FC2ブログ

これからの展開【深い恐れ①】-8

 12, 2009 20:43
2009/8/12(水)晴れ

IMG_1552.jpg
ちょっとシックな今日のブーケ。

今日は、休み。 暑い日だね~。

日々激しい浄化もありましたね。今後もあるでしょうけど。

私のほうも一段落ってとこでしょうか?

ここ数日、、、なんだろな。

肥料作りとでも言うか、、、。
いい感じに発酵して(笑)。

それを、自分という土に混ぜ込んだ。シミシミ~って感じで。(爆)

う~~ん、でもな、肥料もやっぱ厳選は必要だったかな?
いらないもんは、思い切って捨てたから。

*  *  *

-8/9(日)

札幌の仲間Rちゃんに会う。
外は、いい天気だった。
空港につき、久しぶりの再会にお互いハグして喜んだ。
移動中、ずっとおしゃべりは続いた。

彼女は、急きょあるセミナーの参加を決め、神奈川方面に向かう
途中に、私と会うということだった。

そもそも、彼女も二人の子供をもち、現在、余裕のある生活ではなかった
けど、このセミナーの参加は急に決め(選択し)、そうすると、ことごとく事が、
運び出し、交通費などが準備されたという経緯を語ってくれた。

彼女も以前の仕事を辞めてから、待機時間が長かった。
面接を受けても、なかなか決まらず、ほんとうに信じるしかなかった。

かと言って、そういうときは、仕事していたら、この出来事の処理は出来なかった
というような事も起きていたから、ある意味納得できることでもあった。
ときどきメールで、報告してくれていた。

それでも、徐々に事が動き出し、そして今回の急な流れに入った。

「最近、数字のぞろ目ばかりだったよ。一日でも見ないのがないくらい。」

「そうだよね、事が動き出したときなんかは、ほんとに知らせてくれるよね。」

で、いったん新宿のコインロッカーへ荷物を預けることにした。

家を出たときは、明るかったのに、一気に雨が降ったようだ。

「どうする?天気が悪くなっちゃった。浄化だね。」

「明治神宮へは行けないかな?」

彼女は、「でも行こうよ。」

まだポツポツと降っていた雨が、ロッカーに預けたあたりから止みかけて
きた。

「大丈夫かもね。」

原宿に着いたら止んでいた。

そして恒例のごとく参拝し、食事して楽しく時間は過ぎていった。
いつも、日曜日はどこもお店は並んでいるのに、その時だけ二番目に席へ
案内された。その後はすぐに、たくさんの人が順番を待つ状態になった。

傘は持っていなかった。結局、少しだけ雨にも当たったけど、傘をさす程
のことではなかった。

彼女を見送り、帰りにはかなり眠気が襲っていた。あたまもボーとして。
明治神宮で、かなりエネルギーの補給があったのだと後で気付いた。

そうして家につくとayaちゃんからメールが届いた。
「地震、大丈夫?」

私は移動中で全く地震があったことを知らなかった。
駅から降りて、商店街ではのんびり楽しそうに盆踊りもしていたし、
そんな様子なんてミジンも感じなかったしょ~。

きっと、こんな感じで守られ、安全なんだろうな。と思った。

そうして、エネルギーが入って眠かったので早めに寝てたら、珍しく上の娘から
電話があった。「腰が痛いの。レイキして。」

救急病院に行くことも考えていたようだったけど、とにかくレイキしようって事で。

我慢強い子だから、よっぽどなんだろうと思って、「わかった、ただしレイキすると痛みが
一時的に増す場合があるから、我慢できなくなったら電話ちょうだい。」と言って準備を
始めた。

そうして準備が整い、始めたらすぐに、携帯がなった。

「急に、イテテ、、、ってもう我慢できないから止めて。」
「あら、1分で終わりなの?(笑)」

「もう、これ以上無理!」娘も、この体験を通してレイキを実感することになった。

翌日、病院に行くと問題は見あたらないようだった。一応検査はしたようだけど。

*  *  *

-8/10(月)

早朝、激しい雨だったっけ?
家を出るころには小ぶりになっていた。
特にないけど、仕事は忙しく、ただただ休憩時間は、内側&マインド?(笑)
でも、この時間も必要だった。自問自答。

-8/11(火)

早朝に、地震。
昔は、大きな揺れがあれば、条件反射のように娘たちのところを確認したけど
ひとりだと、寝ぼけた状態で、揺れを感じながら眠っていた。

雨が降る予定が、午後には浄化の後って感じで爽やかな風で涼しく気持ち
よかった。私自らも浄化された感じだった。

喉が少し楽になってきた。

*  *  *


これからの展開【深い恐れ②】-9へ


スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?