FC2ブログ

【その後のはなし&光の宇宙評議会】

 16, 2012 14:22
2012/1/16(月)曇り




あれから、yoham(私の神/真の自己)も上げたり下げたりと私を揺さぶります。

それは、なぜかと言うと、普段、認識できないようなアスペクトの場合は特に、何かの状況を与えて表面に出す場合もあるからです。(だから、ピンチはチャンス。)

で、先日ブログでは書いたけど、この先いい感じに進めると思っていた矢先に、事態は一転しました。

あの翌日、今後行くことになるスクールの面接、試験の合否の書類が送付されてきました。

私の場合、合否はあまり関係なく、準備されているものは、もう受かることが前提(信頼)なので落ちるという頭では行動していません。(だから引越などもできるのですが、普通ではありえないでしょう。笑。)

だからと言って結果に執着しているわけでもなく、あくまでも行動に対しての結果は結果、柔軟に適応する。(その過程に沿って自分に必要なことが起こっているという解釈の仕方)

話は戻って、この合格通知をもって、すぐに支援金の手続きのためにハローワークへ向かいました。

国の方針が変わったのは知っていましたが、職がなく困っている人の為の制度なので、これまでは手続きすると、スクール開始後1~2週間ほどで支援金が振り込まれてました。
とうぜん、私もその時点まで、なんとか生活をつなげば、あとはバイトもあるし楽になっていくと想定したのです。
しかし甘かった。国の方針が変わったことにより、まだ、その一か月ほど振り込みは先送りになったのです。

バイトで働けるには基準があり”いくら”までと決まっていて、それ以上働くと支援金は打ち切られてしまいます。(当たり前でしょうけど)

スクールと両立なので、バイトで働ける時間は4時間程度です。
どうやって来月生活していけばいいのー?!と国い対してもだけど、yohamにも腹が立ちました。
こっち(地上)にいる身にもなってよ!!って感じですね。苦笑。こんな感じ久しぶり!

でも帰りの道すがら、私が実際に怒りが出たのは、国のことではないんですね。
内観していると、その怒りは、「2010年の時のような思いはしたくないよ。」「あれだけ自我や信念体系を落としたのにまだあるの?」「また、生活できなきゃ家族に迷惑かけるわけ?」「もう、言いたくないよー!」
という思いでした。

でも、客観視してみると、「もう2010年の時のような食べるものもなくなり、一時的には電気やガスも使えないような生活になんて戻りたくない」という自分もいることに気づくのです。
ある意味トラウマ?のようなものですね。汗
正直、「笑い話にはなったけど、もう二度と体験はしたくない。」という自分(アスペクト=自己の側面)です。
自分でこの感情があるのは否定できないけれど、このときは感情のほうが強く出ていました。

それは、より広く高く大きな見解ではないことを知っています。
”なんの為に、今、地球にいるのか。”に戻れば、この3次元的な意識は外れるからです。

それでも気持ちは収まらず、帰ってきてsaraさんにぶちまけました。笑。
saraさんも一緒になって話に同調してくれました。

「ジャーちゃん!!腹立つ~。、でも話したらスッキリしてきた。どうせジャーちゃんは、受け入れてください。って言うんでしょ。」

J:「そうですよ。それもアスペクトですよ。」

「わかってるー。受け入れるしかないじゃん。あとでゆっくり、このアスペクトに向き合うさ。ふん!」


以前よりもアスペクトが抜けるのはとても早くなっているので、向き合おうとした時には殆ど解放していた。

でも、一応、向き合ってみた。

すると久しぶりに、双子の姉妹のハイアーセルフが出てきた。
双子の姉妹のことは⇒2009/7/19シンクロ②双子の姉妹:☆【シャウド9・10】

「もう、わかってるよ。」

双子:「うん、先のことを考えたってしかたないじゃん。」

「わかってるよ。今にいることだよね。」

双子:「そうそう♪」


という軽い感じで、アスペクトのほうより、相変わらず双子の姉妹は自分にウリだな~。と妙に改めて感心した。笑。

で、スッキリしたので、ジャーちゃんとyohamに

「もう、解放したよー!できたよー。」

と伝えたが、まったく無反応。

「なに?なんで、無視するわけ?ひどいなー。もういいよ。」


翌日、saraさんに、

「ジャーちゃんも、yohamまで無視するさ!」

sara:「あはは。あんね、今回のはあくまでも浮上してきた分は解放した。ってことだって!」

「いやー、そうなわけ?まだあるってこと~?いやだ~。 じゃあ、また窮地に追いやられないと深い部分のアスペクト出てこないじゃん!!」

「もう、いっぺん(一度に)に出てきてほしいー!」

sara:「いっぺんにはキツイでしょー。私はいやだな~。少しずつがいいな。」

「いや、私は一回で終わってくれたほうが、まだいい。」

(そう言ったところでどうにもならないけど。)

「あ~あ、来月またどうなるかわからないしな。もう言えないじゃん。(家族に相談)」

J:「その”言えない”と言うのもアスペクトですよっ!」

「あ~~、、、そうね。どんなけ~~~。」

「それが全部アスペクトなら、私はいなくなるね。」


後から、冷静に考えると、自分を”空の器”するために解放してきたことを知ってたのに。と思い出したけどね。

sara:「うん、そう完全に(yohamと)統合するためには、一つ残らずアスペクトを解放するんだって。何一つもっていけないって。」

「あ、、、そうだったね。自分はなくなるんだもんね。」

J:「そうじゃないと、フルアセンションできませんよ!」

※フルアセンション=セント・ジャーメインと同じ、肉体をもって完全にアセンションすること。
 と同時に、コズミック・アセンションのこととも言える。
 コズミック・アセンションは、プラネタリー・アセンション(五次元移行)のまだまだ先の段階。より道が狭まる。
そのことについての参考↓
⇒2010/1/20【アセンション完了】の確信
⇒2011/5/28【自分の段階を知る:ポイント!】byGraceさん
とか。

「ほんとうに、ぜ~んぶ自分を空にするんだもんね。どうなっちゃうのかな。本当に。」

以前に、yohamが統合されても、最初はいったり来たりする。とジャーちゃん言ってたけど、意識がいったり来たりって(実際になってみるまで理解はできない)、私は、あっち?(宇宙?天界?)へ行けば、肉体のほうの私の記憶はあまりないんだって。3次元に戻って、どう周りと話を合わせるの?って聞くと、必要に応じて思い出す(引出が開く)。肉体は、あくまでもレプリカ?コピー用品?(笑)そう3次元に自分のコピーを置いてる状態って感じかな。そんな感じになるらしい。アトム(アニメ)のコピーのようにね。 昔、シャウドにそれは書いてあったような気がする。

ということで、もう2010年に体験したようなことはないだろうけど、yohamは、事は似ていても違うステージで残りのアスペクトをさらに出し切るつもりのようです。
とにかく、私がどうあがこうがyohamには関係ない。それが本来の私であって、今世、地球に戻ってきた目的なのだから。

それからは、「来るなら、来いっ!」ですよ。久しぶりに使ったけどね、この言葉。

どんな状況を見せられても、アスペクトが完全に出なくなるまで続くのは確かなので、もういいです。抵抗したって無駄な労力なの知っていますから。はい。

なので、落ち着くにはもう少し時間が必要みたいですね。拡大するにも、半端ない、容赦なし。笑。

いまの食事は確かに、節約モード?面倒だから?食事に執着ないから?よくわからないけど質素といえば質素。
でも、ジャーちゃんは、余裕でたら、栄養のあるものをバランスよく食べなさいと言ってる(笑)。ということは、時にはお寿司とか焼肉とか外食もできるようになって行くんでしょう。

その時期に入れば、今回のアスペクトは解放されているんだろうね。



【あの信号は、光の宇宙評議会だった】

あの”宇宙からの信号”は、どこからなのか今日分かりました。

「ねぇ、やっぱり宇宙のメッセージはよくわからないな。意識だけは向けていたほうがいいのかな?」

sara:「うん、確かに私でもはっきりしない。遠いというか薄いというか、確信もてないくらい。」

sara:「なんかね、だから最初はジャーちゃんとか繋がり易い存在から始めたほうがいいんだって。でね、宇宙の言葉ってね、なんと表現していいかわからないけど、淡々とというか、宇宙的?な言葉だから、なおさら私たちの言葉に置き換えるの難しいらしいよ。」

「そうか。なんとなくわかる。」

「ね、あの信号は、以前のアンドロメダとは違うけど、アンドロメダではないんだよね?」

sara:「うん、違うって。宇宙連合???なんとか評議会???」

「ねぇ、もしかしたらなんだけど、ロナ・ハーマンが去年に伝えていたのだけど、ロナさんと同じなのかな?」

sara:「うん、そうらしいわ。」

「そうだったんだー。あれには、確か、ミカエルもだし、パパ(ヨシュア)も、ジャーちゃん(セント・ジャーメイン)、あとは、ジュワル・クル、エルモリアもだったと思う。ロナさんも、ミカエルだけではなく、宇宙からメッセージが来て新たなつながりをもったことが書いてあったと思う。大内さんのサイトで読んだことがあったよ。」


調べると、2010年、2011年に、このメッセージが伝えられていた。
★ 大内博さんHPより
⇒【AAマイケルメッセージ 2010年 8月】あなたは今、新時代のポータルの中にいます
⇒【AAマイケルメッセージ 2011年11月】二元性の真っただ中にあって光の道を歩む
※下記に再度、一つを転載します。

「そっか、じゃあ、ロナさんも毎日、瞑想しているようだし、私も練習しなきゃいつまでもつながらないね。」

sara:「聞く前に、ジャーちゃん、うん、うん。って言ってるわ。笑。」

「わかった、やってみるかな? でもね、ロナさんは、五次元のピラミッド(ミカエルの伝えているワーク)を使っているし、私は音楽を聴きながら瞑想するのが多いけれど、ツールはどんなんでもいいの?」

J:「自分に合ったものなら、いいですよ。 次第に使わなくてもできるようになる。」

「わかった。だけど、ツールを使うと依存になりそうで、どうなんだろう?と疑問だったんだ。 あとね、音楽もあっち(高次元)まで入っていけるのは、ほんとに僅かなんだよね。年に数回。」

sara:「私の使っている音楽いいよ。」

「そうか、違うのも試そうかな?」


考えてみると、もう合わなくなっていたのかもしれない。
近いうちに、ipodに入れてもらうことにした。まずは、いろいろ試そう。


私のブログにすでに転載していたのがあったので、こちらをメモとして残すことにした。
で、この時のブログに書いてあったけれど、そうこの時期、ayaちゃんを通してホワイト・ブラザー・フッドとも繋がっていたし、それが、今こうしてサインが来ているのね。とすっかり忘れ気味だったけれど思い出しました。

⇒2010/12/18【転載】2010年8月 ~アーキエンジェル・マイケル

自らのマスターとなり、魂によって霊感を与えられたユニークな人間となるプロセスを開始するために、大衆意識の枠組みから脱却しなければなりません。遥かかなたなる未来においては、高次元意識に至る道は、直接的にあなたの神の我を体験することにつながり、創造主の光輝と荘厳を様々な形で体験することになるでしょう。

あなたはなぜこんなにも多くの試練にさらされ、一見ネガティブに見える状況に身を置くことを余儀なくされているのだろうと思うかもしれません。勇敢な魂たちよ、あなた方は強烈な通過儀礼/変容のプロセスを体験しているところなのです。これはすべてアセンションのプロセスの一部なのです。あなた方の多くは数多くの人生にわたって通過儀礼の道を歩んできたために、自分のマスターとなる道をしっかりと歩んでいます。

はじめてアセンションの見習い期間の道を歩み出すと、あなたの個性/エゴが魂の促しを自覚するようになります。魂の火、ないしは、加速する高次元の波動パターンが解決を求めて浮上してくるネガティブなエネルギーを焼きつくします。このプロセスが何度も繰り返される中で、浄化の火がやがて神聖な輝きを放つ光になります。
最終的には、ハイアーセルフが魂と融合を開始してアセンションのプロセスが加速されます。

克服しなければならない障害の一つは、あなたが他の人たちにあげてしまった力を取り戻すことです。同時に、他の誰かがあなたのオーリックフィールドに置いたエネルギーを意識的に解放すること、そしてまた、過去の多くの時代を通してあなたの太陽叢に付着してきたエネルギーを解放することが、あなたの尊厳を再び自分のものとし
て宣言するための第一歩になります。それは神聖な我のマスターに再びなるために必要なことです。あなたの人生におけるストレスに満ちた状況が徐々に快適なものとなり調和のとれたものになるという体験をすることでしょう。

というのは、あなたは未来の好ましくない出来事に対してエネルギーを与えることを止めるからです。静かに考える時間を持ち、拡大のためのあなたの青写真を識別し、それが自分のものであるとして宣言しなければなりません。心の焦点を一点に集中し、明確であるようにするために、あらゆる瞬間において心を研ぎ澄まし、明確な在り方を維持してください。

あなたは徐々に自信を得て、自分は安全であるという感覚を持つようになります。それはあらゆることが順調に進んでおり、これからもそうであることを知っているという感覚です。このような新しい自覚を得ることによって、新しい現実を創造するためのプロセスを一歩一歩、歩み始めることになります。

魂を輝かせる道は内なる生命の劇的な変化を創出します。困難で挑戦的な人間関係を体験し、それを調和のとれたものに戻すという努力は続けなければなりません。それには時間がかかります。

しかしながら、あなたの聖心にアクセスすることができるようになると、思考と行動における純粋性に加えて心からなる感受性と静けさが徐々に涵養されるでしょう。この世界には自らのマスターになる道をしっかりと歩んでいる勇敢な魂が数多くいます。彼らは光の道を歩む名誉ある使徒であり、いつの日か、未来の5次元の地球において次元上昇したマスターになる人々です。

未来の神の計画の次の段階はすでに準備がととのい、忠実に光の道を歩むスターシードであるあなた方の多くは、急速に増大しつつある世界奉仕者のメンバーになりつつあります。過去においては、叡智の学校や秘教的な教えは秘密にされ、イニシエートとなって自らのマスターになるだけの十分な理解力があり、厳しい試験に合格できる少数の人々のためにだけ保持されていました。そのような時代は過去のものとなり、あなた方道案内人が新しい叡智の教えを、身をもって示し、後に続く人たちが光の道を歩むことを希求しイニシエートとなるように導く時が来たのです。

あなた方は、光を求め自らの神聖な我との再会を探求する人々と、宇宙の光の評議会の霊的なハイアラキーの間の仲介者となるのです。

あなた方はまた、アセンションの光の柱を住んでいる地域に固定する上で積極的な役割を果たすことを求められています。

今現在地球に注がれている創造主の光はますます増大していますが、それを固定する錨となるよりもすぐれた奉仕の方法はありません。この精妙な光を地上に固定するものがなければならないということを理解することが極めて重要です。というのは、19世紀と20世紀に行われたように毛布を全体にかけるような形で広めることはできないからです。

21世紀はこの宇宙全体における大変化のための鍵となる時代です。

今というときに地球に起こっている最も劇的な変化の一つは、人類のために送られてくる宇宙的な教えに、もはや大きな多様性はないということです。光の宇宙評議会から送られてくる叡智の教えのすべては統一された根源からのものとなり、基本的に同じ霊的な哲学から成り、僅かの変化があるだけのものとなります。過去の時代においては、偉大なアヴァターやキリスト化された偉大な存在たちが、包含できる最大限の創造主の光を注ぎこまれ、特定の時代と民族のために特別にデザインされた教えやメッセージをもって地上に派遣されたのでした。人類の始まりにおいては、それぞれの人種は特定の資質、属性、才能などを与えられたということを理解する必要があります。

しかしながら、時間が経過する中で、深層的な弱さ、ネガティブな性向や習慣、アンバランスな状態などが生まれ、それぞれの人種の未来のメンバーのDNAの中に貯蔵されることになったのです。これらのネガティブな属性や性向、アンバランス、欠点などを癒して調和のとれたものにして、ワンネスに変える和のプロセスを開始するべき時です。

これはとりもなおさず、あなたはあなたの独自性によって知られることになるということです。なぜなら、この宇宙は多様性の一つの実験としてデザインされたのですから。しかしながら、同時に他の人たちの独自性を賞賛し尊敬しなければなりません。なぜなら、あなた方の一人ひとりが独自に発達させた才能と能力と美徳を持ち、全体に対する贈り物として、父にして母なる神と最高創造主に捧げることができるからです。価値判断の放棄、共感、感謝、そして、全ての人類に対する心からの愛、このようなものが今という時代に発達させるように努力すべき最も重要な属性です。

あなた方の暦で言うところの2010年の始めに、この人生においてはロナ・ハーマンとして知られている私たちのメッセンジャーに一つのヴィジョンを与えました。このヴィジョンは、ロナが2010年5月に行った、“宇宙のチャネラーとなるために心を開くセミナー”に参加した人々と共有されました。今というときは、この情報を光の道を勤勉に探求している人々と共有すべき時です。私たちのメッセンジャーがこのセミナーで語った言葉を借りて、あなた方にこのヴィジョンを伝えることにしましょう。

<ロナより>
“親愛な友よ、私が今あなた方と共有したいと思うヴィジョンは2010年の当初に起こったことです。瞑想をしている時、白衣をまとった輝ける存在たちが、両端がとがった巨大なクリスタルを半円状に囲んで立っている姿が見えました。そのクリスタルは美しいスペクトルの様々な色を放射し、クリスタルの内部には複雑な幾何学模様の光のパターンが見られ、同時に、クリスタルからそれらの模様が外に向けて放射されていました。他の存在もいましたが、私に分かった存在たちは、AAマイケル、イエシュア、ジュワル・クル、エル・モリヤ、聖ジャメインでした。

マスターや大天使、光の偉大な存在たちからの個別化された情報はこれまで通り継続すると告げられました。

しかしながら、それに加えて、数多くの偉大な存在たち、過去と未来のアヴァターやマスターたちから、統合されたメッセージ/叡智の教えもやって来るだろうとも告げられました。昔の叡智の教えは未来の叡智の教えと融合され、それらが宇宙の光の協議会の教えとして提示されるだろうということでした。これらのメッセージは大きなクリスタルの内部に記号として埋め込まれ(巨大な宇宙のコンピューターに例えることも可)、その偉大なクリスタルの段階を付けられた周波数と合った周波数をもつ人々はそれらの教えにアクセスすることができるようになる。より精妙な周波数を体現すればするほど、より精妙な情報にこの偉大な宇宙のクリスタルを通してアクセスすることができるというのでした。

私が受け取る情報はこれまで通りAAマイケルの波動パターンを通してやって来るだろうと言われました。それは私が彼のエネルギーと波長が合っているからという理由によります。毎月のメッセージはこれまで通りAAマイケルが伝えてくれます。

しかしながら、私が主催する、“マスター探求のための学校”やセミナーでは、宇宙協議会のメンバーからのメッセージも受け取ることになります。これら二つの情報源の区別をするために、宇宙協議会からのメッセージに関しては、神聖なスクライブ・ロナ・ハーマンという名前を使うことになります。

私はこれからもAAマイケルのエネルギーで包まれ、複数の存在によるメッセージはAAマイケル、イエシュア、ジュワル・クル、エル・モリヤ、聖ジャメインから受け取ることになります。

それから数日後、私は莫大な量の情報をダウンロードされました。私はコンピューターの前に座り、やってくる情報をタイプしてタイトルを付けてコンピューターのフォールダーに入れました。これが断続的に続き、2週間後(3月の初旬)に、ああこれは“チャネラーになるために心を開くセミナー”のワークブックをいただいたのだということに気がつきました。

意識を上昇させてスピリチュアルなガイドや教師とコミュニケーションをはかることに習熟しながら、宇宙の叡智の教えにアクセスするための方法を教えられたのです。そのためには献身が必要であり、奉仕したいという強烈な願望が必要です。

しかしながら、その報酬は何ものにも比較できないものです。ますます多くの魂たちが高次元の存在たちとコミュニケーションをはかり交流するという、神によって与えられた能力を再び自分のものとするために障害物を取り除く作業をしていると聞いています。遠くない未来においては、今日チャネリングないしはテレパシーによるコミュニケーションとして知られていることは、光に目覚めた魂にとってはごく普通のこととなるでしょう。

今の時点では、*“チャネラーになるために心を開く”の小冊子は私たちのセミナーに参加して、浄化のプロセスを体験し、常に高次元とテレパシーによるコミュニケーションをはかるためのガイドライン、テクニック、必要な手順を学んだ人たちだけが入手できるものです。私のセミナーで紹介される他の教えと同様に、特殊化された高等な情報は、いずれは一般大衆にも入手可能なものとなりますが、その前に教えのエッセンスを伝えるのに役立つ強固な思考形態が確立されなければなりません。それによって情報の内容の純粋性が保たれるのです。

*“チャネラーになるために心を開く”の小冊子  日本では2011年の9月17,18日に東京でロナさんのセミナーが開催される予定です。その時に、この本を大内博が翻訳して太陽出版より刊行し、ワークショップの参加者に購入していただくことになっています。

大切な友よ、私があなた方とこれらの情報を共有する理由は、私たちは今素晴らしい時代に生きているということを知ってほしいからです。そして、奇跡のためのあなたの時もまたまさに今であるということを知っていただきたいからです。しかしながら、これからの数年がどのようなものになって欲しいか、劇的な変化の今という時代をどう生きるかを決定するのはあなたしかいません。

このメッセージを読んでいる一人ひとりの方が何らかの形で世界奉仕者になる潜在的な可能性を持っています。その役目が大きなものであれ、小さなものであれ、すべてが全体にとって不可欠なのです。導きを求めてください。そして、真実が明かされるままに前進し、あなたの叡智を他の人たちと共有してください。そうすれば更なる情報があなたに与えられるでしょう。

永遠の愛と天使の祝福と不可思議なる奇跡をあなたに。 ロナ


ここから再びAAマイケルのメッセージ

愛する人たちよ、光の宇宙評議会は、次元上昇する人類のグループに入ることを希望している人にその機会を提供するために、高等な叡智の教えをあらゆる形で入手可能にする努ヘをしている最中です。これまで、グレート・ホワイト・ブラザーフッドとして知られてきた宇宙評議会はメルキゼデクの一団です。

それはこの宇宙のあらゆる領域から来ている、非常に進化した肉体をもたない霊的な存在たちで構成されています。それに加えて、天使界の選ばれた存在たち、地球で次元上昇した数多くのマスターたち、一般大衆を代表する数多くの進歩を遂げたイニシエートたちも構成メンバーです。あなたがそれを真実として受け容れようと受け容れまいと、あなたは今銀河系の市民になるプロセスの中にいます。

そして、大宇宙の意識についての未来のステップの一つは、あなたの太陽系及び銀河系の光の家族の多くのメンバーと再び結ばれることです。未来のある時点において、あなた方の中には次元上昇する人類と地球の代表者として光の評議会のメンバーになることを求められる人がいることは確実です。 

あなた方の多くがどうして自分の世界が改善される方向に向かわないのだろう、私たちが約束している多くの贈り物や恩恵がどうして自分のところに来ないのだろう、と思っていることは私たちも承知しています。失望した魂の中には、私たちが伝えている未来についてのヴィジョンは達成不可能なものであり、私たちがしている約束は平均的な人間にとってはこれまでよりもさらに困難なものだと言っている人もいます。繰り返しますが、私たちは偽りの約束はしません。

もしも私たちが語ることが真実でなければ、膨大な私たちの時間と、私たちの献身的で祝福されたメッセンジャーたちの時間を高等な宇宙の叡智の教えを伝えるためにこのように浪費するはずはありません。それらはアセンションのために不可欠な情報であり、人類がこれまで入手することができなかった情報です。

実際のところを言えば、光の宇宙評議会や天使界の疲れを知らない不断の奉仕と援助がなかったならば、人類は今地上に展開されている進化の段階に到達することはなかったでしょう。あなた方は今、進化のプロセスの最中にありますが、これは最高創造主によって開始され、生命のエッセンス、すなわち、アダマンタイン粒子によって燃料を与えられているのです。

この生命のエッセンスはオムニヴァース全体に向けて放射され、私たちの愛する父にして母なる神に向かって、また父にして母なる神を通して、この宇宙内のすべての創造物に向けて放射されつつあります。アセンションプロセスは共同の事業であることを理解しなければなりません。私たちはあなた方に進むべき道を示し、必要な指示を与えます。しかしながら、一歩踏み出してライフスタイルや信念体系において必要な変化を起こすのはあなた方です。

愛する人たちよ、今、世界中を席巻している怖れや絶望感から超然としていてください。私たちを呼んでください。そうすれば、あなたの決意をさらに固いものにするお手伝いをしましょう。私たちは常にあなたと一緒にいることを知ってください。そして、私たちの父にして母なる神の癒しとインスピレーションに満ちた愛を、あなたに向かって放射していることを知ってください。


私はアーキエンジェル・マイケルです。これらの真実をあなた方にもたらす者です。



今は、こうして信号が送られてきていて、それを受け取って、地球と光の宇宙評議会をつないで、叡智を下すも降ろさないも、その時期も自分の努力は必須で。
ロナさんのように、本一冊分の情報をダウンロードするのかしないのかは別にして、とにかく精進しないとな。

何事も”やろう”と思ってもできるものじゃないけれど(執着したってと言う意味)、けど努力なしにできるものでもないのよね。ここが難しいところ。退化したスピリチュアルの筋肉は強化していかないとって感じかな。

昨年のアンドロメダはどうなった?って感じだけど、、今後、その時の意識によって、必要に応じてつながりが出るのかもしれない。

そんなことより練習が先でしょ。汗

なんとか時間をやりくりしながらやってみよう。


今日は、こんなところで。


では、また!


※先日のブログで一か所、ジャーちゃんの言葉を訂正しました。
 訂正が遅くなってしまいました。
一部訂正⇒2012/1/12【娘たちの真実:上の娘は、聖母マリア、下の娘はイシスだった】


スポンサーサイト



COMMENT 0

WHAT'S NEW?