FC2ブログ

これからの展開【シフト②】-12【確認Ⅰ】

 15, 2009 18:57
これからの展開【シフト①】-11より

IMG_1561.jpg

*  *  * 

【本日チャネリング】-ミカエル

前回の遅い時間までのチャネリングとチャネラーさんの体験話のお礼
を伝えた。

そして、その後に深いところでの気付き、手放したときの話をした。

C:「そうですか!よかったですね。それでいいんですよ。(笑)」

私:「うん、私はなんだかんだ言っても、最後に行き着く瞬間までは、
   いろいろ悩んだり、考えたり、落ち込んだり、するんだけど、開き直り
   が、いいみたい。逆ギレみたいな?(爆)」

   「「どうでもいい!」とか「え~かげんにしろ~!」とか「うんざりだ~!」とかさ。(笑)

C:「あははは、、、逆境につよいからね~~」

私:「でもさ、本当にどこからドラマかゲームかなんて分からないよ。」

C:「ま、それ自体も自分が造ったプロセスなんだけどね。
  意識も然り、、、三次元的なエネルギーや五次元的なエネルギー
  意識は、三次元にもなれるし、肉体は三次元のものだし、完全に三次元にいながら、
  五次元の意識状態を保つ、今は、練習なんだよね。」
  
私:「以前ほどではないけど、一瞬何かまちがったかな?みたいに、凍りつくというか」

C:「それは関係ないよ。理由は関係ない。」

私:「でも、手放したときは、軽くなったよ。意識していることは必要だろうけど。」
  「手放したときは、スピリチュアルも、役割なんかもどうでもいい!くらいにね。」

C:「うん、そうだね。 その中でもスピリチュアルな自分もいれば、いろいろな自分も
  いるしね。」

私:「うん。」
  「その意識もね、以前の時から、意識にはすごく気をつけていたんだ。
   だから、祈ったりしたし慎重になっていたし、自分の意識がどこにあるか
   気をつけていたと思うんだけど、、、気付いたの。
   それも返って重くなってたことに。深い部分だよね~。」

C:「そうだね、意識的にいる事は必要なんだけど、捉われないってことなんだよね。」

私:「そうなんだよね。あまりに慎重になると捉われるんだね。」

C:「今後ね、キリスト意識って言うよね。キリスト意識って「キリスト」じゃなく
  あくまでも、「意識」なんだよね。
  本当の各所が微動だにしないって言うか。全く影響受けないっていうか。」
  三次元にいても、全くブレない事ね。」

  「○○○さんのような、三次元的なお遊びからも完全に抜けること。→シフト
  意識、肉体共に、シビアに抜ける状態。」

私:「もう、うんざりって感じなんだけど。(笑)」

※仕事中の意識状態に対して、特にってことね。
    プロセスがと言うことじゃなく。
    ようするに、このシフトで更に集合意識を感じるのが強くなっている可能性
    もあるようだ。


C:「もう辞めるから、いいじゃないですか?」

私:「うん、だからまだ耐えることも出来るけど、、、」 ☆8/16追記

C:「今、ようやく仕上げに入る状態にシフトしたってこと。」

私:「そうなんだ。シフトはしたんだ。」

C:「これね、この段階にも何段階もあるんだよ~。」

  「○○○さんのプロセスは激しいからね~。立ち向かうエネルギーだから(笑)
   これから完全に三次元の意識を離していくからね。 完全五次元に向かって。」

私:「ミカエルに聞いてみる。」

C:「待ってね。」

M:「あなたは、これから本当の意味での目覚めのプロセスに入ります。
  この先は慎重に行かなければなりません。
  意識を完全に変えるプロセスに入ります。
  これまでの古い信念体系、集合意識も捨てていきます。

  あなたは、とても守られてきました。
  これからは、更にガーディアンのエネルギーを感じられるようになります。
  バックアップ体制に入ります。
  真の目覚めに向けて、クライマックスに向け、強固なサポートの中で
  真の目覚め→卒業までの間を通り抜けます。

  サポート体制は、万全です。」
  
私:「うわ~、良かった~」

  「卒業っていつころになるの?」

M:「○○○※私の名前 次第。」

C:「あのね、目覚め、ワンネスの準備、真我の融合っていうか、、、、
  完全に神の状態っていうか。言葉で表現難しいな~。」
  「年内から来春までの間かな~?」

私:「え~~~!まだそんなに長いの~~~??なんだ~~。ガクッ。」

※後で、整理して聞いたら、納得だったけど。思い込みもあったようだ。
 ワンネスは、もっと早くにくると思っていたしね。


C:「だって、無価値の状態にまでなるんだよ~~笑。
  まだ、価値観あるでしょ~。それを落とさなきゃ~。」

私:「そりゃそうだけどさ~~~。」

私:「ね~、私のプロセスと○○ちゃん※チャネラーさん のプロセスは
   違うよね~。なんか激しさもだけど、ほら、○○ちゃんは、あるときから
   目覚めた状態っていうか、真実の目をもったというか、見極めること
   が出来たじゃない。有名な人でも、言ってることを実際は違ったとかさ。
   私、わかんないもん。まだ。」

C:「もう、分かってるじゃないですか~~~!!」

私:「わかるときもあるかも知れないけど、わかんないことも沢山あるもん。」

※ここで、↓私の自信のなさについて、、、。

M:「すべて三次元的なプロセス。ワンネスのプロセスとは違う。
   表現の仕方、受け取り方、感じ方は人によって違う。
   エネルギー的にみると、もうひとつ自信をもつ。三次元に対しても、
   五次元に対しても。」

C:「あ~、やっぱ自信がないんだわ。」
  
  「わかった、あのね、○○○さんのエネルギーはあまりにも大きなエネルギー
   でね、それに対して、責任が重いとか大きいというのがあってね。
   無意識に抵抗があるみたい。

  そして、【自信がない】といってもね、私の自信のないっていうのは、赤ちゃんの
  ようなもので、【普通の人の自信のない】っていうのと【抵抗】も訳が違うんだわ。

  【ただ自信がない】って言うもんじゃないんだって。

私:「そうなんだ~。普通の人のと違ったんだ。」

※かなり昔から自信はもてないほうだったけど、他の人の感覚は分からないからね。(汗) 

C:「それは、ジャンヌ・ダルクが形として言いやすいから名前使うけど、
  それは、その時からの、、、メモ切。

  このエネルギーを受け入れることは、思っている以上のことで、
  肉体まるごと、、、※大変な分って意味だったかな?
  その分、サポートも大きいってことみたい。」

M:「そこに目覚めた状態で、パワフルになって【奉仕】をする。」
   仕上げは、思考と実存する。  ※どういう意味か???メモも切れてるし。

   ジャンヌの実存のエネルギー
          ↓
      古い信念体系→分離
      本質は違う→通っていく。   かな?


M:「自分がジャンヌだということに、無理してしまうことないですか?」

私:「そりゃ~、知った時期はとくに、恐れも出たし、不安もあるし、
   今だって、これから何があるんかな?とかさ。(笑)」

M:「荷が重いとか、無理しそうと思うときは、この意識を切り替えましょう。
   起こることに圧倒されてしまうけど、それを【祝福】と感じてください。
   これは、実際に【祝福】なんですよ。」

C:「実際に自分のことをわかったときは、自分と違う。はるかに大きいと気付く。
   ○○○さんは、大胆で繊細なんだって。

   そしてね、統合されたあとは、多くの人の指針や目標になるんだって。」

  「カッコイイ~~(笑)」

私:「なにが、、、って、そりゃうれしい気持ちもあるけどね~、、、
   でも、半端じゃないよね。

   全て失ったときに、私がさ、ぼやいたんだよ。 チャネリングの時に。

   「わたし、人より『お試し』多くねぇ~~~!って」

C:「何て言ったっけ?」

私:「上は笑ってたよ!!」

C:「あはは~。」

私:「○○ちゃんは○○アのエネルギーでしょ?
   そりゃ慈愛とかさ、なんだ?こう、まったり癒しのような、、、だから
   受け入れやすいかもしれないけど、、」

C:「あははは、勇士、挑む、的な象徴的なエネルギーだからね。笑」

私:「確かに、それが私らしいんだけどさ。笑」

C:「確かに、私も知ったときは、今までの自分は自分じゃなかった。って
   プログ消したくらいだから。(笑)そして、以前と変化するから書いてる
   ことも違ってくるしね。」

私:「わたしは、そのままだよ。かっこ悪いのもね。
   この前も、わたしを信じないでください。って書いたよ。日々変化するから。(笑)」

C:「だけど、いろんな段階で、読んでわかるからね。」

C:「あ~~~。あんね、ジャンヌの時もそうだったんだけど、有名な?
  よく知られている偉大な存在、マスターなど含め、かなりのサポート
  だったようで、いま同じなんだわ。サポートで固められてるって言う感じ。」

私:「そうだったの?たしかに、チャネリング受け始めたときからクァンインやら
   受けとるメッセージもそうだけど、なぜ私に?って感じだったもんね。
   不思議だったよね。」

C:「まっお役目だしね、なんと言ったって決めてきたことだし。」

私:「そっさ、もう生まれてきたんだから。
   もう十分お役目やりましたって時期きたら、私は肉体残さず消える
   からね!」

*  *  *

これからの展開【シフト③】-12【確認Ⅱ】へ


スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?