FC2ブログ

【望む現実を創造する(錬金術)】Ⅰ

 07, 2009 22:47
2009/12/7(月)晴れ

IMG_1860.jpg
今月はクリスマス


また、タイトル先に浮かんだぞ。

そうそう、今日はayaちゃんが入院した日。
なんだか「ヒマだーーー」と言ってるらしい。元気そうだ。(笑)

昨夜は、早めに布団に入ったのに、すごくエネルギーが入ってきていた
ようで、時間が経つにつれ目が冴えてきて結局、朝の6時ころまで眠れ
なかった。夜中にエネルギー入ってきて目が覚めてしまうのは、何度も
あるけど、朝6時まで、ずーっとって、、どういうことー!って感じ。
でも、結局、昼ころまで、眠ったので、起きたときはエネルギッシュ?
だった。(笑) そりゃ、そうか。 ほんと、仕事してたら、この数ヶ月
はちょっと大変だったかもね。

で、、、

昨日は、マンションの内見だったのだけど、なんだか気分は面接の前の
ようで少々緊張した。「なんとかなるさ!」状態だった。

もう、入り口から、マンションじゃない雰囲気。
どこか大手の会社のビルですか?って感じ。

若い担当者だった。
まず用紙に記入する。職業は、自然と「自営業」「ヒューマンエンジェル」に。(笑)
まるっきりウソじゃないからー。

で、建物の表から、現在、内見できる部屋を選択し、案内してもらった。
ペット可の階は限られているけど、結局、ペットよりも大好きな空が見える、
そして富士山も見えるし、希望の南西の角の部屋が、程よい階にひとつ空い
ていたところが一番ハートが喜んだ。←言うだけはタダ。(笑)

それ以外の部屋は、そんなにもう反応しなかった。

で、、、やはりHPは良く見えるっていえば正直そうかも知れない。
それは何でもそうだよね。HPばかり見てたからっていうのはあるけど、
それでも、フツーに私のマインドが超えるマンションであるのは間違いない。

で、とても魅力の共用施設も、、最初の入居当時の条件と今は異なってきて
いて、かなり条件も厳しく、聞いてると、それじゃ意味ないじゃん。って
感じの状況で、最初の話と違うと言って退居者が出たり、申込みをしぶる人
も多いとか、、、。担当者も、、、「すみませんー、泣」って感じ。

でも、、、後から思ったけれど、、、考えてみると私の場合は、共用施設
は二の次で、、目的は【場所】なんだから。結局、そういう状況だからこそ、
部屋も空いていたり、入居のチャンスなのかも知れないなー。
なんて、ちょっと思ったりして。

でも、、、でも、、、この時点では当然、敷居は超ー高いぞ。

一通り、見せてもらい、じゃ、、一応【申込書】いただけますか?
と言って、説明を受けた。

でも、私が想像していたよりも、、、なんと言うか、、保障会社を通すから
だけど、兄に頼む必要はなさそうだし。だれかに、頼むことはないかも知れない。
今のところ、、、。それだけでも気が軽くなった。

「自営業ですと、納税証明書などありますかー?」
(とうぜんだよね)
出てくる言葉のままに任せていた。
「勤めをしながらの副業で、その後に独立したから、申告はしていない
のですよー。」

「え?そうですか、、、何かありませんか?」

「HPならあるんですけど、、、笑。」
(もしかして、この為にも先にHP作ったのだろうか・・・)

「それも、あると良いのですけど、、他に所得が分かるようなものは
何か、つけられませんか?」

「う~ん、、、、今の段階では、、、」濁した。

「この申込みできる収入の基準なんですけど、家賃X3X12ヶ月ですが」
(来たーーー!)
「え? 家賃X3?ですか、、、?」

「ええ、、、。」

ざっと、計算しても、、、どうするか、、、。

それ以上考えるのをやめた。(笑)

「あの、無理かも知れないけど、申込むことは出来るんでしょう?」

「それは出来ますよ!」

「なら、申込書と、その他必要なもの教えてくださいー。」

今日は、それだけで「ほ~。クリアーした!」と感じた。

もう、私の役目は、必要なものを揃え、記入し渡す。そこまでだ。その後は、
天界の役割だー。頼んだぞ。

で、説明、その他用紙など色々封筒へ入れて渡してくれた。

「では、ありがとうございました。」

外に出て、とりあえず予定どおり近くの世話になってる熊野神社へ向かった。

参拝し、必要ならば、導きサポートしてくれるよう祈った。

もう、自分の中ではこのまま行動することは決まっていた。
ただ、申込書にどう書くのか?だけが決まらなかった。
年収、、、正直に? ハッタリで???

「どーしたら、いいのーーー?!」

途中の本屋で、例のごとく大天使オラクルカードを引いた。(笑)

すると、大天使ラジエル?ラジュエルだったかなのメッセージだった。


「あなたの望む現実を現実化して下さい。あなたは祝福されています。」


「錬金術・・・?」としたのほうに何か書いてあったけど、しっかり
確認しなかった。多分、その天使のことが書かれていたのだと思う。

私は、その時に「セント・ジャーメイン」だと思わなかった。

でも、そのメッセージとフェアリーのカードも引いたけど、、、
「やっぱり、これでいいんだ。」と思えるようなメッセージだった。

そして、ふっと前日の夜にGちゃんが可笑しいメールをくれていた
事を思い出した。

そのメールには、○○ちゃん(私)のHPに入ったら、丁度、カウンター
が【333】で、おもわずジャーちゃんがいるーって思って、メール
したのー。って、、、。

内見後に、Gちゃんからの着信があったので電話をして聞いた。
「ねー!333はマスターが傍にいるよ。のメッセージだけど、なんで
ジャーちゃんに限定なのさー!!! ウケるー! 笑。」
※ジャーちゃん=セント・ジャーメイン

Gちゃんは、「どうしてか、そう感じたんだもんー!!」と言って笑った。

と言っていたばかりだった。
その話も、まんざらではないように思えた。このタイミングは、、、。

そして、内見に行く途中で、すでにぞろ目のナンバーで、
【111】(始まり)
【333】(マスターたちがそばに居ます)
【888】(無限の豊かさはあなたのもの)
を続けて見ていたのだった。 

そこで、【確信】も得て、本屋を出た。
久しぶりに、いろいろ見ているうちに、封筒を持っていないのに気付いた。(汗)

小さめのバックで、封筒を入れることが出来なかったので、気をつけて
持っていたのに!←相変わらずです。

「どこで落としたかな・・・」と思っていたら、記憶にあるかすかな映像が
出てきた。

「私、、、どこかの棚にそっと置いたーーー!」何か商品を手にしていた。

「どこかにあるーーー!」でも、いろいろ立ち寄ったしーーー。泣。
とまず最初に浮かんだところに行ってみたが、無かった。

真っ青になって、一応、担当者へ1セット封筒を用意してもらうように
連絡した。

すると、さっきよりも、もっとハッキリした映像が浮かんだ。

「あーーー!本屋ーー!エンジェルカード引いたときだーーー!」

あわてて戻ると、ちゃんと保管されてあった。 まったくだけど。(汗)

担当者にわびて、何なんだろー!なんて。

でも、振り返ってみると必要ないものであれば、あんなに映像が浮かぶ
のも、、どう?やはり、知らせてくれたのか。

そして、本屋さんで、キレイなまま、そのままで封筒を保管してくれていた
のは、反対に、クリスマスシーズンで、すごい人混みの中どこで落としても
不思議じゃない状況だったのだから、この本屋に忘れたことが、反って良か
ったのかもなーーー。と感じた。 あくまでもポジティブに考えると、だけど。

まっ、、、その前に、何のために出かけて、、、てこと自覚しろ。って
話なのは分かっているけどね。(苦笑)

家に戻り、大天使ラジュエルを調べると、セント・ジャーメインだと分かり
まじ、そばに居るのかもー。って思えた。

「錬金術を使えって??」

「そうかもね。確かに望むことを現実化するのは私なんだからー。」

「OK---!!!」

もう、すっかり【恐れ】は無くなっていた。それよりもすでにこのチャレンジ
を楽しめるようになっていた。

「よーし! 私が望めば(より全体の最善)を現実化するぞー!!」

ワクワクしていた。 成約時に必要な戸籍謄本を準備しておこう!
戸籍は、札幌なので、送付でしか受け取れないために、一番最初に
準備しよう。

で、あとは住民票なども取ってきて、用紙の記入も【ハッタリ】で
行こうー!!!それが現実になるのだから!

それは、【二度目の全財産失う】のプロセスで
09/11/30【予測なしの出来事】-Ⅱのときに書いたけど、
この時は、まだ家賃の支払い予定、更新料など、何も目処がないにも関わらず、
「大丈夫です。」と【ハッタリ】モードで不動産やさんなどに話していた。

それは、ある意味、このプロセスは必ず宇宙のエネルギー、そしてサポートの
存在さんたちへの信頼もあったからなんだけど。

でも、この自分の望みを現実化するってことに、【自信】がもてるように
なった。それは、やはりその時のプロセスで気付いたことや、実践して感じた
ことが大きく【自信】になっている。

もう、ミカエルに確認せずに、そのまま自分の感じたままで続行だ。

それで、そっかー!!もしかすると、【錬金術】って、そりゃー望むことにも
よるのかも知れないけど、より最善のために使うことで作用し、その存在(状態・
望み)にゆるぎなく完全になりきる。ってことなのかなーとも思って。

昔はねー、、、それが難しかったわけよー。信念体系があるから。
そして、目の前の【現実】があまりにもリアルで、望みに成りきろうとしたって
そう成りきれるものじゃなかったな。わたしの場合はね。

でも、宇宙に整列すると、それが容易に出来るようになっていくんだね。

役者になれる。ナリキリOK! それがハートと整列してたら、もうそれ自体
がワクワクすることだ。

これが【錬金術】なのかも知れないなー。と思う。
考えても絶対できない。【感じること】マインドも神聖なマインドのほう。

だから、私がナリキリ(マンション借りられましたという人物)になってる
状態で、準備して、すべてにおいて行動をそのようにしていくと(自然にワクワク
でなってくるけど)yohamも喜んでるわけ。

今日も郵便局へ行って戸籍謄本の準備を済ませ、好きな雑貨屋さんまで行って
カーテン見てこようかー。って思ってると、

yohamも「行こうー!行こうー!!」って感じで。

私も「よっしゃー!行ってこよー!!!」って調子でね!とても楽しくなってくる。


でも、これが【自分の意識で現実を創造する】ってことだよね。

私は、今回も、このまま自分を信じて行動していく。
あとは、私がやる事をやって行動したら委ねきって結果をみる。

これが、全くスムーズな流れで事が進んだら、もしかすると、本当に
自分の都合よく、いろいろうるさく証明など提出する事も言ってこない
かも知れない。私自身、面倒な手続きは望んでないからー。

ん~~~、自分の創造が現実になる。これが信じられるから、ある意味
とても幸せだ。
ネガティブを創造しないように注意しなきゃならないけど、今のところ
ワクワクできそう。

さあ、、、今週中には、申込書を出してこよう。審査の結果は、1週間く
らいで分かるらしい。

なんか、面白くなってきたぞ。

それで思い出したんだ。アダマスが「演じる」ことについて
言ってたよなーと思って。

青い銀河の嵐というブログの中にリンクが貼ってある。
  ↓  ↓  ↓
Adamus Masters Series Shoud1 "Every Step of the Way"より

親愛なるシャーンブラ、本当に私は演ずることが好きです。あなたがたの中には演ずるという言葉を悪くとらえている人もいるようです。その言葉はこう言います。“これは本当の私じゃないのよ!”えぇ、そのとおりです。それはあなたの表現です。そしてあなたが演じたり、プレイしたり、楽しんだりするうちに、あなたはそれが自分への最高の送りもののひとつだと気がつくでしょう。

あなたと私の違いは、あなたは単一の現実にしがみついているということです。非常に組み立てられ、圧縮され、制限された自分の現実です。そしてそれを手放すのを恐れています。なぜ手放すのが怖いのですか?あなたはこのあなたの表現が持っていかれると思っていますか?おそらくそうなるべきでしょう。・・・あなたを圧倒するような暗黒というものはありません。あり得ません。あなたが暗黒とプレイしようとしない限りはないのです。ですから私達が前進するときに、あなたにやってみてほしいのは、演ずることです。演じてください。少しクレイジーになってください。それはなにかあなたにいい事をするでしょう。他の人が何というか、心配することはやめてください。彼らは実際にあなたの違う表現を見ることで楽しむでしょう。いつも同じ単一な、ときに退屈な、ときにどんくさいあなたを見るよりも。


こういうことなのかも知れませんよ!

成りきること、【演ずること】が現実をつくる(錬金術)のひとつのステップ。

師匠ーーー!!※アダマス よろしくねーー!!
※アダマス=アダマス・セント・ジャーメイン

*  *  *


アーキエンジェル・マイケル11月のメッセージ
【転載】高次元世界との通信回線へ

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?