FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【最近の状況③:9月、10月の出来事&症状とアスペクトの関係(Ⅲ)】by saraさん

 01, 2012 16:32
2012/11/1(木)曇り


昨日からの続きになりますー。
【最近の状況③:9月、10月の出来事&症状とアスペクトの関係(Ⅰ)】by saraさん
【最近の状況③:9月、10月の出来事&症状とアスペクトの関係(Ⅱ)】by saraさん



さて、、、これから書くことは、ずっと書くタイミングを失っていたわけですが、こうやって結果が見えてくる時にようやく書けるものなんですねー。なぜだったのか今ならわかるって感じです。

細かいことを書けば、キリがないです。

でも、余談ですけど、自分の周辺の整理を今年になってから促されてました。

例えば、昔の名義(苗字)だった通帳の解約やら、ね。きっとエネルギーを完全に切るためでしょう。

昨年に、旧姓に戻したことで、ある程度カルマは消えましたが、完全に切るために必要みたいですね。

そして、自分に合わないエネルギーの銀行も、キャッシュカードが使えなくなったりで、理由を聞くと解約しなさい。ってことでした。目には見えない事ですけど、周辺のエネルギーも不要なものは排除するって感じかな? そこまでするようです。

今思えば、入って来るエネルギー(お金)も極力クリアに保つためだったかも知れません。

離婚したあとに、そのまま使用しないで残っていた古い通帳も、全部、解約も終わりました。

フルアセンションしたら、こんな残骸が残っていたら、残った家族が整理するのも大変だしな~。なんて死にゆく人みたいな感じだけど(笑)実際に、そこまで考えて、整理していきましたね。極力シンプルにしておこうと思って。(いつかは、わからんけどね!)

必要なことはちゃんと促しがあると思うので、何も心配ないですよ!ただ、何でもですけど、意識的にいないと気づかない事もあるかも知れません。

これは、1つの例えです。


【肉体の症状とアスペクトの関係】チャネリングはsaraさん、ジャーちゃん=セント・ジャーメイン

ところで、、、、。

アスペクトの解放って、ただ単に、自分の核、真の自己に戻す、あるいは統合させる。という意味だけではありませんでした。3ヶ月前くらいだったかな~。ジャーちゃんと話していて、分かりました。

アスペクト=過去世、現世の自分の一側面が複雑に絡み合っている(自分なんだけど、本来の自分じゃないもの)

アスペクトによっては、単純なものから複雑なもの、さまざまです。私はどうしても人間的に捉えてしまいやすいので、アスペクトも1人の人間のように感じたりするし、そのように接することがあります。

多数、団体で押し寄せる時もあれば、頑固な単体と感じる時もあります。

超~素直なアスペクトもいます。そんなアスペクトには、「”めんこい”ね~~~♪」と言う感じです。(笑)


ジャーちゃん曰く

J:「アスペクトたちの解放は、低い次元(3次元)にいるものから統合されていく。ハイアーセルフとの統合はまだ先の事で、後からですよ。いずれは、統合されていきますけどね。アスペクトたちが統合されていく事というのは、アセンションなんですよ。」

「え~~!! そうか、アスペクトたちがyoham(真の自己)と統合(戻る)ってことは、アセンションっていう意味か。そうか!!なるほど~~~!!」アセンション=コズミック・アセンションの意味
※コズミック・アセンション→【自分の段階を知る:ポイント!】byGraceさん

「低い次元のアスペクトたちが、先にアセンションしているのか。」

J:「もちろん、必要なアスペクトたちもいますからね。アセンションには影響ないアスペクトたちはね。」

「うん!!」


私は、この話を聞いて、とっても腑に落ちた。だから、解放したアスペクトたちが、喜んでいたり、あ~~楽になった。もっと早くに戻ればよかった。なんて言ってるのを感じていると、その意味がより理解できる。

アスペクトの解放をしていて、肉体は「宇宙」を実感したとブログに書いた時があったけど、アスペクトたちは、いろんな次元にいる。それは細胞の中やら、原子、、DNAもか、、ミクロたぶん、マクロ単位なのかもしれない、、、。

アスペクトの解放=アスペクトたちのアセンションである。(驚)

で、

肉体の症状、病状には、何等かの要因がありことは多くの人が知っていることです。
普通に、病気になるのは、原因がありますよね。それが、一般的に知られている原因であろうと、精神面からの原因であろうと、、、。

でも、病気の症状、病状または、例えば肩こりや頭痛などの症状だったとしても、アスペクトと言う認識は、殆ど知られていないことだと思います。

このことに気づき始めたのは、今年の5月の時でした。まだ、せっせと毎日、明けても暮れてもアスペクトの解放をしていた時です。

5月、、、いつもの時期に、生理が来ませんでした。

でも、ある日、激痛に近い「生理痛」が起こったのです。でも実際には始まらないので、これは何事かと思いました。

今から思えば、あの時にyohamが教えてくれていたんでしょう。体験をして気づかせようとしていたのだと感じています。

あまりに痛く、とうぜん生理が来るのだと思いました。でも兆候はないので不思議でした。

もしかして、アスペクト??と思い、クツミに聞きました。どうもアスペクトだと言うことが分かりました。

正面から向き合い、痛みを感じつくして、「来るなら来い!」と、痛みと向き合うのに気合い?(笑)も入れて。

すると、すごい大量のアスペクトが、肉体から剥がれました。

言葉で表現するのは難しいけど、この時は、すごい勢いで剥がれたという感じです。

超~リアルに、黒っぽい物体が「ベリーッ!!」って感じ(笑)

その感覚と同時に、痛みが嘘のように止みました。

この時ほど、アスペクトが解放される瞬間を実感できたことはありませんでした。

数分して、(数十分?)

また、激痛と共に大群が押し寄せました。

また、同じように繰り返して、勢いよく剥がれました。数回繰り返したでしょうか?痛みは嘘のように止みました。
この激しい解放は、その日だけだったのか、、、その月に何度かあったのかも知れません。

でも、生理がなかったおかげで、アスペクトの痛みと混同せずに済んだのです。生理で、生理痛だと認識していたら、認識しにくかったでしょう。

通常、アスペクトは、この痛みを感じていて、そこに留まっています。痛みを伴いながら低い次元に留まり、早く解放されたがっているアスペクトもいれば、石のように動けないアスペクトもいるし、様々です。でも解放されたがっているアスペクトは浮上して知らせています。

でも、こちらの準備が整っていないと、なかなか解放は困難です。
アスペクトの尾ひれはひれは、知らずに解放されていくこともありますけど、大元は、最後に浮上することが多いです。

この体験をした後に、、、

最初は、生理痛に似ているので、お腹にアスペクトがいるのか?腰なのか?子宮のほうか、痛みは一か所(1点集中)では感じないため、腸なのかもしれないとも思いました。

「でも、なぜ、、、この部分なんだろう???」と疑問に思い始めました。

それで、ジャーちゃんと話しているうちに、この体験は、これまでアスペクトを解放してきたのとは、ちょっと違うケースだったので、聞いてみました。

「ねぇ、アスペクトはお腹にいるのかな?」

J:「腸は、近いけれども違う、、、。」

「あ、、、、という事は”子宮”の中っていうこと???」

J:「そうですよ。」


私は、感じてみました。

「ね、、、ジャーちゃん、、、もしかして、、、このアスペクト、、、子宮にいるってことは、過去世の近親相姦とか、性的虐待と関係しているでしょ、、、、。」

J:「そうですよ。子宮内膜症とか子宮筋腫は、その最たるものですよ。」

「やっぱり、、、。私の場合、マグダラの時は、酷いものだったし、、、他の過去世でも沢山あったんだろうな~。」

※ マグダラの出生からの生い立ちは、SESのスクールの時にトバイアスがマグダラのマリアの許可を得て話している。私は、自分がマグダラと知った後で、SESを聞き直した。これを自覚するためにも、自分を思い出したのかもしれない。

でも、つい先日、自分が子宮筋腫だってわかって、、、。こうして「今」これを書いてるってー!

ま、子宮筋腫だって、4、5人に1人はあるって言うし。内膜症の人も多いよね。どんだけいるのか。って話だね。
過去世の回数が多い分、いろいろあったって不思議じゃないか。って感じ。


「じゃあ、生理の時って、痛みがあるでしょ?少しは解放してきたの?」

J:「溜ったものは、少しずつは解放されている。」

「ヒーリング(レイキ)でも効果はある?」

J:「子宮に手を当てるといいですよ。」

(時間がかかるのか、根源から解放できるのか、までは聞かなかった)

この時に確認したのが、要は、カルマの解消でもあるってことのようです。

「じゃあ、腰の痛みは?」

J:「怒り、感情の部分。でもギックリ腰は違いますよ!それは、疲れから。」

「じゃあ、ガンは?」

J:「それは、自分の弱い部分に来るんですよ。」

「胃とかは?」

J:「我慢や、自律神経から来る。」

「ねぇ、例えば、子宮とか手術で取ったりしたら、カルマはどうなるの?その時に解放されたってこと?」

J:「そうですよ。」



こうやって書いていると、私の質問ってホント子供が質問するのと同じだよね。(笑)

あと、ジャーちゃんは、

J:「体の声を聴くということですよ。体調だけではなく全て。」

と言ってました。

「ねぇ、喘息とかって、、呼吸だよね、、ってことは、、、生きる事に関係しているんってこと?」

J:「そう、死に対する恐れ」(が強いって意味だと思う。誰しも大なり小なりあるから)

「シャウドでアレルギーは抵抗ってあったと思う。」

J:「それは、肉体を持ち始めた一番最初の頃からのもの、、、」

「じゃあ、レムリアかな~?」

J:「最初は、肉体を維持しなければならない。肉体を守るというところから始まっている。」

で、私もsaraちゃんもアレルギー性鼻炎もあるんだけど、このアスペクトがまた頑固でね。ナカナカ、核に戻ることに同意してくれない。汗

他のアスペクトは、結構、周りのアスペクトも感じていて、「え? あなた、核に戻るんですか? じゃあ、私も戻ろうかな?」みたいなこともあるんです。(笑)

アスペクトたちって、自分の存在が無くなることを恐れているんです。自分が主役、自分がいなきゃ、この肉体は誰が守る。とか、色々ちゃんと持ってまして。アスペクトには、アスペクトなりの理由(言い分)があるんです。

でも、今の時に、実際に必要か?となると、これまでは、それで存続できたけど、もう必要ないでしょう?と納得して頂かなければならないんです。アスペクトたちに、あなたが消えるわけではない。統合されて、体験は一緒にしていける事を知ってもらう必要があるアスペクトたちもいます。でも、あくまでもアスペクトたちの選択を尊重していく必要があります。ほんと、人間と同じです。

でも、アレルギーのアスペクトたちって、ちょっと独特で、他のアスペクトたちを見てないし、感じていない。古い古い、自分たちだけが、守ってきたみたいなところがあって、とってもプライドも高いって感じなの。(笑)

だから、今だに、アレルギーの起こしているアスペクトたちは、時間がかかると見込んでます。

実際、ホコリや、気温や湿度でいちいち反応する必要はどこにあるの!!って感じで、そんなので、死なないんだよ!!って言いたいとこだけど、まだ、私に必要なんだと信じているんでしょうし、私には分からない部分で、本当に必要なのかも知れません。

でも、とにかく解放されたアスペクトたちは、戻ってくるとジャーちゃんも言ってますが、、、それが、どんな形で戻ってくるのかは分かりません。

ふ~ん、どうなんだろうね。戻ってきてる事自体、自分で分かるものなのだろうか、、、。


アスペクトの解放に至るまで、、、

以前にも書きましたが、私の場合は、顕在意識で自分の不要なものを内観を通じてある程度解放し終わった頃、核(yoham=真の自己)と繋がり、さらに、自分を空にしていくプロセスを経て行く中で、潜在意識の不要なアスペクトの解放が始まりました。(2011年~)

その段階、段階で必要なアスペクトたちはいます。

なので、必要に応じて、アスペクトの解放も意識させられると思います。

この潜在意識のアスペクトの解放を行うには、核やハイアーセルフとの繋がりがとても重要です。
そして、他者も自らも、日常的に客観視できている必要があります。

なぜならば、客観視出来ていなければ、自分がアスペクトに乗っ取られているのに気付かないからです。
もちろん、深い部分のアスペクトは肉体を通じて(痛みなど)で知らせてくる場合もありますが、自分のクセや、思い込み、自我の部分の気づきには、自分の内側にあるものに気づいていなければ、解放のしようがありません。

こうして解放をしてくると、相手のアスペクトにもすぐに気づきます。
殆どの人が、アスペクトが入れ変わり立ち代わり、前面に出ているアスペクトと話しているようなものです。

それが、その人の信念体系ともいえますけど、不要な信念体系で生活している場合は、その時その時で不要な信念体系をもっているアスペクトが、言葉を発していたり、思考を牛耳っています。

決して、良い悪いではありません。私自身もそのように生きてきましたし、みんなそうなのです。

その都度、自分にあるのもは、必要なものなのか、不要なものなのか、疑問をもって感じてみると分かりやすいかも知れません。

でも、その前に、本当に、自分に判断(ジャッジ)をもたないよう、どんな自分でも、そのままの自分を「受け入れて、許す」がとっても大切ですよね。

アスペクトの解放の方法がわからなくても、どの段階でも出来ることは、

シンプルに、

「思いっきり感じつくす(痛みだろうが、怒りや悲しみだろうが)」こと。

「ありのまま受容する(認める、許す、例え”分からない”ことがあっても)※判断なしで」こと。

「手放す(流す)」こと。


それでも十分なんですよね。結局は、それをやっているのと同じことです。
ただ、どんどん深く見れるようになっていく過程で、出来るようになります。

もちろん、最初は、ファシリテーターの助けを必要とするかもしれません。


”まるごと、自分を愛せる”って事が、どれほど素晴らしい事なのかを、多くの皆さんに実感してほしいです。

多くの方が、心をオープンにして、どんな壁や制限も取り払っていけたら、どれほど素晴らしいでしょうか。

ぜひ、超えていってください。物事を超えて見てください。

トバイアスが、よく言ってましたね。物事は見えているものだけではないと、そこには、多くのものがあると。

本当にその通りです。そこには、沢山の気づきがあります。


今回は、こんな感じです。

---------------
<参考>
セント・ジャーメインのアスペクト解放の方法
【自己回帰ワーク:アスペクト(自己側面)の解放&saraさんの体験】By saraさん


スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。