FC2ブログ

これまでのプロセス【お金編】-5

 17, 2007 18:39
2007/11/17(土)晴れ時々曇り

アリオ
Ario

これまでのプロセス【お金編】-4の続き
http://yoham2007.blog123.fc2.com/blog-entry-38.html

昨夜は、タイトルは浮かんでも、どこから書いていいものやら。(爆)

最初は、二回ほど、データが消えたし。
さすがに、二回目は、もうやめようか、と思ったけど、こういう時こ
そ、最初よりは、ずっと良くなるもんだ。と気を取り直した。
その後「yoham どうすんの?」って感じで、しまいには、必要ない言葉
は消してね。と委ねた。

といっても、私の表現だから、私に責任があるわけで。
二人羽織みたいだね。(爆)

手帳を見たり、本で探したり。
書きながら、どうなるのだろう。って思って(笑)
いきなり、最後の部分の書くことが浮かんだり。自分でも途中で訳分か
らなくなるところだった。
思い出してみると、なかなか面白い再発見もあったりしたけど。

最後はなんとか本題の筋に戻ったので安心した。

ミカエルの本は、どの本のどこに書いてあるかは、思い出せなかったの
で、手に持ちながら、ミカエルに頼んだら、すぐそのページが見つかっ
た。ありがとう~。ミカエル。(愛)

*  *  *

アセンション・シリーズシャウド9
http://shoud123.blog.fc2.com/blog-entry-68.html

『人間にはそういう習癖があります。何かを手放す用意ができたとき、
手放す前に新しいものへの答えがどういうものか知りたがります。
「新しいエネルギー」ではそのようには働かないのです。
まず空白に入ってださい。私達が「空白」と言っているのは、しばらく
の間、あなた方はそれをただそのままにするのを許すからです。それを
あなた方の人生の中で考えてみましょう。ひょっとしたら、それは仕事
についてかも知れません。あなたの足元から仕事が取り去られたかも知
れません。
すぐ別の仕事を見つけたくなる傾向があるのです。
それを置き換えたいという人間の強い習癖があるのです。あなたは請求
書が積み上がり、預金がなくなっていくのを見るでしょう。あなたは叫
んで言うでしょう。「私には別の仕事が必要だ」と。それよりも、空
白、アセンションの空白の中に入ってください。
あなた方の人生にはいろいろな課題があります 。』


昨年の「空白」に入って、「情熱」「薔薇の果実」を待ちくたびれて、
かと言って、生活の心配も出てくる。一回目の時が特にそうだった。
上記のように、たしかに、シャウドに書いてあるとおりで。(爆)

だから、二元性を手放し、すぐ仕事を見つけないで、じっとしてました
よね~。
「解決策」は、確かにすぐに新しい仕事を見つけず、違う方法で生活し
ていた訳だから。そういわれれば、そうかも知れない。
これ、なかなか気付けないよな~。ずっと待ってたもん(笑)

私くらいなんだろうか。(爆)

だから、いつの間にか「新しいエネルギー」に入っていることも知らず
に、動けないでいて。(爆)
昨日の文章に書いたように、有意義にこの期間過ごしてはいたけどね。

さすがにしびれ切らして、どうしたら良いのか聞いた時のこと。↓

【2006/10 チャネリングから】
「自由」を選択しても、なんらかの方法で生活費は入ってくる。しか
し、自分に無理をしなくても良い。
いきなり高いところから飛び込むより、ここ三次元の生活にあった方法
(なんでも良い)をやりながらでも、少しずつ無理なく物事は進んでい
く。

と言うことだった。

で、私は仕事をし始めたけれど最初は、自分の見つめる時間がほしいか
ら、短時間のものから仕事を選択し始めた。だけど割と肉体労働だっ
た。

【2006/12 チャネリングから】(アドバイス)
■ 仕事はお金が先にならないようにすること。(なると違うエネルギ
  ーになる。)
■ より、自分のしたいことに向ける。
■ 制限を自分で作らないこと。
■ 無限(可能性)、余白は楽しく過ごすことを、もう一度感じてみる
  こと。
■ O地点がずれた時は自分でチェックすること。
■ やりすぎた時には、体を通して教えてくれる。


この頃になると、体の繊細になってきており、とても疲れやすい状態だ
った。仕事帰りには、どこかで休憩を取らなければ、帰れないほどだ
った。

そこで、違う仕事を選択した。、それは上で、仕組まれた、仕事のよう
だった。
デスク仕事で、座っていられるし、体力的には全然楽だった。一石二鳥
だったらしい。生活費+経験。
私にとって都合の良い職場だったらしい。
たしかに、居心地はさほど悪くはなかった。給料も。

そして、年末、自分自身2007年は変化するぞ。と感じていた。
だけど、年が明けても、一向に毎日、仕事、家事が精一杯で変化は感じ
なかった。5月までは、本当に静かで、ある意味、年末に私が感じたも
のは違ったのかもしれないとさえ思っていた。

「少しずつ無理なく進んでゆく」と上の言葉にある。

だけど、今思えば、たった半年あまりの話だったのだと思ったら笑え
る。私たちは、先が見えないから、つい余計な心配をしちゃうこともあるけどね。

今度は、2007年の二度目の「空白」のときの状況を伝えます。続。

これまでのプロセス【お金編】-6へ続く
スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?