FC2ブログ

【自我の消滅まで】

 19, 2009 23:59
2009/12/19(土)晴れ

IMG_1875.jpg  IMG_1877.jpg  IMG_1881.jpg
「水天宮」子宝・安産で知られている


プロセスが一段落??したのか分からないけど、
ようやく、本腰いれることが出来た。↓

クリスマスが近いってことで、毎年恒例で娘たちへの
プレゼント探し。いつも、気持ち程度なんだけど(笑)。
昨年も、気持ち程度のプレゼントに、百均の駄菓子とか、昨年は
なつかしの紙風船やら、クラッカーやら混ぜて送った。
ちょっと、みんなで遊べる感じで。
大人になっても一緒のころは、イブには枕元においたもんだけど。
結構、それでも嬉しいらしいい。
今年も、同じような感じで、賑やかな感じで、雰囲気だけは盛り立てて
ラッピングしながら「カワイイー!」と自分でも楽しみながら箱に詰めて送った。

普段は、あまりラッピングとかはしないのだけど、この日だけは特別。
開けるときの顔を想像しながら、ただやりたいからやってる。
お互いに【子供心】を忘れないためにいいのかもね。

で、なんで「水天宮」に行ったかというと。
今回は、上の娘のリクエストでマタニティ用品で何か探してほしいとのこと。
デパートで買えば、結構高くついてしまうので、WEBでさがしているうちに、
この「水天宮」の辺りには、手ごろなのもあるという情報があったので、
行ってみた。結局は、「水天宮」で参拝し、どのお店の安いものも確かに
あるけど、あまりぱっとしたものもなく、あまりにもそれなりだった。
結局は、その場所「水天宮」に動かされただけなのかも。と思った。

【天水】=天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)=仏教を取り入れる前は、
     イランでは「ヴァルナ神」と呼ばれ、宇宙の秩序と人類の倫理を支配する神。

プレゼントは結局は、予想しない場所で丁度セールで予算内で見つけられた。
昨日は、プレゼントで久々に足が痛くなるまで歩き回った。

*  *  *

実は、17日のチャネリングの日に、深くまで確認できなかったので、
一応、予約可能な日を聞いておいた。
すると、12/21と12/25だった。どちらも、濃い日だよなー。って迷った。

まずは、先のことが分からないので保留に一旦していた。昨日は昨日で、
忙しく過ごしてはいたのだけど、どうもその前までのプロセスが頭から
離れなかった。自分で創造(?)したことが、、、、マンションに申し込む
までの過程のほうが、あまりにもリアルだったので。

自我の消滅までの過程だとしても、ハートであれだけ実際に感じたこと
なので、どう消し去っていいのかがわからなくなっていた。
マンション自体というよりも、ハートで感じた感覚というものに関して
なんだけどね。
それは、部屋を内観しにいって、帰りに本屋でカードを引いたときの
メッセージとか、売上表を作成したことや、ワクワクしてカーテンを見た
ときのことや。


そして、やはり確認するために12月21日を選んで予約した。

自分が感じるに、あの時の【顕現】のための【創造】はただゴットセルフが
プロセスのために【役者】したわけじゃなかったのではないかって感じてきた。
あれはあれで、実際に【創造】のための【発信】をしたのではないかと、あれは
エーテル界では、創造の形になっているのではないかと感じていた。
顕現される時期がわからないだけで。

だから、することと言うのは、あとは【手放す】だけなんだな。
で、どうやって、あの時の感覚もふくめて手放せるのかと思っていたけど
今日になったら、また違っていて、昨日までの余韻は消えていた。
「はー、良かったー、手放せたかも。」と思ったのもつかの間だった。

また、新たなことが出てくる出てくる。(汗)
そして、まだあるのは分かっていたけど【恐れ】も出てきた。

まず、引越に関して、とりあえず【発信】してみなきゃ、どうにも
始まらないと思って、探してみて自分で【感じる】ことを許した。
いやでも【現実的】なものを見るわけで、しかもハートで感じる場所
(地域)を限定で考えると本当に、現実的に考えると無理でしょー。
と思える場所だ。

感じるままにしていたけど、まだまだいろんな疑問が出てきてね。
具現化も奇跡も起こると【全て知りつつ】【全て手放す】まで超えて
いくということなんだけど、これがまたねー。どうしたら良いもんだか。

今、【引越】ということが目の前にあって。
【引越】は、あくまでも【役割】にも関連しているわけ。
そうなると、引っ越す場所から考えると、【役割】にも関連しているから、
【役割もすべて手放す】のを、どうしていいか分からず、進めなくなって
いくんだよね。
そして、当然、引越予算に合わなければならない。
現実的にフツーに考えると、以前にも書いたけど、収入かあって、家賃
などを決めて、自分の条件に見合う物件を探すけど。限られた予算内、
そしてハートの感じる場所(超高い)、まず見合う物件が出てこない。
【引越】にまた【無一文】を覚悟しなきゃならないと考えるだけで、
自動的に【恐れモード】に入る。

また、これからも何度も【恐れ】と向き合わなきゃならないのか?
いつになったら、【恐れ】から抜け出せる日がくるんだろう。ってどう
しても考えてしまっている自分に気付く。

この【引越】自体が、重くのしかかってくるようにも感じてくるわけ。
希望の出発のはずなのに、【現実】につぶされそうになって。

で、、、ふっと「何やってんだろう。わたし、、、。」って気がつくんだ。

「客観的に、、、そうそう客観視しなくちゃ。」

【恐れ】はある、、、認めたあと、とうとう疲れて、ついに【恐れ】に対しても
投げやりになっていった。

「そーだー、恐れはあるさ。もう出てくるならドンドン出て来い。あるだけ
出てこいーーーっ!!」とキレれた。
(ホントにもう疲れたの、、、。嫌気がさした。笑。)

「恐れは幻想だ。」
「私は、知っている。知っているのだから分かるはず。」
「もう、準備はされている。後はただ私が気付くだけ。」
「すべて超えている自分はすでにいるんだ。」
「すべては愛なんだ。」

そう言葉に出すと、マジックのように【恐れ】が消えていった。(笑)
これってイェシュアが言ってた「マントラ」になるのかなー。

どうも私が【キレる】といいほうに向きが変わるようだ!

なんだか、猛スピードで通り抜けているのかも知れない。
毎日が違う。明日も違うかも知れない。何だか分からないけど、
今日は、それからは部屋探しもしてないので、【恐れ】がまだ出て
くるかは分からない。

そう、私の部屋探しでネックになることは、やはり仕事だと思う。
世間一般にはね。
それで、このマンションも兄が契約者となってくれたから入居できた
のだけど。兄は来年の2月まで帰国できない話だったのだけど、母の
話では、急に2月は帰れないので年末に帰ってくることになったという
話を聞いていた。
もしかして、、、私の引越にも関係あるのかな?と思っていたので、
一応、更新を考えていること、また契約者か保証人を頼む可能性も
あることなどを書いてメールを送っておいた。
別に経済的なことは一切書かなかったのに、経済的な心配もそうだけど、
契約者は簡便してほしい。保証人なら協力できる。経済的な援助などは
一切できない。(上京した時に言われているので分かっている)
自分も今大変だということが返信には書かれていた。
兄も全財産を失いかけたんだから。それも知ってるよー。

まあ、一般的なことを書いてきた。無理はするな、ってことね。
そりゃー。当然言うだろうよね。普通なら。

心配しなくていい。面倒はかけないから安心してと書いて返信した。

以前なら、自分に起こっていることを理解できないのは当然なんだけど、
それでも、家族に理解してもらえないのは少々寂しさも伴っていた。

でも、今日は自分の中で全く反応がなかった。期待もなかったのもあるけど。
それを知れただけでも自分が変わって来ていることがわかってよかったと思う。

家族に何を言われようが、どんなに反対があろうがハートに従うことは
決めてるし覚悟はあるからね。それは初めて上京したときに、すでに通っ
てきた道だったし。
これから先、私がこれから何かを始めて、それに対して家族が何かを言った
としても、動じない自信と覚悟だけは出来てるつもりだ。

自我の消滅が完了したら、こういうことも反応しなくなるのだよね。
周りで何が起きようと、何を言われようと、思われようと。
それって、とても楽になるよねー。
そうなったら【自我の消滅】サイコーです。

【役割】と【引越】がたとえ繋がっていようと、それは手放せないわけ
じゃないのかという事が、今、わかった。そんなことも考えなくていいんだ。

ただ、ハートに従って、自分を信頼していれば、そして【発信】して
あとは【手放す】を行うだけでいいはずなんだ。

頭じゃなく、たのみは【直感】だー。

ものごとは【シンプル】なのだった。と思い出した。といいつつ、
分かるまでが、その【シンプル】になるのが時に一番難しいことなのかもね。

*  *  *

昨日、もうひとつメッセージがあったみたいなので、アップします。

【転載】あなたの不思議さ へ


スポンサーサイト



COMMENT 2

yoham(ヨハム)  2009, 12. 20 [Sun] 17:27

Re: タイトルなし

apollonさん、久しぶり~^^

あはは~。そっか~。恐れ出てましたかーー!(爆)

ほんとね~。いろいろな事が繰り返し起こる中で、それが何層にも
なっていて、段々難しくなってくんだもんねー。
そして【統合】もされていくわけで。
息切れもするわー(笑)年のせいじゃないよ。

> 委ねるということは結果にこだわらないということですね。
> 宇宙に委ねるということは自分を信んじきる
> そういうことなんだな、と深く実感しました。

apollon さんの言うとおりだねー。
私も、実感するよ。

今日また書いたけど、何にも無くなってね。
また出てくるのか、このまま抜けるのか。
ただ【在る】。そんだけかも知れない。
※以前の【在る】とも、やっぱ違う。

深いよねー。(汗)

Edit | Reply | 

apollon  2009, 12. 20 [Sun] 17:04

yohamさん、こんばんは^^
大変なプロセスでしたねぇ~!
今はもう落ち着いた頃でしょうか、、、。
一連のプロセスを読んでいて、私も恐れがでてきましたよ!!
yohamさんのような方法は私には出来ません(汗)が
自分を信じきるということはどういうことか、ということを
しっかりyohamさんから教えてもらいました。
ありがとうございます。

委ねるということは結果にこだわらないということですね。
宇宙に委ねるということは自分を信んじきる
そういうことなんだな、と深く実感しました。

バッチリなお部屋が見つかるといいですね!


Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?