FC2ブログ

【調和、心をひとつにする感動】

 03, 2010 21:15
☆本日↓2010/4/3(土)の始めはこちらから。
【転載】4月のアカシックレコード


IMG_2019.jpg  IMG_2017.jpg
ご近所の桜と花


今日は、日が差すけどけど体感的には寒かった。

先月末ころからか、準備が整ってきたなって感じはしているのだけど。
肉体的にも精神的にも。

「いつでも、来い~っ!」みたいな。(笑)

まっ、それはさておき、

ここ1年の間に、導きで様々な【動画】で楽しみながら学習してきた。
【死と再生】のテーマから始まり、【お手本・共感】もあったり。
そしてミカエルの”自覚”という意識づけの中で己ずと私の意識も変化し
広がっていった。

それは、以前→08/1/3転居のプロセス(10) に書いたことだけど、
「のだめカンタービレ」を観て
『人は個でありながらOneでもあることを音楽(オーケストラ)を通して知っていく
。いい言葉があった、「相手を尊重することで、また自分にも帰ってくる。」
それぞれ、いろいろな人がいて個性があって、それを自分とは違うと見ずに、
それぞれを尊重し、認めることによって調和が生まれるということ。
指揮者の目からを通して伝えていたけど。
その通りだな~。って。
そのひとり一人の個性が認められると、認められた人は、自分らしく表現ができ、
また喜び、楽しさを感じ、それが人(聴く人)に喜び、楽しさが伝わり...。
それが、双方に通じて拡大されていくのだと。』


指揮者である千秋の葛藤などを見ながら、こういった感想を述べていた。
その時の意識は、

ただ、「そう、これが調和(ワンネス)ってことだよね。」という位だった。
無意識、見えない部分は別としてね。

その時から、2年以上過ぎて、意識がより深くなっているし、広がって
きていたのだな。という事を感じる。
【意識の拡大】って、目に見えない部分では、無意識の内に集合意識や、
宇宙意識に繋がったりということなどもあるけれど、自覚できるものとしては、
見える視点や感じる視点が広がったり、高くなったり、深くなったり、、、。
変化しているんだなー。とつくづく思った。

 ※2008年10月にこんなこともあった。
  ayaちゃんのチャネリングで、私が下痢で苦しんでて、
  そのときにヤハウェイが教えてくれたことだ。
  08/10/5「私は在る」-1【確認ヤハウェイ】より
  『 下痢の症状は、意識を向上(グローバル)な考え方に変えるため。
  精神的な意識が変化しつつあるから準備であり、ワンネスを感じるため。』


  このときに初めて、浄化しながら意識が変化するものなんだいうことも
  知ったけど、、、。方法はそれぞれかも知れないけど。
  全て、浄化、解放、手放すことにおいて進むってことだよね。
  だから、きっと水(純化した)をたくさん飲むとか、深呼吸することが必要なんだよね。


で、、、

この前、「千と千尋の神隠し」を見たくなり、無料動画で見た。
あれも、よく感じながらみていると、気付かされることも多く、
ストーリーに、千尋を通じて人のあるべき姿(お手本)とか、他のキャラ
を通じて感じさせるものがあるよなー。と思った。
して、絵がすごく、遠近感とか、まいど関心はするけど、繊細なタッチ
が、ほんとに見事だなーと思って。

で、もうひとつは、、、、

寝る前になにげにTVでやってたのが気になって最後まで観ちゃったんだけど、
再放送で、小田和正の「クリスマスの約束2009」という番組。
私は、初めてなのかな?昔のは見たことあるのかも知れないけど、
毎年、見てるという人も多いと思う。
2009のは、私は観ていなかった。
でも、昨年(2009)のは、一味違っていたという意見もあった。


最後は、これこそ【新しいエネルギー】の創造だ!と思った。

これが、本当に自分的にヒットで、最後には感動して号泣だった。

様々な年代、アーティストを集めて、曲を歌い倒すという企画だけど、
もちろん、最後に出来上がった約23分近い長いメドレーは、感動もので、
ただ涙、、、ってことばかりではなく、、、

私にとっては、ずっとこれまで【動画】を通じ、学び感じさせてくれて
いたことに繋がっていた。

いや、動画だけではなく、映画だって、なんでもなんだけどね。
教材は、いつでも身近なところにある。
マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」でも、「アバター」
の完成までの話とか?映画自体も、パンドラという惑星の美しい自然など
はオアシスか天国か、、、みたいな感じを味わえたし。

それが、オリンピックであっても、様々なところから学べることは
たくさんあった。競技だけじゃなく、インタビューや、取材など通じても
そこには、それぞれの【役割】があり、舞台に立つ人、セットを準備
する人、教える人、応援する人、もっと、言えば体調管理する人、医師など
画面で見える以上のものが、画面を通じて感じ取ることも出来る。
それぞれの立場と通じて、信頼や、お互いに敬うことも含め、ときには、
ライバルの勝利を共に喜ぶ精神性やら、見ようと思えば、いろいろなことを
感じとれるだろう。
愛もたくさん感じとれるだろう。だから【感動】が生まれるのだと思う。

で、、、自分の中の意識が、個人的なところから、より全体に
意識を向けるようになっていった。

リーダーとは? 一つにまとめるって? 調和、喜びに繋げるには?
本当に、それぞれの個性があり、それを潰さずに、尊重し合って、
誰もが、犠牲にはならず、喜びながら、何かを創造していくということ
に対し、ある時に、これは本当に簡単ではないように感じた。
個性も強ければ強いほど。
※「リーダー」と言っても、適材適所で「役割」によって違う。
 

もしかして、とてつもなく、、、、「難しい???」

それぞれの個性には、主張があり、そして信念がある場合、どうやって
それを一つに纏めることが出来るのだろう?と、多くの疑問を残していた
けれど、その返答のような感じだった。
この番組によって、具体的に、見せてもらったのだ。
「役割」なども幾度と無く手放したけど意識を向けさせられてると思う。

小田和正が、アーティストへ向けて一通の手紙を送るところから始まる
のだけど、本当に見習えることが多く、正直さ、誠実さが伺えた。
とても、共感を感じた。

小田さん自身も、何も確かなものが無いところから始まった。
いつでも「挫折」が入り込む可能性があった。

途中、小委員会やスタッフとも、真っ向から意見の食い違いも出た。
でも、小田さんは、確かなもの、【確信】はもてないものの、その自分の中
にある【感覚】というものを感じていた。 それは、【目的を超えたもの】。
その【超えたところにあるもの】は、形も何も見えない不確かなものだけど、
その【感覚】【信念】を疑わなかった。
【何かが】あるはず、、、?
それを他者に言葉で説明(表現)することは出来なかった。【感覚】だから。

番組を見ていて、、、、「これは、、、」と思って、いつの間にか、
釘づけになっていた。(汗)

「小田さん、、、どうするんだろう??」

イマジネーション、、、創造、、、。


私が、その時に、書き出した言葉がある。※小田さんが伝えていたものも含む

【信念】
【情熱】
【調和】
【認めあう】
【一丸となる】
【尊重・尊敬しあう】
【個性をつぶさない】
【一人ひとりが楽しむ】
【一人ひとりが責任をもつ】

あとは、小田さんの言う【感覚】をどこまで周りも信じるか、よく分からない
けれど、「一緒にやってみよう」と思えるかどうか、、。
番組のスタッフも、どんな形で出来上がるのか、最後は賭けるしかなかった
のだと思う。

途中、どうしても、それぞれの意見などで話し合うことになるだろう
けど、自分を妥協しないで、どこまで出来るものなのだろう。
もちろん、人が集まれば、より多くのアイデアも出て、より良いもの
が出来る可能性も増えていくだろうし。

終わってからAIさんも言ってたけど「サクッって出来ちゃうものじゃない」
でも、だからこそ、それぞれが責任を持って成しとけたことがあるから、
参加した一人ひとりに、会場に来ていた人たちに「とてつもない感動」が
現れた。ということなんだと思う。

音楽で言えば、「We Are The World 」のときの感動に近かったかも。


とにかく”やってみる”までは、わからなかった。
最初のうちは、やってみて、どうしても”面白くない”という
ことであれば、やめればいいという感じだった。
参加者、皆が楽しめなければ、意味がないのだ。

そうして、忙しいスケジュールの中で、それぞれに練習に参加
したり、各自で予習、復習しながら進んでいった。

小田さんの、曲(メドレー)の構成、アレンジなどの作業、
パート分けなど、色々なことが同時進行しながら出来上がった
曲が、参加者の曲それそれを含んだメドレーとなった。

曲名が、「22’50”」というメドレー。

本番の、皆の楽しそうな顔、エネルギーと観客のエネルギーが”ひとつ”
になり、私もすぐに引き込まれ、そのエネルギーとひとつになった。
それは、久しぶりに感じた”体感(験)””感動”だった。
”愛”のエネルギーが【拡大】していると感じた。
キラキラのエネルギー。

参加者全員が、感動し、涙できる、喜べるという体験って、
本当に素晴らしいなと思う。
私も、その場に居たかったと心から思った。

一人のアーティストのコメントで、
「これが、小田さんの言っていた”超えたこところにあるもの”だと
言うことが分かった」と言った。

本当に【体験】するまでは、分からないものなのだと思う。

その番組が終わり、小田さんが、参加したアーティストに向け、手紙を
送った。そのメッセージの中に、もちろん感謝も含めだけども、
この”体験”したことは、【奇跡】だったのかも知れない。と、、、

そして、もしかすると、これはまだ【到着していない】のでは
ないかと思うというようなメッセージを残している。

私もその通りだと感じた。これは【波紋】のように、今もなお【拡大】している
のではないかと思う。
こうやって、【再放送】を通じて、また新たに観た人のハートに届き、
意識が広がっていく。という感じでね。

そして【新しいエネルギー】とは、予測なく、そのように働くのだという
ことを分かりやすく見せてくれたのでないかと今は感じている。

今回の番組は、ある一つの【例】として、、、、。ということなんだけど。

そして、この番組は、再放送を”この時期”に観たということに対して
昨年のクリスマスの日じゃなくて、【この時期】だからこそ、感じた
こともあったのではないかなと思った。
そして、根拠もなにもないけれど、何となく、「準備が整ってきた」
という感じを受けたのだった。


そして、、、日本においても、世界においても、個人よりは、小さくても
グループで、【調和】【心をひとつ】にすることが出来たなら、
その数が増えて、また一つになったりしていくことが、どれだけ意識に
変化をもたらすか。ということも考えるときがある。

それには、ポイントもあって、この上記の番組で言えば、アーティストの
才能レベルとも言えるかもしれない。お互いを敬い、尊敬するには、ある程度の
意識、技量レベルもあると思う。多少の個人差や、個性は違って当たり前だけど、
オーケストラでも才能/技術とか。オーケストラといっても様々なランクもあるだろう。
判断ではなくね。
これが、今始まっている「意識の分離が始まっている」ということにも
繋がっているのではないだろうか。

より、似たような意識、波動を持ち合わせていれば、より「一つ」になりやすい。
ということのように感じた。より「調和」を生み出すためにも。

このとき↓のミカエルの言ってたメッセージを思い出すとね。
09/12/3【出現】豊かさの顕現-【確認】  
『 これからが、大切です。
何を感じ、自分が何を創造し、どの道を選ぶのか、、、
それには、あなたの【責任】が付いてまわります。
これは個人としてではなく、宇宙を司る者、全体性の中でどう
生きるか、試されていきます。

これから先が本当の本番になります。
これからが、本来の自己表現となります。』

『 富士山、、、自覚してください。
光をつなぐ者の自覚、そして光の国(日本)の自覚。

委ねられている、、、私(チャネラーさん)にも言ってるみたい。
○○○さん、私もそうだけど、、、求められているって。
リーダーになる人ね。

リーダーになっていくので、あなたたちは、日本に居ることを
感謝してください。 そして日本の誇りをもってください。』


このメッセージを、軽くは受け止めていない。
だからと言って、重荷になってるわけでじゃないよ。まだ。(笑)

*  *  *

何事も、最初から【うまく】なんて出来ないかも知れない。
でも、途中に、【困難さ】とか【挫折感】があっても、諦めずにやり通せた
なら、何かが【生まれる】のだろうと思う。

と言っても、難しく考える必要もないんだよね。きっと。

ようは、【在り方】ということだから。

【自分は、どう在りたいか。】ということだけ。
【どんなものを創造したいの?】ってことも含めて。
肉体も、精神性も、、、。物質的なものまで。

自分に【正直】に向き合って、【自分のために】。
そうすると、【努力】というよりも、苦労はあっても【楽しさ】なんだろうね。

わたしは、このブログでも最初のほうに書いてたけど、

「挫折、挫折の人生」さ(笑)

わたしは、今後に、必ずここを通ることになるだろう。と感じていた。
これは、ずっと”知っていた”こと。
どんな形で、何を始めるのか今は見えないけれど、ここを通らずして【克服】
することは出来ないのだから。

その積み重ねで、より自分に【自信】を回復していくのだろうと思う。
自分の【トラウマ?】は、自分で解決しなきゃね!

解決というのも、もう変かー!
もう、すでに【在る】ことも知った上で、【奇跡】が起こること
も知りつつ、、、手放して、目の前に現れるのを待つ状態。

でも、もう残ってることは、これくらい。
確かに、一文無しでも、超えてきたのは超えてきて、信念体系、観念なども
手放してきたのだけど、今度は、さらに先へ1歩進んで、人生を創造する
ってことで、、、、う~ん、仕事(やりたいこと)と言ってもいいのかも
知れないけど、これまでは【超えた】という感覚がまだない部分だから。

これからが、【始まり】で、【超えていくところ】。

全経済的(豊かさ)な部分においても、自然に流れて循環して、
そして、自分の好きなことも出来て、最後の人生を楽しむことを許すという部分。

このとき→10/3/16【忘れるな!行動の上にサポートあり】
『しかし、今後に【現れてくるもの】については、どうビビらずに、大胆に
1歩を出すか、その事については、またの機会に書くかも、、、です。』


って、書いていたと思うけど、ずっと昨年から感じていたことで、特に
二度目の全財産を失ってクリアした後から、あと、これだけを完成させたい。
みたいな感じ。完成っておかしいかな?クリアしたいところとでも言うか。

【創造】、、【生み出していく】ところの部分。

なんて、まだ、知らない世界は山ほどあったりして!(笑)

そういえば、今日のメッセージ「4月のアカシックレコード」に
今月は、「行動」というのがあったね。

【直感】でくるのか、【アイデア】【インスピレーション】なのか、
とにかく、現れてくることに対して【やってみる】しかないね。
何か感じたら、ネットからでも、何でもね。

【勇気】を必要とするかもしれないけどね。(汗)

いつもの、、、「来るなら、来いっ!」ってことで。

まだ、今月は始まったばかり、どうなるのか分かりませんが、、、。

取り合えず、来週の月曜日5日から7日まで、下の娘がまた出張で上京します。
なんだか、行かせてもらえたらしい。
何かと、あの子も東京にくる機会が増えてきました。
仕事でくるので、二人でまったりの時間はそんなにないけど、
賑やかに過ごします。

また、長くなってしまったようで。(汗)お付き合い、感謝。

------------------------
《参考サイト》

【無料/有料動画】
☆世界最強の高画質4HD PANDORA.TV
 ↓  ↓  ↓
「千と千尋の神隠し」など
「クリスマスの約束2009」※一般視聴者のみ視聴。
↑のは、今日、一般加入者の意味が分からなかったけど、、多分登録して30日以上経ってる人のこと?
画像もきれいに見れそうだ。

☆Woopie [無料動画]
 ↓  ↓  ↓
小田和正 - クリスマスの約束2009(2009/12/25)
注:番組を見た翌日に、どうしても、もう一度観たくてこのサイトを見つけた。
  無料でノーカットで見れるけど、通信の状態か、、、途切れる。倍の時間がかかった。(汗)
  よって、感動がどこまで伝わるか??
  
*  *  *

○ これまでの流れ ↓
☆携帯用【カテゴリー】 ※ これまでの流れ【目次】含む

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?