FC2ブログ

【自分の段階を知る:立ち位置の確認(おさらい)+α】by saraさん

 15, 2012 01:59
2012/8/15(水)曇り時々晴れ




今年の札幌、北海道は、真夏日と言える日は1週間あったのだろうか。
寝苦しい日というのは、4,5日くらいしか記憶にないな~。お盆前からこんな感じなのも珍しい。
最近では、めっきり秋の到来を感じさせ、過ごしやすく湿度もあまりないので爽やかな感じです。丁度いいと言えば丁度いい。


さて、書きたいことは山ほどあるようにも感じるけど、どこから始めようか。


【進化の過程のおさらい】

正直に感じることを話せば、、、それが、とても大切だと感じるから話すのだけど、ジャーちゃんが現在、シャウドで語っている内容は、多くのシャーブラにとっても、もう少し先の事が多い。

シャウドでは、不特定多数、あらゆる段階のシャーンブラに対して細かく指導まではできないので、それは個々で感じ取ってもらっていくしかない。それはジャーちゃん(セント・ジャーメイン)からも確認していること。

今日、これを書くにあたって、少し参考になるメッセージをと思い、saraさんを通してメッセージをもらった。それは、この後に書くことにする。

そのシャウドから”感じ取る”ことすらマインド(アスペクト)で捉えがちになってしまうので、どれほどのシャーンブラが自分の立ち位置をしっかり自覚できているのだろうか?と疑問に感じるときがあります。

そうは言っても、どんどん多くの方が意識を高めてはきています。

ただ、意識的な生活を心がけているシャーンブラたちは、自分がまだ持っているものなどは自分で自覚できる部分もあるかと思うので、気づいた時に解放していけることももちろんあります。

今、何故に再度またこのような事を書くのかというと、それは自分がアスペクト解放していく中で、これが””統合”の過程で【起こる】ことである。と真から感じるからです。

でも、アスペクトの解放を自覚しながら出来るようになる段階に入るには、いつからでもすぐに出来るというわけではないというのがジャーちゃんと会話していく中で分かってきたことです。核に繋がっていなければとても難しいのです。

なぜならば、核に繋がっていない場合、アスペクトに乗っ取られていることすら気づけないし、無意識、自覚していてもアスペクトに「あっちにいけ」と思っています。そんな時はジャーちゃん曰く、はっと冷静になっている時に、アスペクトを認識できる程度だそうです。

本来、真の自己は、何もありません。何かある、何かに反応する(エゴ)のは、全てアスペクトだと言っても過言ではありません。それが怒りでも、悲しみでも、なんでも。

ただ、アスペクトと言っても、アセンションに影響しないアスペクトに関しては真の自己もどうでもいいようです。

以前に、書いたことと重複する部分もあるかと思います。
→2011/5/28【自分の段階を知る:ポイント!】byGraceさん

例えば、「エンライトメント(悟り)」を得る段階も何段階かあります。
最近のシャウドのエンライトメントの話は、すでにプラネタリーアセンションを果たし、次のコズミックアセンションに向けての過程の話です。

では、その段階の過程に辿り着くにはどうしたら良いでしょう?何を基準に立ち位置を確認したら良いでしょうか?

今日、ジャーちゃんは、

J:「シャウドをあまり鵜呑みにしない事!」

と言ってました。(笑)それは、本当に個々での基準とするものも違えば、捉え方、段階、魂のクセ、人間と過ごしてきた中でのトラウマも様々だからです。

「ねぇ、例えばシフトしていくことの過程に、全ての人が経済的な困難を味わうわけではないよね。」

J:「そう、それは魂にトラウマがあるか無いかによって違う。(トラウマが無ければ経済的な困難を通過しない。)人によって違う。」

トバイアスが伝えていたけど、過去世で宗教に多くかかわってきている場合には、お金に関する信念体系が残っている場合があり、顕在意識で豊かさを望んでいても、深い部分に信念体系が残っていて豊かさの具現化することが困難になってしまう場合が多い。

J:「シャウドは、その人その人の判断基準が違う。”私は体調(健康)が良いから、いいところ(高い意識に)にすでに行っている”あるいは、”私は経済的な問題はないから、いいところ(高い意識に)に行っている”というのは、違います。それは、【一方向】の見方でしかありません。【多方向】ではありません。経済的に困難な人のほうが、意識が高いこともあります。それはバランスです。それは何の基準にもなりません。ただ【一方向】が良くてもバランスが取れているとは限りません。”自分がバランスが取れているだろうか、、、。”と意識を向けていることが、【多方向】であることです。」

「うん、サイキックだからと言って意識が高いとも限らないしね。同じことだね。」

J:「ジャッジが起こる。自分には問題がないから、自分は大丈夫だと。例え問題があっても一概に低い意識であるとは限らない。そのように他者に対してもジャッジしなくなるほうが、意識的な面で安定しているといえます。」

J:「他の人のことではなく、自分の中に【二元性】を見ていく(内観する)、ジャッジ(判断)なく。二元性が出てきたら、まだ自分は【多次元】ではない。とジャッジしないで見ることです。それはとても困難なことです。何千年という歴史がありますから。でも、それが自分の立ち位置の基準にもなります。そうして見ていくことで、エゴでの判断は、全く無くなるという訳ではないけれど少なくなっていきます。」

「でも、ジャーちゃん、シャウドで以前に”内側には何もありません”とか言っちゃうし。それって、かなり後になっての事じゃん。笑。」

J:「そうしていく内に”アスペクトの感覚”を感じさせているのが”アスペクト”だと分かってくるでしょう。」


・「○○○~しなければならない」について※統合、エンライトメント、アセンションなど。

もちろん、知っているとおり「~しなければならない」を持っている必要はありません。自然に起こってくることですよね。

では、何もしないで、その状態になれるでしょうか? 誰かが代わりにしてくれる訳ではないですよね。

こんなことをジャーちゃんに聞くのは、私くらいなものでしょうけど、、、(苦笑)

「ジャーちゃん、”~しなければならない。”と”努力すること”って何が違うの?よく分からなくなる時があるよー!」

J:「それは、同じこと。」

「え? 同じなのか。うん、ほんとね、区別できないんだよ。だから、変な時に、これって「~ねばならない」なんだろうか?と悩むよ。」


ジャーちゃんと話していて分かってきたのは、例えば、「統合しなければならない。」はマインド(ある意味、アスペクト)であり、「努力することは、~やってみなければ分からない」ということらしい。

日々、今に存在する中で、「努力」することで、気づき、発見、体験があり、時には腑に落とすことが出来たり、マインドを納得させたり、何等かの進展を得ることが出来る。努力には無駄などなく、失敗も存在しない。
そんな事を感じていきました。

なので、他力本願になることなく、超えていけるのではないでしょうか?

じゃあ、何を意識(努力)していけばよいのでしょうか?


ちょっと話を戻しますね。

例えば、エンライトメント(悟り)の段階に入っていくためには、

日常的に客観視(ジャッジなく)が必要になります。それは、私たちは殆どが何等かのアスペクトによってマインドを使っているからです。

客観視を出来るようになるためには、二元性をある程度手放しているかどうかも絡んできます。
二元性と言っても、とても深いものです。どこまでも、、、というくらい生活に染み込んでいます。なのでいかに気づくことができるか?というところもポイントになります。

以前にブログで話したように、自分の中心を知ること、その後に、核が形成されていくこと、核にしっかり繋がることで、揺らぎが少しずつなくなっていき、自動的にプロセスが進むようになります。そこからが【多次元】の世界に入るところです。

まずは、そこまでがとても大切な部分になります。

どうしても自分の中心が分からないと感じる方は、心地の良い日、心地の悪い日があるのを認識できるかどうか。意識して日々を過ごしてみてください。

J:「中心がどうしても分からない場合は、その時々に”今日はいい感じ”、”今日は何か心地悪い感じ”でもいいので、感じていることが大切です。」

「本来は、中心がズレていれば、耐えられない感じで、早く戻りたい!って感じるけどね。無意識でいたら分かりにくいこともあるのかな?」


そんな感じで、自分が今出来ること、努力を続けていく中で、個々の解放によって違うけれど、いくらでも加速することも可能でしょうし、自分の選択によっては、停滞することや、ちょっと遠回りすることもありえます。

シャウドでも言ってますが、ある時期に入ると、【個】のワークに入ることも大切なことです。
他のエネルギーとの関わりと極力離れて自分の内側に入っていく時期です。より多くの自分の時間をとる時期です。

私にとって、その時期というのは、東京での生活3年間でした。東京に住んで数か月後には、CCとも離れて、本当にどこにも所属しない時期を過ごしました。より1人の時間を持つことによって深く【内観】することができました。【内観】は続きますけどね。笑。もう生活の一部で常に客観視しているのがふつうのようになります。

それは環境によって、立場によってもナカナカ難しいことは分かっています。なので、無理にするということではないけれど、意識的に時間を持つほうがより【気づき】を得られやすくなります。

意識は、【気づき】です。

ジャーちゃんは、このことについては、

J:「内観するには、周りに振り回されると出来ない。その時期というのは、他者の意識(言葉など)にも影響されやすい。一概には言えないが、結婚生活というのは、個をみとめないことが多い。運命共同体のような感じで共同生活をしています。一緒に住んでいても、意識的にお互いの時間を作ることは出来ます。相手を認めつつ、”私は私”という生活を送ることによって内観しやすくなります。ようするに、【個】のワークというのは、【内観】する時間を意識的に持つことです。」


どうなって行きたいのか。は、もちろんそれぞれの選択です。


再度、今後どうなって行きたいのか。なりたい自分になる為には、どうしたら良いのか。


ちょっと、立ち止まって【感じて】みよう。

自分の立ち位置を確認してみよう。


自分を知ることで、「今」なにを意識に置いたら良いかに気づけるのではないか。って感じてみよう。


ここに書いていること全て、良い悪いで書いていませんからね。
ここ数か月、感じていたことです。よければ、参考にしてみてくださいね。




思ったより、長くなってしまいました。1つで終わっちゃったー。
よくばって書き続けてしまうと、また徹夜です。

明日はsaraちゃん、IRISちゃんといっしょに集まる日なので今日はこのくらいにしておきます。明日は明日の風が吹く~。

ではでは、また!

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?