FC2ブログ

【転載】春分のあと:再校正、そして平和と愛の花

 28, 2010 13:49
2010/3/28(日)曇り

IMG_1992.jpg


[mixi]Arrived Energy On Earthより
After the Equinox: The Recalibration and The Flowers of Peace and Love
24 March, Posted 26 March 2010
Channeler: Celia Fenn

http://lightworkers.org/channeling/102414/after-equinox-recalibration-and-flowers-peace-and-love


アースログ
「春分のあと:再校正、そして平和と愛の花」


3月の春分(秋分)の後のこの時期、私たちはバランスのポイントであった春分まで続いてきた混乱の後の、平和と静けさの時を体験しています。
現在は、自分自身が新しい場所にいることを発見し落ち着いて、夏至と7月26日の“ニューイヤー”へ向けて、やって来るシフトと変化の準備をする、再調整と再整列の時期です。

私はこの時期、なんというか容易ではない静けさを発見しました。今年、来年と、進化の勢いはとても強くなるでしょう。ライトコード・アクティヴェ―ション(光のコードの活性化)は、地球と彼女の上に住む者たちが新しいコズミック・エネルギ―と整列するにつれて、とても強力になります。私たちはすでに目覚めのプロセスの加速化を見ており、私たちが新しい現実であるダイアモンド・ライトの中へと移行するにつれて、幻想が粉々になっていくのを見ています。そんな中で、今、何が新しいのでしょうか?

私はこれについてずっと考えており、最近言葉を失ってしまっているような感じなのですが、これは私にとって通常ありえないことです。なんというか、最近のエネルギーの再校正はとても深いもので、“いつもと同じように日程をこなす”ことがほとんど不可能なのを私は感じています。私の中で新しい認識と新しい見方に触れる必要があったのですが、それは今形成されている最中のようで、まだこれから私たちの意識の内側にやって来るように思えます。

私にとっては、クライアントたちと話をし、彼らのチャネリングをしている中で、私たちは意識のシフトの新しい段階に入ったように見えます。
私が1990年代のトランスフォーメーション(変化の)のエネルギーとともにワークを始めた時、私たち自身のヒーリングとライトボディの活性化に関するワークが全てでした。
私たちは少なくとも10年間はヒーリング・プロセスのワークに忙しく時間を過ごしきて、そして、私たちがいま到達したたった1つの理解は、これまでも、そして今も私たちが“悪い・間違っている”のではない、ということです。ヒーリング・ワークの目的は、光の子供、または私のウェブサイトの名前でもある“スターチルドレン”の進化のための私たちのフル・ポテンシャルを目覚めさせるためでした。
そして私たちは、目覚めさせられ、加速した率の目覚めの場所へと到着したのです。

目覚めのプロセスの中で使われたヒーリングの形は、継続する進化のプロセスの中で、何か義務になっているように見えます。ほとんどのヒーリング・ワークのアプローチは、人類は傷ついており、うまく機能しておらず、再び“全体的”になるために癒される必要があるという考えに基づいています。
目覚めのプロセスは、私たちは過去も今も完璧であり、神の愛のイメージで出来ており、私たちはヒューマン・エンジェリック・フォームの中で人生の体験のために地球に来ることを選択した、という理解へと私たちを導きました。
ですがまだ、多くの人々は自分自身が成長と豊かさから“ブロックされている”と考えるハムスターの輪っぱの中に捕らわれており、永遠の不足と恐れのエネルギーが、人々を神聖なる意思と豊かさから遠ざけています。

人類は“傷ついている”という見方には長い歴史があります。それは宗教的なコントロールとともにやってきており、人々が自分自身は何か間違っていると気づくのに任せるよりも、人々をコントロールして、優れた知識とスキルを通してコントロールをしっかり確固にすることのほうが、どれほどたやすいことでしょうか?
20世紀には、フロイド派の心理学が、うまく機能していないのは子供時代のトラウマに基づいており、それは深く掘り進み癒すワークを懸命に続けなければならないというアイデアに勢いを与えました。そして、多くの人々は自分のトラウマを深く掘りフォーカスし続けています。
そしてそれによって、自分のトラウマと欠乏の中で行き詰って、さらなるトラウマと欠乏を作っています。
私たちが傷ついているという考え、トラウマ、欠乏から離れる時、私たちは宇宙の愛の中で与えられケアされているという、自分自身の存在の真実にオープンになります。
もし私たちが欠乏とトラウマのドラマから離れて、愛を知ることさえできたら・・・!

ニューアースのエネルギーの中で、目覚めた存在として、私たちは今の瞬間に生きており、私たちはどう考え、どうふるまうか、何を行うかを今の瞬間に選択することを知っています。私たちは幻想のような過去におきた出来事においての私たちの行動の責任から離れることはできません。マインドは私たちを責任から逸らせることを楽しみ、選択の責任を避けることを許します。
目覚めて、意識的であるということは、まさに、私たちが瞬間ごとに自分の選択の責任を持つという意味であり、私たちが瞬間ごとに新しい選択をするキャパシティをもつということです。
もし私たちが選択をすることを欠いたとしたら、私たちは緩慢と滞りの中へと入り、コズミック・グレイス(宇宙の恩寵)の流れから投げ出されます。
選択とは、私たちが自分の切望と必要性を顕現するために、愛の流れを受け入れるために、私たちがとる行動です。それらは、神聖なるものが、人生の中で私たちが何をどう切望するかを見せる方向のシグナルのようです。選択とは、愛であり、人生の中での行動です。

そしてまた、私たちが自分のインナーパワーに目覚めアクセスする時、私たちは自分に起こることすべての責任を持っているという物の見方に向かう傾向があります。私たちは自分の価値観を通して自分の体験の全てを創造します。広い意味ではそうです・・ですが、私たちはまた、他人とともにコクリエイト(共に創造する)しており、私たちは他人の選択に責任を持ちません。彼らも選択し、それが常に私たちが欲するものと整列する選択であるわけではありません。
これは、私たちが失敗した、何か間違っていたという意味だったり、または私たちがこれまでに学んだどんなテクニックを使ってでも欲しいものを得るために彼らを操作しようと一生懸命になる必要がある、という意味ではありません。
私が、自分の現実において他人の責任を持たなければならないという“価値観”を持っていたときに体験した“あ、そうか”という大きな瞬間の1つは、進化したソウルが私に、「もしあなたの現実の中の“鏡”が、あなたが何者であるかを投影しなかったとしたら、あなたがそれに対して出来る最善の選択は、あなた自身や状況の“ワーク”を疲れ果てて燃え尽きるまでする代わりに、それを解放してそこから立ち去り、あなたの価値観を投影する人や状況を見つけなさい」、ということを示唆してくれたときでした。
人生はとってもシンプルなのです!

私たちの意識が目覚めるのにつれて、もし私たちの存在と私たちの生き方の中に大きなシフトと変化があるとしたら、それは、私たちはたくさんのレベルにおいて、私たち皆によって作られている集合的な夢の中に生きている、という理解です。
“コントロール”するのでなくて、コントロールと操作の必要性を手放せば手放すほど、私たちは集合的な現実の中で選択をすることをもっと学び、もっと簡単にいつでもそこにある愛と平和と、神聖なる豊かさの流れと整列することが出来るのです。愛の流れを感じることが出来る時、私たちは簡単に選択することが出来て、それは私たちが神聖なる愛のエネルギーの上に流れ、創造し引き寄せることを保証します。

コントロールを手放すことは、私たちが混乱と欠乏へと陥ることを受け入れることを意味するわけではありません。全く逆です。
一度私たちがマインドの限界ある見方からのコントロールの必要性を手放して、究極の良いことと全ての生命の善意の受諾へと入っていくと、私たちは神聖なる意図と秩序、神聖なるパワーのライトコードであり、豊かさの流れを祝福と恩寵の中へと形作る、調和とバランスの波動と振動へと入っていきます。そして、これらの神聖なる愛の祝福のための導管として、さらなる選択が私たちに与えられるのです。

しかしここでの本当のカギは、再調整と再整列の時期を受け入れる必要性のある時期を、ただ“あきらめて”、手放して、受け入れる能力です。
これが、私が過去2ヶ月間の混乱の後で自分自身に発見したことです。

コズミック・ライトコードがやって来るのを感じる時、私は今年のフォーカスは調和とバランスにあることを知っています。私たちは2000年前にイェシュアとメリアム、またはイエスとマグダラのマリアとしても知られるアバターの人生と教えの中に植えられた愛の種の流れを見ています。彼らはイスラエルとフランスで種を運んだ者たちであり、種は長い間、闇の中に横たわっていました。
今、それらは私たちが光の種を内側に目覚めさせるのにつれて、花開いています。そして今年、私たちは調和とバランス、そしてリレーションシップのエネルギーとワークします。

私たち皆が調和とバランスの中で集合的な夢を夢見ることを学ぶまで、地球に平和は訪れないでしょう。意識的で目覚めている私たちは、どうやって調和とバランスの振動数の中にいるかを学んでおり、私たち自身の内なる調和から始めて、そして私たちのリレーションシップの調和へと外に向かって広げていきます。
過去数ヶ月間の間、私は再び内なる調和を見つけるワークをしなければならないことを発見し、これは外側の世界でのリレーションシップのアンバランスをうまく処理するという意味でした。

このほとんどは、惑星上の集合的なアンバランスの一部である、女性性と男性性のエネルギーのアンバランスと向き合うことを通してやってきています。神聖なる女性性と、聖母女神の育みの愛に満ちたエネルギーが戻ってくるのとともに、私たちがバランスのとれた場所を発見する必要があるがために、混乱とアンバランスさが起こっています。
今年、そして2012年までの時期、私たちはバランスと調和へのフォーカスを増していくこととなるでしょう。

7月の新年に、ライオンゲート・エネルギ―が、神聖なる調和、バランス、聖なるリレーションシップを通してもたらされます。これは神聖なる女性性と男性性のエネルギーを、神聖なるユニオンと調和へとともにもたらすことによってシンボル化され、それは10月10日の10:10:10にお祝いされることとなります。
現在、そして今年の間、ピンクとブルー・フレームが一緒になって神聖なる愛のヴァイオレット・フレームを創造し、それは低い振動数を変容させ、人類を神聖なる豊かさと平和の流れと整列させます。ヴァイオレット・フレームは、無条件の愛のゴールデン・フレームと、コズミック・ラブと創造のプラチナ光線のためのスペースを作ります。

今年、神聖なる女性性のキリスト・エネルギ―であるマグダラ・フレームは強くなり、さらにパワフルに神聖なる愛と意志の表現をします。それは神聖なる男性性のキリスト意識のルビー・フレームと統合し、神聖なる調和の聖なる結婚を表現するゴールデンローズ・フレームを作ります。このバランスが人類を神聖なるコズミック・ラブと神聖なる意志に整列させ、集合的な夢を神聖なる恩寵の流れへと促進するのです。

ですから今年2010年、女神の年、神聖なる女性性とマグダラ・フレームの年、全ての人類のための平和と愛の中で光の種が花開くことを、私たちは抱擁します!
私たちは愛と光が花咲くことを待ち望んでいます!

本当に私たちが目覚める時、私たちは愛と光の花である、と見ることを学び、私たちは、私たちがもともと創造された完璧さの中で、神聖なる意志とともに人類の整列をお祝いするのです!



-sesameさん訳

*  *  *

○ これまでの流れ ↓
☆携帯用【カテゴリー】 ※ これまでの流れ【目次】含む



スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?