FC2ブログ

5月の流れ-5【Eレッスン2】

 20, 2009 21:58
2009/5/20(水)晴れ

IMG_1358.jpg

またしても、やられた~~~!!
これじゃ、飴(昨日の出来事)とムチ(今日の出来事)だ。

そう、今日は午後からダヴィンチコードの第二段映画「天使と悪魔」を
観にいく日だった。映画館は「新宿ピカデリー」Netで予約し、座席まで
指定できるので、とても便利だった。

朝、せっかくの休みだったが、妙に早く目が覚めて、、、。
掃除、洗濯しても、時間はたっぷりあった。


映画館の近くには「紀伊国屋書店」もあるし、少し早めに出て寄ることにした。

久しぶりに「アセンデットマスターオラクルカード」を引いてみた。

引いたカードは、「大天使ミカエル」だった。(笑)やっぱし!

「YOU CAN DO IT!  ~あなたはできる!~ 」大天使ミカエル
自分に自信を持ちましょう。
あなたが考えている正しい道を歩んでいきましょう。
今が動き出すときです。
一歩一歩、ステップを踏むように進んでいきましょう。


なにが、「YOU CAN DO IT !」だよ~~!うけるっ!
で、何が、あなたは出来るなのさ~?
ま~何事もね~。そうだね!

おちゃめなカードで、そばに居てくれていることを確認し、今日は楽しむね!
と気分良く、映画館へ向かった。

とてもキレイで、レディースデイとあって女性が多いかな?と言う
感じがした。受付は、機械にメールで番号を受け取ったものと連絡先の番号
の入力をするとチケットが受け取れた。
ゲート「6」で9Fだった。
「ミカエル、ステキな所だね。キレイでよかった~」と心の中で会話した。

私が予約した時は、まだ空いていて選び放題だったので、スクリーン、座席
の位置はバッチリだった。着くと座席は、さすがにほとんど埋まっていた。

ん?隣には、一見、ハットをかぶった紳士的なおじいさん??
へ~、お年は召しているようだけど、こんな映画も楽しめるなんて
ハイカラ?と思っていたが、、、

私は、そのおじいさんの左側の座席だった。
ここで、ちょっとキョーレツなくらいの言ったら悪いが「加齢臭。。。」

これは、本人のせいではないので、数時間の辛抱だ。我慢しよう。。。
そして座席についた。

いよいよ館内も暗くなって、始まった。
しばらくすると、、、

おじいさんの左腕が、私の座席のほうへダラっと伸びていた。

「あら?左腕は麻痺かなにかかな?」と思い言うのも悪いと思い
だまっていた。

映画は面白い展開が続くけど、どうも私の太もも左脇が微かに
もぞもぞとする。それが、分かるか分からないか位なんだけど、
気のせいにしても、やっぱり、、、、。

「ミカエル~、、なんなの?」

ちょっと気味が悪くなったので、膝の上にあったバックの位置をずらし
防御した。そして、私はお尻の位置をより女性側のほうへずらした。

「なんだろ、、、おじいさん分からないのか?感覚がないのか?」
全く気付かない感じで映画を観てる様子、、、、。
「でも、何気に微かに指が動いてる感じもするし、、、。」

お尻の位置を二、三度動かし、もうこれ以上はムリっって思ったときに
さすがの私も切れてきた。

「何で、私がこんな窮屈な思いして映画を観なきゃならんの!!!!」

そして、横目で見るとさっきよりもおじいさんの腕の位置がずれてるじゃん!

「やっぱり変だっ、このスケベじじい~~~!!!!」←段々感情入って汚い言葉になる。

私は、おばさんだけど、あんたからしたら何十歳と若いわね!(爆)
暗いし、わからんか。
今日はレディースデイだから女性の横は確立的には高いよね。

映画の字幕を読みながら、、、匂いと頭の葛藤、、、。

もう、このままには出来ん!

「すみません。」と軽く腕をたたいた。

「しら~」と知らんぷり。

「すみません!」と二度。
まだ、無視。

三度目は、肩をたたき、「腕、、、。」じいさんの腕を持ち上げ、じいさんのヒザの上へ
腕を戻した。

目はあったが、何も言わん。「ふ~ん」って感じ。

かなりの侵略。何だかとってもムカついた。こんな体験は始めてだし。
もっと、声を大きくして言えばよかった。と思った。
「チカンに間違われますよ!」って。

昔の私なら泣き寝入りしたかも知れない。
はっ、私が怒っていたら、セクシャルウィルスの思うツボじゃん。
エネルギーはやるもんか。奪わせないぞ。と深呼吸を数回した。
息も吸い込みたくなかったけど、、、。

落ち着けて、、、こんなの大した事じゃない。
かわいそうなバランスを崩したじいさんだ。と思おうと努力した。

ようやく、座席を自由に使えるようになって、映画を真剣に観ることが
できるようになった。

最後、映画が終わり、エンドロールが流れた。
少しずつ人は立ち上がっって帰っていく、、、。

私は、このじいさんが、どういう素振りをするか確かめたかった。
一刻も早く、脱出したかったけど、確認せずにはいられなかった。

確認って???左腕がちゃんと動くのか!(笑)

ようやく、会場が明るくなった。「よし!」
もう多くの人が立って会場を後にしていた。
じいさんは、しぶとく立ち上がらない。
「しぶといな、でも絶対確認しよう。顔も。」

じいさんも私が先に出るのを待っていたかも知れないが、ようやく
じいいさんが立ち上がった。

「げ、やっぱ腕動くじゃん。」(汗)
私は、ジーと見ながら、後について出て行った。
「何?左腕、、、ちゃんとポケットの中に入れちゃって。」

エロじじい~~~。と心の中で叫んだ。どういうわけか気持ちが
収まらなかった。こんなこと珍しいけど。

「ミカエル、どういうこと?面白い映画が半減じゃん!」
「まてよ、私が創造したの?何故?こんな選択してないじゃん!」
「おかしい~~~」どうしても腑に落ちない出来事だった。

その間には、何度も自分をなだめようとしたし、実際大した事でもないかも
知れない。

外に出ても、じいさんの匂いが鼻に残っていた。身体中染み付いた
感じだった。※匂いのことは言いたくはないが、事が事だけに、、、。スマン。

ちょっとショップに立ち寄り、カフェに入り、落ち着くことにした。
一服すると、「まぁこんな日もあるさ。映画自体は面白かったし、いいよ。」
そして、また帰りに本屋へ寄りたくなった。
その時はカードという頭ではなかったのだけど、コーナーへ行くと、思わず
映画を観る前に引いたカードを無意識で手に取った。

「はっ、そうだ引いてみよう」
そして、出たのが下記のカードだった。

「Clear and Shield Your Energy ~
 あなたのエネルギーを浄化して、保護してください~ 」エルモリア

あなたは繊細なため、他人から不快なエネルギーを吸収してしまいました。
エルモリアと大天使ミカエルに頼んで浄化してもらいましょう。
不快なエネルギーには近寄らないこと。


というような内容だった。

「うわ~~~ん(泣)吸収しちゃったの~~~???」
「げ~~~~!!!助けて、気持ち悪い。」

近寄らないように。って言ったって座席指定じゃん。

で、数歩歩いてから、「ハッ」と気づいた。
「これは、エネルギーのレッスンだ!!!」

ミカエルが「そのまま、エネルギーを学んでください」って言って
いたのは、レイキ/ヒーリングからなのだと思い込んでいた。

「バカ、バカ、バカ~~。ミカエル!なんだよ!そう言うことだったんかい!」

そして、最初に引いたカード!「あなたは、出来る!」

だからか~~~!!!絶対、上で笑ってたに違いない。

「出来るもなにも、とにかく早く浄化してよ~~~!(すがる思い)」
とにかく、早く家についてシャワーを浴びたかった。

でも、理解したとたんに怒りは吹っ飛び、通り越して噴出しそうになった。
自分でも、自分の行動に笑いが出てきた。カードのメッセージも何もかも。



シャワー入りましたとも~。塩を身体に塗って。(爆)
服も、匂いやら、とにかく気持ち悪くて、洗濯機に塩まで入れて洗った。←初めて。

そして、一服して
「ミカエル、、もうエネルギーのレッスンはいいんじゃない?」

「まだ、まだ!」って聞こえたように感じた。(笑)

レッスンは在り難いことだけど、、、全く予測できん。今後はどんなエネルギー
を知る必要があるのか。。。

でも、やっぱり私のオリジナルプロセスは、おもしろいんだよな~~。
と終わって振り返るといつも思う。

今日の日中のことだけで、こんなに長くなっちゃった。(笑)

スポンサーサイト



COMMENT 2

yoham(ヨハム)  2009, 05. 21 [Thu] 07:12

IRISちゃん

まじ、うけます!!!

いや~。映画見直したい(爆)

ね~、麻薬患者のエネルギーとエロじじいのエネルギーの体験ならどっちを選ぶ???(笑)

これさ、シャウドの「ナーユー」を思い出したよ。


Edit | Reply | 

IRIS  2009, 05. 21 [Thu] 03:44

爆笑ですわ

BLOGでこんなに笑わせてもらったのは
初めてですっ!!

その場に居なくてもまるで私も
そこにいるかのように、ある意味疑似体験させてもらいました(爆!!!)

とても良いレッスンですね~

とにかく面白過ぎます!!!

Thank‐you❤


Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?