FC2ブログ

【メタトロンの夢とアセンション完了①】-【確認】

 17, 2009 21:09
2009/11/17(火)雨

IMG_1781_20091117180443.jpg
今日のブーケ


今日の午前中はチャネリングの日だった。

朝、目が覚めたときに、朝方の夢を思い出していた。
それは、夢だったから、少々変なんだけど、マンガのような
世界でありながら、大天使の姿を覚えていた。
大きな羽、、、黄金色に感じられた。大きな感じだった。カラー。
しかも、、、笑えるのが、エンジェルカードの絵のような感じだった。

起きたときに、あの天使はなぜか「メタトロン」のような気がした。

この夢のことは、あまり気にしていなかった。
チャネリングで確認したわけではないけど、その後に理解した。

今日は、時間を30分にしていたので、少々オーバーしたものの
大まかな事だけを確認した。
詳細は、折を見て確認してみようと思う。

しかし、、、、今の状態のチェックと娘の孫についてを最低聞ければ
良いと思っていたけど、、、、思ってもいない展開だった。

*  *  *

【本日のチャネリング】-ミカエル

私:「どうですかー?その後は、、、ブログでは淡々とと書いてあったけどー。」

C:「うん、平和は平和なんだけどねー、淡々としてるの。何も書くことも
   ないって感じでー。笑 」

私;「そう、私もなんかねー、静かだよ、平和だけど、ヒマっていうか、○○ちゃん
   の言ってたことがわかる、って感じー。」
   でもさ、ワンネスになっても、淡々としてるっていうのがさー。笑」

C:「なんだか、、、どうなって行くんだろーネー。」

そんな軽い話から始まった。

まず、先月からの流れを簡単に話した。
そして、最近は、至福でもなく平和だけど静か、、、、。


私:「ちょっと、今の状況見てくれる?」

C:「あら、、、ほんと何もないわ!ずいぶん落としましたねー。」

私:「ピンポーン!!ほんと、なんか何も無くなっちゃったの。」

C:「今、、、静けさの中を感じているところ。抜け落ちて何も無くなっていく。」
  「あー、、、このまま、、、抜けるみたい。」

私:「えっ??抜けるって!?
   もしかして、ワンネスへ?ってこと???」

   「確かに、、ノスタルジーは、数日残っていたけど、自然に消えていったし、
   至福の時もあったけど、最近じゃ、平和はそうなんだけど、、、
   何もないっていうか、頭の中も何もないっていうか。」

C:「ちょっと、見てみますね。 うん、、、そうみたいよ。」

私:「ちょっと待って、、以前には年末までクライマックスって言ってたでしょ?
   早くない???」
 
 
C:「ノスタルジーってね、不安とか恐れとかも含むんだけど。もういらないのね。」

 「あんね、、、恐れとかにあまり捉われずに、ここまで来たからね。
  何かに捉われていたら、その分期間は延びていただろうけど。」

私:「そっかー。 早かったネー。 ねー、統合ってどうなってんの?」

C:「もう、統合してます。だから、もう【神】です。」

私:「ふーーー、、、そうなんだ。」

私:「あのね、先月のチャネリングの二日後に上の娘がちょっとあって
   その時に「ミカエルに聞いて!」って言って、私、メッセージ受け取った
   と思うのだけど、聞いてみてくれる?」

その時のことは→ 【再統合】補足と【普通のチャネリング】

C:「受け取ってますよ。だって。」

  「でもね、もうミカエルってことじゃなくても、○○○さんが【感じた】ことを
  そのまま伝えていれば、それで【神】が答えてるからいいの。
  まあ、ミカエルって受け取るなら、それはそれでもいいんだよ。」

私:「へーーー、、、なんか、、こんな感じで入っていく(ワンネス)なんてー。」

  「真の自己って? もう真我になってるってこと?」

C:「そう。真の自己って、、なんと言うか、まだ自我の名残じゃないけど
   まだ、あるって感じだけど、もう○○○さんが話すことは、全て、【神】
   ってことになるの。」

私:「ふ~ん。もうそのままってことかー。」
  「ねぇ、多くのインスピレーションもこの期間受け取っていたと思うの
   だけど、受け取ってるよね。」

M:「受け取っている。あなたそのもの。」

私:「ようやく、、ここまで来たのかーーー!」

C:「ここからが、また始まりなんだけどね!」
  「この先からは、ほんとそれぞれ個人によってまた違う。
   ○○○さんは、どうするのかな~?」

私:「そうだ、この段階になると何次元?次元でいうなら。」

C:「肉体は三次元だけど、五次元、時には六次元とか七次元とか
  意識によりますねー、感情だったら、四次元とか。次元ってハッキリ
   してるわけじゃないけどね。」

私:「うん、、、。そういえば、この先に自分で決めることになるね。どうして
   いくのか、肉体も脱ぐのか、肉体を持ったままかとか。」

C:「そうそう、、もう後は本人が決めるだけ、創造するってことだから。
   ここで、結構、みんな悩むんだよね。
   真の自己、、、I amね。それをを超えた段階に入ると、あとは、【点】
   まで行くかは、それぞれ。」

私:「点??」

C:「なんと言っていいのか、、点というか原子核?言葉が見つからない
   けど、エネルギーで宇宙そのもの。」

   「もう、自我も消滅して、私すら無い、確かに、ここに居ても
   名残のようなものはあったりはするんだよ。まだね。
   キリスト意識、、、愛そのもの、、ワンネス、、もうそれ以降は選択があり
   ある意識をもって、あえて留まるのも自由。」

私:「やっぱり、訳わからんね。ここまで来るとー。」

  「あ、そうそう、ミカエル、、瞑想って必要?」

C:「時に応じてしたほうがいいみたい。」

私:「わかったー。」

  「そうそう、先に聞いておく。娘の赤ちゃんのこと!」
  「クリスタルとか、ダイアモンド・マスター・チルドレンか?
   トバイアスは、アセンデット・マスターも随時生まれてくるような
   ことを言ってたし。」

C:「わたしが、受け取ってる感覚は、
  あんね、、もう今から生まれてくる魂たちは、”マスター”の意識を
  もった子供たちと思って下さい。って感じ。」

私:「楽しみー、じゃ、やはり娘には予備知識は必要かもね。
   本を買ったから、送ってあげようかな。」

C:「うん、そうですね。少し知っていたほうがいいかも。」

私:「じゃ、時間ないからメッセージあったら欲しいな。」

C:「はい、じゃ行きますよ。」

M:「あなたは、もうここの次元へ入ってくる、、、。おめでとう!!
 
   教師、マスターとして自覚してください。
   徐々に、自我ではなく(?)、パワフルに宇宙のエネルギーで
   活躍して行きますが、あなた自身、流れに驚くことがあるかも知れません。
   そして、パワフルに喜びがあるでしょう。

   ただ、気をつけることは、エネルギーを欲しがる(無意識でも)人、持っている
   四次元のエネルギーで引っ張られることがあるので、気をつけてください。」

私:「うれしー! でも、また自覚しろってー。笑」

   「ありがとう、ございます!!!」
   「もう、この先は、委ねて、見えてくることだけ。覚悟も出来てるから。
    そして現れたことは、わたしらしく超えていくよー!!」

C:「うん。でも○○○さんは、どうなっていくのかな?楽しみだね。」
  「きっと、この後は、色々思い出していくし面白いこともあると思うよ。」

私:「ほんとね、この先ねー。」

C:「あー、でもこの先もねー、、、お試しはあるかも知れないわ!笑」

私:「えーーーー!いや、そりゃあるかも知れないけど。」

C:「ほら、だってマスターたちだって進化を続けてるわけだし、、、ねー」

私:「まあね、どうなって行くんだろうね、ほんと。」


そんな感じで、チャネリングは終了。


*  *  *

【メタトロンの夢とアセンション完了②】へ

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?