FC2ブログ

「アニバーサリー」【確認】

 01, 2008 16:33
2008/9/1(月)晴れ

今日は、久しぶりにお天気。
昨日は、仲間との恒例の集いだった。

赤城山の登山から、皆すごいエネルギー的に変化していた。
やはり、それぞれに受け取ったものがあるようだった。

集いでは、チャネリング(トランスなど)も含まれているのだけど。
登山のときの延長で「祝福」と「祝杯」だった。

お昼から、お神酒?を少々たしなめ。
※お酒は弱い。
本日の神々のゲストとの「乾杯」をしたところ、頭が痛くなってきていた。
私は、チャネリング前からなので、てっきり昼のお酒のせいだと
思っていた。

チャネリングでは、登山のときのサポートしてくれていた
神々の中の一部の意識体だった。

その中で確認も含め、楽しい会話があり、そしてより意識体との
親近感をもたせてくれた。

それまでの私の意識では、天使界などの繋がりのほうがより身近
だったのだけど、私的には「ちゃん」付けで呼びたくなってしまうくらい
に愛も感じ、また山の神々や日本神界との繋がりで、宇宙はどこまで
という制限などないという事も感じさせてくれた。

と、同時にここまでくると
「考えても仕方ないよな、理解の範囲を超えてしまうのだから」

これまでも、そう感じていたけど、昨日も同じだった。

帰りは、更に頭痛と首の後ろの痛み、眠気など「ぼ~」となってきて
電車の中ではうな垂れる状態でなんとか家についたので、
これは、やはりエネルギーなののだろうと思えた。

それは、以前にも似たような事が数回あったからだった。

昨夜はなるべく早くに寝て、朝にはすっきりと回復していた。

【本日のチャネリングから】
※ちょっと今日はメモが詳細書ききれなかったため、
思い出すところだけ。

「赤城山から、本当に【何もない】と言う感じが多くなった。
今の状態や役割の部分でも質問をしたい。
光の含量率なども、どうなのだろうって感じるときがある。
最初のころは、人の合間を細かく歩き動かされてるなって感じていた。

たとえば色々な場面で、人が多く集まっているところに、歩きまわらなくても(見ているだけ)、
光を降ろしてることになっているのか分からないときがある。」
※三次元的な質問は分かっている。

「今までの生き方は、問題、目的などがあった状態だったが、
【何もない】目の前のことだけをこなすと言うことで、そのままでいい。
そこで注意が必要なのは、クセが出てくる。
※ここ、結構重要だよ!とチャネラーさん。

何もないので、あえて探そうとする。それに気をつけて、気付いていれば良い。
光の量とか距離などは、体調やクリア状態によって違う。
どこまでというのは無い。自動的に必要な分だけ降ろしている。
気にしなくて良い。」

「今日は、どなたが答えてくれていますか?」

「光の意識。。。光の宇宙意識かな~?
宇宙には、星の数ほど光の存在たちもいるからね」

「うん」
「そうだ、伊勢が目につたり、急に熊野神社が気になったりするのだけど」

「伊勢は、自由意思で行きたいと思ったら行ってもいいし、どちらでも
いいですよ。いつもエネルギーはあたわっている。
ただ、○○○さんは、天照大御神の系列でもあるし、東京でもいいから
天照大御神の奉っている神社に行くのはいいと思うよ。
それは、その場に行くと「浄化」と「エネルギーのチャージ」が出来るから。」

「そうそう、アニバーサリーの話なんだけど!」

「ああ~。(笑)
あっ、ミカエルに代わったわ!ちょっと待って。」

「アニバーサリー、これまでの一連の流れを見てごらん。」
「あなたは、イニシエーションを受けました。その後に「お役目」があり、
その後、「挨拶※神々」がありましたね。そして20日の「神明宮」に
で、このイニシエーションの「完了」だったのです。

「ふ~ん。。。そうだったのか。完了だったんだ。」
※思い込みでイニシエーションは、その時で完了するものだと思っていた
 けど、色々あるようだ。

「これまでは、三次元の意識から今五次元の意識。
【これからの生き方】は、これまでの三次元な生き方と違うと思ってください。
○○ ○○○さんとは、もう違うと思ってください。
生まれ変わった。←表現が難しいな~。と言っていた。

なので、これからは、違う契約をした。
宇宙の父と母と繋がったので、全て「自動」的に進みます。
その時、その時でいい。」

「以前五次元に入った頃、ここまで来たら大丈夫と言ってたでしょう?
でも、五次元から戻ることもあるのだよね。」

「あります。」※ミカエルきっぱり。
:「五次元に入っても三次元と、ある意味またがって両足があり、
どちらにでも入れる状態。
古い信念体系の度合いによっては、って所かな?あんまり戻るということは、
ないと思うけど。そのままそこに留まってしまう場合があるって感じかな?」

「そしたら、家のゴトゴトと言う音は何だったの?」

「う~ん。これは関係ないようですよ。」

「そうなの?じゃっ何だったのだろうね(笑)」
「あとね、このブログの「セラヴィ」の名前なんだけど、聞こうと思ってて今まで
聞いてなかった。私は、2005年にいきなり男の人の声で聞こえたの
だけど、ネットで調べるとフランス語の「人生」などと言う意味みたい
だけど、これは何だった?と思っていたの。」

「仲間。仲間だって。ネットで他には見あたらなかった?」

「あまり記憶にはないけどね。でも人?(天界の?)の名前だったわけ?
じゃ、ブログに使わせていただいているけど、まぁ、これはこれでいいさね。(笑)」

「ほんと、確認しなきゃわからないもんだ。」

「そして昨日の頭痛と首の痛みさ~~~」
なんとか、エネルギーを抜く方法やなんとかならんの~~?」

「どうにもなりません。」

「ならんのかい。(汗)」

「そうして、壮大なエネルギーを知ることが出来る。」

「どうしても辛いときは、緩めて下さい。とか頼んでも良い。」


と、そんな感じで終了。
やっぱり自分で思いこむ事もまだあり。って感じで。
枠もまだ、あるんだろう。意識的な。

ひとつ、ひとつ。あとは「自動オート」で。

今思えば、「アニバーサリー」もこちらでは理解しようもないって話だ。(爆)
だけど、今は、「そうだったんだ」って感じで思っていても、
真に理解できた時には、その意味や光栄さに「はは~~~っ」となるのだろうね。
そう言う意味で、実感とのズレは正直あるところが悲しくもあり。。。

*  *  *

ひとつ不思議なことがある。
「アニバーサリー」のときに買ったブーケの中に、蛹?(さなぎ)
幼虫か?茶色のがいた。
本来、私は昆虫がニガテなんだけど、なんだか別に動き回るわけでもなく、
のんびりしているようなので、見守っていた。
これまで部屋の中では見たことない幼虫かな?
「あんた、蝶にでもなるんかい?」などど語りかけていた。

ある日、ブーケも枯れてしまい。
その中にいるにはちょっとかわいそうだし、ブーケも処分しようと思い。
その幼虫をマンションの玄関横の花壇に置いた。←多分。確認したし。
すると数日たって、おとついの夜、床に幼虫さんが丸まって床にいる
じゃないの。
どう考えたって、玄関の自動ドアと階段を4階までは来れまい。

そして、おそるおそる割り箸でつまんで紙の薬の箱の中へ入れ、一晩経って
今日、花壇へつれていった。
なんぼ振っても出てこないし、土のほうを見ても姿が見えない。
また、雲隠れしちゃった。

また、部屋の中で見つけたら、どうすりゃいいのかね?
別の幼虫か、何か私の勘違いか、とにかく変な気分だ。

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?