FC2ブログ

今後の準備-5【確認】

 26, 2009 02:25
2009/4/25(土)雨

IMG_1302.jpg

なんか早くから目が覚めて、なんだかチャネリングまでの時間が
妙に長く感じた。22時からだったのだけど、娘の事を聞くために
予約していたのに、結局、自分のほうも色々確認が必要になって。

ほんとうに予約しておいてよかった。

*  *  *


【本日チャネリングから】

最近の【恐れ】について【ウォークイン】と【娘との数日】について
説明してから始まった。


【恐れ】について
M:「何層にもなっている。
   ある程度はとれた。
   もう一歩深いところに目を向ける。もう一歩深くみることに恐れていた。」

私:「委ねきれた?」

M:「ある程度外れた。」

私:「まだ、あるのか~。」
  「ウォークインについてなんだけど、
   あれは、「自覚して、心の準備しなさいよ。」ってことなの?」

C:「ウォークインって入れ物の中身が変わるからウォークインじゃないのだけど、
   思考なども、全く別人のようになるじゃない?
   それとは違うのだけど、三次元的見方から、五次元的見方に変化
   するから、ある意味、変わるといえば変わる。」

   「今までと違う、新しい○○○○○に変わる。生まれ変わる。
    多次元を自覚する。」ってことみたい。
   
   「形にこだわらない事」※ウォークインにしても、何であれ。人の体験と
   自分は全く違うかもしれないしって事。
   「こうなるのかな?」「こうだろうか。」ってこともね。

   「【待つ】【期待】も必要ない。求めない。だからと言って無理はしなくて
   いい。予測ではなく委ねきる。」

   「楽しみだな~」はいいのだけどね。

私:「頭では分かっているのにね~。すごく難しいよ。マインドが頭振っても、
   何かしてて忘れていてもフッとまた、戻ってきたりして。待ってる自分が
   いたり、期待したり。委ねきることも、本当に難しい。」

C:「しばらくスピリチュアルなことから離れてみるとか?」
  「自分をみている事は必要だけど」←っていうような事。

私:「ただでさえ、何もないのに、ほんとうに何もなくなる。何もする事もなくなる。」

C:「シャウドとかも、読んでもいいんだけどね。私も本とか読んだし。
   わかるんだけど、「暇」とか「退屈」も思考だしね。そういう信念体系だったり。」

私:「そう言われればそうなんだけど。本当に何もかも無くなっていくんだね。」

C:「そうなんだよね~。私の時もそうだったから分かるけど、、、。
  もう、いいや!みたいに手放したときなんだよね。光の体験って。」

私:「ふ~~~。どうすりゃいいんだ。ねっミカエル。」

M:「人々は、、、自分の描いた【創造主】、自分が描く。
   それぞれ、描いている自分が違うと輝き方も違ってくる。
   自分=創造主に委ねる。」
   「自分(創造主)のオリジナルの体験。自分(創造主)を信じること。」

   【自覚】が足りないっていうのは、自分は【神】だという部分。

  C:「あ~~。○○○さん、まだ自信ないのかな??」

M:「○○○は、どういう自分になりたいですか?」

私:「え~~~。どういう自分って???う~ん。」
  「神と一致というか一体になりたい。」

M:「あなたは、【神】ですよ。」

C:「もう繋がっているじゃないですか~。」

私:「行動においては、いつも【完璧】って思えるんだ。
   もう自動で繋がっているって思えるし。そういうときは【神】って思える。
   何をしていてもね。  だけど、、、、。
   そうね、、、恐れのときもそうだけど、失敗したらどうしようとか、
   裏切ってしまったらどうしようとか、、、変わってしまう自分が怖いし、
   信じられないところあるよ。昨年のときみたいに、「こうだ~!」と思って
   も変わってしまったり。」

M:「人は変化するものですよ、、、。」

私:「そっか、、、そうだね。人は変化するものだね。
   少し気が楽になった。変なところで自信はあるんだけど、また変なとこで
   自信がなかったりね。」

C:「人は、多面性は誰でもあるし、いろいろな面を持っているでしょ?
  昨日、今日、明日その日によっても違うよね。」

私:「うん、そうだね。」

※「難しいな~。どうしたら出来るんだろ」と思っていてテンションが低
 くなっていたのだけど。
 途中、ミカエルが気にしてくれてて、チャネラーさんと色々話しているときに
 少し元気が出てきたら、ミカエルが、
 「少し元気が出てきて良かった~。」って言ってるよ~。と教えてくれた。
 気にしてくれていたんだ~。と思って。ありがと。

そう、チャネラーさんと話していたのは【委ねきる】という話などなんだけど、
いい意味で開き直る方法もひとつだし、マインドが何を言ってきても
全て丸ごと受け入れて、それでも【完璧】って思っていればいいんだよね~。
と話したり。
チャネラーさん曰く、マインドが言ってるときは、「そうなんだ~。」「あっそ。」
くらいでもいいしね。チャネラーさんも確かに委ねきるって、ナカナカ難しい
もんだよね。と話していた。

そうこうしている内にあっと言う間に時間がきて、娘の事を聞いた。
今は、娘に話せない内容なので、時期がきたら話そうと思う。
「へ~。そうなんだ!」って思える内容で、時期的なものはハッキリ
してないけど、どうなるのかが楽しみでもある。

その後も、元気をとり戻した私は、チャネラーさんと話をして、ミカエルに
振ったら、ミカエルは笑っていた。

そう、私が、自分は【神】かもしれないけど、神の分身とか一部とか、
そう考えるんだよね。なんというか【大いなる存在】はまた別というか
分けて考えてしまうんだよ。って言ったら。

チャネラーさんは、自分は【創造主】じゃないですか。
あっ、でもそれは、ある時期が来たら、区別とかもなくなるよ。
分かるときがくるから。そして、それも分析というか、思考だよね。
そして【一貫性】もなくなるしね。だから、自分の立場や場面で切り替えも必要
なくなるし。その場面場面で自動的に変わるし、言ってることも変わるから
それこそ自分の言ってることが信じられないわ。っと笑った。
多重人格みたいだよ。

あっ、それはシャウドにも書いてあったよ。病気じゃない多重人格(笑)。

私:「それとさ。私は「来るなら来いっ!」っていつもそうやって来たのにね!」

C:「そうそう、それはある意味【委ねている】って事だよね!
   それは、ジャンヌから来てるかもね!」

私:「そうかもね。でも私らしくて、そう言うところは自分が好きなの!
   「来るなら来い」って言うとすぐ来るし、来たらきたでビビッたり、泣いたり
   するけど、スッキリするんだよね。」
   「そっか、委ねていることにもなるか。これいいよ。あはは~。」

私:「ミカエル最後にひと言ちょうだい。」

C:「あ~。核が少し離れていたみたいだわ。」「なにか感じた?」

私:「感じたっていうより、最近マインドがうるさかった。離れないし。」

C:「核がずれるって言っても以前とは違うんですよ。
  前と今は違っていてねマインドがうるさい時はズレていると思って。」

私:「そうか~。マインドがうるさいのってズレていたんだ。
   以前ならみぞおちの所がズレているのを教えてくれたけど、みぞおちは
   静かだから分からなかった。」

C:「うん、違うんだ。マインドは今思考解除中だからね。なるべく「平和(安らぎ)」とか
  意識して。そのまんまでいいのだけど、そのマインドにはまらない事。捉われないで
  気付くこと。通常は静かだったでしょ?」

私:「うん、何も考えられないし、何もしなくていいって感じになる。わかった。」
   ミカエルありがと。」


で終了。

*  *  *

ほうとうに、、、なんだろ話している内容も分からない人には分からないと
思う。
なんて表現していいか分からないけど、またここでの難しさって言うのかな?
「どこまでやるんだい」って感じ。どこまで、、、って全部なくなるまでなんだけど。

【光の体験】はまだ通過点だけど、【完了】までいくには全て落すまで。
なんだよね。

でも、なんだか終わってからマインドがまた「シーン、、、」としているから。
ズレは戻ったかも。ブログ書いていて整理ついたんかな。

では、遅くなったんで、寝ます。

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?