FC2ブログ

マジカルジャーニー【支払い編】

 06, 2009 23:59
2009/11/6(金)晴れ

IMG_1757.jpg

なんだろ。今日の起こったことをどう表現したらいいか
わからなくって、今の時間になってしまった。

もう、言葉での限界を感じるけど、、、、。

私は、恥ずかしいことではあるけど、ある一つの支払いを先延ばしにしてきた。

これは、公的機関からの借り入れで、無利子。なので、サラ金とか
信販系の会社ではないので、そんなにうるさくない。
ただ、母子家庭支援のものなんだけど、資格を取った際に必要だった
ものだ。支払いはひと月分にすると、万を超えるものなので、今は、
もうちょっと様子を見て支払おうと先延ばしにしていた。
他は口座振替だから、ちゃんと払ってますよ!

ソース(源)・天は、よく知ってますよ。私の何もかも!!(笑)

気にはなっていたけど、流れではまとめて支払えることも
あろうかと、、、。  しかし~~~~甘~~い!!!

今日の出来事は、借金がどうこうの問題じゃないのさ。

細かい説明は省いてしまうけど、ようするに、、、いよいよ
支払いをしなきゃ、まずいかな???という状況、、、。

で、私の残金からすると、当然、、、この分を支払ったら、
およそ、いつまでなら、、、の先がわかる。
実際にはこの支払いがあったって、無くたって、結局は同じなんだけど、、、
頭じゃ判ってても、、、一気に【恐怖】のドラマに吸い寄せられた。

久々に、でかい【恐怖】だった。
この中に入ってしまうと、とたんに、自分のしてきたことに【疑い】
は出るわ、あれや、これやと心配の渦の中になってしまった。

しかし、、、そこは何度もくぐってきた成果とでもいうか、、、(爆)
ひとしきり味わったあと、、、、さて、、、。

【ドラマ】【幻想】なんだよ。
そして、【お金】は、単に【エネルギー】なんだよ。
と思って、そこから切り離した。

客観的に見る必要があるよな。

私は、こういう時は、ブログに昔、方法を書いたかも知れない
けど、スタジオに二人の自分がいるとして、その二人の言い分
っていうのがあるわけね。

その二人を撮ってる、撮影カメラがぐ~んと後ろに引いていって~。
※イメージとしては、一瞬なんだけどけどね。(笑)
そしたら、その二人の自分がよりリアルに見えてくるの。

「いいよ、ほっといても取り立てまで来るわけじゃないし。払えるように
なったら、まとめて払うって~。今払ったら、まじ先がないじゃん。」
※昔は、こんなことをしながら、生活つないできた。

「なに言ってんだよ、今さら。
 払ったって、良くも悪くもならんって。潔く払ってしまおう。」

ここで、すぐ気付いた。自分の恐れが見えた。

「お~~~~!私らしくもない!!私としたことが!」

「こんなところで命乞いみたいな真似してんじゃね~よ!!!」(爆)

「私の誠実さ、私の信念、私の生き方、自分に妥協してたまるか~!!」

※昨夜まで【篤姫】のお気に入りシーンばかりを飛ばしながら再度見ていた
  影響が、功を成した。(笑) 完璧だ。 なりきり?

今日、支払いに行くことを【選択】した。

そして【支払う】ことが、すぐに【感謝】に変わり、

その瞬間、極限の【恐怖】から、一気に【恍惚状態】になった!(笑)

「分かりやすっ!!!」 「超~~分かりやすいじゃん!」って思わず声がでた。

「ソース(源)、本来の自己、、、、、喜んでる~~~。」

って、自分もスッキリだったんだけど。

と、、、、とにかく気付いた。 ここまで来て、さらにある【恐れ】。
無意識に、自己防衛が働いていた。逃げようとしていた自分を
発見した。
それと同時に、この【気付き】の瞬間、【お金のエネルギー】の作用の
仕方っていうのが言葉に出来ないけど、感覚でつかめたように感じた。

「なるほど~!!」
「これなんだよ、、、。」

何度となく【死】と【再生】を味わってきた。
最終段階で、さらに細やかな部分を完全に落とすプロセスだった。
最近では、幸せの状態で、支払いを先延ばししていたことすら忘れて
いることが多かった。


で、いつものように気付いたら、すぐに【実行】~~~!!!

まず、自分の誠意として表したかった。

借り入れの機関へ、すぐに電話した。
まずは、支払いの遅れを陳謝した。
そして、今日は、一月分のみの入金になるけど、必ず遅れた分は
追って支払っていきますから。と。

すると、担当の人は、とても快く対応してくれて、了承してくれた!!!

「お~し!これが、わたしだ~~~!!!」(喜)


恍惚状態、、、、ちょっとヤバイから~~~!!(笑)

すぐに支度を始めながら、あの【恐怖】が一瞬にして消え去ったのが
妙に【マジカル】だ~~。と感じ入っていた。

って言うか、極 → 極 の一瞬の変化ったら、、、、。ありえん。

以前の信念体系を抜け出したときと同じで、何度か大なり小なり体験
はしてきているけど、、、。

この間、、、もっと長かったように感じるけど、一時間足らずの決着だった。

すっかり【恐怖】が消えたあとは、鼻歌交じりの支払いさ~♪

お天気はいいし、ついでに東京大神宮へ行って参拝し、そのまま神楽坂を
散歩し、善国寺へ、、、

すると、、、、善国寺の奉納箱の前でお祈りすると、、、目の前にあったのは

【黄金の富士山~~~~~!!!ひぇ~~~!】(驚)

「動かされてますとも~。」←いつものことだが、、、それでも驚く。

後から調べると、
善国寺は「七福神の毘沙門天を奉る。厄除け、難除け、財産をもたらす神様」
ということが分かった。

そして、何だか内側では、「好きな物なんでも食べなさい~♪」くらい
の声を感じたんだけど、(笑)
いい感じのカフェがあったので、そこでゆっくりして、残りのシャウドを
読んだ。

「ティーチャー・シリーズ」の残りだったんだけど、順番どおりじゃなく、
なんか先にシャウド12を読み始めた。

クラウスという木製のおもちゃ人形の職人の話なんだけど、
これはシャーンブラのことですよ。とトバイアスは言ってる。
自分のイマジネーションで創造したものが、戻ってくるってことなんだけど。

以前に読んだときは、あまりピンと来なかったシャウドだったんだけど、

だけど今回は、何だか、読み始めたら泣けそうになって、おもわず下向いた。
何が、、て感覚なので自分でもよくわかんない。


シャウド12 :
「J'encore 再び、私に出会う」
【抜粋】
たった今、実に興味深いことが起こります。あなたはこの瞬間にいます。あなたには向こうに置かれた自分自身のすべての創造物がありますが、今、あなたの道がすべて同時に交差しているかのようです。シンクロニシティでしょうか? おそらくは。数の一致でしょうか? 計画の一部です。あなたの進化している意識でしょうか? まったくその通りです。

あなたは自分自身に出会います。時にあなたは他の人を通して、動物を通して、鳥や犬を通して、あなたとともに部屋にいる、かすかな何か、影のようなもの、しかし消えていくものの存在を通して表れるものに自分自身を見ることになります。木の中にまで、あるいは雨粒の中にさえ。あなたは再び、自分自身に出会います。長い間、向こうにあったあなたの様々な可能性に、そしてそれは今、現在のこの現実に入って来ています。

J'encore. 個人的なデジャヴュのようです。デジャヴュはあなたが別の領域で夢見た、あるいは創造した体験の追憶です。その記憶が、この現実で起こるのです。J'encoreは、再び、あなた、です。あなた自身に出会う。


シャウド12: 質疑応答
「J'encore 再び、私に出会う」 
【抜粋】
そして、このように(And so it is)、親愛なるシャーンブラ、私たちはこのギャザリングのエネルギーを続けます。私たち皆が参加しているシャウドの、J'Encore、「私に、再び」というエネルギーを。

つまり、それはまるであなたが十字路に立っていて、でも、ただ2つの道が交差しているだけでなく、たくさんの、たくさんの道があるようなものです。あなたは道の1つに、あなたの思考を1つ、送ります。あなたの夢を、別の道に送ります。さらに別の道には、あなたのフィーリングを送ります。別のところに創造的なイマジネーションを送ります。あなたの1つひとつのアイデア、思考、フィーリングの部分を様々な道に送り出すことで、自分自身の様々な部分を探求できるように。そしてあなたは、そのあなたを、人間の側面を、ただ1つの道に焦点を合わせてきました。

あなたは1人で、少し孤独にその旅を続けてきましたが、心の底では、あなたの1つひとつのアイデア、思考が自らの旅に乗り出し、自らのものを、自らの表現を見出していたのを、常に知っていました。そしてある日、それは「今」の瞬間のことですが、思考、夢、望み、可能性のすべてが戻って来て、一緒になります。J'Encore. 私に、再び。「私だけです。それはただ、探求しに行っていた私のフィーリングです。私が持っていたアイデアに対して、何かをしたとは思わなかったものが、実はそうしたことに今、気づいています。それは探求しに行っていました。」 もしかすると、それはここでは、この地球では、この3次元では実現化しなかったかもしれませんが、どこかで何かをしていたのです。あらゆる夢が、あらゆるイマジネーションが、あらゆるアイデアが。

この生涯のうちに、自分の道を合流させる人間は多くはありません。たぶん、今から何生涯か後に、遠い未来にはあるでしょうが、あなたにとっての可能性は、合流が今、起こることです。あいまいで、存在すらしないように思えたあなたのこのような部分が、今、あなたの意識に入って来ます。それは、あの、「なるほど」の瞬間です。あなたが自分自身を統合に戻し、一緒にするという感覚です。それは、J'Encoreです。あなたを一緒にすることです。

それがあなたの人生にどのようなものをもたらすか、という具体的なことは教えたくありません。あなたに、自分でそれを発見してもらいたいのです。でも、私たちはこれを、この先の多くのシャウドで話し続けていきます - あなたをもとに戻し、一緒にすることを。再び、自分自身に出会うことを。ある夜、あなたが見た、理解できないおかしな断片に思える夢を、J'Encoreが呼び戻します。もう、その夢を理解するようになり、あなた方の多くにとっては、それは実際に、この現実に現れます。夜、あなたが見た夢のなかには、どこか別の場所で実現しているものがあります。でも今、あなたの新しい意識の中で、あなたはそれを実際、この地球上に持って来て、起こしています。J'Encore.


そして、
シャウド10:
「エネルギーの始動」  セント・ジャーメイン
【抜粋】
新しいリーダー

私の意見では・・・ 私のつつましい意見では・・・ そう言っておかなければなりません。(セント・ジャーメインがクスクス、笑う。聴衆、笑) 私は、今日は穴埋めですから、あなた方の代理の教師なので、こういう言い方をします。(セント・ジャーメインと聴衆、笑) 今の私のつつましい意見では、世界は指導者を欠いています。世界には力強い、カリスマ性を持った、本物の政治の指導者がほとんど、いません。現在、ほとんど、いません。体制に入る時は善意を持っていた人は、その体制の一部になりました。変えることへの意思を持っていた人は、変えられました。世界には、私のつつましい意見では、スピリチュアルな指導者がほとんど、いません。

説教壇に立つ人たちは、テレビに出る人たちは、バチカンの壁の向こうに隠れている人たちは・・・ 親愛なる友人たち、彼らは実に古いやり方をただ、保持し続けているだけです。真の指導者ではありません。彼らは過去の人たちです。使い古された人たちです。彼らは「古いエネルギー」です - 私のつつましい意見では。(笑)

世界は - 人類は - 現在、実際にまったく新しい指導者の種族を求めています。権力闘争のようなものを気に病む必要のない指導者を。権力というのは、幻想だというのを理解しているからです。何百人、何千人、何百万人という人々の前にいることで、自らのエゴを満たそうとすることのない指導者を。自分が導いている人たちから養われない指導者を。他のすべての人たちとまったく同じレベルに立てる指導者を。自らを台座に置く必要はありません。同じレベルに立ち、その同じレベルにいる時、「スタンダード」だけが放つことのできる光を放ちます。自己実現、悟り、達成感という光を、内なる平和の光を、対立や争いのない、男性性と女性性、光と闇が統合したその光を。世界が求めているのは、このような新しい種族の指導者です。何千、何百という人たちの前に出なければならないような指導者ではなく、台座に座らされ、結局は後にそこから降ろされるような人たちではなく、本物の「新しいエネルギー」の指導者です。ですから私たちはいつもあなた方、シャーンブラに話しかけているのです。あなたが自分自身のすべてになるように、「スタンダード」になるように、この生涯を充実したものにするために、いつも私たちは励ましているのです。


目指せ「スタンダード!」

支払いが、感謝に変わる、、、は初めての体験! 起こること全ては【気付き】の
為に、見せてくれていることが、心底【実感】できた~~~!

今日も、感謝の一日が終わります。(笑)


スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?