FC2ブログ

【望む現実を創造する(秘訣)】Ⅵ

 14, 2009 22:25
2009/12/14(月)曇り

IMG_1868.jpg



さて、今日はメッセージがありました。
私の今通り抜けているプロセスについてです。

その前に、昨日、ちょっと書いたけど、プログラム解除のようで大人しく家にいました。
すると、創造主の「望むものを与えたい、、、」というような思いが伝わり、
「愛されている」という感覚が届いて、幸せな感覚だった。

その何処からくるのか、その温かい感覚が、妙に不思議でもあり、
ただ幸せだった。

それは、過去のメッセージを思い出させてくれた。
それは、09/7/3【何も変える必要はない】-3【謎のカフェ③】 の時に、
『預言カフェ』頂いたメッセージでした。

*  *  *

朝、カナロアさんのHPを見たら、先日の12月12日(土)※米国 
で行われた恒例のクリムゾンのマンスリーシャウドの内容について
ふれていました。

カナロアさんのHPにちょこっと書いてあったことによると、、、
「Being Quest」By kanaroa 「モノローグ」より

アダマスのシャウド 4:「どのように、それは働きますか? : Part 1」

【具現化・現実化】をもたらすためには、【願望】【熱意】【強さ】【単純さ】
が必要だという事を話していたようです。


これを、読んで、、、
やっぱり、今起こっていること、ブログで書いてることとシンクロしてるなー。
と感じた。

そっか、やっぱ師匠は近くにいるかもしれん。※師匠=アダマス=セント・ジャーメイン

そして、用事で出かけたあとに、、、。

駅まで向かう途中で、最初に【11】の車のナンバーを見た。
この二桁の数字の意味は、

『それらがあなたの祈りの答えであるので、繰り返しの思考と考えに注意を
向けてください。 また、この数は中毒性の振舞いを避ける必要がある非常に
創造的な人を意味します 』


その時は、この二桁の数字の意味は覚えていなかった。

この数字の見た後に、自分から、「この数字を見たい」というような希望したのは
後にも先にも初めてのことだ。でも、【22】の数字の意味は覚えていて、【22】
の車のナンバーが見たいな~。と一瞬思った。

「あら、自分で数字のリクエストするなんて。初めて。」自分でもアホかと思った。(笑)

そう思った瞬間に横を通った車のナンバーが【22】だった。(驚)

思わず、驚きで声にもならないような声を上げた。「ひえ~」
回りに人がいなくて良かった。居たらたぶん訝しげに見られたことだろう。
思った瞬間に顕現すんのかーーー!?それは早すぎるだろーーー。
ちなみに、【22】の数字の意味は、

『あなたの深い信念は奇跡と素晴らしい新しい機会を表します。 しっかりしてください。』
どちらも興味深い意味がある。

[mixi]数字は天使からのメッセージ[二桁の数字の意味」より

今、、、思うと、この数字の意味も、さらにその後のメッセージにも繋がって
いるように思えてくる。

出かけて、一休みの時間に読みかけのミカエルの本を読んだ。
すると、丁度、下記の内容が書かれているページを読むことに、、、。

これは、、、もう、必然でしょーーー!!
ミカエルも、同じようなことを伝えているんだね。
今、起こっているプロセスを今一度、知らせてくれているように感じた。

ミカエルのメッセージは、より詳細に書かれている。



ロナ・ハーマン著:「黄金の約束(上)」-アーキエンジェル・マイケル
「顕現の普遍的法則の活用」の項目から P92~

愛する友よ、あなたは電磁波の磁場なのです。あなたは常に一つの周波数ないしは波動を送り出しています。その波動は宇宙に向けて放たれ、同じようなエネルギーと合体して、その波動が増幅してあなたのところに戻ってきます。ですから、あなたがこれまで財政的に豊かになることを求めて毎日毎日、確言を唱え、お祈りをしてきたらとしたら、お金が十分にあったらこうゆうことをしたい、ああゆうことをしたい、といつも話しているとしたら、心と魂を100パーセント総動員して豊かな生活を求めてきたとしたら、そして、それにもかかわらずまだ実現していないとしたら、その理由は何でしょうか?

その理由とはこうです。あなたの潜在意識の中で昔ながらのテープレコーダーが作動して、こう言っているのです。「スピリチュアルになるためには物質の世界のことはすべて否定しなければならない。他の人の役に立つためには、自分の幸せは犠牲にしなければならない(昔からある殉教者のコンプレックス)スピリチュアルな成長に心を向けなければ、あとは神様が面倒見てくださる、、、」といった調子です。

 瞬間的にわくわくして、世界だって征服できるし、願い事は何でも顕現できると思います。ところが、次の瞬間には再び自分自身を疑い始めます。あなたは豊かさを求めて確言を唱えますが、次の瞬間には、家賃が払えるかしら、新車の支払いは大変だ、もっと給料の高い仕事はないだろうか、などというエゴの会話を許してしまいます。

自分の様々な責任を果たすにあたって、あるいは、他の人が提供してくれたサービスに対してお金を払うにあたって、自分の手を通っておくお金に感謝し、そのお金に祝福を与えるのではなく、税金が高いことに不平を述べ、保険の支払いや歯医者の治療費が高いことに不満を鳴らします。

もしも奇跡的に多額のお金が突然に入ったとしても、あなたの中でそのお金を適切に取り扱うことが出来る考え方を持っている人は非常に少ないのが現実です。いま突然、十億円もらったとしたら、あなたはどうしますか?それを全部貯め込みますか?それをなくしてしまうのではないか、誰かに騙し取られるのではないかと心配しますか。それとも、お金は常にこれからも入ってくるし、必要なものや希望するものを手に入れることはいつでもできることを確信して、そのお金を喜んで使い、夢を創造し、他の人たちが夢を創造して実現する手伝いをするでしょうか。

ところで、お金があなたを幸せにしてくれるとか、あなたに充足感を与えてくれるとか、あなたはお金をたくさん預ける価値がある人だ、というような話をしているのではありません。宇宙の富は平等に流れてくるという話をしているのです。皆さんもきっと気付いているでしょうが、世界で最もお金持ちである人びとの多くは最も悲惨な生活をしていて、人生に退屈しきっている不幸な人達です。しかし、彼らには敬意を表する必要があります。

彼らは【自らの思い】と、【願望】と、【決意】によって宇宙のエネルギーの流れを汲み取る方法を知っているのですから。 こういう人たちは、たちろいでも目標から目をそらすことは決してありません。いかなるものであれ、誰であれ、彼らを止めることはできません。彼らの使命を達成することを妨げることは誰にもできません。

 彼らは【ヴィジョンをつくり】、【願望を抱き】、【信じ】、【行動を起こします】。それゆえに、彼らは【顕現】します。

 あなたの人生の中ですでに持っている豊かさに焦点を合わせてください。その豊かさに感謝し、いま持っているものを喜び、今の生活の中にある恵みに感謝するのです。あなた自身の欠点やあなたのまわりの人たちの欠点、この世界の欠点に意識を向けるのではなく、うまくいっていること、美しいもの、素晴らしいものに目を向けるのです。宇宙の豊かさは無限であり、それを全て手に入れることがまるで可能であるかのように行動してみてください。

実際にそうなるまでやってみるのです。あなたが持っていないお金を使って遊びなさいと言っているのではありません。しかし、あなたがすでに入手できる様々な贈り物が見えはじめ、それを楽しむことができるのがわかるはずです。そのような贈り物の多くはお金の交換もエネルギーの交換も必要ありません。

 あなたの思いはあなたが考えている以上に強い力を持っています。私たちは何度も繰り返してこのことを強調するのですが、それでもあなたは、心がああだこうだと迷うことを許し、疑いの思いや、否定的な感情、恐れ、罪の意識を抱きつづけます。その結果、あなたが唱える確言の効果は相殺されてしまいます。ある瞬間は願い事は何でも叶うと信じていたかと思うと、次の瞬間には自分の能力を疑い、自己憐憫(れんびん)に苛(さいな)まれるのです。霊的な意識がどんなに目覚めたとしても、顕現のエネルギーをあなたに引きつける意識の流れの中に精神体と心を手段として入っていき、そのエネルギーを汲み取らなければ、地上の豊かさの共同創造主になることは決してありません。


第一に、何を顕現したいのかを非常に明確にしなければなりません。エゴの自分ではなく、ソウルセルフで顕現したいものの強烈なエネルギーを感じとってください。

第二に、あなたの願望があなたのハイヤーセルフと調和がとれたものであるかどうか、確信がもてなくてはなりません。あなた自身のために、また、他の人たちのために最善であることを優先しなければなりません。あなたには全体像が常に見えているとは限らないということを自覚する必要があります。また、あなたの夢をどのように顕現するかに関して、あなたの「神聖な存在」の力を制限してもいけません。

第三に、あなたの直感による内なる声に耳を傾けます。ガイダンスに耳を傾け、奇跡を期待し、道が示されるならば行動をとるのです。疑いの思いが出てきたり、エゴがあなたはそれに値しないと語りかけてきたり、後ろめたさを感じさせようとするといった、昔ながらのゲームを仕掛けてきたならば、まずその気持ちを承認し、それから、180度転換して、思いを目標に向け直すのです。

感謝することも大切です。小さな奇跡に感謝することです。小さな奇跡はずっとずっと大きな贈り物があなたのところへやって来る道を切り拓いているのですから、人生のうまくいってる部分に焦点を合わせていくと、そういうプラスのエネルギーをますます自分に引き付けるようになっていきます。愛と豊かさの磁場をつくることになり、それを妨げたり破壊したりすることは誰にもできません。それができるのはあなただけです。あなたが意識の向上を求め、スピリチュアルな調和を探求する中で、自分自身の豊かな源泉の中に大いなる喜びを見出すことになるでしょう。なぜなら、あなたは創造のエネルギーに入っていって、普遍的な法則のあらゆる側面とバランスのとれた状態にあるからです。愛する人たちよ、これが【秘訣】です。




私も、精神世界に入ったころは、豊かになるための法則を書いた本なども
いろいろ読んだことは昔書いたかも知れない。

この内容も、すでに知ってるという人も少なくないと思う。

たしかに、ミカエルの本を最初に読んだときに、私には、最初のほうの部分、
お金に対しての罪悪感や、殉教者のコンプレックスのようなものが存在して
いると感じていた。

お金に対しては、昔からそんなに執着はなかったけれど、お金を持つ
ことに対しては、「いけないもの」のような概念が存在していた。

そこから、この長くに渡ってのプロセスの中で、どのように落として
きたのか?というと、ひと言では言えないようにも思える。あくまでも
まだ過程の段階かもしれないけど。

ただ、自分自身を愛せるようになり、自分に価値があるということも
含め、、、。
ミカエルの本のメッセージでは、ただ、【法則】について書かれているけれど、
二度目の全て失うのときに、手放したこと、もうすでに豊かさがあるというよう
な行動をとること、失うことはない。という確信など、学んだ。
それも、昔から徐々にプロセスを通して行ってきたと思う。

そして、最近の引越しの件のプロセスとしては、
全ての最善のため、ゴットセルフ、ハイアーセルフとの整列。※ワクワク感。
あと直感。進み方、促しなど、、、。

そして、ayaちゃんに電話したときの、現れた存在からのメッセージ。
「呼ばれている。求められている。」
「疑いは、ありえない、、、。」※こちらは書くの忘れてた。
と言うような言葉などがあった。
※注:メッセージに責任はない。どう受取り、どうしたいかを決めた
   のかは自分だから。
   そもそも自分が先に感じ、助言と確認と受け止めた。
   
にも、かかわらず、、、。

私は、ミカエルのメッセージのように、疑いを一瞬もった。
「資金が足りなくなってしまう。」「その後の生活はどうなるの?」と
いった具合に。そして、審査の結果の直後の脳裏に出てきたエゴ。
古い古い概念、信念体系。※数字【11】の意味、中毒性の振る舞い、、、。
【今ここ】から離れた。

まだ、まだ存在していた。「まだ、あるんだねー。」とそれに気付くことが出来た。

ただ、そのエゴのまんまには、もうならない。すぐに切り替えることは出来る
ようになった。

しかし、ミカエルの言葉に、そういう時は、どうしたら良いかも書かれていた。

そして、

霊的な意識がどんなに目覚めたとしても、顕現のエネルギーをあなたに引きつける意識の流れの中に精神体と心を手段として入っていき、そのエネルギーを汲み取らなければ、地上の豊かさの共同創造主になることは決してありません。

自動的にではなく、たとえ創造主が与えたいと思っても、自分からエネルギーを活用して
いかなければならないということなんだね。

ほんとうに、今、この顕現のワークだよ。と、さらに知らせてくれたと感じている。
そして、自分の思考に注意し、強く信念を持ち、自分の情熱に留まり、行動していく。

アダマスのいう、【単純さ】については、元々【単純】にできてるから心配ない。(笑)

これは、【執着】とは、似ているけど全く別のものだねー。
その辺のところは、ミカエルが【秘訣】のとこで話してくれた内容でわかるかも知れない。
ハートからくるもの、魂から来るもの、その現れた状況にもよるかも知れないなー。
タイミングとか、感じたこととか。

さて、今日はこんな感じの一日になったけれど、この先はまたどうなって
いくのだろうか?

とにかく今は、日々【感謝】で過ごし、もう望みは叶ったがのごとく
過ごしていくってことかなー。

もう少し、今日のメッセージについて自分自身にチェックしてみようと思う。
自分のエゴには、ほんとうに注意してないと、、、。
それだけは、引きつけたくないぞー。

*  *  *

【望む現実を創造する(反省)】Ⅲの中のTさんからの返信内容の一部を
訂正しました。細かいけど記念にちゃんと書いておきたい。(笑)
この部分も、今は、メッセージだったように感じている。

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?