FC2ブログ

試練【観念の破滅】-2

 22, 2008 23:11
試練【観念の破滅】-1より

IMG_1092.jpg

*  *  *

「絶対に行くね!」

この時は、たくさんのメッセージと楽しさも混じっていた。
エキサイティングな出来事が続いていたことは、このブログ【11月「始まり」】
で書いていたし、自分も客観的な目を失わないでおこうと努めていたのは
わかる。しかし、かなり深みにはまりそうな予感もあったのは事実でもある。

11月「始まり」-4
11/6(木)ミカエルの言葉があった。
「真実の目を持ってみてください」

この時に、少々忠告らしいこともあった。
でも、「真実の目」自体が、どれが真実とも判断しがたく、どれも真実に思えた。
ブログでも書いたけど、存在さんたちは、自分のことをよく知っているし、
全てバレバレだった。

その真実を知ろうとするばかりに、「混乱」に陥ったともいえるかも
知れない。

*  *  *

さて、問題の11/16の約束の日までの間。
何をしていたかと思えば、11/9(日)の仲間の集いでのチャネリング。
この時に、携帯のボイスレコーダーで、録音をしていた。半分くらいは
録音できただろう。

それは、白龍からのメッセージに繋がるものだった。
そこでも、上の存在さん達には、私の事はバレバレなのだ。と感じた。
私に限ってではなく、みな意識を読まれているのだけど。

でも、その情報の中に、ひとつの可能性としてある役割が浮上していた。
それは、龍とも関係ある。場所的には皇居のあるところとでも言おうか。
それは、とてもとても自分では、想像すらしたこともなかった。

この役割は、よほどのものではない限り出来ない。でも候補として
私に可能性はある。との事。

白龍と約束してから、この流れは何なのだろう?
録音を聞きながら、何度も考えた。

「真実の目」手放したはずの「役割・責任・使命」
いや正確には手放す準備をした。だっけ。

11/3【11月「始まり-1】ミカエルの確認から
「周りにゆらがなくなる。影響を受ける。」
※巨大な集合意識などからの影響など中心をしっかりとらえること。
  ↑ここには、あまり気付かなかったかも。(汗)この事だったか。
   時はすでに遅し。気付いても無理だっただろう。

「一人ひとりが正念場、忍耐の時期。
どう動くか(誠実に)ハートに対し。」

「古い信念体系が剥がれてきて、あなたは信念体系が
必要ないことに気付く、準備をした。」


これだけ忠告あっても、「混乱」した自分がイヤ。←現在は受け入れ自分を許した。

この当たりから、「恐れ」と「孤独」そして変な好奇心。←過去生や龍神などについて。

「11/11【選択】」で書いたように、その大役←これが「誘惑」と捉えればそうも取れる。
昔から白龍、青龍たちは、この役割を行える人を探していたらしい。

11/9では、オーデションのようなものだ。と言っていたけど、
「選ばれる」ではなく自分で「選択」「選ぶ」ものだろう。と大胆にも思った。

で、ブログで書いたように「選択」したわけ。
少々、震えたとこみると無理もあったようにも感じ。
古いやり方か???などと気になりつつも、その時は「覚悟」にたいな感じ
で「選択」した。留まれなかった。

今から思うと過去では、現世でも、過去生でも何度もこういう事があったのだろう。
今思うとやっぱ、古いやり方だ。
新しいエネルギーは全く違う。気楽さがあり、優雅で自由だ。

翌日は、覚悟が決まって、妙に少し落ち着いていたかも知れない。

*  *  *

※11/10~の週が更に色々とあって、今確認の為に仲間へ電話した。
すると、昨日は来なかったけど、今日は【ヤハウェイ】が現れた。
そして、メッセージを受け取ったが、それは整理してから考えよう。

確認だけと思っていてブログを中断したけど、【ヤハウェイ】は
私の今回のプロセスについてと、続けて「感じる」ことについて話ていた。

ヤハウェイの言葉は多少難しく、理解しにくい部分もあるし、
今の私であれば、もう中心にいられるので、中立にいて、
感じることを今、受け取れる部分だけ。それだけで良いと感じる。
後から理解できるものも多いしね。

いったんここで、区切ろう。あら、また夜中になりそう?
まとまるかね~???



試練【観念の破滅】-3へ続く

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?