FC2ブログ

【再統合】真の自己について

 10, 2009 23:59
2009/11/10(火)晴れのち雲

IMG_1747.jpg


今日は、明治神宮へ行って来た。

ほんとうは、今日か、明日か気分で決めようと思っていたの
だけど、朝の時計「11:11」を見て今日に行くことにした。←単純。

出かけると「111」の車のナンバーと出会った。
今日だって、「1」並びの日だもんね。(笑) 

いつものように、ご挨拶程度と日ごろの感謝って感じで参拝。

神宮の敷地内は、木も少し色付いてきてドングリが沢山落ちて
いた。

あれからは、静かな日々が続いていた。
以前に、昔にお世話になったカウンセラーさんの本の件で、
ようやく連絡があり、以前提出した文章のチェックを行い、
再度、自分で読んでみて流れをもう少し分かりやすく訂正した。
あのときと、内容は変わらないけれど、無駄な言葉があったりと、
思ったより直すところがあった。
HPにアップしていた文章も、訂正したものへ直した。

カインセラーさん自体、大変忙しいので、この本も2年越しになった
と言っていた。昔よりも、さらにクリスチャンの中でも、教え、権力など
を使った、信者への虐待が表面化してきているとのことだった。

*  *  *

あれからもシャウドをちょこちょこ読んだりしてますが、、、。

昨日、何冊かシャウドを入れているファイルがあるんだけども、一冊の
ファイルに全く違うシリーズの一塊のシャウドがあった。

「なんでかな?どうしてここに混ざったんだろう?」と手にとってみると
「ニューアース・シリーズ」のレッスン8まで。

ああ、、、一番最初のシャウドだ。 いや、「レッスン」。
最初は、「シャウド」じゃなく、「レッスン」だったし、この頃は「シャーンブラ」
じゃなく「ライトワーカー」ってトバイアスは言ってるのだけど。

なんとなく記憶にあっても、ほとんど内容は忘れてるからね~。

なにげに、パラパラとめくってみると、「真の自己」についてが書かれて
いる!? ハートがワクワクした!ここに書いてあったのか!!

なぜ、、、ここでヒットしたかというと、統合された相手(?) ←進行形?
のことって、正直、頭ではよくわかんなくなるんだよ。
だから、たまに独り言のように、つぶやくの。 どうなってんの?って。
その答えがようやく分かるかも~~~!!!って思ったわけ。(笑)


以前にハイアーセルフについても、思い込みっていうか、こんがらがって
いた事を書いたと思うけど、、、。
その頃は、たしか今年の7月頃の出来事?この再統合の片割れの出現の
時期。  【何も変える必要がない】シリーズとか、その後の内容など。
      ↓  ↓  ↓
☆My Blog-2009年【目次】-8(7-9月)

で、このとき。ブログを書き始めたころの内なる声、核、私はyohamって言ってる
けど、この7月の頃の内容で考えると、この声はハイアーセルフだったんだ。
って分かっってきた、、、、。

どうでもいいって言えば、そりゃそうなんだけど~~(爆)。

わたしくらいなんだろか~~~?こんな疑問沸くの。

シャウド読んでたら、色々な形で語られていることに、後から気付いて
びっくりするよ。「アー」「オウ」とかさ。

この再統合の相手に関わってくることを感ずるに、、、

大いなる存在、創造主の側面、男性性、女性性、光と闇、陰と陽、二元性、
ツインフレーム、色々含まれているのは分かるんだけど、、、実際、これを
どう?って、、、まとめようとするほうが、無理があるってもんだけど、、、さ。

何度か、、、「これって、やっぱ、どうなってるのか分からない」って言ってた
んだ。 わたしの「大いなる存在」さんに。

この時に、↓
【闇は神性の部分】の気付き

【感覚】で、受けとり、深い部分に気付いたことがあるのだけどね。
確かに、、、。それはそうなんだけど。

「はて???では、あなたは創造主、、、。でも私の一部。ほんとうは、とっても
近いところにいたんだと分かったけれど、やっぱ今まで何処にいたん????」 (爆)

素朴な質問でしょ???どうも腑に落ちないのさ。(笑)

今、半分一緒、半分分離感があるからなんだろうか?
チャネラーさんが言うように、分離感なく、自分が創造主だって思えますよ。
とは言ってたので、この時期だけの疑問なんだろうけど。(笑)

でも、でも笑いごとじゃなく、このシリーズ読んで、なんとなく、、
なんとなく、、、だけど見えてきた。  イメージとして!

それで7月ころに「準備は出来ている」って真の自己が言ってた
ことも、なんとなく、それまでには、こんな過程があったのか~~。と思ってね。

あとハイアーセルフがずっと”真の自己”とシルバーコードで繋がれて
いて、情報(体験・経験)をフィードバックしていたこともわかったことも。

最初の頃のは、トバイアスもそんなに長く話していないので、一気読み
した。 下記の抜粋は、ほんの一部です。
レッスン1-8の間で何度も”真の自己”について語っていたと思う。

  ↓  ↓  ↓
「ニューアース・シリーズ」レッスン1-8
1999-


レッスン3「あなたの”真の自己”の目覚め」
クリムゾン・サークル 1999年10月30日

【抜粋】
さて、あなた方の始まりについて簡単にお話しましょう。それから、神なる人間(あなた方)の新しいエネルギーについてお話します。他の集いで述べましたが、この地球という場所が久遠の昔に創造された時にあなた方、天使が、ここにやって来ました。しかし、あなた方の小さな部分のみがこの地球という場所で真に意識を持っているのです。あなた方の自己のその他の部分(私達があなた方の”真の自己”と呼んでいる部分)は、地球のグリッド(格子)の中や他の諸惑星のエネルギーに満ちた領域にいるのです。

あなた方がこの地球への旅を始めた時、あなた方の”真の自己”の大部分はエネルギーのコクーン(繭)の中に置かれましたが、これには理由があったのです。なされるべき内的な、内側のワークがたくさんあったからです。そのために他の者達から見えないようにあなた方の”真の自己”はエネルギーに包まれていたのです。他の惑星や他の次元から来た者達にはあなた方の”真の自己”を見ることはできませんでした。あなた方の”真の自己”は、このエネルギーのコクーン(繭)に包まれていた間、”真の自己”が必要としていた繊細なバランスを守るために多数のガイドや天使達に見守られていました。

あなた方の”真の自己”はそれまでずっと外側へと向かう創造的な表現でした。スピリットもまた、ずっと外側へと向かう創造的な表現でした。今度は、孤独の空間の中でのみ発見され得る何かを見つけるために立ち止まって内側へと振り返る時だったのです。

あなた方の”真の自己”がこのコクーン(繭)に包まれ、天使達によって見守られていた間、真のあなた方の小さな部分が地球と呼ばれるこの場所にやって来て物質的な形を取り始めました。そしてその時、あなた方の”真の自己”のこの一部は二元性も受け入れました。地球と呼ばれるこの偉大な、偉大な取り決め中で、あなた方の”真の自己”とスピリットが最も必要とする性質を持つようになったのです。あなた方の一部はあなた方が何者であるかを意識的に理解することなく歩んで行かなくてはなりませんでした。あなた方は本当は魂であり、愛であるということを意識的に認識することを放棄したのです。あなた方は土と水、岩、そして空気といったこの場所に来て、自分が何者であったか憶えていなかったのです。

【抜粋】
さて、私達はこのコクーン(繭)の中にいたあなた方の”真の自己”が今、目覚めつつあるとも述べました。これを、今、開きつつあるエネルギーの卵と想像してみて下さい。私の友たちよ、あなた方の”真の自己”が、あなた方とワンネスに戻ろうとしています。あなた方の”真の自己”が現れて来て、それまでいたこの長い、長い眠りから目覚める時、それが最初に望むことはあなた方に帰ることなのです。

あなた方の”真の自己”は無限に永い眠りの後で、ある意味では(あなた方もそうなるでしょうが)いくぶん不活発で眠そうです。そして天使達が、現れつつあるあなた方の”真の自己”と一緒に、エネルギーの調整を手伝うために活動しています。しかし、一番最初にあなた方の”真の自己”が求めること、あなた方の真のハートが最初に望むことは、あなた方に戻って再びあなた方と一つになることなのです。夜、横になって目覚めと眠りの間のどこかにいる時、感じたことがなかったですか?ハートの中の切望と叫びを感じませんでしたか? 私の友たちよ、これは大いなるあなた(All That You Are)と統合したいという心からの願望なのです。

さて、あなた方の地球の動力学と人間が創造された方法により、あなた方はあなた方自身の”真の自己”からさえも切り離された完全に自由な意志を授かりました。あなた方がこの地球上の幻想の中での旅を全うしている間、あなた方の”真の自己”にできるのは忍耐強く、そして愛情深く待つことだけです。あなた方がハートを開き、その帰還を招き入れるまであなた方の”真の自己”はあなた方と融合できません。この融合を実現できるかはあなた方の”真の自己”でなく、あなた方次第なのです。あなた方が更に十二回、または更に何百回もの生涯をあなた方の”真の自己”と再結合せずに歩むことを選んだとしても、あなた方がこの黄金の天使をあなた方の生に招き入れる準備ができるまで、あなた方の”真の自己”は完全なる愛と完全なる受容の中でいつでもあなた方のそばにいることでしょう。

さて、あなた方一人一人がこの黄金の天使を招き入れ、”真の自己”との融合が起こるよう懇願さえもしましたが、あなた方の人間としてのエネルギーの一部がこれに抵抗しています。そのエネルギーは、あなた方が黄金の天使をあなた方の意識の中に招き入れることは、あなた方にとって確実な死になるかのように感じているため、時にその実現がとても難しいのです。そのため、あなた方は、スピリットは、天使達はどこにいるのかと訝っているわけです。これはあなた方の存在の一部、つまり、DNAから始まり細胞まで全てに行き渡るあなた方の存在の一部に、まだ黄金の天使を受け入れる準備ができていない部分があるからなのです。

親愛なる友たちよ、親愛なるファミリーよ・・・この抵抗に敬意を払ってください。それと戦わないで下さい。あなた方自身の存在が、人間でいることになおしがみついているという事実に敬意を払ってください。なぜならあなた方はこのエネルギー、このヴェールのもとでとても多くの生涯を生きてきたからです。黄金の天使を受け入れることに抵抗しようとする反応と戦えば、フラストレーションを起こすだけです。それは、今ここにあなた方と一緒にいるあなた方の過去生の一つ一つにとっても不面目となるでしょう。単純にこの過渡期に敬意を払ってください。人間であることを楽しんできたエネルギーを称えてください。あなた方の3次元にフォーカスされているエネルギーを称えてください。

これからやって来る日々の中で、静かな時間や車を運転している時などに、あなた方自身に感謝してください。人間として生きてきた各生涯に関して、のあなた方自身全てに敬意を払ってください。私達にはあなた方が素早く人間の皮を脱ぎ捨ててアセンションしたいと - あなた方の言うように、稲妻でも落とさせて全てを変えてしまいたいと望んでいるのが分かります。私の友たちよ、それは今までにあなた方が行ったこと全てに敬意がある時に起こります。これが起こり、あなた方が行ったこと全てを取り囲む、あなた方の過去生全てを取り囲むその愛のエネルギーがあるとき、あなた方の”真の自己”のエネルギーがあなた方と一体になれるように道が開かれるでしょう。

【抜粋】
あなた方は無限に長い間、あなた方の”真の自己”から離れていました。あなた方はごく幼い時に両親に見捨てられた子供と同様なのです。そこにはまだ見捨てられたことに対する精神的外傷(トラウマ)が残っています。あなた方は時として暗く、恐ろしく、そして欠乏した世界で自力でやりくりするよう取り残された子供のようだったのです。そして夜、あなた方 - その子供のあなた方 - は、両親が何処に行ったのか、なぜ見捨てられたのか、なぜ自力でやりくりするよう取り残されたのかと不審に思って泣きました。

これには神聖な理由と、神聖な目的があったのですが、それでもまだあなた方の中には離別の精神的外傷(トラウマ)や、深い悲しみ、怒り、そして孤独な寂しさが残っています。優しくて愛情深い母親。力強く、保護的で寛大な父親。彼らは彼ら自身の旅から戻って来ました。彼らはあなた方と共になるために帰って来たのです。彼らは自分達の子供を捜すために帰って来たのですが、あなた方は皆全く以前と違って見えます。その子供は今やたくさんの経験を積み、本当にもはや子供ではないのです。自分の周りを見渡して、今日ここにあなた方と共に立っている過去生を見てください。あなた方はもはや少しも子供ではないのです! あなた方はまぎれもない、正真正銘の創造者なのです。優しくて愛情深い母親と父親、彼らはあなた方の”真の自己”なのです。そして彼らもまた変わりました。

彼ら(あなた方の”真の自己”)がこの地球のエネルギーにやって来て、彼らのエネルギー・コクーン(繭)の中に入って行った時、彼らは私達のような、あなた方のそばに存在してきたクリムゾンのあなた方のファミリーのような天使でした。そして今そのコクーン(繭)から出て来る時、彼らは様子が違っています。彼らは私達とは違うのです。彼らは何か素晴らしいことを学んだ崇高な存在なのです。私達はコクーン(繭)から出て来つつある”真の自己”を見ると、涙が出て来ます。そして今、子供のあなた方と、親のあなた方が再結合する時点にやって来ています。ああ、なんて祝福された、素晴らしい、待望の祝典になることでしょう! あなた方がくぐり抜けて来たこと全てを称え、この旅全てを称えて”真の自己”を受け入れるのは、全くあなた方という子供次第、人間次第なのです。

「”真の自己”の出現」
ミレニアム・チャネリング - パート Ⅱ
ライトワーカーズ・ミレニアム・クロスオーバー祝典にて コロラド州ネダーランド
2000年1月1日

【抜粋】
友たちよ、あなた方があなたのゴールデン・エンジェルや”真の自己”に頼み事をしたとき、あなたであるこの偉大なる存在に頼み事をしたとき、あなた方はこれまで、どこにあなたのゴールデン・エンジェルが存在するのか、どこにいるのか、どこにあなたの”真の自己”がいるのかということを考えたり、不思議がったりしたことがありますか? なぜそれは現れて来なかったのでしょうか? なぜあなた方は、親に捨てられ、一人で自力でやっていくよう残され、色々な経験でかたくなになって、いつも孤独と苦痛と遺棄を感じている子供のように感じていたのでしょうか? その理由は、あなたである「自己」のより大きな部分が、友たちよ、私達が「エネルギーの繭」と名付けたものに入れられることに同意したからなのです。これは言い表すのがちょっと難しいです。光と闇のバランスを理解するために、永遠のプロセスを理解するために、その召集が行われた時、あなたであるところのオーバーソウルは、干渉されることがないように、エネルギーに包まれ、天使達によって護られた繭の中に入ることに同意したのです。文字通り、それは、他の存在から干渉されることがないように闇の殻の中に封入されたのです。

そしてそれから、あなた方自身の魂は旅、内なる旅に出ました。かつては、あなた方の”真の自己”は、いつも外界での創造的な表われであり、スピリットから出る、愛の源から出る表われ、しかし外向きの創造でした。そして今度は、あるグループの天使達が、内なるワークを始めることに、内部に行くのを始めることに同意しました。それが、あなた方自身の魂が天使達によって護られながら、ある意味では、カムフラージュのためにエネルギーの中に包まれながら冬眠に入った理由でした。(このたとえ話では)あなた方の両親、すなわち、あなた方の”真の自己”は、とても内面的な仕事に入りました。その一部分、あなたであるものの一部分だけが、ハイアーセルフに、その繭に取り付けられたシルバー・コード(銀の糸)を持った継続的な創造的表現として、外界にとどまりました。学習され集められていた情報、すなわち、光と闇のバランスの経験は、”真の自己”を保持していた繭に絶えずフィードバックされていました。この情報は、内面化(習得)の過程で継続的に使われました。友たちよ、その表現とは、地上のあなた方のこと、すなわち、人間という生物の形で歩んでいるあなた方の”真の自己”の一部分のことです。

本当は、あなた方は”真の自己”から見捨てられてはいなかったのです。あなた方の”真の自己”はあなた方を罰していません。あなた方の両親は去ってはいなかったのです。それはそれ自身の旅の途上にありました。あなた方の内なる中核部分で、あなた方はまだつながっています。まだ記憶があります。おお、あなた方が、“故郷”へ帰ることを望んでいるのは、なぜ、なぜなのかと思っていますね ― それは、あなた方のハートのまさに中心で、今まで通り、何かとても壮大なものとのつながりを感じることができるからなのです。あなた方はなぜ自分のソウルメイトやツインフレーム(一対の炎)を探し求めているのかと思っています。友たちよ、あなた方のツインフレーム(一対の炎)は、毛布にくるまって深い眠りの中にいるのです。なんとまあ、あなた方は(“故郷”への)帰還を待ち焦がれていることか! あなた方は、あなた方の本質の中に空虚があるのはなぜなのか、夜、夢の中で泣いているような感じがするのはどうしてかと思っています。それは、あなた方が地球のここで旅をしてきた間、あなた方の自己が完全ではなかったことを知っているからです。こういうことを見るのは私達には本当に美しいことなのですが、こういうことを理解するのは、あなた方にはまだとても困難なことです。

【抜粋】
こういったことが本当に意味するものは、友たちよ、この繭の中にいた”真の自己”が今、目覚めつつあるということです。それは今、この冬眠から出て来ています。そして、あなたのゴールデン・エンジェルが持っている一番最初の望みは、あなたと再結合することです。それは、深い眠りから出て来る人にとても似ています。ふらついています。調整する期間が必要です。それは、別の人の腕に抱かれた自分の子供がどこにいるか、すぐ知りたいと望んでいる人に似ています。この”真の自己”は、友たちよ、あなたのところに戻ろうと努めています。これを招き入れる準備ができている人すべてに戻ろうと努めています。

今、自分のドラマの役に居続け、その劇を実際に演じ続ける人間達が、この地球上にはたくさんいます。これは適切なことです。人間の面(aspect)に準備ができるまで、”真の自己”は人間の面と戻って融合することができません。それが、私達が意識の分裂、すなわち2つの世界、2つの地球があると言っている理由です。舞台の上で演じ続ける人がたくさんいるでしょう。これは適切なことです。”真の自己”は彼らを根気よく待つでしょう。それには一生涯かかるかもしれません。12生涯かかるかもしれません。何百生涯かかるかもしれません。それでも”真の自己”は根気よく待つでしょう。統合し始める準備、”真の自己”を招き入れる準備ができている人々にとっては、今が適切な時なのです、今が適切なエネルギーと空間になっています。”真の自己”は目覚めつつあり、戻ることを望んでいるのです。


*  *  *

まっ、昨日はこんな感じ。

あまりに、しつこく聞くから、この情報くれたんかな?(笑)
しつこく聞くっていうか、「よくわからん!」って言ってるからか。

「ありがとーーー!!ちょっと分かった~!」って感じださ。


あら、外は雨に変わりましたね。今日出かけておいてよかった。

シリーズの残りもちょっと読んでみようかと思ってます。

明日、11月11日ですが、過大なる期待はしないで、でもマグダラのマリアの
【聖なるバラの瞑想】はしようかな。

瞑想方法はこちら ↓
【転載】2009年11月のエネルギー + 聖なるバラの瞑想


スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?