FC2ブログ

私の【通信員】に敬意-2

 10, 2008 19:59
私の【通信員】に敬意-1より

IMG_1107.jpg

*  *  * 

7/17の「理解」の道-2
に書いているのだけど、

【2008/7/14】
 瞑想するなり、「愛、愛、愛」「無条件の愛」
 そしてコレスポンデントの「ミカエル」←名前を聞いたら受け取った名前である。
 が、その時にチャネラーさんに確認していて「当たってるよ」と言ってくれた、
 この名前が、「大天使ミカエル」だったと気付いた。
 その当時は、「大天使ミカエル」がまさか自分のコレスポンデントの訳ないし、
 同じ名前もありか。と片付けていた。

 しかし、その時の自分に合わせてくれていた事に気付いた。
 とにかく、瞑想に入った瞬間に「そうだったの~!!」と号泣だった。
 ※声は出していないが、頭の中で言っている。(笑)

 ただ、ずっと大変な時期に「ミカエル」に何でも話し、友情以上に
 とにかく信頼関係をしっかり結んできたから。
 同一だったなんて全く思わなかった。
 ※コレスポンデントをチャネラーさんが見た(透視)したときは、
  光の長い髪にペガサスに乗ったような女性的なとても美しい存在を
  見ていた。


この時ね、分かるときは、テレパシーか、天使語なのか、とにかく
「一瞬」で知ってしまうから説明つかない。
※その後のチャネリングで確認している。

そもそも、この時から5ヶ月。
ミカエルは、私にとってミカエルであり、【通信員】として、あまり意識を
していなかったのだけど。。。

たしかに、トバイアスの言うように「毛布」のようだ。やわらなエネルギー。
普段は、あまりに近いせいかよく分からなかった。
最近になって、ようやく分かってきた所だと言うのに。と思う。

数ヶ月前に、ミカエルが、いや誰もいない感じがあった時に、
「居ない」を知ると、違いがわかった。

ときには、親子、友人、師弟。。。一緒に泣いて、笑って。
頭で判っていても、離れたくない。 ※人間的発想なのは、充分承知だ。

ジェフも、トバイアスが肉体を持って地球へ戻る選択を聞いたときは
それ以上の寂しさだったとは思うけど。 やっぱ、寂しい。

いくら「いやだ」と言ったとしても、真の自己は知っている。と言うのも
分かっている。

初めて「コレスポンデント」の内容を聞いたのはMSNECの時だった。
セント・ジャーメインがイニシエーションを行い、教師を選択したもの
に、「コレスポンデント(通信員)」が就いてくれると。

そして、複数シャウドで【コレスポンデント(通信員)】の行ってくれて
いた事(仕事)を読むと、本当にミカエルのおかげで、クリムゾンカウンシルとの
情報を受け取り私に伝え、更に向こうにも繋げてくれていたことを改めて知った。

感謝しかない。 敬意を表したい。
ミカエルかいてくれたからこそ、超えられたのは、大きいよな。。。
請求書は払ってくれないけど。(笑)

で、自分も意識で理解できる部分は限られるので、コメントしがたいけど、
それだけの事を、、、皆繋がっている意識の変化に対し、自分も貢献し
行ってきたのだろう。と今であれば認められる。

*  *  *


【コレスポンデント(通信員)について】
ミッドサマー・ニュー・エナジー・カンファレンス 2006
アダマス セント ジャーメイン チャネル
クリムゾン・サークル 2006年7月15日

【抜粋】
あなた方1人ひとりに、シャーンブラの皆さん、イニシエーションを選択した人たちには、
相応の天使の存在が、あなたの人生に入って来て、あなたとすぐに、直接的なつなが
りを持ちます。名前については、今は心配しないで下さい。どんな顔かも心配しないで下さい。

天使のレベルでの、クリムゾン・カウンシルとの通信員になります。
彼らは、バランスをとるために、エネルギーをあちこちへ流すために、あなたととも
にワークしていきます。彼らは、あなたの天使のパートナーになります。

いいえ、彼らがあなたの問題を解決することはありません。
なぜなら、あなたは問題を抱えていないからです。(少々、笑) 彼らは、イニシエーション
を受けた教師としての、あなたの新しい役割において、同僚になります。
ですから、あなたがイニシエーションを選択すれば、彼らもまた、入って来ます。


ティーチャー・シリーズ シャウド2
「スタンダード・テクノロジー」
クリムゾン・サークル 2006年9月2日

【抜粋】
あなた方1人ひとりが - 今日、ここにじかに来ている人たちも、(ライブで)聞いている人も、
将来のどこかの時点でこれを聞く人も - あなたのコレスポンデントは、たった今、
入って来ています。
【抜粋】
彼らは、1人の実在する存在です。独自の記号を持っています。それを色やトーンで知覚
する人もいるでしょうが、あなたの内側にあるそのようなセンターを、あなたが開いてい
るからです。
彼らは、あなたと同じような、スピリチュアルな存在です。ただ、人間ではない、というだけです。
彼らは名前を携えています。いわゆる名前の波動、共鳴のようなものを携えています。
彼らは今、それをあなたに語りかけます。天使語で。
人間の言葉ではありません - 天使語です。
言葉を聞かない人もいるかもしれません。ちょっとした何かを、または何か大きなもの
を感じとるかもしれません。彼らは人間の名前を伝えるつもりはないのですが、
人間の語彙や、アルファベットで知覚したり、翻訳することができるかもしれません。


*  *  *

もう少しの間は、共同作業よろしくね。ミカエル。


☆終わり予定が、急きょ追記しました。
私の【通信員】に敬意-3【確認】へ

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?