FC2ブログ

【ひとりごと:感情を流す&初孫誕生か?!】

 23, 2010 23:45
2010/6/23(水)雨のち曇り


Image074.jpg


わたしは相変わらず、今日も何事もなく過ぎようとしている。

さすがに、今日になり少しストレスを覚えた。
こんなに、プロセスが長引くとは思っていなかった。
なぜ? またこんなにギリギリまで行うのか、、、。
答えは分かってる。
ギリギリにならなければ、浄化できない部分もあるから、ギリギリに
なって初めて浮き上がってくるものがあるから。
きっと、それだけなんだろうと思う。

分かってるけど、少々イラっときた。(笑)
さすがに、何も見えないもどかしさに、、、。
長い便秘のような気分。早く、すっきりしたい。

すべては完璧なタイミングであり、自分にとって最善なことが
進んでいるのはわかっていても、なんだか、何度も同じことを
やってることに対して、吐き出さなきゃならないと感じた。

支払いの催促もきている。
今日は、催促の電話もきた。
もうすぐ、いろいろな支払いが迫っている。

かといって、ブレるかというと、とても冷静に電話も出たし、
来週あたりに、、、と待っていただけるよう伝えたし。
そこに、恐れといえるほどのものは出てこなかった。
割と、淡々としていた。

以前は、家賃の支払いを待ってもらって、プロセスが続けられた。
(2度目の全財産失うのときね)
この時も、まさか、家賃の支払日には、なんとかなるだろう。って
思ったけどね。

先がわからないからこそ、それは”奇跡”で感動もある。
そうだよね、先に見えてたら、奇跡って言わないよね。(笑)

でも、なんだか、胸のあたりにあるモヤモヤはなんとかしたい。

「もう、こんなのたくさんだ!!」という気持ちが湧いてきた。
「もう、充分、超えてきたじゃないか。やってきたじゃないか!」
「なんで、今回も同じような出来事を通らなきゃならないの?」

日々、自由な生活、あるがままでいられる生活、感謝の思いが
自然に出てきているのに、裏腹に、今日は、こんな思いが出てきた。

口には出さなかったけれど、頭の中で思いを流した。
そして、ジャーちゃんとミカエルに浄化を頼んだ。

日中、娘から知らせがきた。

「”おしるし”があったよ。いつ陣痛が来るかはわからないけど。」

”おしるし”があっても、出産になるまでは、人によって違うから、
今日とも限らないな~。って思った。

でも、「あ~、近い内には生まれてくる。順調に進んでるな」と
知ることが出来たので、嬉しかった。

後から聞いたのだけど、今日、お腹の子に向かって

「そろそろ出てこないと、来週になったらお薬(陣痛促進剤)打たれちゃうんだよ。」
って言ったら、その後に”おしるし”が来たらしい。(笑)

でも? 孫が生まれる前には、私のほうがハッキリするのかと思っていた。
自分のほうが、見えてきてから、孫のこと、北海道の出発のことなども
考えられるのだと思っていた。

なんともいえない、ストレスなんだ。
誰にも、ハッキリしたことを何ひとつ伝えることが出来ないことが。
もう少し、もう少し、、、と思っていたけど、気づけば、もう

「夏至も過ぎちゃったじゃないか~~~!!」って感じさ。(驚)

カレンダー見て驚いちゃうよ。いつから、「もう少し」って思ってたっけ?(笑)
(かと言って表現むずかしいけど、いつも”待ってる”わけじゃないし、ずっと、
ストレスってわけでもない。ただ、ここに来て、なんだか出てきた~って感じ。)

夜、7時過ぎ、娘から電話が鳴った。
「陣痛が始まったようだよ。もう、準備も出来てるし、後はご飯食べて、
お風呂に入るだけ。」

陣痛が、5、6分間隔にならないと、病院では受け入れてくれない。
なので、それまでは待機する。
ちょうど、だんなさんも帰宅していたし、何もかも順調だ。
だんなさんは、立ち会ってくれるそうなので、電話で代わって宜しく頼んだ。
まっ、初産は、時間もかかる場合もあるし、まだ、痛みも軽いから、明日かも
知れない。

ちょっと、ドキドキ。
病院に向かうときに、また連絡するとのこと。

母にも連絡した。 とにかく見守るのみ、天使たちにも頼んであるし、
大丈夫なのは分かってるけど、母も、私もちょっぴりドキドキなのだ。
ワクワクと混ざってる。

ところで、、、とあとから母からメールが来た。

「あなたは、いつ来るの?ハッキリ決まったら教えて。お見舞いのときに、
出来れば会いたいから。」

「わかったよ。 決まったら連絡するね。」

行くことは、分かっていても、どんな形で、どんな風に、いつ、、、
が、何ひとつ分からないというのは、途中はいいのだけど、ここまで
ギリギリになると、さすがに正直、ストレスが出てきたんだ。
(真の自己が決めてることだけどね。)

いや、心配ないのも、奇跡が起こるのだって、創造したものが具現化
するのも”知っている”。

”金の切れ目が、縁(古いシステム)の切れ目!!(笑)”

それが、思ったより、素晴らしいくらいに、もったよな。

まだ、日にちもある。まだお米だってあるし、生活は出来る。
タバコが切れるだけ。 これを機会にやめることになるなら、
それもそれ。

これもまた、自然な感情だったりするし、自分の中にあるものはあると、
認めることも必要だから、さっそく対処した。
いつもyohamに感謝してるけど、今日は、
「もう~~。どこまでやらすわけ~~?」って感じ。


感情を押し殺すのは、自分を殺すこと、抑圧してること、コントロール
しようとすること。

枕に向かって吐き出してもいいし、自分の方法で吐き出すことが必要なときは
あるよね。

全てではないけど、「大丈夫!!」って言うときは、本当は大丈夫じゃ
ないときってあるんだよね。

それは、昔、カウンセラーさんに、私が言われたこと。

もうクセで、「大丈夫だよ。」「大丈夫だから。」と答えてた。

「大丈夫じゃないでしょ?!」
「それは、大丈夫ではない。」と、、、カウンセラーさんから言われた。

それで、「ハッ!」って気づいたんだよね。

正直に、自分の心を認めるということも、その時に教えてもらった。

昨年だったっけ?
ayaちゃんのチャネリングで、私の神yohamが現れたときに、言ってたっけ。
「エゴが、愚痴を言わせないようにしている」と。

人間って、自分を偽ることが、どれだけ上手になっていることだろうか。
どれだけ、感情に、見て見ぬふりをすることがあるだろうか。

さぁ、”自分に正直”になっても大丈夫。

”あるがまま”でいても、いい。


と、言うことで、私も、今日は、少し爆発しました。
それも、自然なこと。
最後の最後まで、”浄化”ですね。
また、昨日とは、別の部分で出てきたけど、やっぱ、あるものは全て
出しつくしたい。

きっと、”浄化”が終わるの待ってるんだろう。

まっ、私が、今どうこう言ったところで、そのまま続行には変わらない。
で、全ては、わかってることだけど、今日は、あえて書いてみた。(笑)

て、孫の誕生とともに、自分も再誕生だったりして。Wだっ!

*  *  *

ローレンさんのメッセージ、翻訳はまだされてないけど、
6月19日のメッセージを無料翻訳を使って読んでみた。

”再接続 完了に至る”という感じのタイトルだったようだ。
(http://spiritlibrary.com/lauren-c-gorgo/the-solstice-reconnection-completion)

およその内容だけど、ほぼ、同じような進み方をしているのが読み取れた。
とくに、DNAの12の束のことが書かれていたと思う。
変容していることと、12の要素が、最終的に再接続されて、再起動
したときに、我々は多次元の意識の中で生活するようになる。って感じ。

やはり、浄化の期間を経ていて、5月から、腸の調子が悪かったということも書かれ
ていた(私も同じ)、次の段階に備えて、あらゆる次元の最高と低いレベルを強烈に
浄化すること。

二極端に引っ張られる。
もう少しで、多次元に接続完了って感じだったかな?

ほぼ、完了したというような内容。
(翻訳の読み取りが難しいので、確かではないよ。)

ようやく、希望が見えてきたって感じかな?

「嵐は去っています。復活は差し迫っています。」

って書いてあったから。

*  *  *


【転載】マルチディメンジョナル・ニュース 2010年5月~6月 ① へ

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?