FC2ブログ

【転載】マルチディメンジョナル・ニュース 2010年5月~6月 ①

 23, 2010 23:48
【ひとりごと:感情を流す&初孫誕生か?!】から

*  *  *

先ほど、アップされたのだけど、けっこう長いメッセージです。


[mixi]Arrived Energy On Earthより
Suzan Caroll Ph.D

「マルチディメンジョナル・ニュース 2010年5月~6月 ①」


◇セルフに還るサイクル

愛しき者たちよ。私たちはアルクトゥールスの者たち。私たちは、あなたが『ほんとうのあなた』
を思い出すのを手伝いに来ました。【セルフ】を思い出してください。

地上に降りた者がその【セルフ】を忘れてしまうことは、いとも簡単なことです。その人がそうで
ある時、彼らは3次元の人生というドラマに我を忘れてしまいます。そうしてその人の【グレーター
・セルフ】が眠っている間、その人はその“人間の認識”の周波数の中でだけ機能します。

私たちは、地上に降りた者たちが目覚め、寝入り、また目覚め、再び寝入るのを見ています。あな
た方の多くは、実際には、夜、眠りについているときに最も目覚めています。あなたのほんとうの
振動の心地よさの中で私たちがあなたを抱きしめることができるよう、あなたは私たちのところに
戻ってきます。「目が覚めたらまず、私たちのところに来るようにあなたのスケジュールを立てて
おきなさい」と私たちはあなたにお願いしているからです。ですから私たちの本質のフィーリング
があなたの記憶に最も残っているのは朝ということになります。

私たちは、3次元な日々のチャレンジは、いまだあなたに『人間である』という幻想を強いることが
できるということを理解しています。けれどもあなたが一日の始まりに、ご自分の【セルフ】に対
する認識をリセットすることができれば、日ごと【セルフ】から落っこちてしまうのをより良くリ
カバリーすることができます。幸いなことに数日もすれば、あなたは5次元の場にどうにか立つよう
になるでしょう。そうしてあなたは幻想に陥り始めるご自分自身をキャッチすることができるよう
になります。また、ONEの中でのバランスを失いかけたその瞬間に私たちにアシストを求めることを、
簡単に思い出すことができるようにもなるでしょう。

今は、あなたにとってとりわけ難しい時間です。ご自分の魂/【セルフ】へと遠足に出かけること
で、3次元の地球にある両極性が、あなたの最も深い潜在意識の最も深い記録保管庫へと、自ずとあ
なたを引っ張り降ろすからです。けれども、ご自分の潜在意識へ行くというミッションには利点が
あります。なぜなら、最初に幻想を引き起こした恐れをリリースする能力をあなたに与えるからで
す。とても経験豊かなダイバーだけが海の真っ暗な深みへと潜ることができるように、最も目覚めて
いる者たちだけが、その深い潜在意識の記憶をクリアにさせることができます。潜在意識に寄留す
ることを、何か自分にはよくないことだと思うかもしれませんが、これまで隠れたままでいなければ
ならなかった古い問題をクリアにするに十分にあなた自身が強くなっているから…あなたが今や成長
したからこそ、このような経験が起きているわけです。

愛しき者よ。私たちは、光の中へと進んでいくあなたのその素晴らしい勇敢さを称賛しています。た
とえあなたがその意味を十分にわかっているとしても、以前はあなたを闇の中に留めていたものすべ
てとあなたは向き合っていかなければなりません。あなたは素晴らしい戦士です。かつてはあなたよ
りも遥かにパワフルなドラゴンであった古い恐れと戦い、倒しているのですから。もちろん、ドラゴ
ンというのは喩えなだけで、それは単にあなたの恐れなだけでした。だからこそそれは、あなたが生
来持つ無条件の愛という大いなる力を決して持つことはなかったのです。

宇宙の無条件の愛の流れにあなたが戻っている今、あなたはふたつの世界~5次元とそれ以上の世界,
そして3次元・4次元の世界に生きています。あなたがひとたび5次元に安定すれば、あなたはご自分の
多次元的な意識を取り戻すため、私たちは“5次元以上の次元”と言う訳です。そうなればあなたは、
3次元から6次元をご自分が無数に小旅行していること,そしてより高次元の世界にあるあなたの“姿
のないリアリティ”を認めることができるようになります。

けれどもそうした経験を積んでも、あなたの意識が3次元に限定されているうちは、あなたは通常、他
のリアリティから切り離されていることになります。3次元の限定された観点からは、ご自分自身の4
次元やオーラの世界,無数にあるパラレルワールドや別のリアリティを認めることすらできません。

幸いなことに、あなたは今、長い眠りから目覚めています。だからこそあなたは、私たちが以前にお
話した“ジェットコースター”を経験しているところなのです。そして、この荒っぽい乗り物に乗っ
ていることが、あなたが傾倒しているもの(中毒になっているもの)時空にリリースするのに一番の
方法なのです。


◇時空のリリース

私たち銀河連盟にテラとして知られている5次元の新しい地球にあなたの意識,あなたの関与を安定さ
せるためには、時間・空間という幻想に対する傾倒(その概念の常用)をリリースすることが必要にな
ります。 “傾倒”という言葉を私たちが用いるのは、時間と空間の領域で生きるということが3次元
的な思考においては欠くことのできない部分だったからです。また、傾倒は恐れに基づいたものでも
あります。時間・空間の幻想の中で機能している間は、恐れは完全にコントロールされることができま
せん。時間・空間の幻想を超えたところにある意識のありさまを維持するには、恐れに満ちた過去から
の記憶,同じく恐れに満ちた未来への懸念があまりにもたくさんあります。

さらに、このタイプの三次元的なもの~時間軸に沿った考え方は、5次元の新しい人生を受け入れ取り
組む力に大きな邪魔となります。時間軸に沿った直線的な思考から、あなた方は5次元の場に行くには
時間がかかると信じ込んでいます。けれども実際には5次元とは、【今、ここ】とマージした時間・空
間にある意識のありさまなのです。

あなたがひとたびその意識のありさまを完全に採用するようになれば、あなたとコミュニケートする
私たちの能力もあなたにとって、厄介なものでなくなります。なぜならあなたは、私たちのインフィ
ニティ(インフィニティ)の声明をあなたの用いる制限・分離のある直線的なコミュニケーションへ
と翻訳しなくてもよくなるからです。新しく起動したあなたの多次元的なOSは、あなたのインフィニ
ティの観点からの思考力を大いに促すことになるでしょう。

インフィニティの思考はあなたに、リアリティを【今、ここ】にいるというあなたの選択であなたが
経験する流れとして認識させます。こうした経験をする場は他にありません。そしてそこには始まり
も終りもありません。ラジオやテレビのように、内側でも外側でも生命の経験はインフィニティに続
きます。番組を見る(聞く)前にラジオやテレビのスイッチをつけなければならないように、私たち
のメッセージを十分に理解するためには、ご自分のインフィニティの思考のスイッチを入れなければ
なりません。ご自分が選んだリアリティにフォーカスを絞って、それを感知するという意図のパワー
を用いることによって、あなたにはインフィニティの思考にスイッチを入れることができます。あな
たがリモコンを使ってテレビの電源を入れたりチャンネルを変えたりする時、あなたはそのチャンネ
ルが起動する特定の波長を送っています。同じようにしてあなたは特定の人生経験に関わるために自
分の意識の波長をアクティブにしたり変えたりします。たとえば、車を運転している時…消費をして
いる時…誰かと議論している時…あなたの意識のありさまはどうなっているでしょう?一方、あなた
が自然の中を散歩している時…創意工夫をしている時…あるいは好きな人と素晴らしい時間を過ごし
ている時…あなたの意識のありさまはどうなっているでしょう?

私たちは、あなた方皆が後者の意識のありさまで人生を過ごしたいと思っていることを知っています。
けれども、その意識を維持するためには、恐れや怒りを生じさせようとしている最中でも自分の意識
を再調整する必要があります。このような変化をさせるには、自分のストレスを引き起こしている時
間・場所のストレスから自分の注意を切り離し、そうしてインフィニティの流れに入ることでうまくい
きます。その後あなたは、「低波動の経験行為の中で自分の地球上での器を自分は単に観察している
だけだ」ということを理解するようになります。あなたがONEの流れの中にいる時、あなたには、どこ
で行為がなされるか,それがいつ完了するかといったことを心配する必要もありません。この観点から
あなたには、3次元から抜け出て自分の意識を再調整するプロセスにいる存在として地球に根付いてい
るご自分の存在を穏やかに観察することも、自分の【セルフ】、の多次元的な意識に戻ることも可能に
なります。


◇3次元的な欲求

あなたのインフィニティの考えを制限する3次元的な考えのひとつの様相が、あなたの欲求です。あな
たが何か,誰か,何らかの経験を欲する時、あなたは確実に【今】から抜け出ているからです。【今】
には何の欲求もありません。なぜならあなたが望む人,場所,物事は瞬時に【ここ】にあるからです。
この概念は、自分が欲するものを見つけること,成し遂げること,それに懸命になることに人生を費や
している“地球にいる自分”を特に混乱させるものだということは私たちも承知しています。私たちは
また、「働く」といった感じがすることをもう何もしたくないということを自分の“目覚めている自分
”が生来知っているため、その“目覚めている自分”が自分の欲求をコンスタントに満たすニーズに対
してますます疲れきってきていることも承知しています。これは、あなたの日常的な世俗的なマインド
にとっては、まだ不可能なことに思えることでしょう。けれどもあなたのその部分がこのことを知って
いることを私たちは喜びたいと思います。インフィニティの考えには、将来に向けて働くということは
ありません。リアリティとは単に意識のありさまだからです。

これはつまり、意識のシフトです。それが、流れの中で生きることをあなたに許します。ひとたび流れ
に乗れば、あなたの欲求体は鎮められ、あなたのハートは宇宙の創造的なフォースである無条件の愛に
満たされます。あなたが流れの外にいれば、無条件の愛の意識を維持することはとても困難だというこ
とがあなたにもわかるようになるでしょう。この意識へのアクセス無しでは、身体的なリアリティの無
数の恐れに満ちた考えや感情があなたをあなたの欲求が成就するようあなたを未知の未来へとプッシュ
したり、あなたの欲求を遠い過去に隠してしまうような時間・空間に縛り付けてしまいます。また、欲
求に沿った惰性というものもあります。それらは流れにリリースされねばなりません。

3次元での生活では、スピリチュアルな成就において欲求があなたを前進(あるいは後退)させてきま
した。この振舞いを繰り返してきたため、あなたのエゴセルフは、「経験することを望む/望まない」
という欲求をもつ習慣をつくりだしてきました。幸いなことに、Oneの無条件の愛の流れの中であなた
の意識のありさまを維持するのはあなたのソウルセルフです。ソウルセルフは【今】の無条件の愛の中
だけで生きるため、あなたの欲求はあなたの愛の呼び出しにすぐ応えます。

親愛なる地上に生きる者よ。私たちは、あなたが古い習慣をリリースして自分の考えを変えることがど
れほど難しいことか、承知しています。私たちはあなたの素晴らしい内なる光と勇気を称賛しています。
ですから私たちは、私たちが話す流れに入るために、時間のない瞬間を少しとりましょう。あなたの現
在のリアリティでのあなたが無条件に好きなこと・ものについて考える…ということから第一歩を始め
ましょう。のあなたが無条件に愛するものは人,ペットかもしれません。家や車,クリエイティブなシ
ョップということさえあるでしょう。それが何であれ、あなたの生活の中で無条件に愛するというフィ
ーリングを促すもの・ことについて考えることで、それに対してあなたの最高の無条件の愛を送ってく
ださい。

身体的なリアリティをシャットアウトするために、少しの間、目を閉じましょう。そうして、あなたが
【今】送っているその無条件の愛を感じることを自分に許してください。あなたの無条件の愛が光の雲
のように、どのようにあなたの周りで渦巻いているかを感じてみてください。この雲があなたの肌を優
しく撫でるままにさせてください。そしてその雲の中に埋め込まれている高周波の光のピリピリ感を感
じてください。その光があなたの肌を透過し、あなたの内なる光とつながり、あなたのライトボディを
高まらせているのを感じてください。あなたの主たる意識をライトボディに入れてください。そうする
ことであなたは時間と空間の制約からの自由を経験することができるかもしれません。

あなたの内なるライトボディがOneの流れに加わるのをごらんなさい。この流れの中には何の欲求もあり
ません。時間もないし、スペースじゅうに何の動きもありません。あなたがすべての生命のセンターで
す。あなたの前には、あなたが経験することを選ぶかもしれない可能性のリアリティすべてがあります
。イメージしてください。あなたは大規模の素晴らしい晩餐会の巨大なテーブルについています。けれ
どもそのテーブルは食べ物でいっぱいなのではありません。そうではなく、テーブルは無数の経験で満
たされています。晩餐会のテーブルで、どれか特定の食べ物を選ぶために手を伸ばすように、あなたが
選んだ経験とつながるようにあなたの意識を至らせてください。あなたはどんな経験を選びますか?ひ
とたびあなたが多次元的な経験を選んだなら、その経験に入るための道はひとつかふたつありますが、
そのどちらも、あなたがその多次元的な意識をフルに活性化させることをあなたに求めます。そして、
そのひとつかふたつの方法のうちのひとつが、いわゆるジャンクDNAの原子よりも小さなワームホール/
スターゲートを通って…、もうひとつは分子の消費を通してになります。



-Jueuxさん訳

*  *  *


【転載】マルチディメンジョナル・ニュース 2010年5月~6月 ② へ

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?