FC2ブログ

【私もまた神である】の深さ

 26, 2009 15:10
2009/7/26(日)晴れ

IMG_1529.jpg
今回のブーケ。

最近は、妙な落ち着き。かな?
また何もなくなった。仕事も落ち着いてきたし。

喉の異物感は、最初の数日は、ストレスで、食べたい訳では
ないけど、一瞬でも忘れたくて、何かしらつまみ食いして気を
紛らわしていた。 いまでは、まるい飴玉が小さくなって、最後
のほうって感じ。

その間、ひざ下のセンサーになっている部分も、調整していたよう
だから、たぶん、準備は少しずつ進められているんだろう。と思う。

*  *  *

昨日の朝、、、休みだというのに、朝方何度か目がさめて早々と
起きてしまった。

自分の中で、少々【疑い】が出てきたことに気付いた。

ブログで書いたことなど、【思い込み】じゃないだろうか???
何度読み直して、、、「やっぱ、そうだよな。」と、確認。

しかし、人間の疑い(エゴ)は、「どうして?」と思うのに、、、

「しつこいよな~~~!!!」え~かげんにしろ。と思う。

で、「こっそり」昔の本などのページをめくる。

「こっそり」っていう気分。 「大いなる存在」や「ミカエル」たちに。(笑)
全部バレバレなんだけど、こっそりで、少々後ろめたさと言うか、罪悪感ていうか。

なぜ、罪悪感かって、そりゃ~、もう「何者というわけでもなく、、、」
ってメッセージもらっておきながら、まだ「知りたい」「こだわっている」
確信が、もうひとつ、、、、なんて、エゴった自分がいるんだもんな~。(笑)

自分的には、わかってて、もう手放したいのだけど、「大いなる存在」
ってなんなのだ???って。

また、ロナ・ハーマンの「運命の脚本を書く」P270を開いた。

【抜粋】
『この宇宙の素晴らしいエネルギーがグレート・セントラル・サンという形で集約
されたとき、数多くのスターシード(これ以前に個別化した神の意識となっていた
人びと)が新しい創造の冒険に参加せよとの呼びかけに応じてオムニバース
の最果ての地からやってきました。この宇宙の「父にして母になる神」になる運命
にあった【大いなる存在】たちは、この新しいグレート・セントラル・サンを彼らの
「神聖な本質」で満たし、この新しい創造の一部となる運命にあったものは全て
この「神の光」の偉大なサークルの中で引き寄せられ、新しい「神聖な青写真」を
コードとして埋め込まれたのです。』


Blog-2008/6/21【夏至】
↑ こん時に、始めて「スターシード」からメッセージをもらった。
ミカエルの本には、登場する言葉なんだけど、すっかり忘れていたときだった。

ふ~ん。やっぱ、私は「スターシード」には間違いない。
【大いなる存在】という言葉や、どこか分からない、【最果ての地】からやってきたこ
とも含めてね。

だからってどうだ。ってミカエルの本に「あなたは、特別」って書かれていて
エゴが満足するわけじゃないし、ミカエルの本にはエゴを誘発させる言葉は
どこを探してもないのだから。(笑)

このチビチビ思い出すのも、知ることになる流れも私流なんだろうね。

でも、、、、昨日は、やっぱ、このエゴった自分のままにしとく訳にもいかん。
そして、だからと言ってエゴに従っても、何も満たされないんだ。
今さら、自分ではないものに捉われるなんてアホらしい。

「こんな、ちっこい事で、どうするんだ。かっこ悪う~。」←いつもの自分基準。

一旦、「人間というものは、そういうもの、、、。」で受け入れて、

プラス、「私もまた神である。よって現実を変える!手放す。【私は在る】
にシンプルに戻る。」新たな選択によって、現実創造した。

核も少しズレたのかな? 深呼吸を数回行う。

お~~~っ、最近は、すぐに切り替わる。

それで、すっかり忘れて、ショッピングに出かけたって訳さ。(笑)

*  *  *

ちょっと話はズレちゃうけど、、、。

私は、時々思い出す。ヤハウェイから、昨年言われた言葉。
2008/10/5「私は在る」-2【確認ヤハウェイ】

「そう思うから、そうなんだ!」の【思い込み】の部分の指摘。

「こわい」と言えば、「こわいと思うから。」
「自分はわからない」と言えば「分からないと思うから」。
「自分は神じゃない」って思えば「神じゃない」。

よくよく考えると、とってもシンプルなことなんだよ。

けっこう、これが役に立ってね、何でも思い癖とか思い込みに
利用できる。それは、日々、日常のさまざまな部分に適用できるんだ。
※思い癖や思い込みも、過去世から来ている場合も多い。

たとえば、「こうなると、便秘になる。」とかさ!(爆)

でも、昔からの習慣や、自分の昔からの生活習慣、体質、いたる
ところまでなんだけど、結構、細かいところを見ると、あるもんだ。

それは、自分が【選択】していたことに気付く。
たしかに、今だから、この【思い込み】や【思い癖】に即有効なのか???
特に、体質とかは、バランスがとれて来たから、思い込みも外せるように
なってきたのかも。長い間の習慣って思い込んでるからね。

それは私にも分からない。

この【概念】って、、、。
例えば、「火は熱い」ということも信念体系で思い込んでいるから、まだ
私だって熱いよ。 でも、応用編だな。 時間の問題だよね。

でも、なぜ、この【概念】を少しずつ外せるようになってきたのかな?
と思うと、やはり、手放してきたことによることもだけど、

【体験】【経験】による【自信】なんだなって思う。

それが、徐々に信念体系を崩してきてるんだ。
「自分は出来るんだ」ってことに気付いてきたんだと思う。

昔は、口だけで【選択】していたんだね。信念体系はそのままで。
だから、これまでの刷り込み部分の信念体系が現実で創造されて
しまっていた。ってことだけど。


で、今朝も何度か朝方に目を覚ます。

そして、ブログを書きながら、昨日の事を思い出していた。

なんだろ。 「私もまた神である。」

で、思ったんだよね、、、その「私もまた神である。」の深さというか、

じゃ、神の自分っていうなら、神の立場(位置)で見てみようと。
自分もまた共同創造主ということを前提で感じてみた。

今回自分が奉仕の為に、ここにやって来たってこと、先駆者として困難だけど、
道ならしをする為に自ら手を上げたこと。

ミカエルの呼びかけに、その全体の計画を知って、自分(神)がそうしたいから、
そうしたのだという事を、、感じて、、深く感じたら、、、。


【愛】だった、、、。  【愛】だけだった、、、。


これまでの道、、、そしてこれから更に決めてきた事など、、、
責任はあるし、この先のことも色々困難や超えることなど、見えてないことも
あるけど、どれほど名誉で光栄なことなんかな~~~。って感じた。

言い訳も、文句も言ってる場合じゃない。ってことが腑に落ちた。

なんだか、これに気付けた事が超うれし~~~!!!

頭ではなくハートで感じたんだよ。

そんな訳で、この「私もまた神である」の位置で感じるとエゴの入る余地が
全くないっ!!

そして、この↓の時のミカエルの言葉の中で、
今後の準備-5【確認】

M:「人々は、、、自分の描いた【創造主】、自分が描く。
   それぞれ、描いている自分が違うと輝き方も違ってくる。
   自分=創造主に委ねる。」
   「自分(創造主)のオリジナルの体験。自分(創造主)を信じること。」

   【自覚】が足りないっていうのは、自分は【神】だという部分。


って、ミカエルの言うとおりだったのが、後からわかったけれど(汗)。

この、【自分(創造主)のオリジナルの体験】が、とても楽しみになって、

そして、自分(創造主)を信じて、輝いて心から楽しもう!と思う。

*  *  *

前回、6/20にブログに載せた禅タロット。
そのときは、『完成』が出た。

昨夜、また引いてみると今度は、『統合』が出た!なにげにスゴイ。
このカードも初めて見たよ。

OHSO禅タロット【統合】
ゲオルギー・グルジェフがいつも「実存の結晶化」と呼んでいたものは、このふたつの心がひとつになることにほかならない。内側の男性と女性の出会い、陰と陽の出会い、左と右の出会い、合理と非合理の出会い、プラトンとアリストテレスの出会いだ。

Osho Ancient Music in the Pines Chapter 1

解説:
統合のイメージは、ユニオ・ミスティカ、相反するものの融合です。今は、これまで体験してきた生の二元性が交流する時です。夜は昼に対立しているのではなく、闇は光を抑えているのではなく、あるものが別のものへと果てしなく変化しながら、それぞれがそのもっとも深い核に相反するものの種子を含みながら、統一された全体を創りだすためにいっしょに働いています。鷲(わし) と白鳥は、ともに飛翔し、威厳ある存在です。鷲は、力と独りあることの化身。白鳥は、スペースと純粋さの化身で、感情の領域に優雅に浮いたり、その内側に潜ったりしながら、自らの完璧さと美にまったく満足し、完結しています。私たちは鷲と白鳥、つまり男性と女性、火と水、生と死が統一されたものです。「統合」のカードは、自己創造、新しい生、そして神秘的合一(ミスティカル・ユニオン) のシンボル、あるいは、アルケミーとして知られているもののシンボルです。


OHSO禅タロット

やっぱ、【統合】だ、、、そして【新しい生】。

そして、ついでに昨日アップされてました。↓

Arrived Energy On Earthより
ニュー・アース・リレーションシップ
Submitted by Martiangirl on 9 July
http://lightworkers.org/channeling/81964/new-earth-relationships-masculine-and-feminine-energies-balance

ニュー・アース・リレーションシップ:男性性と女性性のエネルギーのバランス
ハトホルのチャネリング by Celia Fenn

「ヒーリングとリ・パターンの最初のステップ:内なる男性性と女性性のバランスを取る」

ある特定の文明の中で、男性だけがバランスから外れてしまっている、というわけではありません。それはすべての人に言えることです。今日、多くの女性は、男性性エネルギーが優位になっており、内なる女性性のエネルギーと再びコネクトする必要性があります。これが、あなた方の文明の中でフェミニズムの結果となり、女性を「自由」にして、今までに体験されたことのない方法で、女性の可能性を発達させることを許すことになりました。しかし、これは多くの女性が男性的になることへと導いてもいます。そしてまた、フェミニズムの結果として、あなた方の西洋文明の中で、多くの男性が内なる女性性エネルギーと再びつながることを探し、皮肉なことに、女性的で受動的になり過ぎています。そのために私たちは、女性は男性的に、男性は女性的になり過ぎる、という、新たな「バランスが崩れた」状態となっています。

ですから、それぞれがバランスを見つけるカギは、古いものに変わる新しい集合意識のテンプレートを創るために、内なる男性性と女性性のエネルギーのバランスを取ることです。

あなた方それぞれが、内なる男性性エネルギーとつながる必要があります。それは、あなたの中にある、スピリチュアルな戦士、リーダーのエネルギーです。これはソーラー・エネルギーです。それは光輝き、強く、自信に満ち、温かく、自己主張の強さを持っています。それは「行動 doing」のエネルギーです。あなたが自分自身の主張をしなければならないときに、それはあなたに自信を与え、あなたが物質界で物事を成し遂げることを助けます。それは外に広がりアクティブです。

女性性エネルギーは、ルナー・エネルギーです。優しく、受容的、穏やか、愛にみち溢れ、無条件ですが、同時にとてもパワフルです。それは「在ることbeing」のエネルギーです。それは内側に向かい、(平和の中にあるときのように)受動的です。それは、批判のない在り方で、あなたがあなたらしく在ること、他人がその人らしく在ることを許します。それは、創造的なアイデアが受け取られ生まれる場所であり、そのアイデアが男性性に運ばれることで、現実の世界の中に形として現れます。

バランスをとれた個人の中では、バランスのとれた「行動」と「在ること」、積極性と受動性、男性性と女性性の間のバランスが取れています。そしてこの内なるバランスは、自分自身の中でのバランスと、それによってバランスが取れて愛に満ちた方法で人間関係が維持できることの間のバランスとして、外側や外界の人間関係の中に反映されます。

バランスのとれた男女関係にあるとき、パートナーはお互いに相手を、スピリチュアル的、メンタル的、感情的、性的に支配しません。


ニュー・アース・リレーションシップ(新しい地球の人間関係)

ニュー・アース・リレーションシップは、今のあなた方のものとは全く違うものとなります。もっと穏やかで、遊びに満ちて、しかし賢い在り方のものです。今よりも激しさやドラマが少なくなり、もっとケア、育み、コンパニオンシップが深まります。あなた方は、男女関係、すべての人間関係の目的は、「関わるrelate」 ー あなた自身の豊さと完全であるという感覚からシェアし、サポートし、育むこと ー だと理解するところに達します。

あなた方は、肉体的、感情的なものでなく、スピリチュアルでハート中心の人間関係を求めるようになるでしょう。古い地球の男女関係、人間関係のパラダイムは、肉体的な魅力と感情的なつながりが基本でした。ニュー・アースでは、あなた方の人間関係は、ハート、フィーリング、思いやり、つながり、相互の尊敬とサポートが中心となるでしょう。私たちは、たくさんの人間関係が、違った年齢のグループや違った文明の中に育ち、人間関係が深く意味あるものとなることを予感します。それは、あなた方がオールド・アース・エネルギーの狭く限界ある中では考えることが不可能だった人間関係です。

人々は外見や肉体的なものよりもソウルのつながりに興味を持つので、このような人間関係は、軽く、楽しく、また、本当の深さと親密さがあります。

そこにはシェアリングとケアがあり、パートナー達は、両者ともに自立して、自身の中に自己確信をもっています。ニュー・アースに共依存はありません。バランスがとても重要です。この人間関係の中では、二人の間は平等にパワフルであり、ケアのバランスがとれ、愛に満ちています。支配、被害者、ドラマ、虐待はありません。

そこにはコミットメントがあります ― それは男女関係の中でのコミットメントと、パートナーの相互の成長へのコミットメントです。そしてこれは、恋愛やロマンティックな関係だけでなく、すべての人間関係の中にも言えることです。フレンドシップは、もっと深いものとなり、あなたはソウル・ファミリーを持っており、あなたの友人はしばしばとても近い関係で、ここであなたを愛し、あなたのこの惑星でのワークをサポートしてくれている、ということを理解するとき、さらに意味ある体験となります。そしてあなたの人間関係がこの愛に満ちてバランスのとれた状態で存在するとき、あなたのセクシュアリティもまた、愛に満ち、バランスが取れるでしょう。人類は再び、人生を高め歓喜にみちた方法で、創造性とセクシュアル・エネルギーを喜び祝うことを学ぶのです。
私たちはここであなた方とともにワークし、あなた方を愛し、あなた方がこの愛に満たされたスペースへと移行することをサポートします。


*  *  *

さて、ご近所散歩でもしよう。

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?