FC2ブログ

これからの展開【深い恐れ②】-9

 12, 2009 21:03
これからの展開【深い恐れ①】-8から

*  *  *

昨日で、ほんとうに一段落って感じです。

一気に残りカスまで処分したのは、、、。

なので、結局は、なんだかんだ言っても、ブレる前よりもシンプルに、、、。
そして、全てを受け入れて自然体になったら【軽さ】と【喜び】が出てきた。

体験は、いろいろな事に気付ける。
気付きの段階は、この数日間で徐々にだったけど、最終的には、「これか!」だった。
そして、またこんな簡単なことに気付かないできたのか。と思った。

『何者かでいようとする事もなければ、何かであろうとする必要もない。
何かしようとするものでもなく、、、何者かでもなく、、、、
何もする必要がなくなったとき、、、役割が見えてくるだろう、、、、。』


このメッセージがやっと腑に落ちた。

だから、【気軽さ】と【喜び】がわたしにやってきた。
さらに、何もなくなったのだった。

それまでの間は、なんとか少しでも、マインドでも理解したかった。
これで【完璧】と思っているけど、でも【最短】もあったのか?とか?
遅らせてしまったのもあるのかも、、、。などなど気持ちに波があった。

でも、急がば回れだったっていうか、全てが納得できた。

最後は、どう内観したところで限界っつうものがある。

今後繰り返したくないばかりに、いろいろな出来事や、ズレた自分のほう
ばかりを見ていた。

すべて【完璧】と思ってからは確かに、落ち込むってところまでは
行かなかったけれど、、、腑に落ちないことが残っていたから。

*  *  *

昨日の朝、まずは自分が意識の状態を保つことで、最善を祈ることに
疑問を感じた。

祈っていたことは、先日のブログでも書いたけど、昔の自分であれば
必要な時期もあったかもしれない。
でも、自動的に繋がってからは必要なかったのかも知れない。

今回、確かに祈っていたって、起こるときには起こる。
結局は、祈っても祈らなくても【最善】なんだから。ただ、自分に対して
確証がほしい、、、ときどき、必要か必要ではないのか?疑問も感じた
ことがあった。私的には、でもどちらか分からないのであれば、まずはやっ
ていみよう。と思うほうだった。
でも、そこには深いところに、創造主である自分への恐れかも知れない。
何か手放すことが出来ない恐れが潜んでいるように感じた。

で、気付いたわけ。ちょっとでも疑問に思う自分がいるにも関わらず、わたしは、自分
の感じたとおりの行動をしていなかったって事に。自然でないんだよね。
疑問をもつってことは、どこか何か違うかも。も含んでいた。

こんな恐れも必要なかった。

そして、私はなんか変なとこ「まじめ」なんだよ。
そう見えないかも知れないけど。(笑)
それも必要ないのはわかっていたのだけど、どうしていいのか分からなくて。(汗)

それからは、昔ならホントに気付かないだろう。って所に気付き始めた。
ポロンポロンとね。 糸口が見つかったかのように。

会社に着くころには、もう「苦しさ」「悲しさ」なんでもいいから、感じるまま
でいい。イヤなときは、変えればいいさ、変えられるんだから。
これも、ここ(地球)で生きてる証拠!味わおう!

と思ったら、何か抑えていたものが外れた感じで、とても楽になった。

だから、仕事も重苦しさから解放されていて、「なんだ?こんなんだったら、
もっと続けられそう???」って感じたくらいだった。

とは言え、退職を撤回しようとは思わないんだけど。(笑)

逆に、あんな重苦しさも当たり前とか麻痺して惰性で仕事を続ける
なんて、私にはとうてい我慢できない。あの意識では重過ぎる。と実感。

それは、ミカエルが先日言っていた、

「○○○は、○○○のままでいいんだよ。」
「あなたが全て」


を何度も感じた。 最初は、自分のままっていうことが、もう捉えられなくなって
いたんだけど(笑)←思考のみ。

でも、この深さも腑に落ちた。

「私の感じることが全て」 これを腑に落とすのもナカナカ、、ここまで
行かなきゃわからんのか。(汗)←あくまでも私の場合だけどね。

そうすると、

でも、なんだか限界を感じて、「もういいっ!」「もうどうでもいいやっ!」
何も知らなくても、兄や娘たちだってそうだけど、事は進んでいる。
体験しつつ、起こることに予測もなく、期待もなく、ただ受け止め
その時の自分の中で処理し、今を生きる。

それは「体験」「経験」そのものだ。 

いったん何も知らなかったときへ戻ろう。

※これだって、昨年に通ってきているんだよ。(汗)
 わかっていても、残骸が、、、。

「スピリチュアル」も「責任」も「役割」も「何者」も何もかも、「どうでもいい!」

「こんちくしょう~~!」「ぜんぶ自分が決める~!」
「どんな恐れもいらない~!」くらいの勢いで。(爆)

↑これって、大いなる存在や、上の存在たち全てにおいて「げ~っ!!!」(汗)
って感じかな?と一瞬予測しよぎったが、、、、「何もそこまで、、、」とかさ。

予想を反して、上を感じるに、、、、喜んでいた。  あら?

「やった~!!!」って。(爆)

なんかそう感じたら、妙に楽しくなってきちゃって。

どうも「それで良いんです!!!」って感じなのよ。

なんだかね、チャネラーさんも過去に今回のような私と同じ体験をしてるでしょ。
でも、全てわかったのは後からなんだよね。

誰も、その時に全て理解なんかできっこないんだよ。
何も思い出してないんだし。

私も、これだけの体験の理由をいま分からなくても、必ず「そういう事だったのか!」
って理解できるときが必ず来るだろう。って思って。

分からない部分は、それはそれ。そのままの自分を受け入れるしかなかった。

このアセンションプロセスは、本当に【逆】を進むことを教えてくれる。

教えられてきたことの【逆】ね。

だから、理解や保障があって進むじゃなく、理解なく保障がなく
本来の自己へ回帰する。 それは、自己信頼そのものでしょ?

そこまで辿りつくのが、本当に一つひとつ気付いていくしかないけど。

私が、ひとつ気付いて【気楽】になっていくと、「あ~、そうそう、この後に続く
者たちが、私のようにどこかで自分を抑え自然体ではない状態では、何か違うよな。
それじゃ、どこか窮屈になっちゃうよ。
そんな世界を、どうして私が、可能性として見せれるだろう。」って思ったんだよ。
※この自然体じゃないという部分は、あるがままと同じく何層にもなっていて、同じ
 ことなんだけど。

今は、いったん【ゼロ】。

【責任】とか【真剣さ】というものも、確かに必要かもしれなしけど、
言葉で言うのは難しいけど、これまでの認識のようなものとまた違うかも。

その辺りの感触は、今後に見えてくるのかも知れない。

実はさ、退職願いが、【料理の乗ったちゃぶ台】ひっくり返す、、、

って事じゃなく、、、。こっちの方が、本来のちゃぶ台ひっくり返すって事だった
のかも。

で、あの時のメッセージのように、ひっくり返したもので、必要なものは、
後で拾っていいし、いらないものは、そのまま手放すって事なんだかも。

※あの時→これからの展開【気付き】-1

*  *  *

これからの展開【深い恐れ③】-10へ

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?