FC2ブログ

【ミカエルのメッセージを読んで】

 14, 2010 15:45
☆本日↓2010/2/14(日)の始めはこちらから。
10/2/14【転載】2月のエネルギー

IMG_1961.jpg


昨夜、ミカエルの新しいメッセージ→10/2/14【転載】2月のエネルギー を読んで、
正直、とても複雑な心境になったよ。(汗)

ミカエルに色々と聞いてみたくなった。

もう決定されたということであれば、どうこうできる問題ではないけれど。

昨夜のメッセージを読むと、私たちは確かにシフトしたし、今後はハートセンターに留まり、
顕現、創造を続けるようになるでしょう。

あくまでも私的なんだけど、私自身、どちらに投票したのかも分からないけどさ(笑)

確かに、大規模な災害やトラウマを回避できる選択をした。というのなら、それはそう。
きっと、より全体の益のための決定だったのだろう。それは、”愛”からの選択だったに
違いない。

最初に読み始めたときは、、、

「え~~ 汗。 いっきに行こうよーー!!

 だって、肉体を脱ぐ選択した魂だって、魂は永遠なの知ってるしー。喜んで選択してる
 って言ってたじゃん。 確かに災害があったところには、大きな打撃があるけれど、そこ
 から、生命の大切さとか、ありがたみ、思いやり、大きな愛の目覚めを促してきたんじゃ
 ないの? 阪神大震災で、確かに多くの人が悲しみ、苦しみを体験したけど、そこからの
 復興は素晴らしいものがあったのではないの? 人間の力って想像以上に素晴らしいもの
 もっているんじゃないの?
 ショック療法だって、その分、浄化も早いし、目覚めだって早いじゃん!!

 で、ガイアは、どうなの? ガイアの中に溜まっている膿を吐き出すことを軽減し、優しく
 行うことに同意したってことなの?
 私なら、少々辛くても、いっきに出したいよ。
 これまでだって、それぞれに、とても楽だったとはいえないプロセスを進んできたんじゃ
 ないかなー。それが、優しく行う分、変容もゆっくりとなり、不安定な期間がより長引くってー。」

「まてよ。いっきに激しく進むことを望まない魂も確かに多いってことだよな。
 だから、決定されたことだし。」

「激しくと優しくって、どっちが、目覚めが早いわけ???」

「う~~~ん、たしかに大規模な災害通しての浄化は、早くすっきりするかも知れない
 けど、トラウマは確かに与えるよな。 そのトラウマの意識自体も、ガイアにどのよう
 に影響しているんだろ。トラウマvs愛の目覚め どっちが最善???  」

「やっぱ、分からなくなってきた。
 しかし、いろいろ考えてみると、古いエネルギーと新しいものの間の“光のブリッジ”を選択した
 ものたちに、頭が下がる思いになってきた、、、。」

「過去の方法とは違う、新しい方法 -平和的な変化と変容- か、、、。」

「わたしは、どちらかと言うとバッサリと大胆にやってきたから、、、そういうタイプ
 だったし、少々痛かろうがあとはサッパリするし、トラウマだって、起こっていること
 の”本質”さえ分かってれば癒されるわけだしさー。
 確かに、、? それが出来ない魂も多くいることも分かっている、、、。」

「長い目で見れば、肉体脱いで、さらに転生、他の惑星とかいくよりも、この地球で
 さらにクリアにしてステップ(シフト)していくほうが、より最善なのかもなー。」

これは、新たな機会(チャンス)をもたらしてることになるのかも知れない。
期間は延びても、よりそれぞれの魂に合わせて変容し、ニュー・アースの意識へ
入ってくることの出来る魂を増やすことに繋がるかも知れない。それぞれの選択によるけど。

「ほんとうに”光のブリッジ”として、更に自らも学びシフトし、後から続く目覚める
 ものの為に、少々困難な時期を延長してという選択に敬意を表します!!」

そして、昨日、ちょうど私も10/2/13【完了~新しい地球(希望)】で書いた
ように、新しい地球を今後もさらに、これまで以上に”創造”していくことに意識を向けていこう。
と思っていたところだった。 これは、私たちの役割のひとつです。

”黄金時代の顕現、惑星が彼女の未来の道として選択した環境に優しい未来の顕現にフォーカス”すること。


などなど、そんな思いが溢れ出て、最後は、この”愛と平和の選択”に頭を下げて眠りについたのでした。

で、、、もうひとつ感じたところ。

『2010年から2011年へと進んでいく中で、個人的なホログラフィック・フィールドの中にプラチナ光線のエネルギーを持つ、新しいダイアモンドライト・チルドレンの波もやってきます。』

今年の6月に生まれてくる予定の”孫”だー。今のところ”女の子”のようだと娘は言っていた。
すでに思い浮かんだ名前があるということだったんで、名前を数秘術で調べてみたら、なんと、
マスターナンバーだった。(驚)

それと、

『この30代の者たちが、新しい社会の創造でのリーダーシップの役割を始めるのです。
そして彼らは、彼らより先にニューアースの光の橋または道を創った“光の年長者”によってガイドされます。
あなた方の中にいる“光の年長者”たち、勇気と献身を長年光に捧げることによって多くのことが可能になるようにした勇敢な真の“光の戦士”のソウルを尊重するように、私たちはお願いします。
光の年長者たちとインディゴの第1波たちは共に、変容のパワフルな仲介者となり、ダイアモンドライト・チルドレンたちは、彼らのパワフルな愛の光によってホログラフ的な地球のマトリックスをエナジャイズします。
あなた方は今祝福され、輝かしい時へと入っています。あなた方の成功をお祝いしてください! 』


この”光の年長者”ってー。あ~、自分のことよねー、、、。年長者クラス(笑)

そうそう、私もこれからは、娘たちのような20代、30代のみなさんと、一緒にやってくだろうなー。
と日々感じていたし、ダイアモンドライト・チルドレンたちも更に加わり”変容”を加速していくし。

「どうぞ、よろしくお願いします!!」って感じなんだけど。

それとは別に”翻訳上”で、”光の年長者”になってるのだけど、せめて”光のエルダーズ”にしない?
とか思ったくらいにして。 あははー。(爆) 同じだっつうねん。

それとね、、”年長者”さんたちは、長い期間に渡ってプロセスしてきたわけで。
少々、よれてきてて、お疲れぎみなのも知ってるから、”長引く”ことに最初は
反応したのよ。それだけじゃないけどね。浄化の方法もいろいろ含めだけど。 

でも、ミカエルのいうように”根気強い”のもあるかもね。
あっ、もちろん”年長者”に限ったことじゃないだろうけども。

*  *  *

そして、朝になり、どこかに”架け橋”と言う感じのメッセージがあったように感じ
サーチしてみました。

そしてね、新たに気付いたのは、”光のブリッジ”を選択した魂たちは、決して”自己犠牲”
でもなく、もう少し時間が必要だったということもあったし、同時に新たに目覚める魂の
ために”目覚めさせる者”としての役割を選択し、より多くの”愛””意識”を上げていく
選択をしたということでもあるのじゃないかと。それはより多くの成長するチャンスを得る
ことにもなるんじゃないか。と下記のメッセージを読んでも感じてきてね。

で、環境を破壊しないあり方、、、未来の可能性においても下記のメッセージ
で、少し分かったような感じ。 

あくまでの今のわたしの見解でしかないのだけどね。

下記の抜粋したメッセージは《参考》としてピックアップしてみた。

09/8/22【転載】One~マスター・ダコン,サリニエラ,アンジュリエル
“古いエネルギー”のリアリティの多くが崩壊しているのと同時に、“新しいエネルギー”のリアリティが然るべきところで築かれています。また、【新しいエネルギーの地球というリアリティ】を自分のものとするための準備を整えるために、もう少し時間が必要な人たちのために築かれている~架け橋となるタイプのリアリティもあります。この事実に気づいている人もいるでしょうが、初めて知ったという人もいることでしょう。

09/11/13【転載】第6の夜と新しい時間のサイクル
ニューアースの現実の構造と、古いパラダイムの構造の橋渡しの役割の人々は、準備と、新しい光のシステムのための基礎創りを始めるように促されるでしょう・・・プランを組むステージから始めて、築き始めるステージへと促されるでしょう。
コントラクトの活性化の役割の人々は、これらのアイデアと革命的なコンセプトをもたらします。このような方々は、直線的な考え方から外へと踏み出す準備ができ、クァンタム・クリエーションの新しい方法の中へと踏み出す準備ができた人の成長を進めていきます。

相互連結と結束の意識はニューアースの在り方で、この機会に昇進を願う全ての者はこの在り方を追う必要があります。
環境を破壊しないシステムの強い主張者たちの多くは、それを始める時期のために充分な準備ができています。みどりの光を待っている者たちよ、あなた方のプランはすぐに両手を広げて迎え入れられます。

環境を破壊しない在り方は獏大で多彩であり、それぞれのシステムのデザインは、全面的に創造者の心に描いたものによります。均一化や同一化の未来へ進むのではなく、人類のイマジネーションに基づく永遠の可能性の未来へと進んでいきます。このようにして地球は次第に純粋な可能性と創造的表現のマジカルな領域となっていきます。あなたのハートの切望が得がたいことを恐れないでください・・・意思があるところには、道があります。

---------------------------

こちらは↓、肉体脱ぐよりも、ここ(地球)で続行するほうが、一から転生してやり直す
よりも、このときに踏ん張ってみよう!と選択したい魂も多いのかなー?なんて。
そうそう、肉体を脱いだからって、叡智に満ちた魂になるわけじゃないんだよね、、、。
(推測に過ぎません。あしからず。)


AAマイケルメッセージ 2009年8月「ほんとうの自分になる」
チャネラー:ロナ・ハーマン 大内博さんサイトから抜粋。
スピリットの形として存在しているからといって、常にもっとも懸命な決断をするとは限りません。思い出してください。あなたが地球局面を離れるとき、戻っていくことができる次元はあなたの魂の歌と調和が取れて波長が合っている次元なのです。地球局面を離れたからといって、最善のことを理解している叡智に満ちた魂になるわけではありません。そういうわけで、あなたにはガイド、教師、協議会が存在して、あなたの進むべき道を決める手伝いをし、次の地球の体験、銀河系の体験、宇宙の体験がどのようなものにするかを決定する手伝いをしてくれるのです。天国の局面においてすら、魂は最善の選択をするために与えられる忠告に必ずしも従うわけではありません。

それぞれの輪廻転生において、あなたは“魂の我”に目覚める機会を与えられます。スピリットの促しに耳を傾けると、最初に、エゴと“魂の我”との間で戦いが始まります。これは非常に長い試練になる可能性がありますが、それはこれまでの幾多の時代を経る中であなたがどれだけ多くのエネルギーをエゴに割り当ててきたかによって変わります。あるいは、過去のネガティブな思考パターンを癒して浄化するプロセスにあなたがどれだけ忍耐強く取り組むかにかかっています。このような有害な思考パターンは精神体や感情体に浸透し、オーリックフィールドを歪んだものにして、究極的には肉体の器の周囲に否定性の監獄が形成され、生き地獄を創出する可能性もあります。天国や地獄を体験するために住んでいる場所を変える必要はありません。波動パターンを上昇させるか、下降させるかによって天国の現実を体験することもできれば、地獄の現実を体験することもできます。

愛する人たちよ、あなた方は人類がこれまで体験した中でもっと劇的な進化とアセンションのプロセスの中にいます。このプロセスは全宇宙に影響を及ぼしています。しかしながら、あなた方がこのすばらしい機会を利用して本来のあり方に戻る手伝いをすることに私たちはコミットしています。私たちの父にして母なる神の愛すべき使者という、本来のあなた方になってもらうことに私たちはコミットしています。



と言うことで、昨夜から今日にかけて感じたことでした。

全てが、より全体の為の益と最善であればそれでいいー。そう祈る!!

*  *  *

☆これまでの流れ
☆My Blog-2007年~【目次】

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?