FC2ブログ

変な日

 14, 2008 21:53
2008/2/14(木)晴れ

昨日、書ききれなかったけど。
先日、シャウド5のQ&Aがアップされた。

クウォンタム・リープ・シリーズ シャウド5:
質疑応答「輝かしい発見」


友人の上京で、質疑応答に入る前の前文だけ読んでいて、
後半は昨夜読み終えた。

前文を読んで、この就職活動の最初の葛藤を全て表していると感じた。
なんだか腑に落ちた。自分は、上の存在たちと合意によって、ちょっとしたゲームを
したのだと思った。自分の体験のそのまんまだと感じた。

そしてQ&Aでは、鍵とクレジットカードを失くした女性がいて、クツミの
「全てを失います」の一部ですか?と聞いているシャーンブラがいたよね。
トバイアスは、「実際には失っていません。あなたが準備が出来たら、
呼び戻すことが出来る。しかも、新しいバランスの取れた形で。
別の次元へ消えたと。。。。

思わず、「そうだったのっ?」って言いたくもなるよね。
もう、ほとんど諦めていたから。
でも、あまり期待するのは注意しようと思うけど。
あのとき一緒にいた友人や仲間は、落ちたの見ていないし、
かなり、目立つ財布で、なんか消えた感じって言っていたのを思い出した。

書いてある通り、私が必要なときに呼び戻すのかも知れない。

最近、高次元の自分の片割れのエネルギーが近くにいるような
感じもする。なんか、感じるかも。

*  *  *

今日、まずびっくりしたのは、奨学金の入金が倍になっていて、
しばらく固まって狐につつまれた感じだった。

まっ、あとで調べて来月が最終月だから、何かの関係で今月に
まとまったのだと思う。

携帯の支払いが遅れてて、今日使えなくなってしまったので、
丁度良かった。支払いと住所変更、プラン変更もしてきた。

スーツもなく、面接行くのもどうかと思っていたけど、もしかしたら
間に合うかも知れない。どちらにせよ、古いスーツも捨ててきてしまった
のだから一枚くらいは必要になるだろう。

もしかして、私の準備が整うまで待ってくれていたのなら、笑えるけど。
ある意味、私が創造してたりして。なんて。。。(爆)

どんな結果も先に進まなきゃ、なんとも言えないよね。
今のところ会社からは、連絡はないけど、連絡くるまでせっかくだから
のんびり楽しく過ごさせてもらおう。と手放しました~。

「知っている状態」=「直感」とも言える。
その感覚を自分のものだと、信じたときに、「知っている状態」では
ないかと下記の内容も含め感じた。

昨日、札幌の仲間が教えてくれたサイト。
OSHOのサイトで「禅タロット」を久しぶりに引いてみた。

昨日の最初のカードは、「0:愚者」

えっ~?と思ったけど、読んでみてほっとした。

0:愚者
愚者とは、信頼しつづける者のことだ。愚者とは、自分のすべての体験を顧みず、
信頼しつづける者のことだ。あなたがだましても、その人はあなたを信頼する。
もう一度だましても、あなたを信頼する。さらにだましても、あなたを信頼する。
そうなるとあなたは、この人は愚かだ、学ばない、と言うだろう。その人の信頼は
途方もない。
その信頼はあまりにも純粋だから、それを堕落させることなど誰にもできない。

タオイストの意味で、禅の意味で、愚者であるがいい。自分のまわりに知識の
壁を築こうとしてはいけない。どんな体験がやって来ようとも、それを起こらせ、
そして、それを落としつづけることだ。たえず自分の心(マインド) をきれいにしつづける
がいい。過去に死につづけるがいい。そうすれば、あなたは生まれたばかりのまさに
赤ん坊のように、現在に、今ここにとどまる。最初のうちは、それはひじょうにむずか
しいだろう。世間があなたを利用しようとしはじめる……そうさせておけばいい。
彼らは哀れな人たちだ。たとえあなたが詐欺にあい、だまされ、奪い取られたと
しても、起こるに任せるがいい。というのも、ほんとうの意味であなたのものをあなた
から奪い取ることなどできないからだ。ほんとうの意味であなたのものを、あなたから
盗むことなど誰にもできないからだ。そして、機会あるごとに、あなたが自分を堕落
させる状況を許さなくなると、その機会が内側での統合をつくりだす。
あなたの魂(ソウル) はさらに結晶化するようになる。

Osho Dang Dang Doko Dang Chapter2

解説:
瞬間から瞬間へ、しかも一歩ごとに、「愚者」は過去を後にします。
彼は手にした白い薔薇(ばら) で象徴される自分の純粋さ、無垢、そして信頼以外の
ものはなにひとつ携えていません。身につけているベストの模様はタロットの4つの
要素の色をすべて含み、彼が自分のまわりにあるすべてと調和を保っていることを示して
います。「愚者」の直観の働きはそのピークに達しています。
未知へのこのジャンプをするにあたって、「愚者」はこの瞬間に宇宙の支えを得ています。
生という川のなかで冒険が彼を待ち受けています。

このカードは、まさにいま、自分の直観、ものごとの「正しさ」という自分のフィーリングを
信頼することができたら、あなたは間違うことなどありえないことを示しています。
あなたの行動は他人の目には「愚か」に映るかもしれません。あるいは、もしあなたが
自分の行動を合理的な頭(マインド) で分析しようとしたら、あなた自身から見ても「愚か」
に見えるかもしれません。
しかし、「愚者」が占めている「ゼロ」の場所は、数のない数(ナンバーレス・ナンバー) で、
懐疑と過去の体験がガイドなのではなく、信頼と無垢がガイドである場所なのです。


他にも、5枚のカードを引けるので試すと、今の自分にハマッタ感じ~?
瞑想の仕方から、いろいろ詳しく今の状況を確認できたように感じた。

こんな感じで解説も深く、内容もあるので、試してみたい方は、↓から。

「禅タロット」リーディング

*  *  *

そうそう、今日帰ってきたらインターネットが繋がらなくて、ブロバイダー
などに連絡して、ちょっと大変だった。
無線LANを使うと今もだめ。
でも有線ならOKなので、ブロバイダーのほうが原因ではないようだ。

ついでに、webcastが見れなかった事を説明したら、それはブロバイダーの
設定だったようだ。変更するとテストでは大丈夫だった。
来月は、マンスリーシャウドを見れると良いけど。

なんだか今日は、結果的には「○だった」ってことで締めておこう~。

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?