FC2ブログ

【人間の姿をまとった化身】との出会いby saraさん

 19, 2012 12:59
2012/2/19(日)晴れのち曇り




そうそう、昨日、書き忘れましたが、解放が起こっていたのは派遣先の研修中でのことです。

日中に通っているスクールでは、クラスの人とも少しずつ慣れてきてて、最初は余裕で聞いていたWebの授業も、だんだんと複雑になってきて、ついていくのがやっとって感じになってきました。限られた期間での授業なので、進むのがとても速く、ノートにとるのと課題においつうのがやっとって感じです。

でも、最初に隣の席になった子は(皆さん若い方が多い)、男の子ですが、物静かなとても繊細な感じのエネルギーをもっているなという印象でしたが、ちゃんと自分というものを持ち、とても好感のもてる方でした。
慣れてくるにつれ会話も増え、お互いにわからないところを助け合ったりしてきました。

その男の子を感じていると、どうも天使か?と思えてくるのです。昨日の朝、天使??どうしてそんな感じがするのか、改めて感じてみました。他の人たちとは明らかに違う、何かが私に伝わってくるのです。
天使、、、いや、このエネルギーは、東京と旭川で公園で出会った【化身の男の子】と同じなのです。

「あ~~、化身だ。」

そういえば、名前に「龍」という文字があった。「龍神さん」の化身だったのか。とyohamに聞いて、「え~~、やっぱり!!」と驚きました。

私も3回目になると、わかるようになったんだなー。と思います。でも、化身の子たちのエネルギーを言葉で表現するのはとても難しいです。言葉に出来ないんですね。

で、saraちゃんと会った時に、ジャーちゃんに聞いてみたら、

J:「化身の人?たちは、自分は化身だとは知らずに過ごすのですよ。役割は、ほとんどエネルギーで行っているので、普通に過ごしています。」

「そうなんだ。」

J:「エネルギーで、割と低い3次元の人たちに影響を与える役割を担っているんですよ。」

「そうだったんだね。私ね、東京や旭川で出会った”化身”の子供たちは、はにかみ屋で、でも家族のことも話す。でも、どうも幼稚園にいてもおかしくない時間に公園にいたりするから、てっきり、バイバイしても、あの道を曲がったら、姿が消えるんでしょ!って思っていたんだよー。爆 TVか、マンガの見すぎ?笑。」

J:「ふつうに生活してますよっ! そうじゃなかったら、毎日、学校になんか行きませんよ!」

「そりゃ、そうだよね~。あはは。」

「やっぱりね~。とにかく、他の人たちとは違うんだな~。一緒にいて、たとえ無言でも、空気感が心地いいんだな。お互いに言葉を交わさなくてもわかっている。って感じで。何気に話も合うし。」



そんな感じで、先日、席替えがあって、隣の席ではなくなってしまったのは残念だけど、そんな事もあってね。
いろんな方たちが、。この時期のために、ここ地球に来ているんだな。と改めて感じました。


では、また!

スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?