FC2ブログ

今後の準備-7【パラドックス】

 30, 2009 01:07
2009/4/29(水)晴れ-祝日

IMG_1332.jpg
今日のブーケ。

今日は、祝日で17時までの仕事。
仕事はのんびりムードだったけど、私の頭の中では忙しい。
マインドが忙しい訳じゃなく、さらに深く内観するために。

前回までである程度までは、進んだけど、中途半端に終わらせてくれないのは、
本来の自己ほうだ。

ハートが腑に落ちるまで、手放すまで納得してくれない。

この時点で、他の人は分からないけど、逃げることもできるのかも
知れないし、見てみぬフリも出来るのかも知れない。

私は、腑に落ちないと気持ち悪いので、そのままに出来ない。
ある意味、それも自己愛において。
だっていずれは、気付かなきゃならんし、手放さなきゃならないものだから
引き伸ばしたところで、気持ち悪さを抱えておくだけだと思っている。

前回のチャネリングで、私が「難しいな~」と残していた問題。
難しいと思うから難しいのだけど、気付いたらアホくさいほど
単純でシンプルなのは、何度も通ってきている。

でも、頭で判っていることが、腑に落ちるまでに至るまでの期間は、
やるかやらないかは本人次第で、その間は、何ともいえない
歯がゆさがある。忍耐のしどころとでも言うか、、、。少々自分にイラっと
くる。

自然に疑問符が浮かんできたら80%、、、いや95%は完了なのかも知れない。
それは、【幻想】に気付く一歩手前だから。

月曜は、いや日曜日からシャウドの「定義なく」のタイトルが浮かんでいた。
なので、月曜日には、必要なメッセージだと思い読んでいた。

ティーチャー・シリーズ シャウド9:
「定義なく」 
クリムゾン・サークル 2007年4月7日


まさしく、読んでも定義できないような(笑)内容だけど、頭で考えても
わからんぞ。形にこだわるな。って事なんだと自分なりに受け取った。

それは、ミカエルが言っていたことと同じだよね。
シャウドを読んで、「そうなんだよね。トバイアス頭じゃわかるのだけどね。」って感じ。

で、昨日の「テーマ」(笑)、「残りの宿題?」は、※一つひとつ見ていくわけだけど。

この前、チャネラーさんから【気付いたら行動】に移してね。と言われてた。
自然とそうなるのだけど。

「暇だ」「退屈だ」と言う信念体系について自分に投げかけた。

調子のよいときは、「暇だ」より内観に忙しいときもあるので、以前ほどじゃ
ないけど、根本的なことを手放していなかったことに気付いた。

今年に入ってから、私の場合は、ハートが開くものが極端に減っていった。
※チャネラーさんは違うみたいで、音楽もTVドラマも映画も結構見れるみたいだ。

TV付けても、見るものがない。音楽も感動しない。手放している段階では、
本などによる情報も反って不必要なもの、、、というか荷物をシンプルにする必要がある
ことが分かったことなどから、唯一の楽しみだった、スピリチュアルな探求自体95%程
(情報としての)は手放していた。

残りは必要なものとしてサインや共時性などによってもたらされているものだった。

今チェックしている他のサイトは、片手の指にも満たない数になっている。
※内観やインスピレーションで調べることはある。本来の自己が許したものだけ。

さて、

「これ以上何もなくなったら、私何も楽しめるものないじゃん。」

ここに、ヒントがあった。

それは、ある意味【何も無くなる】ことへの【恐れ】から来ていたことを知った。

まぁ、ミカエルもチャネラーさんからもヒントはもらっているけど、その時は「どうしたら
いいんだろう?」だけで、その時はわかっていない。

この「私、何も楽しめることないじゃん。」は、「誰が決めたの?」ってことに
なるんだよね。
【決めているのは、自分】ってことに気付く。いわゆる【思い込み】なんだけど。
それは、何にでも置き換えられる。

「○○を(物質的なものであれ家族だろうとなんだろうと)手放したら、○○になる。」
「○○になるのだろうか。」

これは、殆どが自分で思い込んでいるのが殆どじゃないか。ってね。
実際により細かく深く見ていくようになると、当たり前が当たり前じゃない。

で、「何も無くなったって、楽しいかも知れないじゃん。」←と仮定する。

今まで手放してきて、悪いほうへ行った事などないのを知っている。
持っていた時以上に、自由になり、良い方向へ向かっていくことも知っている。

なら、やってみるか?

それで、無意識に「今日、喜びの中にいる為には何が必要なんだろう。」
と言う必要性もいらない事に気付き、【何かを探すこと】を止めた。
あまり自覚がなかった。これに気付くまで。

そして、仕事中も一切PCで模索するのを止めた。
すると、何とも意外に「平和」なのにびっくりした。

チャネラーさんは、これまでにも言っていた。
「何か読みたいものがあれば読んでもいいんですよ」

単にハートから「読みたい」欲求なのか、信念体系からきている
何かを満たす為の【必要性】なのか。では、大きく違うことに気付いた。

「そっか~~!そう言うことだったのか!!」「なるほど!」

そして、更に、、、まてよ。
私たちは、この地球へ来るときに、肉体に入るときには、次元を落して
入ったのだよね。
肉体に入る前は、【娯楽】など無くても楽しく、満たされていたはずだし、
何も【必要性】というもの自体が無かったはずだった。
ただ【本来の姿】に戻るだけの話なんだから。と思った。

反対に3次元に落として何も感じなくなったから【娯楽】ってものがあるん
だよね、きっと。

今は、その逆を進んでいるのだから、あえて【手放す】ことを行っているわけだ。

「ふ~ん。そういうことだよな。」
「なんだ、単純な話。」気付くときは、あまりにシンプルで、反対に何故気付かない
のか?ってことに少々悔しさを覚える。
でも、これを腑に落すには、かなり深く入るまで、、、【降伏】するまで、この時間が
必要なんだと思う。

そしてシャウドの「定義なく」で書いてあったと思うのだけど、マインドを超えましょう。
ってこと。こりゃまた超えるのを「どうすりゃいいの?」くらいなもんで。

あと「光の体験」に対しての【待つ】【期待】の問題が残っていた。

この「光の体験」があるということを聞いたことに対し後悔もしていないし、これが
【希望】となって数ヶ月過ごせてきたのだと思う。

ある時は、自分に励みになるツールも必要な場合がある。
だけど、いつかは手放すことが必要になることもあるってことなんだよね。

通常は、「忘れた頃、、、手放した頃にやってくる。」それは本当にそうなんだけど~。
「じゃ、どうしましょ。」と思った。

頭で、口でいくら「手放します」「もうどうでもいい」と言ったところで、自分のことは
自分がよく分かる。(汗)
口で言うことは、誰にだって出来ることで。。。

人間ね、「だめだめコントロール」が入ると、
※なんか今日出てきた言葉→「だめだめコントロール」(爆)

それは、「こう考えちゃだめ。」とかね。(笑)
トバイアスも言ってるのだけど、「スピリチュアルな人間はこう考えたらダメ」とか
それも手放してください。コントロールしないで下さい。ってね。そういう意味。

それで、頭で判っているだけに「だめだめコントロール」もうるさくなる時があって。

それでパラドックスなんだけど、反対に思いっきり【執着】【期待】したらどうなの?(笑)
と思った。 あまのじゃくだからかも知れないけど。 

「どうぞ、どうぞ。思いっきりどうぞ。」って言われたら、反対に気が失せるつうか。。(笑)

でも「いざ、やってみよう~!」と思っても人間いきなり【執着】できるもんじゃないことが
分かった。

執着とか依存とか、期待もそうだしなんでもエゴだよね。そういうものって自覚してなる
人はいないか。。。(爆)
 
でも、かと言って、ほっとけば、いつまでもマインドは、チラつかせてくるし。

でも、これは、やってみるまで分からないじゃん。

「よし、思いっきり光の体験を【待って】【期待】しちゃおう!」を行動するには、
自己責任において、【どうなってもいい】を覚悟しなきゃ出来ない事だった。

【どうなってもいい】
【プロセスも遅れるかも知れない】
【光の体験もこないかも知れない】

これを覚悟で、行動した瞬間に、結果的に【手放す】【受け入れる】事になるってことに
気付いた。あはは。。。


※だからと言って真似をしないで下さい。(笑) 行うときは覚悟の上、自己責任でどうぞ。

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?