FC2ブログ

【何も変える必要はない】-3【謎のカフェ③】

 05, 2009 23:04
☆↓今日のブログの始めはこちらから。
【何も変える必要はない】-1【謎のカフェ①】
【何も変える必要はない】-2【謎のカフェ②】から

*  *  *

今、しばしの休憩を取った。軽くピザパンを食べ、この後に向けシャワーを先に済ませた。

そして、この【謎のカフェ】だけど、、、。どうしてこれまで、何度もブログに書こう
と思ったけど、書けなかったのかが、わかった。
本当の意味を今日理解できたからだ。 さっき?(笑) それは6/18のほうの事だけど。
「すご~い。そうだったのか。」と一人納得していた。

*  *  *

さて、続きだ。

6/20(土)に一度、ブログを書いているので、その頃のことはいいとして。
6/20【さまざまな確信】

職場のスピ仲間は、6/23(火)に二人共休みになっていた。
6/19(金)に、職場の爽やか青年から声がかかった。
「○○さん!あとでちょっといいですか?」

とっさに「ピーンっ」と来た。
休みの交代の話では?
席に戻って、シフトを確認すると、やっぱ青年は、6/23は休みなのだった。

昼休みに、青年と一緒になった。
「○○さん、ちょっと頼みたいことがあるんです~。」

私は、何も聞かずに、、「いいよっ!」って答えていた。(爆)

すると、「日曜日に代わりに出てほしいんですよ。交代の休みは○○さんの希望する
ところ、どこでもかまいません!」

私は「23日~!」と即答していた。(笑)
彼は、「本当に、ありがとうございます!」って言い残したけど、
私も「ありがとう。」なんだよね、、、、。(笑)

で、帰りの一服時間。いつもの場所でスピ仲間に話した。

「すっご~~~い!面白~い。」と三人で盛り上がり。
その日の前日にメールで確認しあうことにした。

Eちゃんが言った。
「でも、○○さんは、もうカフェ行ったじゃないですか。」

「私?私なら全然いいから。家からも近いし。楽しいし。
私はホントにワクワクする。」

それこそ、Eちゃん20日はレイキのアチューメントの日でしょ?
一気にサードまでだったら、疲れないかな?様子みて。

私に気にしないで、体調が優れないときは、無理はしないでね。

Eちゃんが、言った。
「私、断れない性格なの。」

「分かってる。だから、あえて言ってるの。私も同じだったから。
三人で集まるのに、誰かだけが、面白くないっていうのは、違うよ。
この世界は、みんなが、遠りょなしで楽しめなくちゃ。」

それぞれがハートに、もう一度確認してみて!

Eちゃんが
「ワクワクする~~~~!」
すると、Kさん
「ワクワクする~~!」

「じゃ、決まりね! 体調悪いときは必ずメール入れること!無理しないこと。」

前日、今度は、どんなルートで向かおうかを地図で確認してみた。
すると、東京メトロ東西線の「早稲田駅」待ち合わせだし、、、。

と、目に入ったのは、【穴八幡神社】。ここだ!!今回はここで挨拶と
浄化&チャージだ。決めた!
穴八幡宮-Wikipedia
※穴八幡宮とも言うんだ。今知った。奉れているのは、「応神天皇・仲哀天皇・神功皇后」

で、今回はちょうど家の近くのバス停から、神社のすぐ近くまで行くのがあったので
都バスを探検で乗ることにした。

-6/23(火)
前日まで、梅雨のようにじめじめしていたように思ったが、この日は30℃以上
の気温だった。 暑い日だった。

IMG_1510.jpg

待ち合わせより、早く出発し、早速神社へ向かった。表側は工事中で、裏階段から
入っていった。

IMG_1486.jpg IMG_1485.jpg IMG_1487.jpg IMG_1490.jpg
布袋さんもいた。

IMG_1496.jpg IMG_1495.jpg  IMG_1502.jpg IMG_1509.jpg

階段を登り、汗が吹き出たけど、わ~~~~って言う感じで「気」が良かった!
こんな近くにも、こんなところがあったのか。
「気持ちいい~!」
※現在では、応神天皇を主神として、神功皇后、比売神を合わせて八幡神(八幡三神)
 ともしている。神功皇后は応神天皇の母親であり、親子神(母子神)信仰に基づくもの
 だといわれる。
 比売神は八幡神の妃神と説明されることも多いが、その出自はよく分かっていない。
 八幡神は外来神で比売神はそれ以前に宇佐に祀られていた地主神だという説や、
 比売神は宗像三神または市杵島姫命であるという説、近年では比売神はヒミコであり
 アマテラスであるという説も登場している。シラヤマヒメとも。

八幡神-Wikipediaより

日本神界などは、相変わらず良くわからないのだけどね。(笑)

て、脱線した。早く本題にはいらんと。なにやってんだか、、、、(汗)

とにかく、私が行ったときには、あまり人影もなく静かだった。
そして、参拝すると、中がずっと奥まで見えた。

そして、ここの御神木が、きっと浄化していて、とても良い気を出してくれて
いるように感じた。

IMG_1501.jpg  IMG_1499.jpg  IMG_1488.jpg
御神木

さてさて、駅の近くのマック待ち合わせ後、少々話をして、いさ、【預言カフェ】へ

お店の前に行くと、やはり人が待っている。予約の紙を見ると、二時間以上待ち?
とにかく、予約表に名前を記入した。
神社に、二人も行きたいと言った。帰りに時間があれば寄ろうと話した。

まぁ。お腹も空いてるし、ってことでランチへ向かった。
早稲田がすぐ近いので、学生たちが沢山いた。
なんだか、ひと昔前の昭和雰囲気たっぶりの、昔風喫茶店に入った。  
が、意外や意外。
オムライスがとても美味しかった。野菜も、プチデザートも、飲み物もついて、
そんなに高くなかった。 二重丸だった。やはり学生街だ。

カフェへ戻り、隣のセブンで時間を少々つぶしていると名前が呼ばれた。
こんどは、どんな人に当たるのかな?
あのお姉さん(前回の)はいるのだろうか?

なぜか、前回と同じ席になった。
今回は、三人で座ったけど。

注文したものが届き、まもなくすると一人の女性スタッフがやってきた。

どなたからにしますか?
Eちゃんから始まった。
「愛する我が娘よ、、、。うんぬん。
 今、、、あなたは、これから多くの人の為に、、、、、
 この【手のひら】から、、、、奉仕の時期が始まって、、、、。」

この【手のひら】の言葉が出たときに、三人とも目が合った。(驚きの顔)

「え~~~。 レイキ取得したばかりじゃん。」
「この人、知らないし。って、つい先日のことだからレイキ受けたの。」

次は、Kさんの番。
「愛する我が息子よ、、、、。
 あなたは、これまで、、、

 何か、、、岩を登っているような姿が見えるんです~。などなど。
 何でしょう?崖なんでしょうか? 

 ※Kさんも神妙な顔、、(笑)

 あなたは、多くの人の灯台となり、休ませ、また元気に見送り、
 また、あなたのところへ多くの人が来るのです。」などなど続いた。


そんな感じ。
この時。Eちゃんがびっくりしたような顔をしていて、目をシバシバさせていた。

話の内容に、私が感じていたKさんの優しさを言葉の中からも感じとれ、
「ほんとに、そうだよな~~。このKさんは、ホントそんな感じなんだよ。」
と、思っていた。

でもEちゃんのビックリ顔の原因は、終わってから知った。

そして、私の番がきた。
「主は言われます。愛する我が娘よ、主はあなたを愛している。と言われています。
 あなたは、今、井戸を掘っていく時です。そういう時だと主は言われています。

 今まで、井戸を掘るのは、結構大変だな~と思っていたかも知れませんけど、
 今までは、目の前にある事だけでも、もうこれ位で、いいんじゃないかと思えたときが
 あったかも知れませんけど、今ひとつ心を決めて、今深く掘り下げていく。
 そして、命の水がどこにあるのか、それをしっかり探し、求めていく、そんな者となって
 行ってほしい。と主が言われています。

 あなたの中に、あなたが思っている以上に、その本当に何か、、探究心って言うので
 しょうか、そのような者を持った娘として私はあなたを見ています。と主は言われています。
 そう言う中で、あなたが多くのものを発見してあなたが本当に喜んでいる、ほんとに小さな
 子供のように目を輝かせて、「これを発見した!」という目を輝かせている姿を、私は見て
 います。
 そして、私は、これからその姿をもっと、もっと見ていく事になるでしょう。と主が言われて
 います。(少々笑)

 そして、あなたが、ほんとに見つけた物をほんとに多くの人たちに知らせ、そしてその良さ、
 それは、どのような物であるかをという事を多くの者に知らせていく為に私はあなたを導い
 ていくでしょう。と主は言われています。

 あなたが、もっともっと神様の深みの中に、え~神様の準備して下さった中に、深みの中
 に入っていくものとなって行きますよ。と主が言われます。

 なんか、井戸というか、何か掘り下げるようなものが次々に出てくるんですけど。
 なんか、そのような者です。と主が言われています。

 え~あなたが、神様の準備してくださった、え~食卓、え~ご馳走と言うのでしょうか。
 私たちが、神様のためにご馳走を用意するのではなくて、神様ご自身が、あなたの前に
 テーブルを準備してくださる。そのような方であることを知ってほしいと主は言われてます。

 主が言われます。天の父というのは、すべて私たちの為に、すべての事を準備してくださり、
 そして、ご馳走、、、なんかこう私たちの心に力や、ほんと喜びなどが湧き出すような、そして
 疲れきった心を、もう一度、力を与えてくださるような、そのようなもてなし食卓を与えてくださる
 方であること、そのことがあなたの人生に日々体験することが出来るように、導いていきたい
 と主が言われています。

 あなたが、、う~ん、、、もう少し行ったところで、何かに対して立ち向かう?
 え~そして、何か奪われていたものを、、、奪い返すという、と言うんですかね、、、
 回復するというか、そういう所を通っていくでしょう。と主が言われます。

 もう、すでにあの人に何かによって盗まれた、奪われた、、、。でも、あなたは、もういいよ。
 とあなたは、思っているかも知れないですけど、主ご自身が、もう一度あなたの手にそれを
 回復させる、と主が言われています。
 
 その時、あなたは、神様の智慧をしっかりと戴きながら、その事に直面し立ち向かうことが
 出来る、、、そう言う勇士としても、、、あなたを立たせて行きます。と主が言われています。
 
 私は、あなたと共にいますし、そしてあなたが歩む一歩一歩、その道が、そのあなたにとって
 楽しさ、また喜びに満ちた、ほんとに、そう言う道になっていく事が出来るように、あなたを導いて
 行きたいと主が言われています。」


ひえ~。今聴きなおすと、こんなに深いメッセージだったのね。(驚)

この時も、確かに嬉しくって、「うわ~。」って感じがあったけど、、、、。

やはり、、、ジャンヌの事を聞いたと時から、今後、何かあるだろう。。。
と少々、予感めいたものが、ここで言われてしまったような気持ちが、、、
今後の起こりうる事柄について、汗 もんなんだ。と思った。
だた、一人じゃなく、導きの中でミカエルもいるし、そして喜びになるのだと
再度、覚悟を決めたというか、、、、ね。  うっ、、、今まさにね。ドキドキ。

残りの飲み物を一気に飲み干し、皆で外へ出た。

三人とも、同時に「びっくりしたね~~~!!!」

そしてKさんのことで、Eちゃんが、目をシバシバさせていた訳は、彼が
ロッククライミングをしている事を知っていたからだというのだ。

「だから、岩か~~~~!」と叫んだ。

なるほど、それは誰も知らないよね。しかもメジャーじゃないし。(爆)
そして、伝えている人の手振りが、いかにもロッククライミングを様子
を表していた。  見えてるんだ。視覚化も同時にしてるよね。と話が
盛り上がった。

帰りに穴八幡神社に寄った。三人で参拝するときには、中が閉まって
いたけど、Kさんが、「この木だ!」
とにかく、昔から、Kさんは、エネルギーには敏感だったらしいから、信頼できる。

「この木から発しているよ。とてもいいよ。」と言ってくれて安心した。
みんなで深呼吸をして、小さいころは、石や植物よ会話が出来たEちゃんが
「この木に触れていいな?」と言った。

「木に確認をとってから触れるものらしいから、聞いてみよう」

と言った数秒後に私と同時に、
「いいよ。」って言った!!! と彼女も言った。子供みたいに笑った。

そして、この日も最高に楽しく過ごせた日でした。

私は、何をするんだろ。。。何を奪い返すのだろう。。。

*  *  *

長くなったけど、区切らずアップします。読みずらいかな?
カフェのほうが終わったのだけど、今日はこの先は次回にするか
思案中です。また走りだしたら止まらないもんね。(汗)


【何も変える必要はない】-4【混乱①】へ

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?