FC2ブログ

マイケル・ジャクソンの移行

 26, 2009 23:18
2009/6/26(金)晴れ

IMG_1483.jpg

今朝は、マイケル・ジャクソンの急死で始まったね。
ちょっと、驚いたけど、、、

とにかく、ここ(地球)での任務に心から「ご苦労さまでした。」って感じ。
分かっていても、ちょっぴり淋しい気持ちもあったり。

労いをこめて、、、下記のシャウドを引っ張りだしてみた。(笑)

↓  ↓  ↓

新しいエネルギーシリーズ シャウド 5:
「あなたの新しいエネルギーの情熱」  質疑応答
クリムゾン・サークル 2003年12月13日

質問3(インターネットから、リンダ読み上げる): 親愛なるトバイアス、マイケル・ジャクソンについて少しお話いただけますか? 彼は、有名人であり、私達の心にいろいろな意味で影響しています。特に、この頃は。

トバイアス: 実際、私達は・・・

リンダ: あー・・・あと2つ目があります。そしてまた、神であると公言している人もいます。女性エネルギー、男性エネルギーは大きな課題でもあると思います。それについて少し説明してください。ありがとうございます。

トバイアス: 実際にやって来て - 何と言ったらいいのか - ある意味で、彼らの高い地位のお蔭によって他の問題を暴露するために、高い地位、高いプロフィールを達成するよう自分自身を犠牲として捧げる人がいます。特にこの場合には、この親愛なるマイケルとして知られている人、彼は実際に(大天使)マイケル(ミカエル)のエネルギーを持っています。彼らは小児虐待などのような問題を明らかにしています。たとえ彼らがそこに直接関係していなかったとしても・・・特にこのケースの場合には誤って非難されていると言えるでしょう。

しかし、この魂はこの問題、起こっている虐待に対して注意を引き起こすためにこれをすることに同意したのです。この魂は実際、自分なりの方法で男性性と女性性を統合することによって、自らが表現するのを許すことによって、生を祝福してもいるのです。彼は今、彼のほうに向けられた批判的なエネルギーによって大変な重荷を背負っています。それはかなり長い間彼のほうに向けられてきています。このことは彼の健康、彼自身のスタミナにも犠牲を強いています。でも、彼の傍には、私達の側から、大天使マイケルのファミリーからやって来た天使達がいて、彼とともに働いています。

この世界にやってきて、バランスが崩れているものに注意を惹き付けることが彼の情熱だったのです。それほど遠くない昔に、DNAの重要性について注意を惹き付けるためにやって来た者もいました。ですから、親愛なる友たちよ、思いやりの場所からあなたがやって来るときには、審判(judgement)から抜け出るのです。あなたは本当に起こっているものが何であるかを理解します。どのようにこれらの親愛なる魂たちが、地球上に啓発をもたらしているかを理解します。ありがとう。


このメッセージを読んだときは、色々な疑惑などがあった時だったのかも。
「へ~、そうだったんだ!なるほど。」と思ったので記憶に残っていた。

まだ、娘たちが赤ちゃん、幼少の頃、「BAD」のCDを家族が寝静まってから
ヘッドホンでよく聞いてたっけ。その頃が一番カッコイイ時期だった。
マイケルの声がなんともステキで、とくにバラードっぽい曲がお気に入りだった。

*  *  *

ここしばらく、blogの気分って感じでもなく、、、なんだろな、
かと言って職場のスピ仲間と休みを合わせて楽しく過ごしたりもして
いたのだけど、、、。
※この時のことは、次回書けたら書こうかなと思ってます。


そう、少々ストレス交じりって感じもあったかもしれない。
「待機」の状態からなのか、そしてやたらとエゴもチラついたりして、
チャネラーさんも、「まだまだ出てくるよ~~」と言っていたので、「ホントだぁ~」と
感心さえした。出てくるってことは、また更に進んでいる事だから、悪いこととは思
わないけど、「早くスッキリ無私になりたいもんだ。」と思う、今日この頃です。

ネットでカードを引くと「タイミングを数えるよりも、今を楽しみましょう」みたいな
メッセージで、ほんとだ、期待などは超えていたのに、いつの間にかタイミング
自体を数えてしまっていたのかも、、、。と「ホントだよ(汗)」と思った。

「全部、知ってる、認める、受け入れる! 手放す!!!」ってね。
持っていってくれ状態?(笑)

そんな数日で、今日は「恐怖」と「緊張」が久しぶりに出てきた。
全く、何度体験しても辛いもんだ。
今回のは、「私のじゃないかな?」「どこから来てるのか?」と分からずに
いろいろ内側をみていた。
でも、やはり自分から出てきているように思うけど、これ!というのが
ハッキリせず、、、。ん~~~。でも、深いところには、ここまで来ても
あることを知った。これってこの先ってどうなんだろ。肉体ある間って。
まだ、新しい自分になる事へ、深いところでは怖いのかな~~~。
自分で思わず「アホか?」と思ったけど、単純にワクワクしてたらいいじゃん。
って。   まっ、いろんな面を見せてくれるわ。


先日、アップされていた「光の息吹」を読んで、「やっぱりな==。」
と、感じていたことも確信して、このときは、ワクワクしてたんだよな。
そのままワクワクしてれば良かったのにね。

光の息吹より
「シートベルトを締めて! 2009年6月14日」
【抜粋】
なぜなら私たちの多くにはほんの少ししか残ったものがないからです、私たちは今、空っぽになったようにとても感じているかもしれません。私たちはおそらく消耗して、疲れて、私たちのソースから、もしくは自分たち自身のプラグからコンセントが外れたように感じているかもしれませんし、ちょうど宙に浮いているかのように、ここからそこへ方向感覚もなく漂流しているように感じるかもしれませんし、私たちを進ませるものがないように感じているかもしれません。なぜなら、私たちはすべてを手放し、白紙の状態でまさに新しく始める準備をしているところだからです、私たちはもちろんその‘新しい’ものがどんなものなのかすらわからないかもしれません。

私たちは過去何年か、そしてついでを言えば、私たちの全人生を通して、かなり堪えてきました。それは長い運搬でしたし、私たちはその仕事をよくやりました。私たちはうまく惑星を私たちがかつて具現化していた振動に上げましたし、今私たちはより碧い牧場、新しい現実に向けてまさに出発するところです(そして再び、私たちはより低い次元にいる人々を私たちがいるところに着くように助けるでしょう、そして旅は続きます・・・ただ今それがより簡単になっているでしょう)。

このように、私たちは見せかけの引退や功労賞、そして実際に天使の羽根を得ました。これは私たちの新しい場所は愛情をこめて今私たちに準備されているということです。そして私たちは何かをする必要がありません。私たちは私たちが経験したことや達成したことによって宇宙からとても高く尊敬されています。私たちは今、地上の天使であることを認められています。そして、それは今私たちに準備されています。たとえ新しい現実を創造することが私たち次第だとしても、それにも関わらずそのスペースはとても愛情深い手によって準備されています。このように、位置につけられつつあるたくさんの、たくさんのピースがあります。そして私が過去何週間も言ってきたように、これは重要な動きであり、しばらく時間がかかっています。

私たちにまもなく展開されることは、もちろんとても違うことでしょう。これは私の非物理的な仲間がすべてが変わるだろうと言ってきた時に言っていたことです。私が今回はたくさん創造することはできないと何週間も書いてきたのはこのためです、なぜなら、もし私たちがしても、すべてが間もなく変わっていくので、私たちは単にそれを繰り返すことになったからです。私たちにほとんど役立たないのはこのためです、そして私たちがほとんどすべてにおいて‘止まれのサイン’のエネルギーを経験しているのはこのためなのです。もし新しい自己や新しい出発に具体的に関係しないなら、何も起こることは許されていませし、これらの新しい顕現はまるで糖蜜のなかの亀の歩みのように到着するのです。

ほとんど毎日のように、私には新しい‘あ!’があります。そして、たとえそれが大して何も起こっていないように見えても、私は物事に気づき、より高いレベルの情報にとても速い速度で開いていくのです。私たちがいるこの普通でないスペースでおこるその他の神聖な出来事は、私たちが中心にある、今にあるという経験なのです、そして、すべては神聖かつ完璧な秩序にあるということを経験しているのです。私はこのメッセージを書くということ、愛すべき不思議なスペースにいる私の読者の多くは信じることと信念、もしくは天使のセルフと結びつく、そんな愛すべき不思議なエネルギーに関することを、何年も経験していません。見ることは神聖です・・・あなた方の手紙はとても驚くべきもので、読むのはいつも喜びです。本当にありがとうございます・・・私は家族のようなあなた方がいることで祝福されているように感じます

私たちは新しい出発、新しい貢献、新しいセルフ(自己)を知り、計画する必要がありますか?それは私たち自身次第ですか?

まもなく、私たちは変わった予測不可能な収入源を与えられるでしょう、決して考えなかったような機会がやってくるでしょう、私たちは普通ではない申し出を受けるでしょう、驚くべき贈り物が与えられるでしょう、そして、決断する必要があり、私たちが行きたいと望む方向を決めるでしょう。大きな変化、新しい方向性が私たちの多くにやってきます。それはすべて新しいものでしょうし、私たちはあたかもある現実や経験を後ろに置きさり、今とっても新しくて違う何を始めているように感じるでしょう・・・。とても新鮮でまっさらな・・・。そしてまるで私たちは新しい靴を履いて、まったく新しい世界で、まったく新しく再びスタートし直したかのように感じるでしょう。

いつ、そう、いつこれは起こるのでしょうか? これらのことは正確に予測することは不可能です。これはなぜならいつも、しかしいつも、私たち次第だからです。そうです、6月の夏至はもっとも確かにこの新しい現実に新しい方法で私たちに錨を下ろすでしょう。しかし、私たちはいつもできるだけたくさんの人が乗っかれる道を採るようなのです・・・このようにして物事が時には何年も遅れるのです! いいえ、あなた方のほとんどが知っているように、今回は何年もかかりません。

一度、新しい顕現、新しい開始が到着し始めたら、それは雪だるま式に増えていくでしょう、なぜなら私たちはみんなつながっているからです。純粋な完璧に合った方法で、これらの新しく浄化された個人や場所が私たちに結びつくのはその時です。私は何週間も、私の完璧なパートナーや仲間が間もなくやってくるということを聞いています、新しい世界や新しい現実と同様に、私たちの経験はもちろんとても違っているでしょうし、それは神聖でしょう。それは振動において、言い換えると、地上の天国において、浄化された合致(マッチ)に関するすべてです。

物事が今止まったようにさえ見えているかもしれませんが、それは私たちが顕現しようと計画している確かなことが単に起こらないということは意味していません。いくつかは起こるでしょうし、いくつかは起こらないかもしれません。そして、もう一度、私が肉体を残して去ると言っていると、宇宙船が私たちを連れ去りに来ようとしていると気にしている人たちに対して、これは私が言っていることではありません。

私の星の仲間が新しい家が私のために準備されていると言った時、それは文字通りの意味ではありません。そうです、私たちのうちには、地球上で私たちが今いるそして間もなく創造するほとんど完璧に合致する新しくて違う場所に移るかもしれません、しかし、私たちは私たちがまさにいるところでこれらを創造することができるのです。私の星の仲間が私がこの現実を去り、連れて行かれるかもしれないと言った時、それは私が宇宙船で去っていくということを意味したのではありません。次元は次元の内に存在しています。私たちがある一つの次元を去る時、私たちはまさにここ地球上の別の次元に行きます。私たちは上にも他にも行かずに経験します。このように私たちは地上の天国に行くことになるでしょう、そして私たちがいるところに到達できるように準備のできた人を助けるでしょう。


*  *  *

そんな数日間でしたが、、、
元気つけるように、不思議なことも起きてました。

ささいな事なんだけど、パソコンから「鳥のさえずり」が夜なのにするの。
何度も確かめたけど、画面は「Outlook」と「yahoo」の検索後の画面で、どの
サイトも開いていない状態だったのです。

数ヶ月前にも手品みたいなことが数回あったのだけど、、、
今回は、最初はどこから聞こえてくるのか分からないので、ベランダを数回
開けてみたり、壁に耳当ててみたり、かなり怪しげな姿で動き回りました。(爆)

そのあとも、マウスは動いていないし、触ってもいないのに、カーソルの先
の部分だけが、ピコピコ微妙に動いてってるし。
全く、笑わせてくれます。

決して、一人ではないようです!


------------------------
[過去3ヶ月の目次]
☆My Blog-2009年【目次】-7(4-6月)

スポンサーサイト



COMMENT 1

-  2009, 06. 27 [Sat] 17:30

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?