FC2ブログ

転居のプロセス【全て失う編】-10

 02, 2008 10:10
2008/2/2の始めは↓
転居のプロセス【全て失う編】-9の続き
*  *  *

私は、チャネリング後にすぐ料金を振り込むことを伝えた。
そしたら、チャネラーさんが、今回はお餞別です。
お金は、いいです。受け取ってくださいね。(笑)

いつもの私なら、遠慮したかも知れない。
でも、本当に感謝でまたまた受け取らせていただいた。

今回のチャネリングでまたスッキリ出来た。
最初のマンションのことについては、正直ちょっと悔しい~!
でも、私はきっとあのマンション以上の物件に住んでやる~。と心に誓った!(爆)

チャネリングを受けることについては、人それぞれの価値観、意見もある
と思う。
でも、やっぱり私は、全て「愛」だと「サポート」だと感じる。
その「愛のサポート」を受け取ってきたのだと思う。
これだけは、受け取れてきたのにね。

人がどう思おうと、何を言おうと「私は私」なのだ。

「Iam That I am」

とにかく安心した。ひと山は終了か。
あとは、無事ハートに従い仕事につくことだ。

我々と宇宙がサポートしているか...。
何度も言ってたよな~。
よっぽど信じきれてないって言うか、信じてるのだけど、
委ね切ることが、どうやっていいのか分からなかったようにも思う。

今まで分かっていたのに、なんか焦っていたのだろうかね。
私的に焦っていたのは、「荷物の片付け」が間に合うかどうかを
焦っていただけで。
これも必要なかったんかね?
やっぱ、ちょっと正直、難しいもんだって。思ってしまう。

私は、みんなに声を大にして言いたい。
私のように「困難」なやり方は選択するな!って。
ヤバイと思ったら、私のことを思い出してほしい。

あ~。あのようには選択したくないよなって。 (爆)
自分は、シンプルに通っていきましょう。ってね。

そして、プロセスの最初のころからの教訓、学び、全て、
なんで、この最後に来て生かされなかったかと思うと、
こんちくしょう。ばかやろう。の世界。

とっても、悔しかった。ハードルは思ったよりも高かった。
高くしたのも自分の選択なのかも知れない。
自分にくやしい。

*  *  *

で、最後になったけど、
私が上京したときにチャネリングを受けた仲間の
チャネリング内容で、アセンションスクールについての内容があった。
許可をもらってブログでほんの一部分公開する。

アセンションスクールの時、あの場自体が次元が変わっていた。

第3サークルには、参加者全て、クリムゾンの中でも種族など2~4人くらい
のグループ(その中には案内人も付いて)ごとに、乗り物に乗って
行っていた。
待っていたのは、セント・ジャーメインともう一人くらいで。多くはいなかった。
などなど面白い話が聞けた。


*  *  *

ようやくチャネリング内容を書くことが出来た。
忘れてしまいそうで、早くここまで書きたかった。
「クリアした!」と思ったら、また色々な不確かさを感じ。
このチャネリングを受けるまでにも、気持ちの中では、ぐるぐると色々な思い
がめぐっていた。

財布の中身を見たら、そりゃ不安がないっていったらウソになるし。
ポストを見たら請求書がはいってる。

でも、サポートがいつだってある事を知っている。いや、知ったか?
きっと、この経験、体験も第3サークルでは美しい思い出になるに違いない
と思う。

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?