FC2ブログ

【主権をもつ】ということ-(2)

 25, 2009 20:53
【主権をもつ】ということ-(1)

2009/2/25(水)曇り-新月-

IMG_1233.jpg
今日のクリムゾン色のミニブーケ。

なんて。ここはステキな場所(ところ)なんだっ!!

前回、【主権をもつ】ということ-を書いてから、月曜日は静かな時間を
夜は過ごした。それは、満ち足りていて、十分すぎるほどの充足感と、自己愛と
安らぎ・喜びを静粛の時間を過ごした。
何も必要性もなく、ニーズもなく、【ただ在る】ことだけでいい時間だったし、
その後も続いている。とてもクリアで、孤独感もいつの間にか薄れていた。

以前昨年10月ころ、Blogの中で【自分自身と恋をする】1-4を書いたけど、その後の信念
体系を落したあとの【このままで充分】1-3を体験などが、もちろんベースになっていて、
【あるがまま】は、今ではそれがより拡大していて【自由】になり、この人生もプロセスも
すべてひっくるめて【丸ごと】自分に恋をしているような感覚がある。
より完璧性、完全体を自覚し、信頼することが出来るようになった。

2009/1/25のチャネリングでの確認のときに、ミカエルが言っていた
↓の言葉の意味がより分かってきた。
『あなたは、すでに完璧であるという事を、、、。
 今ひとつ完全体である自分を意識してください。』


そして、今日。
本当は、23日(月)は休みだったのだけど、今月の初めころに
仕事仲間から休みの交換を頼まれて本日が休みになった。
あまり無いことなので、何かあるのか。。。と思っていたけど。

昨夜のアップされていたのだろう下記のメッセージをゆっくり読むことが出来た。
そして、全てに感謝が溢れてきていた。

下記のメッセージが、前回のblog【主権をもつ】ということで書いたことへの返事とも確認とも
思われた。「新しい自分」。

「師匠(セント・ジャーメイン)、ありがとう。。。皆さんありがとう。」と言葉が出て
くる。そして自分にも。

そして、「自分が何者であるか」さえも、関係なくなってきた。
本当に必要なものは、自然に集まってくるし、情報も来るし、
完璧なタイミングというか、完全なる秩序というものが分かってくる。


〔mixi〕Arrived Energy On Earthより
霊的な主権 ― 聖ジャーメインのチャネリング

Friday, January 2, 2009

By Alexandra Mahlimay and Dan Bennack
Cluj-Napoca, Romania


私は、聖ジャーメイン。
人間としての自分とのより素晴らしい関係に、あなたが自分の魂を招くこと…それは
つまり、あなたの主権(Sovereignty)についての話となります。
主権…それは“新しいあなた”の最高の特性です。
主権は、多くの異なった方法で経験しうるものです。自分の外側にあるもの~機関・
権威者の影響から解放されることが自分の主権を意味することになる人もいます。
自分のニーズ・欲求を満たすためのお金・権力・ステータスを持つことが、それを意味
する人もいます。自分の選択の自由を支えるものが主権だという人もいます。このよ
うに、人にとって最も重要となることは、自分の人生を自分がどうするか(あるいは、
どうしないか)を決める権利を持つ…ということになります。


- 霊的な主権
あなたが自分の人生に“新しいあなた”を迎え入れていれば、その時あなたは、人生
の主権を選んでいます。しかし、そこであなたが経験する主権は、政治・経済といった
状況とは無関係なものです。この種の主権はその性質において霊的なものだからです。
霊的な主権を持つとは、どういうことでしょうか?それは、あなたが他者よりも優れてい
ると感じることを意味するのでしょうか?彼らよりも意識における進化をずっとする…
ということでしょうか?より多くのパワー,創造力,権限を持つということでしょうか?
神は他ではなくあなたの選択・あなたの祈り・願いだけを聞き遂げるのでしょうか? 
いいえ、このような意味は一切ありません。
霊的な主権を持つということは、ほんとうのあなたではない何かであるという幻想から解
放されること…それだけです。
あなたが霊的な主権を持っている時、あなたは自分が神であることを…エゴによって捏
造された誤ったペルソナの集合ではないということを…思い出しています。その時あなた
は、神とは自分の内側~最奥のセルフであるということを…それが自分自身のハートと
同じくらい自分と近いものだということを…知っています。このため、その時のあなたは、
そうではない形に説き伏せられることを許しませんその時の。あなたは「自分がここ・地
球にいる理由は自分の魂の生命を体現することだ。神の心の中にいる自分という意識の
~その独特なフォーカスに声と表現を与えることだ。」ということをわかっています。

    『あなたが霊的な主権を持っている時、
     あなたは自分ではない何かという幻想から解放されています。』


- 主権を持つということ
あなたが“新しいあなた”として生きていこうとする時、あなたは自分の魂の主権~その
多くの面を表現することを学んでいくことになります。その多くの面の中でも顕著なもの
として、壮大さ,自主性,作者であること,パワー,自由が挙げられます。

◇壮大さ
“新しいあなた”として、あなたはこれまで以上に自分の壮大さと深いコミュニケーション
を取るようになります。壮大さとは、時々にあなたの魂が経験する大きさ・雄大さのことで
す。あなたが絶対的に“自分が何者であるか~ほんとうの自分”を認識している時、あな
たは壮大さを生きている自分を感じることとなるでしょう。その時あなたの心の中には、
生得権でもってあなたのものであるもの~愛と幸福についての疑いなどありません。

◇自主性
自主的であることは“新しいあなた”として生きるもうひとつの面です。あなたが霊的に自
主的であっても、あなたは神と無関係なわけではありません。ただ、あなた自身があなた
を統治することになるのです。霊的な自主性とは神を意味します。つまり、自分の望む人
生を生きるようあなたをエンパワーするあなたの最奥のセルフとして行動することを意味し
ます。神こそ、あなたの人生において究極的なオーソリティです。ですから霊的に自主的
であれば、あなたは誰かがあなたをコントロールすることを許さなくなります。そしてこれこ
そが、自分が選んだ方法で人生を経験するためにあなたを自由にするのです。このような
方法で神はあなたの選択に権限を与えます。こうであってこそ、あなたは“自分が何者で
あるか~ほんとうの自分”を完全に経験することができるわけです。あなたの魂はこのこと
を確信をもってわかっています。そして、これを大いに楽しみます。そうしてまたあなたも、
“新しいあなた”としてそれを楽しんでいくことになります。

◇作者であること
“新しいあなた”として、あなたは「自分が自分自身の人生の作者である」ということを理
解していくことになります。神はあなたに自分の人生を心の中にある考え・信条次第で作
り出す権限を授けています。自分が求めた経験をもたらすために宇宙をあなたにフィットさ
せることによって、これを神がサポートしている…ということをあなたは知ることとなるでしょ
う。「自分が自分自身の人生の作者である」…その時のあなたは自分の思考の能力に気
づいており、真実に対しても厳正になっているからです。その時のあなたは“自分が何者
であるか~ほんとうの自分”について、あなたは如何なる疑いも・誤った思い込みも認め
ません。あなたの世界にそのようなことが心に思い浮かぶことすら許しません。その時の
あなたは“自分というもの”についての真実だけを…それ以外は一切経験しないことを…
選択します。この真実を生きることによって、「自分には自分という存在が満たされ・喜び
が溢れる経験をする最高の機会がある」ということをあなたは知ることとなります。

◇パワー
パワーは魂が中心となったあなたが持つもうひとつの特質です。けれどもこれは、世界で
知られているようなパワーではありません。パワーとは他者を支配したり操ることとは関係
のないものですし、“新しいあなた”はそのような形を世界に押し付けることに興味を覚え
たりもしません。ほんとうのパワーとは創造する能力です。パワーとはそれほどシンプル
なものです。“新しいあなた”は、心の独創力を用いることで本質を実質に変えることこそ
最たるゲームであるということを理解しています。それは、あなたがプレイするために生
まれた~そのゲームです。“新しいあなた”はまた、あなたの才能を他のことに使うことは
自分を倦怠・堤体に導くということも知っています。

◇自由
主権は今すぐ自分の人生を生きる自由をあなたに与えます。まさしく今・ここであなたは、
あなた~魂としてのあなたであるという事実・人間であるという素晴らしい経験をしている
事実を楽しむことができます。“新しいあなた”はこの認識を定着させています。“新しい
あなた”であるあなたは、過去には自分を揺さぶった状況を穏やかで平静なまま歩んで
いくことができます。その時のあなたには恐れなどなく、自由です。そして、どの瞬間にも、
その瞬間・瞬間に相応しい方法で愛に応じています。


- ユニティが主権を働かせる
あなたの主権は他と分離しないものであると思い出すことが大切になります。それは分
離することなど不可能です。どの人もあなたと共に“神の生命”を分かち合います。あなた
がそうであるように、そうであってこそ皆もまた自分の選択で生きることが自由になるので
す。あなた方は選択においては自立していますが、生命・人生においては相互依存して
います。これをあなたが理解していれば、あなたは「自分の主権は神の普遍性(ユニティ)
の容認の中でだけ機能する」ということを理解することになります。そうしてあなたは自分
自身のためにとても多くの問題を生じさせることを終えます。
それでは、主権でもって決定する大勢の人たちは、どのようにして何かについて同意する
ことができるのでしょう?その場合、どこに調和の希望があるのでしょう?
覚えておくべき大切なことは、あなた方皆が等しく愛される~たったひとつの生命=神の
生命だけがある…ということです。あなたには他者に影響を及ぼす決定をする必要がいつ
でもあります。その場合、この認識につながっていることを忘れないでください。自分の個
人的な望みが、生きとし生けるものすべてへの神の愛と整列しているように願ってください。
関係する皆に最高の結果となるように祈ってください。それが何であるのか…それを知って
いるかどうかは重要なことではありません。結果、そのとおりになると、ただ信頼していて
ください。
自分の望みをハッキリさせることで…そうして自分とつながった皆の利益となるようにその
望みを放つことで…あなたは自分の創造主から託された勅命~「互いに愛し合いなさい。
あなたがそうすることで、それをなさい。」だけを実現します。

このことを忘れないでください。そうすることであなたは、自分の霊的な主権の鍵をその手
に握ることになります。


*  *  *

続:【主権をもつ】ということ-(3)へ

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?