なことです。ただシンプルにセイクリッドハートに移り、ただシンプルに
「私はこれを変化させたい」と意図して、そうしてハートで“感じ”て、ハートが“許す”ままにして
ください。その一瞬の間でさえ、その変化が、私たちの可能性のフィールドでずっとスピンしている量
子的な可能性をオープンにすることでしょう。

私たちの光の指数は高まっています。最愛のマザーアースの脈動は私たちのハートの脈動です。私たち
は自分のマスタリー,そして、この重要なタイミングのために自分で選んだ役割を思い出しているパワ
フルな存在です。「昨日とは随分と違っている」と毎日感じることになりそうです。そして最も心地よ
いところは、“その瞬間にいること”にもなっていくでしょう。いい気分を味わってください。個人的
にも・集合としても、私たちが顕現してほしいと期待しているものあらゆるものを超えたものが常に存
在する無限の可能性を許してください。劇的な変化や悪化が私たちのリアリティのとてもたくさんのエ
リアで起きている最中であっても、そこには、私たちの不屈の精神の振動を高める機会や、私たちが“
より高い私たちの意識のビーム”でいる機会などオイシイ機会があります。

私たちはパワフルな光の存在です。私たちにはハートの中に測り知れないパワーを持っています。来た
るべきエネルギーダウンロードの期間は、リラックスした落ち着いたままでいてください。そしてサポ
ートされているのを感じ、変化が起きるままにさせてください。あなたのライトボディから発散されて
いる愛,喜び,そして笑いのフィーリングにチューンしてください。この振動こそ、私たちのユニヴァ
ース全体の中でも最もピュアで最もパワフルなフォースだからです。

笑いは私たちの魂を感じる催促の方法であるということを…そして、与えた笑顔,受け取った笑顔は天
使のキスだということを…覚えておいてください。この素晴らしいタイミング,旅で、私たちみんなは
つながっています。喜びの中にいて、流れのままにさせてください。

あなたのゴージャスな光を輝かせ続けていてください。
愛,そして祝福を

Shala


(http://spiritlibrary.com/shala-mata/the-ascending-cosmic-pulse/allowing)


-Jueuxさん訳

*  *  *

私も、これから読んでみます。

今は、RIKOはぐっすり眠ってます。

そうそう、今日は、初めてRIKOをお風呂に入れました。
懐かしいお仕事でした。



スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?