FC2ブログ

3月のシャウドで感じたこと

 14, 2009 21:28
2009/3/14(土)曇り時々晴れ

IMG_1256.jpg

ここ数日間は、割りに仕事が落ち着いていたせいもあり、チマチマと
今月のシャウドを翻訳サイトで調べ読んでいた。

いつもと同じように、翻訳サイトの言葉は、理解に至らない場合が多く
あるのだけど、というか頭に残らない。感覚だけでハートで感じるもの、
その中でも、自分にとって必要なものだけは、見逃さないようだ。
けど、これを正式な日本語として表現するのは難しいようにも思える。

*  *  *

今回の生では、挙手をして肉体を持ってきたものたちは、この人生で
勇敢にも、何が起こるのかを知ってやってきました。
ミカエルは、それだけでも賞賛されるべきものである。と伝えています。

分かっている事だろうけど、、、、。ミカエルの本をパラパラとめくると、

『あなた達の目標はアセンションする為ですが、誰一人取り残されることは
ありません。分かりやすく言うならば、アセンションというのは、第一波、第二波
第三波・・・と全ての魂がアセンションするまで続いていくからです。』

と言うような内容だったことだ。

だから、結局は、未来?ではすでにアセンションしている事になり、その過程
を思い出している事になる。※これはトバイアスも言っていたけどね。

私も、今思うといかなりの影響?自分を支えていた信念体系を手放す過程で
苦しいときに思った。私は、信念体系を手放している自分も、すでに存在している
のだと、どうやって手放しているかを思い出しているだけなんだ。
だから、「必ず超えられるはずだ!」「自分で入ったのなら、自分で抜け出せる。」
そう何度も自分に語りかけた。
そして、一つの信念体系を手放し、自由がやってきた。
☆↑2008/11/22「ブログこのままで充分」-1

だから、大きな大きなな観点からすると、どのような選択(被害者・ドラマ・ゲームを続ける等)
を進んだにしろ「重要なことではない」って事になるのか。。。と言うことか?

昨日は、シャウドのQ&Aも読み終わり、さてと目に付いたのが、これまでの
シャーンブラニュースだった。
最新のは、昨日の昼の段階ではまだアップされていなかった。

久しぶりに読むと興味深い内容がいくつもあった。
CCJ【シャーンブラニュース】

その中で、ちょうど3年前のだね。【抜粋】だけど、
2006年3月/ 「この生涯の中で」
「この生涯は大事だ!」とトバイアスは伝えています。

シャウドの最初の部分では、トバイアスはこの生涯の重大さについて話しました。これはただの
生涯ではなく、他のどの生涯とは異なっています。過去の生涯はすべてストーリーや経験であり、
私たちを今に至るまで運んでくれました。

しかしこの生涯は、私たちがすべてをまとめ、肉体にいながらアセンションをするために指定した
生涯なのです。この生涯は、カルマを捨て、古いストーリーや荷物をリリースし、ドラマや処理する
ことを手放すために、私たちが選んだ生涯なのです。この生涯には、私たちは、「私はまた神です」
という原理を理解するために、自分自身、そして私たちの創造物に完全な責任を取る生涯です。

シャウドのこの部分の中では、私は実にトバイアスがこのことを重視していることを感じることが
できました。私の解釈では、この生涯は貴重で、無駄に使ってはならないという意味だと思います。
私たちの魂は、この生涯を多くの生涯の列の中の一つに過ぎないことを意図していなかったので
す。この生涯は、私たちの地球での旅の絶頂、要約、結末、そして啓示になるはずなのです。

2006年4月/ 「運命の種子」を非活性化する
トバイアスが新しい地球と古い地球に関しての話題は、その日のシャウドの中でおそらく最も
感情で満ちた部分でした。前のシャウドでトバイアスは、人間の意識の進歩によって、古い地
球と新しい地球が融合して一緒になる可能性について話しました。今回、彼は、シャーンブラ
に「この融合が30年間は行われない」と発表しました。私は、重い感じと悲しみとが部屋を満
たすのを感じました。

“なぜ融合が遅れるのだろう?”
“地球上にいるとても多くの人間が、今回新しいエネルギーと新しい意識に移行するのを
選ばないから?”

彼らは、正しいところにいたがっています。
もしあなたが、ニュースを見たり新聞を読んだりするなら、私はこのシャウドは全く驚くに値しな
い事であると推論できます。そうして、私達みんなが学んだように、より高い意識と新しいエネ
ルギーのパラダイムに移行するのは、非常に難しくて恐ろしい場合があるのです。

トバイアスが私たちに告げたように、それをすることはスピリチュアルな物理学者にとってさえ
難しい事なのです。時々、快適な何かのことに留まることは、より容易な事なのです(必ずしも
シャーンブラの属性に必要ではありませんが)。

トバイアスはここで、別の興味深い見解を示しました。
トバイアスは、古い地球の意識が、新しい地球に対する愛と深い敬意を持って、融合しないこと
を選んだのだと言いました。

古い地球は、2つが融合すると新しい地球の進化を押さえつけ、抑制すると感じたのです。
したがって、古い地球は、新しい地球がより早く前進する事が出来るように、自分からとどまる事
にしたのです。

それは、真に美しいラブストーリーではありませんか!

2006年6月/ 「私は準備が出来ています」 
トバイアスは、クリムゾンサークルの方向性が今、変化していっていると続けました。我々は、
7年のレッスン、処理すること、手放す事、および学ぶことに費やしました。7年間のスピリチュ
アルな新人訓練です。8月に始まる新しいシリーズは「教師シリーズ」と呼ばれるでしょう。
これらのシャウドは、新しいエネルギーの教師になることに焦点が合わせられるでしょう。

トバイアスは非常に明確に「クリムゾンサークルは、まだ処理やドラマを必要としているシャーン
ブラの要求を満たす事はできないので、(まだ、処理やドラマを必要としているシャーンブラは)
他の場所を探すべきである。」と述べました。


*  *  *

私は、何か、、、先月のシャウドQ&Aといい、、、この何か感じ、目に留まる内容と
いい。繋がっているように思えてならない。

そして今回のシャーンブラニュースがアップされ、翻訳サイトを使い、感じて
みることにした。

何度も何度も、理解できないような画面の言葉を感じているうちに、
ジェフの体験した事とここ一ヶ月、自分が感じていたこと。
そして、「それは重要ではありません」の意味というか理解。

理解する人はするし、理解できない人もいるかも知れない。
または、理解したふりをするかも知れない。(笑)
この大きな流れというか、、、、。
でもそれは、それぞれ感じるままにが最善。 ってことで。それでいい。

シャウドの内容も全部理解できているわけじゃないし。
解釈も違うかも知れないけど、なんとなくシャーンブラニュースとの繋がりを感じて
みると、、、そんな感じなのかな?

抽象的な表現しか出来なくなってしまう。

で、思うにアセンションまでの道のり(経験)は、その魂の選択次第で、どう受け取って
いくか。そして何を手放していくか。
いずれは全て手放すのだけど、そのやり方も様々で。困難、長い、短い、簡単。

トバイアスが言うように「それは重要ではありません。」を道すがら思い出して
多くの魂が進んでいくといいね。

そう思えない時もあるのは十分に理解できるけど。
何が起ころうとも、やっぱりピンチはチャンス。

これって考えてみたら、シャウドを読んでない人は意味不明だよね!?

で、、、、DVDを観て、そう本が届いて少しずつ読むうちに、、、自分の中の
スイッチが入ってきたというか。
「これが私だ!」という感じがハートを踊らせる。

本番はこれから(※しかし、それまでが長すぎ。汗)なんだけどね。

そうしながらも、あれからも今生の数十年間の理解が一気に進んだとも
いえるかも知れない。腑に落ちていく。

これまでの体験が、どのように気付きを与えてきたのか、何を探求してき
たのか。そして、その様々な体験が方向性を与えてくれていたギフトであった
ことなどが見えてくる。

そして、体験から色々な「問い」が生まれ、探求を続けていたように思う。
でも、気付いてみると、あっちこっちと情熱はどこか、役割はあれか?
なんだかんだと色々壁にぶつかっていたように思うけど、結局はこんなに
シンプルで、これを知るために探求してたのか。。。と少々気付いて。。。
愕然。

このプロセスに見えてくるのは、やはり最後はとっても単純・シンプル。
何故気付かなかったのか。。。いや、ミカエルの本にもそしてクツミも言って
いたのだけど、その時は気付かないのだ。ほんとうに腑におちるまで、、、

そう考えると、
「それは経験です。重要ではありません」とトバイアスが言うのも納得?!

*  *  *

そうそう、、体調のことだけど、今回のQ&Aで1月に私が陥っていた体調不良の
同じような症状で質問したシャーンブラがいたんだ。
ホルモンのバランスについて。

私も一時は、非常事態と感じたのだけど、シコリ、指の爪は一本ずつ
何もしなくても折れ始め、小さな傷も腫れ、そしてホルモンのバランスが
崩れていた。更年期障害か??浄化か何でもいいが。

あれから、色々調べたけど結局続けているのはストレッチとスタンダードテクノロジー
を今は、週に4~5日。時にホッカイロを丹田に貼る。
時に手を当てる。
先月、二月に入ってからは徐々に調子は戻っていった。

あなたのDNAは変わっています。
トバイアスは調節しようとしないで、スタンダードテクノロジーを使い身体を信頼する
ように、身体に触れ、身体を鍛えてください。
DNAとホルモンの変化を自然な方向でプロセスを流れさせてください。
身体の調整は、これまで全ての流れの最終的な調整である傾向があります。

簡単に書いたけど、このような事が書かれているのだと思う。

今後また、意識を向けさせられるかも知れないけど、バランスを取るために起こって
いることなので、それを認めてプロセスの経験をさせてください。という感じ。

だんだん身体の調節も簡単になるかっも知れないけど、肉体あってのもの
なので、続けていく。 やっぱ続けていると違うと思う今日この頃。

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?