FC2ブログ

【呼ばれている】

 05, 2009 19:58
2009/12/5(土)曇りのち雨

メリーププ
メリー&ププ


娘のところのメリーとププも大きくなってきた。

さて、、、あれから身体のほうのヒドイ痛みはどうやら一日で済んだ。
助かった。あのままだと身体が思うように動かせないので、何も出来なく
なってしまう。今後はどうなのだろう。

昨日は、反対に少し症状は軽くなったかも知れない。

が、、、、身体のことではなく、、、【引越】のことで【気付いた】
ことがある、、、それが、今度はひどく【恐れ】を生み出した。

ミカエルも、「流れに驚くことがあるかも知れません。」と言って
いたけど、先日までの長いプロセスの期間よりも問題にならないほど
今日は、久しぶりに【恐れ】で骨の中から全身の震えがとまらなかかった。
よく考えると、委ねることに決めているし、そして反対に喜ぶことなのに、
自分自身の反応に自分でもどうしていいのか分からなかった。


ある物件にだけ自分が反応していることに、昨日になって気付いた。


最初は分からなかった。あまりにも想像、マインドを超えたような
マンションだったからだった。

このマンションは、高層の高級マンションで、そりゃ家賃も含め
グレードは高いし、共用施設のかなり充実しているマンションだ。

どりらかと言えば、広さよりも利便性だと思う。

このマンションは元職場にいた頃からHPを見ていて知っていた。
私は、昔から建築、家具・インテリア・雑貨などを見るのが好きで、
建築関係にいたこともあるし、過去世も影響しているみたいだけど、
とくに、美しいものには人であろうと陶器であろうと惹かれる。
とにかく本物であること、形、機能性も含め好きな物はうっとりする。

人に優越感を持つとか、どう見られたいかとかではなく、ただ好きで
好きなものに囲まれていたら、どんなにステキなことなんだろう。の
視点なんだけど。
自分が心地よく過ごせるには。という意味で。

若い頃は、優越感を持ってみたいって時期もあったかも知れないけどね。(笑)
でもあくまでも、ブランドには興味がなく、装飾品でも質だったけど。
それも、少ない独身時代の話さー。

昔、家を建てたときに、実際には家具やあらゆる雑貨、小物にまで予算
が回らず、そうなると【本物】をもてるまでは、反対にいつでも捨てる
ことの出来るようなものでいいと徹底していた。もちろん経済もついて
いかなかった理由もあるけれど。
捨てるに捨てられないような中途半端なものを持つことのほうがイヤな程だった。

そんな事もあり、そのマンションは、ある意味「うっとり」させてくれた。
「夢」にも似たような感じで。

だからと言って、上を望めば限もないし、無駄に広い所も望んでいないし、
機能的で、掃除も楽なほうがいいし。(笑)
何事も自分が楽で、楽しければ良いという感じだ。

話がそれたけど、その以前に見てたHPを先日から見たり、ホームズ
のような賃貸検索サイトでも探していた。

しかし今後、何やるのかもわからないことなので、SOHO可能な物件か、
それとも住居だけなのか、目安も付かなければ、そして普通に敷金礼金だけで、
吹き飛ぶような金額になってしまうことに気付いた。マインドにはまりそう
だった。

「どうか、気付かせてね。ちゃんとyoham教えてくれよ!」って感じだった。

自分は、とにかく動き回ることにはなるだろうと感じているので、アクセス
は良い所というのは、もう疑いようはない感じだった。
そして、どうも他の区には、まったくハートが反応しなかった。
たとえ、おしゃれなデザインの物件があろうと無反応なのだ。「・・・」


そんな時に、上の娘と電話で話した。
「お母さん、今日休みなの?」
「うん、、休みだよ、、、。」

いつまでも言わない訳にもいかないなー。と思い。
「お母さんね、来年明けてから、色々なことが急に動き出すかも知れない。
 東京にきた目的、役割が見えてきそうなの。
 何があっても、驚かないようにね!笑。」

「あっ、、、悪いことではなく、反対に良い意味で。」
「ふ~ん。」

娘はお産のときに帰る実家がないことや、私が傍にいないことにも不安が
あったので、
「かえって、お母さんが自由になったほうが、あなたにもいいんじゃないの?」
「まあね。それはそうだね。」
と言って、あとは特に何も聞かなかった。
とりあえず、その後の経過については言いやすくなったかも知れない。


で、話が戻るけど。

やっぱり、この区(今住んでいる)場所なんだろうな。とまでは分かってきた。

その辺りを探しても、結局、その高層のマンションのHPに戻ってしまい
、そこで急に、、現実のものとして冷静にハートの反応を感じてみた。
そして担当者のブログ見たら、空気が澄んでるときは、富士山も見えますよ。
だって!「・・・・」なにか、やっぱありそうー。

そのマンションの隣には、新築の高層マンションも建ったようだ。
そちらもかなりのグレードで、そちらの利点もあるし、デザイン、間取り
も上回るほどだった。

しかし、、、それでも尚、ハートの反応が、以前から知ってるHPの物件
のほうだった。「どうしてなのか?」それで、ようやく気付いた。
※あとになって再度、その新築マンションのほうを確認すると、
2010年初旬、竣工予定になっていた。 まだ建ってなかった。なので、1月
には間に合わないから、いくら地理的に一緒でもハートが反応しなかったのだ
ということが分かった。

私は、どちらの物件もこの時点では「ありえない」と思っている。いくら
無限、豊かさといっても、一気にはハードルが高すぎて、、、。マインド
が利いていた。(笑)

そこは冷静に、、、仮に妄想にしても、、、、なぜ私は、この物件にしか
ハートが開かないのか、、、、。と気付いたときに、「まさか!!!」
と「ありえない」の繰り返しにハマってしまった。

「ここが、住むところ???」

ただ、単に憧れて「うっとり」じゃなかったのか!?

それは、上京の準備のときに、先日のブログでも少し書いたけど、
一番最初に決まる予定だった、ちょっとグレードの高いマンション
のすぐ近くにそのHPのマンションは建っているのだった。
その意味もあとで書くけど。

その時に、なぜこのマンションだったのかって事は当時のブログに書かれて
いるけれど、この辺りを守ってるエネルギーがあり、良いという事。
アクセスが良いということだった。

そのときの事は、こちらに書かれているけど、さまざまな事があった。
   ↓  ↓  ↓
09/12/23転居のプロセス【新天地への準備】

急に、あまりのことで動揺した。
最初の転居のときのように、地図とペンジュラムを取り出した。
その高層マンションの位置でダウジングすると、やはり大きく振った。
つぎに、区を示して行うとやはり振る。
なんども、確認するために他の区なども試すが、、、やはり結果は、以前
と同じように、ある特定地域にだけ反応する。信じられなかった。

ちょっと、他のマンションと違うので、審査もあるし、もちろん普通なら
「無職」ではとうてい入居できる物件ではない。
ただ、可能性としてみるのなら、敷金・礼金なし、成約の場合は、二ヶ月
分家賃無料。仲介手数料のみ初期費用がかかる。
それは、私にとっては都合はいい。掛けられる経費という面では、、、。
しかし、その後のことや、色々なことが頭の中を過ぎった。

最初の上京のときに老いた母を一人残し、保証人の兄に契約のことでは書面
やりとりなどで、日本に住んでいないので、それは大変なのだった。

んーーーー、、、。いろいろな事を思い出した。
もしかして、もしこの物件が準備されたところだとして、誰が信じる?
誰が認める?というより、何て説明すりゃーいいのーーー???(汗)
それは、家族にしても、マンションの営業担当者にしても。

「はーーーー、、、」と何度もため息をついた。しかし、もう今のマンション
に更新してまで居る必要はないことだけは分かっている。

夜中に何度も目覚め、、、起きていた。
午前中になんどかウトウトして、昼ころにようやくまた起きた。

起きてから、一気に【恐れ】で身体中が震えた。深呼吸しながら、何度
感じても、やはり、ここ。プレッシャーに潰されそうー(泣)

久しぶりに顔がガオってる?全て失うより、堪(こた)えてる。
なぜかって、何が始まるか分からないうちに、この家賃のマンション
で話を進めなきゃならず、、、。いくらなんでも、精神的なものは、
いかに、、、。

また、【ダイビング】するのだ!!!それも【ビッグ】に。

もう「もっとも全体の最善のために、良きことのために私をつかって
下さい。」
「自分がより、喜び、楽しめるところ、今後の役割に適している所を
宜しくお願いします!!」と祈るしかなかった。

近いうちにまた確認しなきゃならないかも知れないけど、その前には
自分で直接エネルギーを感じてみないことには、どうにもなら無い。

あまりに衰弱し、ayaちゃんに、ヨレヨレの声で電話した。
「なしたー?」

「分かったの。気付いたの。どう考えても、ありえないけど、この
マンションだって。  確かに、、、いいよー!
今の自分なら受け取る価値もあると思える。それが憶ションであろうが、
戸建てだろーが、なんでもね。けど、価値の問題じゃないのだけど、この
恐れと震えが止まらないの。

どう進めていいのかさえ見えないの。見学はしてくるけど。
気付いたからには、早く動かないと兄に頼むのであれば、時間がかか
るから。

「あ~、、、今見えているのはね、、。ん?誰かなヤハウェイじゃ
ないけど、日本神界の関係の存在かな? ようするに、その場所にいく
必要がある。呼ばれている。ミッションみたいなもの。そこに光が必要
なのかも。もう動かされているから。
そこは、もしかすると【結界】に関係してるかもしれないし。
何か、線で明治神宮とか皇居とか、、なにか結んでるかもね。あれ?白龍かも。」


後から、思ったけど、先日のチャネリングで、「光を結ぶこと。
整いつつある。」とミカエル言ってたけど、そのことかも知れない。

「たぶんねー、その建物の場所、位置なんだと思うよー!」

「そうか、それなら安心した。だいぶ震えが止まってきたわー。」

なら、天界はどんな奇跡だって見せるはずだから。
これまでも、見せてくれたし、この世の不可能という言葉は通用しない。

昨年なんて、私のプロセスの重要なときだっていって、飛行機まで
欠航にしたくらいだからー。笑

「わかった。さっそく見学予約するわ!」と言って電話を切った。

そうこうしてたら、また換気扇から「君が代」だ。
やっぱ、完全に疑う余地もなくなってきた。

そして、ふっと、更に気付いた。
PCで地図をみて、富士山の方向、明治神宮、皇居など、たしかに、その
物件を中心に、放射状になっているのかも。
日本の中心で考えると西方面については分からないけど。

さらに気付いたのは、その物件は元の職場の近所といってもいいほどの
近さだ。

なぜ、あの職場だったのかって、最初の決まる予定のマンションがチャラに
なったから、その近くの職場に通い光を降ろし、退社したので、こんどは住居として
また、その場所へいく。ってことなのかもー。(驚)

どうしても、その場所に【光】が必要なのかも知れない。

全てが、なるようになっている。もう、何もかも心配せずに、自分の出来る
ことを一つひとつ行動にするしかないよ。

でも、そこの住人になったとして。って考えたら、ちょっと怖いけど、
とても嬉しいミラクルなのだ。

与えてくれるものは、喜んで受け取りますともー!!!
そして、受け取ったものは、分かち合いますともー!!!

さっそく、明日に予約が取れた。
どんな建物か、じっくり味わってこよう。
担当者と何をどう話すのかも、出てくるままに、、、、。(汗)

どうなるか分からないけど、私が【呼ばれている】のであれば、
絶対にミラクルは起こるでしょう。三次元的な幻想は消えるでしょう。


ほんとに、もう気分だけで、忙しくなってきた。
いや、いや、これからだった。(笑)

今日の震えで肩がガチガチになっちゃった。風呂に入ってリラックス
しよう。


「明日は、見てきます!!!ドキドキ。」

あれ、、、いつの間にか、こんなに長くなっていた。(汗)

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?