FC2ブログ

【転載】最近の徹底的な細胞のヒーリング

 24, 2010 11:39
2010/4/24(土)晴れ


昨夜、ローレンのメッセージがアップされていた。
これを読むと、私の場合は、この期間を、わりと容易に過ごしてきたんだなー。
とつくづく感じた。自分にも、サポートにも感謝だ、ホント。 汗

でも、中にはまだ抜け切れてない人もいるかも知れないと思い、アップさせてもらう
ことにした。


[mixi]Arrived Energy On Earthより
Lauren C. Gorgo
2010年4月20日

「最近の徹底的な細胞のヒーリング」


この2週間、私たちの多くが心から困難な時期を過ごしてるわよね。えぇ、こういう困難は春分以来いろんな度合いであったけど、特にこの2週間は特にきびしかった。
身体的にとっても厄介で、とってもねちっこいこの統合の期間に私はたくさんのメールを受け取った
んだけど、メールの多くを読んでみて、私は目に見えない存在たちにサポートを願うことにしたわ。こうすることが大勢の人たちのためになると感じるし、私のハートからの問いに答えてほしいとをお願いしたの。

____________________________

私は自分が迷ってるように感じるの。信頼を貫くことが大切だと思うわ。だけど、その信頼こそが私をこの混乱に陥れたように感じてしまっているの。私はすべてに愛想をつかしてる。自分のハートにも、魂にも、呼吸それぞれにも、それからこの移行に加わるためにこれまでに引き出してきたものにも…ね。そして今、致命的な人生に残っているもののグチャグチャにつぶされた部分を目の当たりにして、「これって私の失敗?何か間違ったことをした?」って思っちゃったりしているの。私が実行しようとするプランはどんなものでも妨害される。でも、この経路を進み続ける以外、選択の余地がないように感じる。こんな限られたスペースにいる自分に何で私は気付くんだろう。どんな喜びもあっという間に過ぎ去ってしまって、痛みと苦しみが永遠に続くかのような“ここ”に戻ってくる以外、仕方ないのかな。

自分が自分の状況をつくりだすってことはわかってる。だけど私も私の家族もこんな圧倒的なプレッシャーの下で生きることが当然のことだなんて絶対に思えない。まるで呼吸することもできないと感じるくらいなのよ。他のライトワーカーたちも同じような状況にあるってことを私は知っている。なんだか、他の人たちのニーズは満たされているのに、私たちはこんなことのためにすべてを捧げて、寒さの中に取り残されてるみたい。こんなの、まったく理解できないわ。

私は、私の運命について…私が何者であるかについて…そして私の経路がどこへ私を導くかについて…いつもクリアに感じているわ。だけど私には今、未来が見えないの。未来は私からブロックされているとしか思えないの。だからとても孤独を感じるの。もちろん、大勢の人たちが私の側にいるけれど、自分の神性の中に安全でいる時、彼らも心地よさを感じてない。だから私はここで脅えているの。

なぜ、私をはじめライトワーカーたちがとんでもない状況にいて場所を失っているのか、あなたたちは知ってる?私の人生全体が私に決してフィットしていなかったようにさえ感じるくらい私はとても落ち着かないの。だってことごとく、私が信じているもの・大切に思っているものとはまったく正反対の感じがするんだもの。毎朝ここで目を覚ますことがトラウマになりそうよ。口の中が灰だらけみたいな感じなんだもの。ここにはまったく光がなくて何も成長できないようにさえ思えるの。


____________________________


神聖なる戦士よ、落ち着きなさい。この旅はハートを気絶させるものではない。違うのだよ。お前が調査するようなことはこの次元には何ひとつ残っていないからなのだ。それを私たちが保証しよう。それが事実だし、そのようにデザインされているのだ。

お前たちは手近な状況を緊急事態と考えているが、実際にはお前が経験していることは、まったくその正反対だ。実際には、お前のあらゆる部分は、“新しい振動の経験”のポータルを抜けて到着しているのだが、お前のフィジカル・セルフ(身体的なセルフ)のスレッドはリコネクションの完了をまだ残しているからだ。そのため、リアルにあることとお前が今経験していることの間にある極端な違和感~この不調和が、お前の今の身体的な状況~絶対的な対立,混乱,フラストレーションに至らせているのだ。

お前は独りぼっちではない。このタイムラインでお前のそばを歩いている多くの者たちは、明らかに同じような孤立感や真実との断絶を経験している。断絶の期間を経験している時~私たちの表現からすればヴォイドを通過している時、手がかりを見つけるために外側を見るのではなく、既に自分のところに来ているものを見るようになさい。

自分の“より高いビジョン”や“拡大されたセルフ”のソースから切り離されているかのように思える時~このような状況にある時はしばしば、“より大きな概観”や自分の“より高い意図”をつかむことは不可能に近いことになる。それらを実際にサポートしているのは、お前のリアリティにあるたくさんのレイヤーなのだが…。

このような状況下~つまり、良いと感じられるもの=“この旅を通して真実を測るゲージ”となっていたものと切り離されたかのように感じる場合のためにガイダンスを授けよう。自分の周りを見る代わりに、自分の外側の人生の眺めの中にある“自分の神聖な真実への信頼へと導く眺め”に形となって現れてくる具体的な出来事を探し見つめるようになさい。お前は今、そういう段階にいるのだから。

本当に起きていることを伝えておこう。古いパラダイム,古い地球,その創造の仕方に結びついている最後のエネルギー的な縛りは今、お前たちのエネルギーフィールドからプラグを抜かれ、断ち切られ、取り除かれている。同時にお前たちは新しいマトリクスに完全に再接続されてもいる。お前たちがこうした切断の期間~エネルギー的な隔離状態に置かれているのには、ふたつの理由がある。ひとつは、期限切れのカルマのグリッド,マトリクスからこれ以上如何なるリアリティも創らないようにお前たちがブロックされながらも保護された状態であるようにするため…そしてもうひとつは、クリスタルの振動へと生理的に再構築,ミューテーションされるという、この急激な細胞ヒーリングを通して、自分の身体を育み支えるために必要な時間を取るためだ。

お前たちの身体の細胞は今の時期、とても深い根本的な変化を進行させている。なぜなら、お前たちが間もなく関わることになる身体的なリアリティは、3次元のリアリティの概念全体の完全で完璧なクリアリングが必要になるからだ。この旅の部分は肉体的にとても厄介だ。お前のバイタリティが落ちていれば認識や展望も堕ちてしまう危険度が高くなってしまうからだ。生物学的な浄化の海に沈んでしまわないよう水から顔を出したままでいるには、お前を取り囲んでいる者たち(つまり私たち)とできる限り一緒にいること…そしてお前にまだ喜びをもたらすことができるものと関わっていること…を勧めよう。なぜなら、そのようなわずかに残っているものは、真実であるお前独自の部分だからだ。どんな喜びでも、そこに残っているものはお前にとって大切なものだと自信をもってわかっているものなのだから、それに自分自身を浸らせなさい。

私たちにはお前たちと分かち合うことができる言葉が殆どないがため、それが分断の苦しみを高めることになるということを私たちも承知している。しかしお前たちはクリエイターだ。だからお前たちは創造するという傾向をそもそも持ち合わせている。自分の望みの創造において、それに関わることからブロックされてしまうことは悲惨な生活に他ならないだろう。だから、たとえそれが言葉を通してのものであるとしても、私たちから約束しよう。お前たちは一新された生命の感覚,一新された愛,一新された創造への意欲,そして自分の持つたくさんの能力に対しての一新された自身の感覚でもって、この“細胞の統合”を切り抜けるだろう…と。

私たちには、お前個人のアセンションプロセスにおいての身体的な経験をわかっているふりをするつもりはないが、このプロセスを切り抜ける唯一の方法は、直接それを経験することしかないということを知っている。生物学的にバランスを取り直し、身体的によみがえるということの厳しさは、変化に対してどれほど完全に降伏できるか~お前たちのその能力次第になる。このグランディングの期間はまさしく身体ベースの経験をすることになるのは、お前の霊体をお前のその姿に完全に降ろすことを許すためだ。そのため、細胞の若返りは殆ど倍化のスピードで高められてきているのだ。

お前たちも承知しているだろう?“人生の終わり”に穏やかでいなさい。マスタリーに到達するに必要とされる身体的な復興に安らいでいなさい。未知なるものと和しなさい。しかし、このプロセスのすべてが、お前が最も切望しているものをもたらしているのだということを確信していることが大切だ。

私たちアルクトゥールスは5次元で最も先進的な文明を持つ誇り高き者。私たちは、お前たちが将来に持つことになるユートピアをお前たちに一瞥させる者。愛が生命の主要なエレメントである存在だ。お前たちそれぞれの中の戦士に対して敬意を表することで、私たちはお前たちに対して凌駕されることのない愛情と深い不変の敬意を伝えよう。全体的なプランに対するお前たちの貢献・献身はこの上ないものだ。そしてそれこそが、お前たちが予め計画してきた集合的なゴールに達成するためのお前たちの能力だ。

それでは、ごきげんよう。



http://lightworkers.org/channeling/104239/recent-radical-cellular-healing-arcturian-collective

-Jueuxさん訳

*  *  *

この上記のアセンションプロセスの場合は、といっても、【プラネタリー・アセンション】
ではなく、【コズミック・アセンション】の場合なんだけどね。

私の体験では、プラネタリーのほうでは、兆候はあったものの、肉体のほうは、
そんなに激しいものではなかった。
コズミックのほうは、多くの面で、よりハードなプロセスだったといえる。
だけど、精神面では、その前から準備段階があり、自分自身を信頼できるという
面を強化していたので、囚われることが少なく、違った意味では楽だったとも言える。
 
特に身体は、”痛み”でリアルに体験したので、分かりやすい。
今後コズミック・アセンションへ向かうと選択している魂たちは、日々、肉体のメン
テなども意識して手入れしておくと、このプロセスに入ったときに、少しは楽かもしれない。
それも、身体の声を聞きながら、「やりたい」と思ったら、、、だけど。

身体は、つい後回しになりやすいので。 汗
(両方のアセンションとも、肉体・マインド・スピリットのバランスが整っている状態が必要です)

※プラネタリー・アセンション、コズミックアセンションについては
  ↓  ↓  ↓

09/10/9【転載】今と2012年の間に何が起こるか-ロード・メルキセデク

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?