FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【自我の消滅まで:調整の期間&解放&エジプトのこと】by saraさん

 27, 2013 21:32
2013/2/27(水)曇り




ご無沙汰してました。
もう2月も明日で終わりになってしまいました。

今年は、札幌も雪が多いですね。

さて、私の2月というと、調整とアスペクトの解放につきるでしょう。
静かな始まりのようでしたが、振り返るとけっこう解放してました。

調整というのは、途中、アレルギーがひどくなったと思っていましたが、
鼻かぜのようになり、その後、軽い咳、下痢が続くなどの症状があって、
クツミから、HPの作業を少し休む期間が与えられました。

それは調整期間だったようです。

自分を観る部分もさらに深くなり、細やかな部分にまで意識を向けられるように促されるようになりました。

前回、、と言っても、もうかなり日にちが過ぎてしまいましたが、HPに情熱を感じるくらい面白い。ということを書いたと思います。でも結局、その部分もアスペクトだったようです。汗。何かを創る、、、もちろんこだわりたい部分なども出てきます。それが例え、良いもの(自分の出来る範囲での)を作るために、出てきたりするのは、普通によくありがちな事ですけど、その普通と思える部分さえも、手放すことになりました。


例えば、「これが、私だ」とあります。どういう意味であっても「これが、私」という部分も、アセンションするには、不必要な部分となります。結局、「私」があることになりますからね。

この2月、こんな細かい部分まで、必要なのか、それとも不必要な部分かを感じ取りながら、受け入れ手放すという事を繰り返していました。

このホームページ作成を通して、普段なら感じられないようなアスペクトを感じ、解放する流れになっていることに気づきました。自分のために創造していた事かもしれませんね。もう認識すらしていなかったようなアスペクトが急に浮上してきたりして、自分でも驚きでした。

それは、とても細かい部分にまでおよびます。そこまでするのか~!というくらいにまでです。何度も書いてますが、何も残してはアセンション出来ないということを、何度も実感しています。自然ではない不自然な部分もです。

最近では、自分の言動や振る舞いにも、注意を促されています。それは、どんな段階でも大切なことですが、だんだんと見分けるのが難しく、ハードルはさらに高いものになってきている事を感じています。

普段クツミは、自分で感じなさいと時には沈黙で見守ってくれていますが、努力しても分からない時は、自分の言動や振る舞いを振り返るように促されるときもあります。そうすると、本来の自分のものなのか、アスペクトからなのかがよく分かります。

「3歩進んで2歩下がってるんじゃないの~??」と感じることもしばしばありました。(苦笑)

今月は、凹むことが多く、凹む側面もアスペクトなので、その都度解放してました。
今になって、と感じるけど、潔くまだある事を認め、受け入れ、解放しては、何事もなかったように戻り、また違う側面が出てきたら、受け止めての繰り返しでしたね。

ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)は、単純になくなっていく(アスペクトが)のを喜んでいればいいんですよ。と言いますが、、、。(笑)私としては、延々と続くような気分に一瞬なることもありますけど、それでもアスペクトが出てきて気づかなければ解放は出来ないのですから、いろんな事を通して、見せられるのは、有りがたいことだと感じています。

でも、確実に解放したら、自分が変わっていくのを感じることが出来ます。


今月と言えば、クリムゾンでエジプトツアーがありました。
昨年11月、私は、エジプトツアーの紹介の絵を見て、錬金術で現れたのはこの時↓の「十字架?」を持っていたことを書きました。
2012/11/5【自立:ハロウィンアドベンチャー&肉体の脱ぐ時期&今後起こること】

昨日、その前日に、クリムゾンのフォトアルバムでエジプトツアーの写真を見つけて、それを見ているととても切ない気分で、辛くなって途中で見れなくなりました。
それは、顕在意識の部分ではありませんでした。昨年の宝くじの話といい、その前の時期といい、反応したのはアスペクトだったという事を、すでに知っていたので、エジプトツアーも、もう手放し、執着もすでにありませんでした。でも、この写真を見て、これ程切なくなるのがとても不思議だったので、「行きたかったな~」という感情を持つアスペクトがいることに気づいて、すぐに解放しました。そしてアスペクトに聞いたんです。

「なんで、そんなに悲しいの? もうエジプトツアーは行けないと知っていたでしょ?あれは、錬金術で出てきたのと、ツアーが重なって、アスペクトが誤解しちゃったんだから、仕方ないじゃん。いつまでも、そんな気持ちのままでいたいの?」と聞くと、「いいや。」と答えて、割と素直に、yoham(核)に戻りました。

でも、その事が不思議でジャーちゃん(セント・ジャーメイン)に聞いてみると、その切ない気持ちは、もっと深いものでした。

「ねぇ、アスペクトは解放できたようだけど、なぜあんなに切なく感じたんだろう?」

J:「それは、”グループから離れる”と言うことに対しての切なさですよ。」

「え?そうだったの?!」

J「あなたは、今まで海外に行ったときは、どうでしたか?」

「あ~、宗教の時と、クウォンタムリープのタオスの時だね。」

J:「それは、仲間(魂の繋がり=グループ)ですよね。そこから離れるのは身を切られるような気持ちなんですよ。」

「そういう意味だったのかー。」

J:「そして、例え旅行に行ったとしても、不自由を感じていませんでしたか?」

「うん、それは感じる。だって知っている人もいないし、英語も分からないし、確かに行ってもどうかな?という事はある。10代の頃、エジプトに憧れはあったけど、今と感じると、そんなに行きたいとは感じてなかったのかも。」

J:「そうですよね。それは、不自由でしょ?自由でなくていいんですか?」

「いや、自由がいい!! やっぱ、どうせ旅行にいくなら、もっといい所に行きたい。ねぇ、saraちゃん!!」

sara:「うん!! そうだ~!!」

(エジプトも一生に一度は行ってみたいかもしれないけど、それなら、気の合う仲間と日本語ガイド付きで。とか自由に。笑)

「ん?じゃあ、あの錬金術で、なぜあのエジプトの十字を持っていたの?」

J:「それは、ただ思い出しただけ。(過去)」

「そうだったのか。」



昨年の11月、12月頃は、自分がセクメトだったという事を思い出したりしていたので、それでエジプトの時の象徴が現れただけのようです。

そんな訳で、「自由」になるというのは、本当に、いろんな部分と切り離すということでもありますね。
だからと言って、全く関わらなくなるという意味ではないと思いますが、必要に応じてという事だと感じます。
いずれにせよ、私は、何か始めても、オリジナルでやっていくのは知っていた事だし、どこかに所属するものではない事も知っていました。今も、所属はしていないですけど、その魂との繋がり、シャーンブラとの(グループとして)のと言う意味ですが、いずれ離れるのでしょうね。


IAM ただ存在する。統合までの過程は、とことん手放すこと、真の自由も然りです。

そして、統合されるというのは、自分だけで、完全です。それが真の自立ということですよね。


少しずつ、一歩一歩ですが、確実に進んでいます。
細かい事を書けば、キリがないですけど、最近はこんな感じです。




スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。