FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【今の状況:自我の消失まで&新しいサイト&出来事】

 22, 2013 23:37
2013/1/22(火)晴れのち曇り



もう22日ですね。早いものです。

エネルギーが強く感じられて、心地悪い方もいるかもしれません。
今後、自然に自分の中にある不要なものが、出てくるかもしれませんが、先日読んだ過去のシャウドには、「体現」とは、「恐れなき受容」のことだとトバイアスが語っておりました。

今、何事も恐れずに自分自身と向き合って、ぜひ「体現」されてくださいね。


【自我の消失まで】
今の状況は、淡々とはしていますが、内的には少しずつ変化し続けています。自我が消滅するまでというのは、本当にとことん手放すことになります。今は、微細な部分を解放しているので、以前よりもハッキリ分かりにくいです。でも、それだけ解放するのは簡単になっているようです。


昨年、錬金術で、エジプトツアーに参加するかもしれない。という話を書いたことがあります。
2012/11/5【自立:ハロウィンアドベンチャー&肉体の脱ぐ時期&今後起こること】

今は、その事も手放しました。

あの時は、錬金術で現れたので、自分のマインドは通していない事から、ただそうなのだと知りました。
しかし、それがいつの間にか”執着”になっていた自分に気づきました。
なので、それを解放し、いつどうなるか。という事も今は手放しています。エジプトに行く必要があれば、自然に現れるでしょう。

本当に、この自我(エゴ)は、とても深いです。どんなに微細な事も残していることは出来ません。
以前も書いたかも知れませんが、自我は、「~したい」「~なったらいいな」とか「期待」も含みます。僅かに期待があっても、アセンションする時には持っていけません。今、それをとても実感しています。
面白いことですが、宝くじを買うと、この自我が自分の中に残っているのか確認しやすいです。僅かでもあれば、まだ自我が残っているということです。それを目安にすると自分の事がよく分かりやすいです。笑。

とは言ってもそれが悪いことだと言っているのではありません。その過程では、例えアスペクトだとしても必要な場合もあります。自我があって当然なのです。そうやって肉体を持ってから生きてきたのですから。
手放す時期がきたら、自分で気づくでしょうし、手放すきっかけもあるでしょう。ただ、解放するのは、あくまでも自分次第です。気付いても無意識に、そこを見ないようにしてしまえるのも自分です。「あっちいけ」は有効ではありません。ジャッジ抜きで認めること、許すことですよね。

でも、自分が無くなって行くのは、とても気持ちがいいです。とても楽になっていくんですよ。抜けた時は気持ちいいですが、またそれも”ただ無い”と淡々としていきます。


【新しいサイト】
ここ最近は、クリムゾンサークルの新しいHP作りに時間を多くかけています。現在、「自由への選択」があるのですが、今度のサイトは、シャーンブラの活動や芸術、作品などを紹介できるスペースを持ちます。

シャウドに関しては、しばらくは「自由への選択」とリンクすることになると思いますが、米国では、USCCの公式サイト日本語版も作成しているという事もあり、そちらがアップされてから考えてゆきます。
現在、私の作っているサイトは、「自由」シリーズから移行しても良いかな?と考え中です。

米国の公式HP日本語版がアップされても、英語が苦手な方には、馴染みにくいというお話しもあります。「自由への選択」は、無料ブログで作成しているので一定期間の更新がなければ、CM広告が入ってしまいます。
管理が簡単なぶん、細かい設定はできず、ちょっと不便な面もあることから、いよいよ着手し始めました。
この話は、昨年にWEBデザインのスクールに通った後に、いずれはクリムゾンサークルの新しいHPを作ることになるという事を、なんとなくジャーちゃん(セント・ジャーメイン)の話から分かっていました。

そんな訳で、今後、初めてクリムゾンに入ってくる方々のためにも分かりやすいサイトを目指して、準備しておこうというところです。


【出来事】
今月の10日は、錬金術で頭の上に王冠のようなものをかぶっていました。もしかすると過去生に関係することかも知れません。

以前にも似たような事があったのは、頭に「ヘッドギア」を付けていたことです。これは、シャウドにアトランティスの時に付けていたという話が書かれてあったので納得していました。
このヘッドギアについて、最近、ジャーちゃんに確認したら「それを思い出しただけ。」という事を知りました。
最近は、錬金術で現れたものに関して、何事も捉われないようにすることを知ったので、あえて聞いていません。
今は、多分クツミに聞いても答えてくれないでしょう。知らない、分からない。という事も「受容」する。という事です。そして、ただ、「あった」と事実だけで、あとは忘れます。これも今では自然に流れていくので、その時だけの話ということになります。

17日の瞑想では、クツミを感じてました。その時の瞑想は、言葉で表現すると「太陽サンサン日向ぼっこ」です。笑。春の日差しのようでとても気持ちの良い瞑想でした。

その表現で、saraちゃんに話をすると、「何それ~!」と爆笑されました。

私は、これを「太陽瞑想」と名づけました。
この時に気づいたのですけど、この感覚は、2008年の瞑想の時、同じ体験をしていたのに気づきました。
あの時も、クツミを感じさせてくれていたんですね。その時は全然知らなかった。

その後は、呼吸していても”甘美”と感じる体験が数日続きました。そんな体験から、ちょっとずつ変化はしているのかな?と感じます。


今回は、こんな感じです。


スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。