FC2ブログ

試練【観念の破滅】-1

 22, 2008 19:04
2008/11/22(土)晴れ

IMG_1093.jpg
今日のブーケ。

いきなりだけど。。。

「言葉がない。」

これは、ミカエルに確認した時に最初に出た言葉。。。

ここに来て、こんな「試練」が待っているとは思わなかった。
私のこれまで手放すプロセスのどれよりも、全財産失ったときよりも
辛く長かったかも知れない。
それは、知っていたはずの事が何も見えなくなってしまった事にあるかも
知れない。

いや、これまでの大きな出来事は少なくとも、数日、数時間で
【何が起こっているのか】を知れたから。その違いかも知れない。

「自分を見失う」というものがどう言うことなのかを思い知った。

少し落ち着いたときに、「ロード・オブ・ザ・リング」か。と思ったほどだ。
内容の意味合いはもちろん違うのだけど。
思い出した時点で、正直に感じたことだった。

それか、「オズの魔法使い」のドロシーが台風に巻き込まれた、あの感じ
だろうか。。。

何も信じられない。自分も信じられない。何が起こっているのかも
分からない。

「自分が誰なのか。。。」自分を知らないまま、進むプロセスは時に
酷なものだと思った。

今週は、エネルギーが体験した事がない程にスッカラカンで、
コーヒーカップさえも重く感じる状態で、月曜から過ごしていた。
会社へ行くのがやっとだった。

その前までは泣き暮らした。と言っても良いほどだった。

とにかく「休息」を要していて心身共に、元に戻ったと感じたのは
昨日だった。

何が起きていたのか。。。
頭では理解している。

「これまでの価値観の破壊」「古い信念体系を手放す」こと。

その「名残」。言葉では、これまでの事を思えば、そんなに難しくは
ないだろう。と甘くみていた。

それは何層にもなっているもの。「深く、さらに深くにあるもの」

でも、これもあくまでも私のプロセスで、いつも言うけど、
人それぞれ。

何をどう書いたらいいのか。。。とブログと向き合うのに時間がかかった。

*  *  *

このプロセス中何度も過去のチャネリング内容を確認した。
今起こっている事、自分を取り戻すために。

10/14【私は在る】ミカエルの確認から
今後。。。
「あなたの中にある観念みたいなものを破壊していきます。
今までから考えれば難しいことではありません。」

※観念=対象の心の中でのとらえかた・考え。

観念は、古い信念体系や価値観から来ているものと言うことなのだろう。

10/22【「マインドよ、さようなら」】ミカエルの確認から
「これは、価値観のなごりを手放す。ゆらがなくなるまで。
まだ、かかります。」

「肉体を持ち、培ってきたもの。
本来、スピリットは持たないものです。
スピリットは、揺らいだり、捉われる必要のないものです。」


でも、これまでに身についていた「客観的」に見ることも、気付いたときには
もはや出来ないでいた。

*  *  *

始まりは、確かに【白龍】との出会いだろう。
でも、【白龍からのメッセージ】と自分のプロセス自体は違うもの
である。時は繋がっているけど、また別なのだった。

ただ、【白龍】と【ヤハウェイ】といつもの集いに来ていた【存在さんたち】
は、このプロセスの【仕組まれた】もの。
私のプロセスに【協力参加】してくれていたと今ではわかっている。

今から思うと、【白龍】のメッセージを受けて、私が
【何か出来ることはありますか?】と聞いたところから私のプロセス
が始まったと思っている。

そこから、白龍との約束が交わされ、そして様々な個人的な質問
などから得た答えなど。

そう、ある意味自分で墓穴を掘ったとも言えるのだけど。
「何か違う」とどこかに感じながらも、※白龍の答えがではなく。
自分の行動自体が。
もう、すでに手放していたと思っていた自分への興味や、役割などに関して。
「もう何でもいい」「何もない」は嘘だったのだろうか。

自分が逆行していると感じつつも、あまり知らなかった世界(龍の世界)に
引き込まれるように、好奇心も沸いていった。

初めての体験だった。今までは、クリムゾンのシャウド、本、いつもの
チャネリングの情報のみの世界から、自分は日本の事も今だに
よく知らないし、読んでも「竹内文書」「ひふみ神示」を昔に読み。
自分には難しいし、厳しい内容は自分向きではないと感じてきていた
ので、日本神界などは、神様の名前も覚えられないし、深く追求しよう
とも思わなかった。

だから、今年の春から夏ごろなど、日本神界との繋がりも増えたことに、
自分でも不思議だったくらいだ。
まぁ、天界では繋がっているのだし、意識も繋がっているのだから
あたりまえなのかも知れない。と思っていた。

話が反れてしまったかも知れない。

プロセスの始まり。
白龍との約束。それは「11/16」に実行する予定だった。
皇居に行く予定で、白龍も現れてくれることを約束していてくれた。

「絶対に行くね!」

*  *  *

この先をどう書くのか、、、知らないけど続けます。(笑)
そして、どこまで内容も公表していいのやら。悩みます。

試練【観念の破滅】-2


スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?