FC2ブログ

【望む現実を創造する(手放す)】Ⅴ

 12, 2009 15:39
2009/12/12(土)晴れ-ポータル開く

IMG_1864.jpg



ayaちゃんから、朝にメールがあった。
「手術で預けていた携帯が戻ったよ。」術後も痛みもなく、元気の様子だった。
時間を持て余している。と。

働き者のayaちゃんだけに、、、そりゃーヒマだろう。(笑)
入院でもしないと、じっとして無いから。

*  *  *

午前11時ころ、携帯がなった。

緊張した。
マンション担当者のSさんだった。
「○○さん、、、残念ですがやっぱりダメでした、、、。」

「分かりました。Sさん、本当にありがとうございました。」

その時に、委ねきるといっても、力が抜けた。
「ダメだったか、、、。」
何がダメだったのかな、何か間違っただろうか、、。
委ねきってなかったのか? 
なぜ、この体験が必要だったのか、、、?
あらゆる疑問が一度に脳裏に浮かんだ。
自分が感じていたことは、違ったっていうの? 一気に自信が無くなって
いくのを感じた。疑いが出た。 放心状態になった。
背中が温かくなった。 ミカエルがいたかも、、、。

チャネラーさんに確認の予約を入れると17日に30分なら取れるとの
ことだった。

ayaちゃんにメールを入れた。
「ダメだった。まだ、可能性はあるのか、それとも違う所なのか、私の
感じていたことは間違っていたのか、、、。自信無くす。」 と。

ayaちゃんは、すぐに返信をくれた。
「そうか。 それすら手放せってことか。今一度、我に問えってことかもね。」

「うん、この経験も必要だったんだろうけど、紙一重だ。」

そこで、メールが終わった。


その時に、「ん? それすら手放す、、、」
また、ayaちゃんからヒントをもらった。

私の目的は、マンション自体ではない。以前にも書いたけど土地、その場所
だった。しかし、その以前に、最も良きこと(最善)のために、自分は駒に
なるということ。自分が決めてきたこと、求められていることに沿って進んで
いくことだったのだから、、、。また一度、原点へ戻る。

なので、別にマンション自体に左右される必要もないと、すぐに切り替え
ることが出来たら、すごく軽くなった。
あれ?簡単、、、。別に執着してたわけじゃないからなー。
自分の感じることを信じたまでだったのだから。それはそのまま続行。

それからと言うもの、この流れかたというものが、過去の経験を通してみえてきた。
全く、物件の様式も、二年前の時と同じなのだ。【再体験してる】と感じていた。
この二年間、あの時の意味は分からないままで過ごした。
あの時期は、大掛かりな引越しで、あまりにも忙しく、事に追われていたこともある。

あの時も、自分の感じたマンションで間違いないと言われて、チャネラーさん
もその通りに進むと完全に思っていた。しかし、審査の結果はダメだった。
その時に、委ねきれなかったのが原因だったといわれた。

そう考えると分からない。あの時も出来ることはやって委ねているつもり
だった。
もう、この件は終わったのか???この結果が自分の結果なのか?

違うと言えば、、、【ここから】なのだった。

二年前には、【結果】が出たあとに、落胆し、その場所になんとか住まなければ
ならないと感じ、すぐにまた違う物件を探した。色々手を尽くしたが、その
近辺では見つからなかった。そこまでは【委ねていた】けど、結果が出てからは
そのマンションは諦めて、その後は【自分でやろうとした】。そしてチャネラー
さんに確認した。

今、、、二年前と同じ地点にいる。
さて、私はどうする?
もう、二年前と同じことはしない。あの時のようにじたばたしない。焦らない。
このまま、一旦全てを手放し、自分でやろうとしない。
ハートから、何か感じるまで行動もとらない。何か現れてくることを静かに待つ。

「それでいい、、、。」

「そうか、、、ここからが本番かも知れない。」と感じた。

先週の出来事は、それはそれ。自分の感じていたことに自信を無くす必要はない。 
動くためには必要なこと。感じたものもそのままでいい。
でも、必ず、ここで、一旦あらゆる期待や何もかも全て完全に手放すことが必要に
なるんだ。

丁度、12時12分に瞑想をしようと思っていた。
最初は、こんな気持ちで、どうしようかと思っていたけど、気持ちの切り替え
が出来たときに、全てに感謝できたので穏やかな気持ちで瞑想することが出来た。

もう一つの過去の経験によって見えてきたことは、、、。

昨日も書いたけど、2007/9のタオスへ行くときのこと。
私は、クウォンタムリープの祝祭へ行くとチャネリングで言われていたけど、
この時も、のんびりしていたら一旦締め切られ、キャンセル待ちの101番目
だった。その後、参加人数の枠が増えて、結果的には参加することが出来た。

その時も、「締め切られちゃった~。もうダメかー。」と思った。

するとチャネリングの時に「諦めないで下さい。まだ強くエネルギーはあります。
信じていてください。」と言うことだった。
その後は、行くことになっていることに【疑いを全く持たなかった】。
ただ、【流れに任せ、完全に委ねきっていた】。

この二つのケース。
どちらも、結果は【ダメだった。】何が違うかと言えば、その後のことだった。

わたしは、今日になって、二年前の起こっていたことの本当の意味を理解した
ように思える。 

この理解も、もっと深いものがあるかも知れない。私の理解できるのは
今はここまで。
それも17日に分かるだろうと思う。


その【手放す】にも、段階がある。
自分の感じたとおり、ハートに従って進めてきた。この三次元的はことは
肉体の私が動く。出来ることをやったら、後は委ねて手放す。

その後、結果の出たあと、全て一旦完全に手放して、何を見せられようと信頼し
流れに委ねきる。

ということなんではないだろうか。

そして、ミカエルの言っていたことを思い出した。

M;「これからが、これまでの体験などを整理していく。」

  「自覚をして下さい。」


もしかして、その時に、理解できなかったことなどの意味について、
これまでの体験の整理をしているってことか?

そしてさ、、、この結果後の選択のほうが、本当の【お試し】ってことか!?

そうだとしたら、、、【お試し】のハードルも高い?、、(汗)

あとは、何が現れても、驚かないぞ~。

*  *  *

でね、正直言うとねー。

いつもブログに書くときに、その時その時に感じていることを100%書ききる
でしょー。 以前ほど、ドキドキはしないけど、段々起こることも激しいと、
ここまで書いちゃって、結果みえないのになー。って思うこともあるんだよね。

でもね、先が見えないことに対して、今の自分が感じていることを濁したくは
ないの。

「そうなのかも。」とか「わかんないけどね!」とか、書くことも出来るけど、

確かに、ホントに分からない部分(判断できない部分)には、「そうなのかも」と書く
こともあるけど、自分が【知っている】ことに対しては、ごまかしたくない。

濁して書くこと自体が、自分を信じきれてないようで、実際にそう言うことになってしまう
しね。
ある時から、自然に濁しては書くことが出来なくなった。

それも、このブログで練習して体験を積んでこれたからだと思うけど。
最初の頃はドキドキしながら、時には書いてみる。すると、自分の感じていた
ことが、翌日に何かのメッセージに載る。リンクする。シンクロが起きる。
そうなると、自信が生まれる。それの繰り返しだったように思える。
でも、これも、まず自分が大胆に、やってみて初めて経験できるものだと思っている。
怖がってばかりだと、この面白さも、時に喜びも見つけられなかったかもしれない。

昨日のように、また、違う日の時のように大胆に言い切った後は、、、、
今日のような結果が出ると、、、「あた~~~」って一瞬は思うんだ。(笑)

でも、そうじゃない。 やっぱり自分にはウソがつけない。
それも先日書いたけど、たとえ【失敗】というような出来事が起こったとしても、
それは経験で、それをそのまま書き続けたい。って思う。

それが、私の今のあり方なんだね。

ほんとうに、また先は @@;です。 何も見えませんー。(笑)

また、何かあったら書いていきます。


このプロセスの兆候が出てきたころは
  ↓  ↓  ↓
09/12/3【出現】豊かさの顕現-【確認】
そして、
09/12/5【呼ばれている】
このあたり。


スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?