FC2ブログ

【最近の状況③:9月、10月の出来事&症状とアスペクトの関係(Ⅰ)】by saraさん

 31, 2012 00:04
2012/10/31(水)曇り時々晴れ




お久しぶりです~。

ワークショップが終わり、少しはゆったり出来るかと思っていたけど、何かと予定が入りヒマを感じている事が少ないかな?

と、言っても、ちゃんと息抜きの時間は取ってますけどね。

最近は、また無料動画で「のだめカンタービレ」を最初から見てました。
なぜか、クラシック音楽、オケの音が聞きたくなって。また、ドラマの内容でも笑えるので一石二鳥なのがいいんです。(笑)

あ、、、今晩というか、朝方ですけど、アダマスのハロウィンのアドベンチャーがありますね!
詳細は→★ お知らせ アダマスの希代のアドベンチャー!に参加しよう!

★ 日時:日本時間の11月1日(木)午前4時ころ
  参加される方は、開始時間までにこちらのアドレスにアクセスしてください。
  http://awakeningzone.com/Episode.aspx?EpisodeID=1603

このアドベンチャーのこと、英語だし、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)に聞いてみました。

「ねぇ、これって、誘導瞑想のようになってるのかな?」

sara:「うん、誘導瞑想のようになっているようだよ。」

「じゃあ、英語だし分からないね~。」

J:「そうだけども、、、わからないけど、ぜひ参加してみて!やってみて!」

「わかった!やってみるわ!!期待しないけど、楽しみ!」

と言うことでした。ぜひ、参加できる方は、試てみてね~。


前回は、ここで終わってましたね。自分でも何を書いていたのか忘れてしまいそう、、、。
→2012/10/16【最近の状況②:裁判:証人尋問&0の夢&豊かさの流れ】by saraさん

とにかく、いろいろな出来事が現れます。

今回は、以前に書く機会を逃していた内容に更に加えて書けそうです。
きっと、このタイミングで書くのがベストなのかもしれないですね。

さて、、、どこから書こうかな???

・ 9月の出来事
   ① 自転車での転倒事件
   ② saraちゃんの入院事件
   ③ yoham(真の自己)のエネルギー体験


・ 10月の出来事
   ① 肉体のケア(検査と結果)
   ② 自転車の盗難
   ③ 自立の時期


・ 肉体の症状とアスペクトの関係
  (遡ること、5月頃の気づき&出来事と現在)

最近では、すぐに流せることが多いので、その瞬間に味わい、笑いに変わります。
それが無意識にでも、抜けていくので、たとえ感情が出て来ても「その瞬間」一時的なことで忘れてしまうことが多く、自分でも「なんだったっけ?」くらいになってしまう事に驚くこともあります。何でもそうですけど、練習期間があり、だんだん「今」の事が、すぐに「過去」へと変わり、その意識の扱いが上手になっていっている。という感じでしょうか。いつの間にか、、ですね。

ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)は、「だんだん、板についてきた。」と言ってくれるようになってきました。(色々な面においてですけどね)

でも、まだまだ自信がない事も出てきますよ。それはそれで、そんな自分も受容しているのでいいんですけどね。



【9月の出来事】チャネリングはsaraさん、ジャーちゃん=セント・ジャーメイン

9月って、全体的には、ワークショップの準備が始まってきた頃かな~。そう言えは、韓国CCとの繋がりも出てきた頃だろうか?

でもエネルギーは、より強くなってきてましたから、なんでも出てきますよね。


① 自転車での転倒事件
9月5日(水)

娘のマンションに向かう為に夕方自転車に乗った、、、。

家を出る時、いつもなら娘の所へ向かうのに、パワーストーンのブレスレットはつけていかないのだけど、その日は、何か気になって、2つあるうちの古いほうをつけた。

ちょっとサドルの所が気になり片手を離した瞬間に、自転車が傾いた、、、と気付いた時には、カエルのように(爆)アスファルトの地面に、、とくに顔面が打ち付けられた、、、。

何が起こったのか、よく分からなかった。

とにかく、顔、、とくに唇のあたりと歯も含めて打ち付けられ、その他、自転車に挟まれたところなどを気にしつつ、、、自宅のマンションの前だったので、とにかく一旦、家に戻った。

鏡を見るのが怖かった、、、でも、幸い、、流血状態には至ってないようだった、、、。
鏡を見ると、、、唇、、他にスリ傷があって血がにじみ、みるみる腫れていった。前歯は折れたかと思っていたけど、差し歯の先が細かく欠けただけで済んだ。(笑)

あとは、体の数か所にスリ傷、打撲で色が変わっていて腫れていた。すぐに傷は洗って、保存用のパックを冷凍庫から出して冷やした。

ちょっと動転したけど、何が起こっているのか、、すぐにsaraちゃんに電話をした。


saraちゃんも驚き、、、ジャーちゃんがすぐに答えてくれた。

J:「体の調整、、、でも、ブレスレットをしていたから、これで済んだんですよ、、、。」

私は、半ベソ状態だったが、、泣き笑いに変わった。

「意識に追いつかない肉体との調整だったの?」

sara:「うん、そうみたい、、、」


なら、仕方ないか、、、と納得もできるものの、、体中の筋肉のあちこちが痛くなってきた。
私は、この時初めて、こんなにパワーストーンって有りがたいものだと思ったことはなかったし、すごさを知った。今さらだけど、こんなに実感したのは初めて、、、。

sara:「よく、ブレスレットつけていったね。」

「うん、普段なら○○のマンションに行くのに付けていかないけど、今日は、なんか気になって、迷ったけど古いほうのブレスレットを付けたんだ、、、。でも、バラバラになっちゃったよ。少し拾ってきたけどね、、、もう外は暗くなってきたからよく見えないし。」

J:「そのブレスレットの石は、もうかなり吸い込んでいるから、土の中に埋めなさい。」

「そうだったんだ、、、守ってくれて来たんだね。わかった埋めるわ。」


気持ちを取り直し、薬らしいものはないので、顔をマスクで隠しながら、外に出た。
iPhoneのアプりの電燈を使って、散らばった石を集めた。

「出ておいで~~~。土に返すから~~。」

すると、散って転がっていた石の数個が見つかった。

家の近くの公園の淵の土を掘って、そこに石たちを埋めた。心から感謝して「ありがとう」と伝えた。

娘のマンションに向かう途中にドラッグストアに寄って、塗り薬、サビオなどを買ってから行った。

気持ちが落ち着いたこところで、saraちゃんに電話して報告した。

J:「感謝は、とても大切なことですよ、、、、。」(石たちを土に返した時について)

なんだか分からないけど、泣けた。でも、この体験は、自分にとって痛いことだけど、心から良かったと感じた。

それから、数日間、痛みからなのか、熱が出てしんどかった。もう、何がどうなってんだか。って感じだった。

ちょうど1週間経った日、傷も治ってきて、熱や体の痛み、怠さがすっと消えた!
ベッドから、起き上がって。

「わ~~~い!元気になった~~~!」と喜んだ!

saraちゃんと話ていたら、クツミに尋ねた。
(自分では、自己チャネで、感じ取る、感覚などはわかるけど、会話までは、まだ出来ない)

「ねぇ!元気になったよ~~~~!!」

K:「まだ、調子に乗ってどこでも出かけないでくださいよ!近所の買い物くらいならいいけどね!」

「わかった~~~。」



ちょっと高いサビオ(かさぶたとか、傷跡をあまりつけないで治るサビオ)を使ったことで酷い状態にまでならずに済んだ。このサビオってほんとすごい!でも、、、やっぱ、顔の傷だけは、今もシミのように残ってますな、、! まぁ、この年齢になると仕方がないか、、、とあきらめてます。再生には時間が必要でしょう~。

娘たちや母などに話しても、最初は心配そうに言ってても、最後はみんな「年なんだから~~~。気をつけてよね~!」で済まされる。(笑)

しかし、肉体も意識に追いつこうと必死だ。ここに来て、追い込みかという感じもしないでもない。
私に必要なことは、ちゃんと起こる。


② saraちゃんの入院事件
9月12日(水)

私の自転車事件が落ち着いた翌日の朝、、saraちゃんからメールが届いた。

「入院することになった。」

「え”~~~!!」

私は、お産以外で入院したことはなく、「丈夫なことだけが取り柄」みたいに生きてきたんだけど、saraちゃんのプロセスは、入退院というのは、数年前まではあって、喘息などもあるため、どっちかって言うと、肉体を通して解放のプロセスを通過することが多かった。

その後遺症で、久しぶりに前の晩に「ヤバイ」と感じる症状に陥り、翌朝、近くの病院に行くと入院ということになったらしい、、、。

そんなに、深刻な状態にならずに済むことで、結局は一週間ほどで退院できた。

彼女の信念体系の中に、体でやってしまう。というクセと言うか、アスペクトとも言えるのか、それも、ようやく手放したことを認識していた、ここ数年だっただけに、「また~~!?」とsaraちゃん自身も、自分の選択とは思えないような出来事を結局、受容するしかなかった。彼女も、これまでに、相当、自分と(アスペクトと)向き合ってきたのです。

よく、ジャーちゃんがシャウドで、もう肉体で(病気など)解放しなくていいんですよ。もっと簡単にできるんですよ。と言う時がありますが、それも解放していく中で、自然にそうなっていく。って事のようですね。

だって、こればかりは、自分で「選択する!!」と言ったって、起こる時は起こるのですから、、、。汗

その起こってしまったことに、どうこうと考えるよりも大切なのは、ありのままを「受容」する。と言うことが、ジャーちゃんから教わってきたことからすると、とても大切ってことですね。

「受容」して、「手放す」こと、、、。これは、どこまで行っても、その段階において、大切なことです。


③ 核、、yoham(私の神)のエネルギー体験
9月16日(日)

私は、しばらく、他のスピリチュアルサイトなどは読んでいませんでした。

と言うのは、それが、全体(地球)のことでありおうが、今後起こりうることであろうが、もう必要としない。という理由からです。もう、ただ現れることを受け取って、行動するのみなので、確かに、ジャーちゃんに「それは必要なことですか?」と聞かれたら、「必要ない。」と自己完結してしまいます。

でも、この時、ある方が、あるスピリチュアルサイトの動画を紹介してくれたんです。
なんとなく気になったので、クツミに、見てもいいかを確認したら、OKが出たんです。

それで、この日、、、徹夜だったんですけど、朝方にこの動画を何の期待もなく見始めました。客観的に見ながら。

その中で、天使のグループのチャネリングで瞑想誘導がありました。
ま、ちょっとやってみようか。くらいの気持ちで、一緒に呼吸をしていました。その誘導瞑想の目的とは、ちょっと違うのですけど、独自の体験として、すごいエネルギーが入ってきました。

なになに???何なのこれは、、、、。と感じていきましたが、終了する頃には、そのエネルギーのすごさに圧倒しました。

クツミのエネルギー?? yoham(私の神)??? 

「すご~~~い!」の連呼でした。 部屋の中を歩き回り、そのエネルギーがどこまでも大きく、拡大されているように感じました。何でも出来る(具現化)ように感じました。感覚を表現するなら、キラキラしたエネルギーでした。

翌日、saraちゃんに確認すると、(入院中だったんだけど、外出もできるくらいだったので)

J:「あなたのyohamのエネルギーを体験した。そのエネルギーを、今は意識的に使うことは出来ないけど、いずれ意識的に使えるようになる。」

「もしかして、それが【統合】ってことなの???」

J:「そうですよ。」

「うわ~~。すごい!なんでも出来る感じ!!」



どんな体験もすぐ流れていくので、今はそんなこともあったな。っていう感じですけど、確実に【統合】に向かっているのは知っています。

たぶん、、、不必要なアスペクトが完全に核に統合(解放)されていったら。っていうことですね。
何一つ、残せないですからね。ま、何も問題のないアスペクトは、そのままいますよ。役に立ってくれることもありますから。って言うか、完全になくなったら、もう人間じゃないよね。(笑)

でも、以前のように毎日毎日、アスペクト解放に時間を費やしているわけではないので、ずいぶん楽になってきました。


9月の大まかな出来事は、こんな感じだったかな。
痛いこともあったけど、いろいろ楽しいこともありました。


とりあえず、【9月の出来事】だけ、先にアップしておこう。

続き、、、たぶん、書きます、、、。


*  *  *


【最近の状況③:9月、10月の出来事&症状とアスペクトの関係(Ⅱ)】By saraさん


スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?