FC2ブログ

「帰還シリーズ」シャウド3-(6)

 22, 2008 07:02
2008/10/22(水)

*  *  *

おはようございます~。
とりあえず、アップします。

〔mixi〕Arrived Energy On Earth より
「帰還シリーズ」シャウド3 "さらば権力よ”by アダマス・セントジャーメイン

シャウド3 “さらば権力よ”6
Le shoud 3 de la série du Retour est en ligne.
Tous les shouds sont sur www.cerclecramoisi.com

         アダマス・セントジャーメイン
         チャネリング:ジェフリー・ホップ
         2008年10月4日 Crimson Circle


未来(その1)

いくつかの項目を眺めてみましょう。実現しそうな大きな潜在的可能性を見てみましょう。

(リンダ:“10月に驚くことは?” ジャーメイン:笑う) 

政界に付いて見たことは、今まだ始まったばかりです。
こでみなさんが見ることは、来る数ヶ月、特に権力を握っていた人々です。
彼らは単にこの人生だけでなく、何世も何世も、もっともっとと、戻って来たことです。
まるで権力支配者として自ら宣告したかのように、現在地上に数多く存在しているのです。
融の権力を握っていた人間たちは、必死でそれを握り続けようとするところをみなさんは見るでしょう。
儲けようとし続け、操作し続けることに懸命になるでしょう。低い壁の後ろにいて下さい。
深い呼吸します。慈悲を持ちましょう。なぜなら、不幸なのは彼らですから。
また彼らの家族に、彼らの家政婦たちに、かれらの権力ゲームに関わっている
全ての人間たちに慈悲を送って下さい。慈悲を持ち、低い壁の後ろに留まっていて下さい。
親愛なる友たちよ。しかし、彼らのために嘆かないで下さい。困惑しないで下さい。
あなた方はある流儀で、ねじれたものの言い方をすることができます。
彼らも人類に対して同様なことをしたのですから。彼らはそれが到来したことを知っています。

16世紀、18世紀、20世紀の末に、みなさんが多次元的議論と呼ぶもの‥
権力を持っていたこのグループと私たちは、秘教的スピリチュアルな関係がありました。
私たちは到来することがらを彼らに見せたのです。が彼らは信じませんでした。
今までよりもっと必死で権力にしがみつこうとし、結局現在に至りました。

このようにシャーンブラよ、権力は今猛毒になりました。政府にいる人間たちのための毒です。
彼らの小さなゲームのための毒です。彼らの小さな帝国のための毒です。
ますます彼らと彼らを助ける小さなグループを思う毒です。ただ公的な政界人だけのことに限りません。私が話題にしているのは、官僚、お役人さんたちのことでもあります。
官僚たちは仕事場の外に出されるでしょう。官僚たちは全く新しい‥新しい軍部‥吸い取るため
ではなく、奉仕するために行動する軍隊となるでしょう。
権力の小さな玉座の上に張り付いていた人間たちは、苦悶の世界に自らを見いだすことに
なることでしょう。

私たちは何も起こしません。あなた方も何も起こしません。しかし彼らが常用した毒は、
毒になります。彼らが当てにした毒でさえ、また彼らが毎日飲む飲み物でさえ、
今では毒になりました。

教会では、このことがまだ続いていることに気づくでしょう。神よ、ありがとう。(笑) 

なぜなら彼らは政府に於いて、金融に於いて、セクシャルエネルギーに於いて、
スピリットや意識に於いて、権力を握っていたからです。彼らが彼らのパワーを飲む時、
それは彼らのはらわたを爆撃するのです。長い長い間、悪用して来たことによって、
それは内面・精神さえも破壊することになるでしょう。宗教的権力を握った人間たちの歴史、
人々の信頼や信仰と‥しかし、この人間たちは正に悪魔である、そのデーモンの歴史
というのがあるのでしょう。

つづく


*  *  *
【らむさん(翻訳者)のメッセージです。10/22】

みなさん、フランスのCrimsonCircleのメッセージは、二人の男性によって翻訳されています。
一人はメッセージ、一人はQ&Aです。
メッセージを訳している方には一度お会いしました。
日本に行くのが夢だそうです。

この翻訳者について少々みなさんにある状況をお知らせしようと思います。
現在、世界の大きな権力を握っている一つはフランスにあるようです。
それによって、フランスは新しい意識と変革がこれまでとてもブレーキがかかっていました。
そして、CCのフランスサイトに携わっている彼は、始終ポリスから見張られるという生活をしています。ですから、彼にとってもこのジャーメインのメッセージは、大きな喜びをもたらしていることでしょう。
そのうち彼とフランスのシャーンブラと一緒に、祝杯をあげたいと思っています。

みなさんも、彼に感謝しながら、読んで頂けることをお願いします。
ありがとうございます。


*  *  *

国によって事情もさまざまなんですね。@@
感謝。感謝。

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?